info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

11:00 - 20:00

Category archives [MINIVELO]

毎日が試乗会です

この週末はたくさんの方に試乗いただきました。

お顔は外した構図でお届けしておりますが、皆様に笑顔で乗っていただけていることが本当に嬉しく思います。

スポーツバイクに乗るのが初めての方

いろいろな自転車に乗って、次の一台の候補にE.B.Sを検討していただいている方

今乗っている自転車で感じたことを元に各モデルを比較していただく方

同じモデルを試乗しても、それぞれ違った感想をいただきます。

試乗していただくことで、E.B.Sにさらに興味を持っていただき、オーダーいただいた後、より自転車の完成を楽しみにしていただけたら良いなと思います。

なので、毎日が試乗会です!暑くも寒くもなく良い季節に、是非E.B.Sの試乗車をお試しください。

 

20170923-03.jpg20170924-04.jpg20170924-05.jpg20170924-06.jpg20170924-07.jpg

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

FLOAT451S/S “scorched raw”

20170918-01.jpg

FLOAT451SのSサイズをオーダーいただきました。Sサイズは普段は在庫していないので、受注生産で対応させていただいております。

M、Lサイズでもコンパクトなモデルですが、Sサイズはより一層コンパクト。150cm前半の方でも余裕を持ってお乗りいただけるジオメトリです。受注生産ですが、お待ちいただく価値は十分にあると思います

20170918-06.jpg

ご注目いただきたいのがこのフレームカラー。”scorched raw”(直訳すると炙られた生)と呼んでみました。最近すっかり人気のRAWカラーの仲間なんですが、溶接の際にフレームのパイプに現れる「焼き色」を敢えて露出させ、そのままクリアを吹き付けた、最も生に近いと言える仕上げ方法。

クリアの下は鉄の生地そのものなので後々サビが出てくる可能性があるのですが、そんな経年変化も含めて愛着を持っていただけると思います。

20170918-02.jpg

アッセンブルはシルバーパーツのみで構成。ハンドル、シートポストはNITTO、クランクはSUGINOの国産ブランドから、ヘッドパーツにCHRIS KING、ハブにはWHITE INDUSTRIESのアメリカンブランド。単体ではこってりとした印象のvelo orangeのgrandcruステムも、悪目立ちすることなくアクセントになってますね。サドルとバーテープはBROOKSのCAMBIUMシリーズから。RAWカラーとCAMBIUMシリーズの相性の良さを改めて実感しております。おすすめの組み合わせです。

主に平坦地でのサイクリングが目的なので変速は不要!というご決断で、トラブルの少ないシングルスピードを上質なパーツで仕上げた一台。永くつかっていただけること間違いなしです。

20170918-03.jpg20170918-04.jpg20170918-05.jpg20170918-07.jpg

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

久しぶりのサンプル週間

今週は東京修行もなく、ディスクロードバイクのNEEDLE以来、久しぶりの新モデルなどのサンプルをたくさん触っております。

しかしながらばちっとお知らせできるものはまだまだ少なく…

それぞれ全く違った内容が進行中で、それぞれお知らせするまでもう少しお時間いただきたいところです。

店頭では既にご紹介し始めている部分もあるのですが、本日はちらっと数点写真のみご紹介いたします。

20170806-0194.jpg

 

 

 

velo stand kyotoさん(@velostandkyoto)がシェアした投稿

E.B.S/MiniveloHorizontal451ロードエンドTestです。 #velolifeunpeu #velostyleticket #velostandkyoto #crazysheepfarm #velostyleshibuya #ebsbikes

velo life UNPEUさん(@velo_life_unpeu)がシェアした投稿 –

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

ストックバイク、増えてます。

20170722-0081.jpg20170723-0091.jpg20170728-0106.jpg

店頭のストックバイクを順次増やしております。特に、スタンダードよりもカスタムバイクを中心に。

スタンダードな完成車ももちろん続けていきますが、これまで以上にE.B.Sのいろんな仕上がりを見ていただきたいということで、色々と仕上げていこうと思います。instagramでも紹介していきますが、そろそろウェブページの方にもストックリストを作りたいところです。

あと、カスタムのストックバイクについては

・オプションカラーのアップチャージ
・組立工賃

をいただいておりませんので、大変お買い得であるということを改めてお知らせいたします。

すべての車種でカスタムストックバイクの在庫ができるわけではないですが、もし、欲しい車種がご満足行くアッセンブルで展示されていれば大チャンス!カラーのアップチャージだけでも¥10,000+taxの差額になりますので、一から別注していただくよりも確実にお買い得なプライスになります。

今後も是非、ウェブページ、instagram共にチェックお願いいたします!

