velo stand kyoto

2017年02月05日(日)[FLOAT 700 R]
FLOAT 700 R 展示車

20170205-0137.jpg

FLOAT700Rの展示車を組み立てました。

Mサイズ/トップチューブ525mmで、想定身長が165-175cmになってます。写真のシートポストの出シロで170cm前後の方に乗っていただけるくらいかと。

先日もご紹介したモデル、HOBOと同じくゆったり乗っていただけるロードバイクですが、一般的な「ロードバイク」に近いのは実はFLOAT700Rだったりします。タイヤは25cまで対応しております。前下がりのトップチューブが特徴的ですが、その他の寸法取りはスタンダードな設計になってます。

20170205-0155.jpg

FLOATシリーズの最大のポイントがこちらの構造。シートステーをシートチューブに溶接しないフローティング構造により、乗り心地は柔らかめ。路面からの突き上げが優しくなることで、ロングライドでの疲労緩和に繋がります。普段使いしていただく場合にも、ガチガチの高剛性なバイクより気楽にお使いいただけるのではないかと思います。

20170205-0153.jpg

たくさんの方に試乗していただきたいので、コラムスペーサーは多めに残して、50mm。ポジションを変えての試乗も、遠慮なくお声掛けくださいね。

20170205-0152.jpg

標準色のネイビーに、105をメインでアッセンブル。ホイールも105のハブを使用した手組で、このまま標準の仕様としてオススメしたい内容です。是非乗り心地をご確認いただいて、ご検討の一助になればと思います!

 

さて、ロードモデルが続きます。続いてはいよいよBIRDを準備中。まだフォークを組んだだけですが、HOBO、FLOATとは違ったオーラをすでに放っているような…来週中に完成予定です!

20170205-0140.jpg

20170205-0145.jpg

20170205-0146.jpg

20170205-0151.jpg


velo stand kyoto

〒600-8357
京都府京都市下京区猪熊通松原下ル柿本町589 木下ビル1F
075-406-1820
info@velostandkyoto.jp
営業時間 11:00 - 20:00
定休日 木、金
E.B.S

暮らしに根ざした、普段使いの一生モノ

E.B.Sは、京都伏見にある自転車ブランドです。

日本人に合ったサイズと使い方を考え、企画・設計をした後、

自社の工房で一から手づくりで製作しています。

自転車の可能性を信じて、親から子へと受け継がれていく自転車を目指しています。


BIKE LINEUP

-NEWS-


2017/03/19

ロムニー・シャロレー、ご好評いただいております。

続きを読む

2017/02/19

Velo Orange続き、クランク、ブレーキ、ペダル

続きを読む