高級感×明るめカラーなミニベロで気分をアゲよう。Horizontal 451!!

みなさま新年あけましておめでとうございます。(ちょい遅)
2020年が始まりましたね。

新年一発目から週末スタートで
かなりたくさんの方のご来店ありがとうございました。
新年、今年は自転車に挑戦するぞ!!
って方がほとんどで、
そんななか京都のマニアックな通りにある、
しかもEBSオンリーなこのスペシャルショップを
狙い撃ちしていただき感激であります。

当店の魅力はなんといっても
ハンドメイドフレームに対する専門性。

基本的になんでもやりますという姿勢です。笑
そのバイクに合わせたバスケット作りましょ!
とか、加工してこれ使いましょう!
とかってハンドメイドならではだと思う。

お時間はいただきますが、
スポーツバイクからライフスタイル、ファミリーまで
縦横無尽になんでもやるからこそ
多方面からのノウハウが蓄積されると確信しておりますので
京都EBSという存在を今年もよろしくお願いします!!

プラス、店舗的な目線で見ると
僕はハンドメイド/マシンメイド問わず他ブランドのバイクも
相当数触ることができる恵まれた環境にいるので
最新のメーカー様の作りや、今の時代に合わせたカラーリングなどを
常に現場目線で見ることができるので、
何が必要で、何が要らないのか。
イケてるカラーリングなどその辺もお任せください。

もちろんミニベロ/ロードバイクやグラベル、何でもどうぞ!!

そんでそんで新年一発目の紹介は。。
ミニベロ。
街乗りに特化した、街をぶらぶらポタリングするのが最高に楽しい!!
ってことを再確認させてくれるバイクでした!!

今頃はバシバシ気持ちよく走っていることかと思います。。



  今日のご紹介は…

Engineered Bike Service
Horizontal 451



うーん、ナイスカラー。
マットシャンパーニュ。
絶対かっこよくて、絶対かわいいのになぜかあんまりないカラーです。

今回は遠目から見てぼやけた感じにならないよう
ダウンチューブにブランドロゴ入りで作らせていただきました。
ただのワンポイントって言ったらそれまでなんだけど、
この一点でかなり締まった、ミニベロらしからぬ空気感出たと思う。

サイズはMサイズ。
ゴールドとシルバーの中間にいるような
不思議なカラーに仕上がっているので
こいつを邪魔しないよう、できるだけシルバーパーツで。
ブラックも絶対合うけど、どうしてもマッスルな印象になるので
その点に気をつけました。

このしとやかなカラーと細身のルックスに
最新のマッスル系もいいよね。

今回はあくまでミニベロをタイムレスなクラシカルデザインで。



例によってフロントビューから。
「琵琶湖一周できるミニベロ、でもこのくらいの値段でやってね。」
というフレーム組みならではのオーダーをくださったオーナー様。

抑えるべきところは抑え、トラブルが起こりやすい部分や
性能に直結する部分はグレード上げていきました。 長く使っていく上で、
足りないところを補った時に、できるだけロスがないように、
と考えていただければわかりやすいかも。

琵琶湖!
って聞くと200キロ近く走る過酷な戦いに思えちゃうかもだけど
初めてでも季節と天気を見極めれば、基本的に走りやすくて
ずっと湖を見れる最高なロケーションなコース。

ちなみにご飯もうまいし、パン屋もけっこうある。
滋賀県を一周した!
って経験は滋賀県大好きになることうけあい。

京都からもまあ自走でいけますし
春に向けてちょこちょこ走っておくと余裕もでますね。

ちなみに僕は過酷な真夏に走るのが大好きです。笑
なんでかって?
水が反射してキラキラ綺麗なんですよ。
僕のツーリングの思い出はほとんどがそばに海があります。
まあそんなことは置いといて。。



シルバーパーツをベースに
ハニーカラーのグリップ。
ブルホーンバーは敢えてのノーカットで
フラットポジションにブレーキレバーを取り付け。

ブルホーンの「ホーン」部分を持つ時はスポーティな走り心地を。
フラット部を持つ時はブレーキポジションでゆったり。
姿勢が起きるので景色も楽しめます。



コックピットはこんな感じ。
変速レバーはステム部分に取り付け可能な8速のインデックスを。
このパーツ、意外に見つからないのでまとめて確保してます。
ので独自路線で組み付け可能なので
ブルホーンやドロップの1インチクイルで
シンプルに組みたい!って方はコイツを是非。