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

HORIZONTAL451 custom “Ancient Navy”

20170719-0047.jpgHORIZONTAL451
stock size:M/XL
frame set ¥80,000
complete ¥148,000~

日本の素材を日本の工場で。
今なお福島県で製造される自転車用パイプ”KAISEI 022″を使用した、ハンドメイドミニベロフレーム。
扱いやすいサイズ感で、普段のライフスタイルに寄り添うバイクに。
踏めばすっと心地よく進む、スポーツバイクとしての性能を活かしてツーリングバイクにも。
様々な要望に応えることができる、他には無いミニベロが組み上がります。

先週に続いて、今週もHORIZONTAL451を納車いたしました。こちらもMサイズですが、全く違った仕上がりに。フレームカラーは”古代群青”というご指定をいただきました。紺よりも青いような、黒いような、紫のような絶妙な色合いです。

アッセンブルは、standardの完成車をベースにご希望に合わせて数箇所パーツを変更。特筆すべきはハンドル。先週と同じくブルホーンですが、E.B.Sの小径車とこのハンドル(先端3cmほどカットしております。)の組み合わせは本当にオススメです。ゆったりポジションも、しっかり走りたいポジションもカバーできる特性と、見た目のバランス、どちらも相性抜群です。

実は二週続けて女性のオーナー様。肩肘張らずにいつも通り、カジュアルに使っていただけるスポーツバイクをお探しの女性は結構おられるのかな、と。
スカートで乗られることもあるならLEAF451、パンツで乗っていただけるならHORIZOTAL451、そんな感じでオススメしてます。どちらも店頭で見ていただけますので、ご検討中の皆様、是非お気軽にご相談ください。

20170719-0062.jpg20170719-0048.jpg20170719-0052.jpg20170719-0056.jpg20170719-0057.jpg

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

HORIZONTAL451 single standard CUSTOM

20170715-0004.jpg

先日instagramでご紹介していた、ロードエンドのフレームが組み上がりました。その正体はHORIZONTAL451!

通常ストレートドロップエンドのモデルですが、今回はシングル化を前提にロードエンドで別注制作。130mmエンドのまま、マルチギア用のハブをシングルギアアダプターでシングルギア化。ディレーラーハンガー、シフトアウター受けなどは残してありますので、後々、少ない費用で多段化することも可能なワガママ仕様の一台です。

ディレーラーの代わりにテンショナーを利用してのシングル化もアリなんですが、ロードエンドにすることでよりスッキリとした外観になりますし、何よりロスの少ない漕ぎ感はテンショナーなしのシングルスピードならでは。メンテナンスの頻度も下がりますので、良いことづくめかも?ギア比の設定さえしっかりできていれば、普段使いには十二分の活躍を見せてくれるはずです。

20170715-0022.jpg

こちらのバイクのオーナーは女性のお客様。ポジションも良い感じで決まって、ほぼ初めてのスポーツ車ながら早速かっこよく乗っていただけています。

軽量に仕上がっているので、女性の方にもより扱いやすく、メンテナンスもさほど気にせず毎日ガンガン使っていただけます。

直営店の強みを活かしての別注HORIZONTAL451 SS CUSTOM、いかがでございましょうか!気になる方は是非velo tsand kyotoまでご相談ください!

 

E.B.S HORIZNTAL451 custom frame set ¥85,000+tax / complete ¥145,000+tax

20170715-0005.jpg
20170715-0006.jpg

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

帰ってきたFLOAT451S

20170702-0031.jpg

2017/3/22 – 25に開催された台北ショーで展示していただいたFLOAT451Sが帰ってきました。ちなみに正式名称は”Taipei International Cycle Show”だそうです。

今回はE.B.Sとしての出店ではなく、BULLET LIGHTINGでお馴染みのRINDOW BIKES様のブースにて、ライトを取り付ける車体として展示していただきました。ありがとうございました!!

