info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

11:00 - 20:00

Category archives [HORIZONTAL 451]

HORIZONTAL451でツーリング?

20170502-0299.jpg

以前納車させていただいたHORIZONTAL451です。G.Wの休暇を利用して、名古屋まで150kmの一泊ツーリングに出かけられたようです。フロントバッグ、パニアバッグも装備して、20インチの小径車ですが本格的なツアラーさながらの様相。

この車体とは別に700cのスポーツバイクも乗られている方なので、長距離(特に100kmを超えるような)を走る上で700cと20インチでどの程度の差があったか聞いてみました。

・去年はほぼ同じコースを700cで走ったが、タイムではそんなに変わらない
・一部の登り坂ではむしろ20インチの方が速かった
・帰りは輪行したが、新幹線の2列シートの後ろに収まるのは有難かった

ということでした!よりスピードを出したい場合には700cをオススメされるとのことですが、スピードはほどほどに楽しみながらのツーリング+輪行をされたい場合にはE.B.SのHORIZONTAL451は十分に満足していただけているようです。

小径スポーツ車をご検討中の皆様のお役に立てれば幸いです。

[展示車]HORIZONTAl451/XL A-HEAD CUSTOM

20161111-0032.jpg

HORIZONTAl451のXLサイズを組み立てました。こちらは店頭販売の車体です。色とサイズとパーツの構成を気に入っていただければ、お買い得な価格のご提案もできますのでビビッと来た方は是非。
HORIZONTAL451はE.B.Sの定番として、velo stand kyoto店頭に試乗車をご用意しているモデルです。
ちなみにこのXLサイズは、適応身長が175cm〜。身長180cm代の方にもオススメできるミニベロ、というのはかなり貴重な存在かと思います。

試乗車はゆったりポジションなプロムナードハンドルに変速機はリアのみで街乗り仕様で組んでいますが、こちらの展示車はTiagraフルコンポでロードバイク仕様に。
ヘッドセットも、通常はクラシカルなスレッドタイプですが、こちらはアヘッドタイプにカスタム。ドロップハンドルを使いたい場合、アヘッドの方がハンドルとステムの選択肢が豊富にありますので、ロードバイク的な組み方をしたい場合にはご検討いただきたいカスタムです。

20161111-0037.jpg

ハンドルはDixna バンディーハンドル。一般的なドロップハンドルに比べてかなり浅めの形状。ハンドルの持ちやすさもオススメポイントですが、その外観のコンパクトさがミニベロにピッタリですね。

20161111-0042.jpg

ブレーキも含めて、コンポーネントはTiagraの4700系。

20161111-0039.jpg

ADEPT URBANE

HORIZONTAL 451 ”daily + touring”

20160910-0153.jpg

店頭の試乗車の中でも、よくご指名いただいておりますHORIZONTAL451。小径車特有の漕ぎだしの軽さ、取り回しの楽さがオススメポイントですが、コンパクトな外観からすると意外なほどスポーツバイクとしても十分な走行性能を持っています。センタースタンド、リアキャリアの取り付けにも標準で対応しているので、普段使いからツーリングまで、幅広くご提案できるモデルです。

今回は「普段使いがメイン+輪行ツーリング」という、まさにHORIZONTAL451がぴったりなお題でご注文いただきました。
ハブダイナモ、高輝度LEDライト、ハンドルバーバッグ、とツーリングに欠かせないアイテムは押さえつつ、シルバーのパーツで全体の印象は少しクラシックなテイストに。すでに700cのフル装備なスポーツバイクをお持ちのお客様なので、普段使い中心のセカンドバイクとして、印象も乗り味もメインとは違ったものを目指してご提案しました。
さらに三ヶ島のラムダペダルのEzy superiorモデルを使用して、輪行時にはより一層コンパクトに。Ezy superiorシリーズは、工具無しでペダルが脱着できる便利なペダルです。輪行をされる方にはかなりオススメですよ。

20160910-0161.jpg
SP SD-8

20160910-0156.jpg
B&M ルモテック IQ サイヨ センソ プラス アルミニウムルック

20160910-0163.jpg 20160910-0159.jpg

20160910-0164.jpg

20160910-0165.jpg 20160910-0166.jpg
MKS LAMBDA Ezy superior