velo stand kyoto

2017年02月19日(日)[ITEM]
Velo Orange続き、クランク、ブレーキ、ペダル

前回に続いてVelo Orangeをご紹介します。

20170212-0225.jpg
Grand Cru 50.4 BCD Crankset MK II ¥23,500+tax

Grand cruシリーズから登場しているクランクです。個人的にはVelo Orangeといえばまずこのクランクが思い浮かびます。それくらい特徴的な形状ですね。古くはTAやSUGINOにも同様のクランクがあったようですが、現行で生産されているのはこのクランクのみなので貴重な存在です。現行パーツでランドナーやスポルティーフを組むなら是非候補に入れていただきたい一品です。歯数が30T-46Tのダブルの構成なので少々小さめですが、ロードバイクでもツアラー寄りに組んだり、ゆったり乗るバイクを組むなら十分に使える歯数かと思います。

20170212-0240.jpg
Grand Cru long reach breakeset
 ¥21,000+tax

こちらもGrandCruシリーズから、その名通りのロングリーチのキャリパーブレーキ。削り出し仕上げのエッジの効いた質感がシャープな印象です。そもそもロングリーチのブレーキキャリパーで質感の良いもの、というとなかなか候補が少ないので、こちらもクランク同様に貴重で有難い存在だと思います。E.B.SのモデルだとHOBO、FLOAT451Sがロングリーチ対応です。

ワイヤーの弾き心地はそこそこ軽くブレーキの効きも良いので、お手持ちの自転車のグレードアップにもオススメ出来ます。

 

20170218-0294.jpg
Grand Cru zeste canti brakeset ¥19,800+tax

キャリパーに続いてカンチブレーキもGrand Crueシリーズから。こちらもまたアルミの削り出し。見るからにガチッと剛性感があって、ブレーキの効きも期待出来る質感です。旧型のカンチブレーキに比べると調整もしやすく、アジャスターやワイヤーの固定部品など細かいパーツの品質が高いのことも嬉しいポイントです。

 

20170212-0234.jpg
VO Touring Pedals
 ¥7,000+tax

あっさりな見た目で、何にでも合わせやすそうなペダルです。梨子地の質感のペダルはあまりないと思いますので、いつもとちょっと違うペダルをお探しの方に。カートリッジベアリングを採用していて、回転もスムーズです。ハーフクリップと一緒にツーリングバイクに付けると良さそうですね。

 

色々と入荷してきましたが、基本的にはクラシックテイストで、ハイエンドでは無いがしっかりと機能性も持ち合わせている、というのがVelo Orange製品の特徴だと思います。趣味性を込めたシティバイクやツーリングバイクにはバッチリなブランドですから、もちろんE.B.Sのほとんどのモデルにオススメなわけです。これからも展示車含め、どんどんご提案していきたいと思います。

 


velo stand kyoto

〒600-8357
京都府京都市下京区猪熊通松原下ル柿本町589 木下ビル1F
075-406-1820
info@velostandkyoto.jp
営業時間 11:00 - 20:00
定休日 木、金
E.B.S

暮らしに根ざした、普段使いの一生モノ

E.B.Sは、京都伏見にある自転車ブランドです。

日本人に合ったサイズと使い方を考え、企画・設計をした後、

自社の工房で一から手づくりで製作しています。

自転車の可能性を信じて、親から子へと受け継がれていく自転車を目指しています。


BIKE LINEUP

-NEWS-


2017/03/19

ロムニー・シャロレー、ご好評いただいております。

続きを読む

2017/02/19

Velo Orange続き、クランク、ブレーキ、ペダル

続きを読む