せっかくの展示車なので、NITTO、BROOKS、WHITE INDUSTRIES、VELO ORANGE、CHRIS KINGと各パーツ抜かりなく質感の高いものを選択しております。後々若干のお色直しをして、大阪velo life unpeuで展示していただく予定です。

20170702-0033.jpg

20170702-0034.jpg

 

こちらはスタンダードな組み上がりのFLOAT451S。普段使いの気楽さでいえば確実にこちらの方がおススメですし、フレームの良さは間違いありませんので、充分にE.B.Sの自転車を楽しんでいただけますよ。

20170702-0025.jpg

20170702-0026.jpg

20170702-0028.jpg

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

Float451R Custom

20170604-0436.jpg

Nice to meet you! オーダーいただいたFLOAT451Rを塗装前にお客様にご覧いただきました!通常、フレームが完成次第工房から直接、塗装に向けて出荷するのですが、ご希望があればこのように塗装前のフレームを見ていただくことができます!特に、フレームに何かしらカスタムを入れていただいている場合には、喜びもひとしお、というところでしょうか。実は今回のFLOAT451Rも数箇所カスタムしていただいているのですが、この画像では絶対に伝わらない、ご本人だけが知っている特別なカスタムです。また完成した暁には、カスタム内容含めて御紹介します! #velostandkyoto #ebs #ebsbikes #engineeredbikeservice #float451r

velo stand kyotoさん(@velostandkyoto)がシェアした投稿 –

少し前にinstagramでご紹介していたFloat451Rの組み上がりです。

さて、今回のカスタム内容は

・ダウンチューブ下にボトル台座追加。
・ヘッドパーツの規格をITAアヘッドからJISスレッドに
・シートポスト径を27.2mmから26.8mmに

の3点でした。ぱっと見ただけではわからない変更ばかりですが、ご本人とっては重要なポイントばかりです。

E.B.Sのストックフレームとは違う仕様になるので受注生産になりますが、運良くFloat451Rの生産時期が重なりましたので、受注生産にしてはあまりお待たせせずに納車することができました。

カラーは標準のネイビーを気に入っていただけたので、標準色で。

また乗り味のご感想など、お待ちしております!ありがとうございました!

20170604-0438.jpg

20170604-0439.jpg

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

HORIZONTAL451でツーリング?

20170502-0299.jpg

以前納車させていただいたHORIZONTAL451です。G.Wの休暇を利用して、名古屋まで150kmの一泊ツーリングに出かけられたようです。フロントバッグ、パニアバッグも装備して、20インチの小径車ですが本格的なツアラーさながらの様相。

この車体とは別に700cのスポーツバイクも乗られている方なので、長距離(特に100kmを超えるような)を走る上で700cと20インチでどの程度の差があったか聞いてみました。

・去年はほぼ同じコースを700cで走ったが、タイムではそんなに変わらない
・一部の登り坂ではむしろ20インチの方が速かった
・帰りは輪行したが、新幹線の2列シートの後ろに収まるのは有難かった

ということでした!よりスピードを出したい場合には700cをオススメされるとのことですが、スピードはほどほどに楽しみながらのツーリング+輪行をされたい場合にはE.B.SのHORIZONTAL451は十分に満足していただけているようです。

小径スポーツ車をご検討中の皆様のお役に立てれば幸いです。

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

FLOAT451R[assembled by customer]

20170104-0541.jpg

前回のブログで触れていた、お客様自身で組み立てられたFLOAT451Rを改めてご紹介いたします。

前ジオメトリのSTUFF(ちなみに、以前のSTUFFはフラットバーを想定したクロスバイクモデルでした。)を乗っておられて、今回2台目のE.B.SにFLOAT451Rを選んでいただきました。

20170104-0550.jpg

ハンドルはsim worksのlittle nick barを大胆にカットされてます。ステム、シートポストもsim works。

20170104-0549.jpg

日東のボトルケージ、良いですね。スチールフレームにはバッチリ似合います。ボトルケージの固定ボルトはグリーンアルマイトの物を。こういった差し色のチョイスはご自身での組み立てならではかもしれませんね。

20170104-0553.jpg

サドルはやっぱりBROOKS。その中でも最もスポーティなモデル、SWALLOWで。「意外と座り心地が柔らかいので、通勤でもライドでも全然問題ないです!」とのお言葉いただきました。

20170104-0543.jpg

こちらのフレームはLサイズです。決して小柄な方ではないですが、サイズ感もバッチリ。撮影もさせてただき、ありがとうございました。

700cのクロスバイクと比較しても満足できる乗り心地のFLOAT451R。長距離ツーリングを睨んだメインバイクとしても、気楽に扱えるセカンドバイクとしても、どちらでもきっとご満足いただけると思います!

 

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU