info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

Category archives [HOBO]

HOBO/M メタリックブルー

先週に続きまして、今週もHOBOを納車しました。

20180217-01.jpg

フレームカラーは鮮やかなメタリックブルー。RAL5002というカラーにメタリックを追加した色になります。塗り分けはなしで、単色でスッキリ。サドル、バーテープのブラックと、コンポーネントのシルバー、三色のコントラストが良い感じです。

 

20180217-02.jpg

アルミフレームの完成車からの組み替えということで、ヘッドセット、ステム、シートポスト、FDといった最低限のパーツのみ新調していただきました。

お持ち込み頂いたのは、レバーから横に伸びるシフトワイヤーが今や懐かし、TIAGRA4500。

ガンガンレース!とかでなければ十二分な性能ですし、9速は現行の11速に比べて、耐久性とメンテナンスの少なさでは明らかに勝っています。

基本がフレームフォークでの販売なので、お手持ちのパーツを活かせるのもE.B.Sのポイントです。組み替えのご要望などもお気軽にどうぞ。

20180217-04.jpg

20180217-03.jpg

-SPEC-
model E.B.S HOBO / M
component SHIMANO TIAGRA 4500
stem NITTO NTC
handle NITTO Mod.55
seat post NITTO S65
saddle SELLE ITALIA Turbo

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

HOBO / L custom bike

20180210-01.jpg

昨日instagramでもご紹介していたHOBOのLサイズについて改めてご紹介いたします。

フレームカラーはRAWカラー。最近おすすめしているパーカーRAWに比べて、より鉄の質感がそのまま感じられ、明るい色味になるのが特徴です。ただし、クリア塗装の下で錆が進行することもありますので、ご了承ください。

ちなみにパーカーRAWはこんな雰囲気になります。どちらもRAWと呼んでいますが、結構違いますよ。

20170908-02.jpg

アッセンブルはシマノ105にスギノクランク、NITTOにBROOKSと定番どころなんですが、実は一癖あるのがコンポの色。

同じ105の中でも、STIはシルバーで、ブレーキ、ディレーラーはブラックを選んでいただいてます。オーダーならではの組み合わせ方ですね。完成車を買ってカスタムしようとすると手間なカスタムも、一から組み立てていくE.B.Sのオーダーなら簡単に実現可能です。

ライトは前後とともにもちろんRINDOWBIKESのBullet lightingで決まり。

春のサイクリングに使いたいとのことだったので、無事間に合ってよかったです!

またメンテナンスなど、お待ちしております!

20180210-01.jpg

20180210-04.jpg

20180210-02.jpg

20180210-03.jpg

 

-SPEC-
model E.B.S HOBO / L
component SHIMANO 105
crank SUGINO Mighty comp
handle NITTO M106 NAS
pedal SHIMANO  PD-A530
saddle BROOKS SWIFT CHROME
grip BROOKS  LEATHER BAR TAPE
pedal SHIMANO PD-A530

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

クリスマスにも間に合います![展示車一覧] (12/19車体追加しました。)

現在店頭にある展示車体を一覧でご紹介いたします。

以前からお伝えしていますが、展示車体は大変お買い得な面がありまして、

  • 最短で当日納品
  • 別注カラーのアップチャージなし
  • 組み立て工賃なし
  • サドル、ハンドル、グリップなど、一部のパーツは工賃なしで交換可能(例外アリ)

となっています。今年のvelo stand kyotoの傾向としては大変嬉しいことに、みなさまの愛に溢れたカスタムオーダーのご注文を多くいただきました。そのおかげもあって存在感が薄まりがちな展示完成車でございますが、改めて皆様にお見知りおきいただきたいと思います。

それぞれ一台ずつのご用意です!気になる方はお気軽にお問い合わせください!

20170816-04.jpg

vokka650 STD Lサイズ ¥168,000+tax

別注カラーのvokka650にSHIMANO DEOREのスタンダードな構成に、BROOKS B17でこのプライス!