で、わざわざ
ワンポイントアピールしたロゴがこちら。
潔くシンプル。
EBSらしくていいと思う。
明るめのカラーチョイスのオーナー様は
アクセント的にロゴを入れることをおすすめします。
グッと締まりますよ。

イマっぽく敢えてフロント寄りに貼ってます。
ちなみにヘッドバッヂはこんな感じ。
ちなみにミニベロは元からこのバッヂ。
フルサイズは別注でこのバッヂ仕様に変更可能です。

個人的にバッヂ取り付ける瞬間結構好き。

全体的にシルバー。
まずはフロントシングルで組んで、
後々ダブルにすることも可能。

今回もマテリアルはクロモリで、
国産のKAISEIで、ダブルバテッドで、型番は022。
ツーリングバイクには一番オーソドックスなパイプですが
今現在国産パイプのみで
フルセットを組んだバイクってどれだけあるんだろうか。

そんな贅沢なパイプを真剣に設計したミニベロに。
オールハンドメイドでこの価格。どうも、京都EBSです。(!?)

そんなミニベロを快適に乗り回す楽しさ、
皆さまに味わって欲しいですね。



ブレーキ周りもシルバーで。
やっぱりこのやわらかな輝きがいい。

もちろん最新規格の制動力抜群のブレーキも取り付け可能ですが、
やっぱ気にいるルックスじゃないとね。 スペックを超えた、楽しむための大人の乗り物。




で、シルバーで組む、性能良し、
お値段良しと欠点の見つからない
韋駄天ホイール。

そもそも20インチで完組を
この価格で出してくれてるだけでも
ありがたすぎるのに性能も良いという。

滑らかな回転にいい感じの軽やかさ。

もちろんハウジングの硬さなどを追求したり、
このリム使いたい!
とかがあれば手組ですし、種類も豊富ですが
リーズナブルにカスタムを楽しむなら韋駄天は間違いないですね。

今回はこの韋駄天起点に、
まずはこのホイールを入れたい。
でも予算もあるからこのくらいまでで。
って感じでしたので、できるだけいい感じのパーツを
ディグし、かつご満足いただける仕様になったかと思います。



当然スタンド台座も標準装備。
街乗りでは必須アイテムですね。
ダブルレッグもチョイス可能ですが、
バスケットやパニアバッグなどの取り付けが前提でなければ
シングルでも十分ですよ。



もちろんディレイラーもシルバーで。
RDはもはや90パーセントくらいブラックなので
MicroShiftサマサマです。
変速もいい感じに決まります。



サドルだけ撮影に間に合わなかったので展示用のものを使っていますが
完成イメージはこんな感じです。

ゆるく乗るもよし、ツーリングにお出かけもよしの
いい感じのバランスなミニベロが出来上がりました。

今回は敢えてギア比を少し軽めに設定しているので、
男女問わず軽めに乗っていただけますし、
もうちょいスピード欲しい!
って方は元から、後から問わず変更可能です。

ビワイチにいく時だけペダルをビンディングに変更したりしても
いいと思いますね。

ロングライドでは確実に快適です。

乗り込むとカスタムしたくなってきたり、
ロングライドしたからこその
足りないものなど見えてくるかもしれません。
いつでもカスタムお待ちしてますね。

ミニベロでロングライド、ってマニアックに思えて
じっさいマニアックです。笑

そして、マニアック、って言われて悪い気はしない世界です。笑
僕もしまなみや小豆島、直島、
大阪〜京都の往復はミニベロで行っていますが
ミニベロならではの楽しみ、同族に出会った時のニヤリ感、最高なので
ぜひ皆さまもミニベロツーリング沼へどうぞ。

どこでも固定ギアで行く、
固定ロングライド沼もご案内できますので
人に理解されない趣味を始めたいかたは是非。笑

もちろんタウンユース〜ちょいと遠乗り、みたいな使い方は
本気で使い勝手も良いですし、
こんなに健康的で楽しい趣味もないと思うので
まずはミニベロ楽しい沼からどうぞ。

僕は元旦しまなみ海道を通りましたが
最高すぎる天気で
冬のしまなみ最高でした。
夏関係なく海キラキラだった。笑

是非、ハンドメイドで、自分で選んだ自転車で、
今年はちょっと頑張ってロングライド、はじめてみませんか。

ではでは。。 今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451


こいつもMサイズ。
ディープリムでマッスル系ミニベロロード。

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!) 

MASN