vokka650/M custom bike

20171125-01.jpg
vokka650/Mサイズを納車しました。ホイールを含めたコンポーネントはスタンダードのままで、カラーと一部のパーツを変更したカスタムバイクになります。
普段はロードバイクに乗っているお客様なのでロードバイクとの棲みわけが一つのポイント。27.5×2.125のタイヤは太いといえば太いですが、漕ぎが重すぎるでもなく、何の気なしに御所や鴨川に入っていける良いサイズです。荒れた路面のことよりも漕ぎの軽さを重視するなら650Bの47c、42cあたりのスリックタイヤも充実してきていますので、ご検討の余地大アリのカスタムです。これ、とか、あれ、とか。
フロントラックにはadeptのトラスポーターラック。アルミ製で軽く、コンパクトなサイズ感もまた良し。ちなみにwald137バスケットがドンピシャサイズである、ということで組合わせての使用もオススメします。
20171112-04.jpg
サドル、グリップには定番のBROOKSのレザーを投入で渋味がぐっと高まりつつ、CHRIS KINGのヘッドセットのMANGOが差し色として抜群の存在感を発揮して、渋味だけではない遊び心も混ざりあったバランスの良き一台になっております!
20171125-02.jpg
20171125-04.jpg
20171125-03.jpg
20171125-05.jpg

-SPEC-
model E.B.S vokka650 / M
component SHIMANO SLX
headset CHRIS KING NoThread set 1-1/8
handle NITTO x E.B.S EBS-20
stem sim works tom boy
saddle BROOKS B17 standard
grip BROOKS SLENDER LEATHER GRIPS
pedal MKS BM-7
rack ADEPT TRUSS PORTER RACK

 

Float451R cutom complete BROOKS,SUGINO,HplusSON

20171119-01.jpg
FLOAT451RのLサイズを納車いたしました。
展示車を気に入っていただきまして、クランクだけシマノからスギノに交換してのお渡し。クランクの取り寄せでお時間いただきましたが、納期は二週間ほどでした。車種もサイズも色もアッセンブルもほぼドンピシャ!縁ですね。
趣味としてロードバイクもお持ちの方で、それとは別に普段使いの自転車としてFLOAT451Rを迎えていただきました。20インチだからこそ得られる軽快さや、コンパクトなサイズ感などを気に入っていただけたようです。
スピード感では700cのロードバイクには勝てませんが、充分なスピードや走り心地はありますし、普段着で乗れる気楽さはこちらの方が間違いなく上です。
早速本日も、10kmほどの距離をサイクリングがてらのお持ち帰りだったので、またご感想いただけたらご紹介したいと思います。
20171111-03.jpg
20171111-02.jpg
20171111-01.jpg
20171111-01.jpg

ちょうど良いかもしれないハンドル NITTO X E.B.S "EBS-20"

20171112-02.jpg
ちょっとスポーツな普段使いにちょうど良いかもしれないハンドルが出来ました。
しっくり手が納まる程よいベンドと、広すぎず狭すぎず、ワイドなタイヤにもマッチするハンドル幅。プロムナードみたいな完全なリラックスポジションではなくて、ちょっとスポーツバイクな、でもドロップハンドルじゃない時にぴったりなハンドルです。
 
NITTO x E.B.S “EBS-20”
width:630mm clamp:φ25.4mm bar:φ22.2mm
SL ¥4,200+tax
BK ¥4,800+tax
 
 
20171112-01.jpg
20171112-04.jpg
20171110-01.jpg
グループショップ各店舗にも入荷済みなので、お近くの方は是非チェックお願いします。
 

HORIZONTAL451SS custom Bordeaux

20171027-01.jpg
HORIZONTAL451のシングルスピードカスタムを納車いたしました。
通常は変速機を取り付ける前提で設計しているモデルですが、今回の納車は、変速にもシングルスピードにも対応したロードエンドを採用したカスタムフレームです。
今の所、グループ店のvelo style ticketの銀座、渋谷両店と、velo stand kyoto併せて4本しか生産していないレアなスポット生産フレームです。ちなみに京都では2本目の納車になりました。前回のご紹介はこちらからどうぞ。
前回の記事でも書いていますが、”スッキリした外観”と”ロスの少ない漕ぎ感はテンショナーなしのシングルスピードならでは。”
もともとがシンプルなホリゾンタル形状ですが、変速機、変速用のワイヤーがなくなることでさらにすっきりとしたルックスになりました。
 
スタンダード完成車から、クランク、ペダル、ハンドルを変更しています。
20171027-04.jpg
20171027-02.jpg
20171027-06.jpg
20171027-05.jpg