20170731-01.jpg

vokka650 CUSTOM  Mサイズ ¥248,000+tax

特徴的なマウンテンドロップバーが目をひくvokka650のカスタムモデル。もっちりで軽く転がる超オススメタイヤ、WTB HORIZONでオンオフの境なく走れるツアラースタイルに。

20170722-0081.jpg

STUFF CANTI CUSTOM Mサイズ ¥215,000 →¥185,000+tax (ハンドルバーバッグは除きます)

今回のストックをもって廃盤になってしまったSTUFF CANTIを、ワイドなかもめバーでちょっぴりクラシックスタイル。廃盤になってしまったモデルなので突然のセールプライス!通勤にもポタリングにも良いです。

20170723-0091.jpg

HOBO Mサイズ ¥268,000+tax

最もスタンダードな形状のロードモデル、HOBOの標準カラーをシルバーパーツ、ダブルレバーで組んだ一台。コンポーネント中シマノ製なのはブレーキだけ!しかもそのブレーキも廃盤品ということで、velo stand kyoto店内においてなかなか貴重な存在。28cタイヤ装着で、普段使いのロードバイクとして。

20170804-09.jpg

HORIZONTAL451 CUSTOM XLサイズ ¥215,000+tax

コンポーネントはシマノTIAGRAで統一。クロモリホリゾンタルのクラシックさも、ディープリムの攻め感も味わえる一台。180cm以上の身長でミニベロをお探しであれば、間違いのない一台です。

20171105-01.jpg

FLOAT451S STD+ Lサイズ ¥198,000+tax SOLD

E.B.Sの一番人気、velo stand kyotoでも好評なFLOAT451シングルモデルをスタンダードなアッセンブルで組んだモデル。サドルはおなじみBROOKSに変更して、ハンドルはこちらも451には常々オススメし続けているショートブルホーン。普段使いから輪行までオススメです。

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

ストックバイク、増えてます。

20170722-0081.jpg20170723-0091.jpg20170728-0106.jpg

店頭のストックバイクを順次増やしております。特に、スタンダードよりもカスタムバイクを中心に。

スタンダードな完成車ももちろん続けていきますが、これまで以上にE.B.Sのいろんな仕上がりを見ていただきたいということで、色々と仕上げていこうと思います。instagramでも紹介していきますが、そろそろウェブページの方にもストックリストを作りたいところです。

あと、カスタムのストックバイクについては

・オプションカラーのアップチャージ
・組立工賃

をいただいておりませんので、大変お買い得であるということを改めてお知らせいたします。

すべての車種でカスタムストックバイクの在庫ができるわけではないですが、もし、欲しい車種がご満足行くアッセンブルで展示されていれば大チャンス!カラーのアップチャージだけでも¥10,000+taxの差額になりますので、一から別注していただくよりも確実にお買い得なプライスになります。

今後も是非、ウェブページ、instagram共にチェックお願いいたします!

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

HOBO COSTOM PAINTED

20170204-0117.jpg

HOBOの別注カラーを納車させていただきました。お問い合わせが多く店頭での注目度もかなり高いモデルですが、velo stand kyotoでの納車は初めてになります。

こだわりポイントとしては、フレームのカラーリングですね。どう塗り分けるのか、色の組み合わせはどうするのか、ご相談いただきながらも最終的にはご本人のセレクトにお任せして、このネイビーベースにオフワイトのアクセント、というカラーリングになりました。

ハンドルにMod.55、ステムにtecnomic、シートポストS65と日東で揃えて、サドルとバーテープにはBROOKS CAMBIUM、と押さえるポイントはしっかり押さえてます。コンポーネントはスタンダードに105です。

700x32cまでのタイヤが履けたり、柔らかい乗り心地を狙ったシートステーの曲げがあったり、ゆったりとしたライディング向けの設計です。今回は万能に扱い易い28cですが、タイヤを25cに変えればよりスピード感も味わうことが出来ますし、32cなら粗い路面もこなせてしまう使い勝手の良さ。それでいてビジュアルはシンプルなクロモリロードバイクのそれです。多くの方のご要望に応えられる一台だと思います。

20170204-0103.jpg

20170204-0102.jpg

20170204-0105.jpg

20170204-0099.jpg

20170204-0124.jpg

20170204-0110.jpg

20170204-0130.jpg

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU