waldにはバイク用ネットが便利です。

instagramでも度々登場しているSTUFFの試乗車には、NITTOのフロントキャリア+waldのバスケットをセットアップしています。なかなかの人気でございまして、このSTUFFが登場する画像はいいね!が伸びやすい傾向。実際かっこよいですし、アドベンチャー+積載は世界的にも求められているのでしょうか。
浅くてコンパクトな見た目で人気のwaldですが(底面積でいうと実はママチャリ系のカゴとそんなに変わらないですよ。)、その浅さゆえに荷物の飛び出しが心配というお声を時々頂戴します。
ならばこんな感じで、ネットの組み合わせはいかがでしょう。バイク用品店やホームセンターでも取り扱いのあるものなので、手に入りやすいです。
これさえあれば、荷物の飛び出しも防げますし、フックを利用すれば、結構高さのあるものでも積むことができます。
スポーツバイクに興味があるけど、荷物が載せれないとダメだ、という方には是非実車で使い勝手をチェックしていただきたいです。
スポーツバイクにもカゴをつけることができますよ、なんならむしろカッコ良いですよ、ということです。
20170808-0200.jpg
 


 


 
20170813-0221.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です