温故知新、ネオクラシックでいこう。LEAF 451。

ここんとこ天気最高のなか
お店やらせて頂きお天道さまに感謝。

京都に住んでると雨も情緒ってことで
共存されておられる方ばかりですが
情緒もなにもねー雨も降りますね、やっぱ。笑

人生色々、男も色々、
天気も変わってゆくということで
(なにがあったんだよ)
今週もバイクチェックです。笑

雨のおはなしがでたからじゃないけど
今週のバイクはフェンダーつき。
なので雨の日が楽しくなるバイクです。

クラシックな要素を好んで取り入れるのは
EBSのお家芸みたいなところがあるけれど
今回はEBSらしい空気感と昔からあるものを
現行パーツで表現した
ネオ・クラシックなバイクです。

オーナー様は初めてのスポーツバイク。
・白っぽいカラー、でも白じゃない。
・シルバーパーツで。
・雨の日も乗る
・できたらレザーパーツ使いたい

このあたりの
ご要望を投げてもらってキャッチボール。

二回来てもらったけど、
両方雨だったな。笑
足下悪いなかありがとうございます。。

まずはよくぞ
EBS掘り当ててくださいました、
ってことで
しっかり長く使えるパーツ選び
佇まいが半端ない、新品なのにまるで
昔からそこにあったかのように
感じるような素敵バイクにするべく
プロジェクトスタート。

もちろん現行パーツなので性能は現代の基準。
デロリアンが未来に行って
外見そのままにゴミを燃料にできたり、
加速に道が必要なくなったかのような未来車。
そう、僕だけがチキンのまま。(病んでません)

今日のご紹介は。。。

Engineerd Bike Service
LEAF 451

限りなくホワイトに近いアイボリーを
マットな仕上げで艶をおさえて。

のびゆくパーツはできるだけシルバーを使用し、
レザーパーツのハニーカラーと
タイヤのブラウンでグッとキュートに。

ご予算内で細かなパーツはお任せいただいたので
日々の生活をちょっぴりだけ
気持ちよくするアイテムを味付けさせていただきました。

イイよね。
ここ最近こどものせだったり
その第二章の本気のママの為の自転車だったりと
LeafシリーズでもLongバージョンが注目されていたけれど

こちらはオリジナルの本家。

  • またがりやすい
  • こぎだしやすい
  • なのにスポーツ

という良いとこどりをしたフレーム設計はそのままに
より小気味の良い走りが楽しめる、男女問わず人気のフレームです。
フレームサイズにあまり依存せず乗れるような設計なので、
夫婦での共用お子さんへの引き継ぎなどもしやすいのも◎。

EBSのフレームは全てカラーオーダー可能。

EBSのフレームは
最近だとRAWカラー
(クロモリの素地を活かした表現仕上げ)が人気ですが
カラードももちろんオーダーOK。

かなり多色なので余計に迷ってしまいますが
自転車乗るか乗らないか→
スポーツバイク買うか買わないか→
ハンドメイドバイクか否か→
ここまでの選択肢を迷って迷って、
その上でせっかくゆっくりと選べる
EBS京都でオーダーいただくので
せっかくなんで思いっきり悩みましょう。笑

フレームカラーが決まれば
またそこからパーツの海を泳ぐトライアスロンのような
怒涛のチョイスの連続ですが、絶対良いものができます。
吊るしのバイクと違う点はここで、
その人その人のカラーが必ず出るので。

その時に、
ちょこちょこ写真やこの色はどうだ、合うかな〜などと
私MASNに悪だくみのようにご相談いただければ幸いです。
オーナー様の代わりに頭にカタログ詰め込んでおりますので
お気軽にライブラリーがわりにどうぞ。笑

で、今回は前述の通り
限りなく白に近い、でも誰が見ても「白」とはならない
絶妙なニュアンスに仕上がっております。
アイボリーって実は結構難しいカラーで、
白にどういう調味を加えるかでかなり変わってくるので
カラーから選ぶ楽しみはせっかくなんで時間かけてみてください。

フロントビュー。

乗りやすそうなポジションですが
グイグイ走れるちょうど良いところに合わせていきます。
ハンドルはゆったりプロムナードで、

アップライトで景色楽しめる◎
ポジション安定で安全◎
Leafのもつリアのバネ感がスポーツを感じさせてくれる◎

と、ハンドルがゆったりだからといって
便利で実用的なだけじゃない、
ここだけでもLeafの良さが出てます。

ハブダイナモ/ダイナモライト。

街乗り、ツーリング問わず
EBS京都では定番化しているダイナモライトは
むかーしむかしからあるいわゆる
「まわればライトが点く」やつです。

このライトを導入するにあたって
確実にある疑問点をまずはひとつ。
「ゴリゴリしていて重たいんじゃないの??」

答えはNO。
今のスポーツ用のダイナモハブはかなり軽い回転で
(指で回転させるともちろん重めではある)
乗ってると違いはほとんどわかりません。

自転車持った重さと走りの重さは直結しないのと同じですね。
自転車持って走る人はいますがハブを指で回転させながら
走る人はそういないのでまずデメリットに感じることは無いでしょう。

ダイナモライトのメリット/デメリット。

これはもうほんといっぱいあります。。

  1. 充電がいらない。
  2. 点灯/消灯の手間がない
  3. 自分の力で完結するエコ
  4. モデルによっては充電もできる
  5. ハンドル周りがごちゃつかない

とまあ書き出すとキリがないですが
やはりまずは1番
「充電がいらない」ことの恩恵は半端ない。

USBリチャージブルの今のライトもかなり進化していて、
スッキリマウントできたり、光量も確保できていたりと
乾電池時代と比べればかなり進化していますが
まさか最高に便利なのが
「自分で回して自分で点ける」原始のライトだったとは。

これは体験された方はもう抜け出せないでしょう。

2番は意外ですが
オートではないライトはボタンの長押しが
スイッチになっていることが多いです。
だいたい2秒とかなんですが
これが..意外に…なんです。
これも体験すればもう抜け出せません。笑

ハブはミニベロ用のものを使用。


デメリットは

  1. ハブ単体の重量増
  2. 初期投資がかかる

といったところでしょうか。
だいたい重さは倍くらいになります。
なので軽さを追求する場合は
ダイナモの選択肢はナシですね。

とはいえ長時間走るブルベだったりの場合は必須。
あのような競技で必要なものって
街乗りでも活きると思っています。

初期投資がかかるのは
どのタイプのライトでも一緒ですが
ホイールに発電機能を持たせるので
ホイールとライトの金額がどうしても乗ってきます。

そして補って余りあるメリットをもたらします。
本当におすすめだからこそ、導入してほしいシステムです。
自転車は変なところでストレスだと面白くないので
こういうところはとことん楽しましょう。

リチャージライトのメリット/デメリット

メリットとしては

  1. 手軽さ。今日買って今日点灯。
  2. 初期投資が安い
  3. どんな自転車にも取り付けOK
  4. 大型のものは長持ち&大光量。


リチャージブルのメリットは手軽さにあります。
今日買って今日点けれる。
驚くほど安い値段のものもあるので
出先で充電が切れた、充電し忘れた、盗難にあった
などからのカバーが早いです。

4番のものは本当大型で
ダイナモハブより重くなるものもありますが
真夜中の山を走れるくらい明るいです。

デメリットは

  1. 点灯時間の短さ。

だいたいのライトが最大光量で2時間ってとこです。
なので毎日外して、毎日充電して、毎日取り付けて。。
という作業が面倒なので、
多くの方が点灯時間の長い
点滅状態での運用となることが大半です。

点灯しながらフラッシュするライトはまだ良いけど、
それでも3-4時間。
小さいライトだと一瞬です。。

車やオートバイに乗ってライトが点滅していたら怖いでしょ?
オートライト&チャージレスが僕のおすすめです。

事故対応時のドライブレコーダーには
点滅が映らず消灯しているように
見えるといったデメリットもありますが
それは別話ということで。

もちろんリチャージがダメというお話ではなく、
僕の乗っている自転車にもリチャージのライトはついてるので
ようは適材適所。
このバイクのスタイルならば確実におすすめだということです。

ちなみにライトはBMのもので70ルクス。
正直めちゃくちゃ明るいです。
数字以上の明るさを出してくるのがこのブランドの良さ。
IQ-XSという型番なのですが質感もよく、高級感も出るので
EBSではオススメライトの上位に常にいますね。

基本的に昼は照度弱めのデイライトで
暗くなったら明るくなる賢いやつです。
信号ひとつぶん位こげば蓄電されて
停車時もポジションランプとして活躍します。

EBSのバイクは手組みでホイールを組むことがかなり多いので
せっかくだしダイナモ、って方もけっこういらっしゃるので
ご検討中の方はダイナモライトもご検討どうぞ。

初期投資、メリットデメリットと色々書きましたが
確実に豊かな生活になりますよ。

ハンドルは前述の通りゆったりめのプロムナードで。
BROOKSのレザーグリップにシルバーのブレーキレバー、
少し珍しいブラウンのワイヤーを使用。
ワイヤーをあえて目立たせるというオーナー様の作戦は大成功。
レザーとの相性抜群。

ところどころゴールドカラーを使用しているので
ベルもブラスゴールドで。
このベルはかなり上品な音が鳴ります。

必要だけどまあ鳴らす機会のないベルですが、
鳴らしたくなる音色だし、ルックスもいい感じなので
トータルコーディネートの一員に加えてあげてください。

レバーはDCのSS-6を。
握り心地、入力に対する剛性、手の大きさを問わないアジャスターなど
使いやすくて形も良い感じ。

BROOKSハニー→ベルのレザーパッド→ブラウンのワイヤーのコンボが◎。

シフターは敢えてのフリクション。

高級感のある変速レバーがどんどん姿を消していく2020年。
ちゃんとしたレバーで使いやすく、
互換性も幅広いMicroShiftのレバーは輪界の良心。

オールシルバー、
ってのはもう現行パーツではあまりないので
ここは敢えてレッドを入れてブラウンと調和をとる。
リバース式のフリクションレバーは8枚のギアを変速。
あまりにもギアが多いとシビアなタッチになるけど、
8.9.10速は全然イケますね。

ハンドル周りをシンプルにするためにステムマウントで。

ヘッドバッヂももちろん一枚撮ってます。笑

かわいい感じなのにハードな印象も受けるチョイスで
妖艶な仕上がり。

サイドビュー。

クラシカルだと感じさせるパーツがすでに何点か主張するサイドは
快適に乗っていただける装備とスポーツの味付けのバランスを大事にしています。

Honjoのタートルフェンダー。

やはり良いですね。。
日本最後の泥除けメーカー、本所の亀甲フェンダー。
これがあるだけで、というか、これベースって言っても良いかも。
かなり雰囲気出てます。

加工は必要ですがおさまりも良く、
もちろん専門メーカー製なので当たり前に実用性◎です。

ちなみにタイヤも日本製。
Panaracerのタフシリーズを。

ブラウンサイドの感じもクラシックのお手伝いをしてくれるし、
空気も高圧まで入り走りも軽く、パンクリスクも低減。
タフと名のつくだけあってロングライフで、
替え時がわからないと思います。笑

ガッツリガッツリ走っても1年いけます。
そのくらい丈夫。

クランクはガード付きのものを。
僕たちが扱ってるスタンダードクランクのうちのひとつで
質感もいい感じです。
今回はSuginoのクランクキャップを真ん中にセットして
高級感UP。

ハーフガードという選択肢。

チェーンガードは一番絡みにくく、
おしゃれを楽しめるフルガードもご用意できます。

今回はここを全部閉じると
オーナー様のイメージから若干外れるかな、
と思い実用/スポーツの間を採りました。

何もつけなくてももちろん良いけど、かっこよくなるよね。
可愛さとの共存。

ペダルはMKSのネクストを。
シルバーに妥協しないのがEBSスタイル。
あるものはしっかり使います。
このクローム仕上げは高級感だけでなく、
実際のペダルとしてのレベルも相当なもんで
ずっと使える良いペダルです。

日泉ワイヤーの存在感。

ワイヤーってできるだけ見えないようにスッキリさせる、
というのが良いという感性は
オール内装フレームなどが存在することでも感じますが
色で遊んだり、アクセントになれば
それはめっちゃカッコイイことなはず。

ましてや日本製、めちゃくちゃ精度も良くて引きも軽いワイヤーならなおさら。

僕も2000年代後半に乗っていた
スポーツバイクはワイヤーで遊びまくっていて
ハチャメチャなカラーリングでしたが
こんな感じで大人カラーも出ているので
ワイヤーは敢えて違う感じにしても面白いかも。

レザーサドルでストーリーを作る。

EBSは10年、20年と
長く使える自転車作り
を掲げているんですが、
もちろんパーツも使い捨てることなくできれば使って欲しい。

なら10年使えるサドルといえばやはり革サドルでしょう。
削れることはあっても破れたりしないし、
実はメンテも楽だったりします。

EBS京都でメンテナンスのためお預かりしているバイクに
レザーサドルがついていた場合、だいたい僕がメンテナンスしてます。

EBSオーナーになっていただいた後、
初期点検や日々のメンテや空気入れ、注油などと別に
年イチくらいの定期検診的なやつのたびに保湿されて帰ってきます。笑

僕のスタンスは「何か交換しない限り無料」なので
もちろんレザーメンテも無料。

EBSでの購入体験は
その先のお付き合いも当然含まれていますので
なんでもネットで買えてしまう世の中だけど、
乗り物は顔が見える場所で買うべきだと僕は思っています 。

誰が溶接して、誰が磨いて、誰が塗って、誰が組んで、誰が乗ってるか。
全部見えている、昔は当たり前だったけど逆に今新しい
ちゃんとものつくりする。ってところを頑張ります。

そんなフレームと共にじっくり育つレザーサドル。
飴色だったり、ニブい輝きの黒。かすれてても。
あのときこけてしまった、傷のあるサドルサイドに
あの時のふとした雨のあと。
鋲が沈み込んできたり、
ハンモックのような最高の座り心地になっていったり。

ポジティブはもちろん
ネガティブな要素をも全てプラスに変えるレザーの魅力

カバンや靴ですでに知ってる方も多いはず。
僕たちは「鉄」という素材と向き合って仕事をすることが多いですが
なんとなく似ていて、実際組むと親和性しかないです。

多分こんなとこまで読んでくださっている方なら
「良いものを長く使う」ことの良さは知っておられるかと思います。

10年、20年とその先も超えて乗り続けるなら、
僕は1日でも早い方が良いと思ってます。
◯◯歳の時に乗り始めたやつを今も乗ってる。
この最高の自己満足を体験せずにはいられない。

リアビュー。

後ろからの佇まいが最高にセクシーなこのLeaf 451は
シルバーのトータルがフェンダーのおかげで少し多いからかも。
アイボリーホワイトなフレームカラーが敢えてぼやけて見えて、
総合的に一つのかたまりとして見えるから
かなりの存在感があります。

乗ってる横姿は確実にかっこいいし、
人々の振り返るバイクになってるかと思います。
僕だったらガラスがあるたび横見ちゃうね。笑

この時代にフェンダーリフレクター新発売という流れ。

オーナー様のバイク製作にあたり、
僕はけっこう時間をかけて練るほうだと思うんだけど、
今回最後まで悩んだのがリアの反射板だった。
シートポストに取り付けるタイプもあるし、
手軽でちょうどいいんだけど
何かが違う。

そんな時にまさかの
ドロヨケに取り付ける反射板」が新発売。2020年に。
めちゃくちゃ昔からあるし、
ママチャリとかだと当たり前じゃないですか。
それを有名ブランドと有名セレクターが再定義してきた。

オーナー様とEBSのイメージがシンクロした瞬間だったし、
この時代にこのパーツ。流れはネオクラシックやで!!

ってなった瞬間でもあった。笑

別になんてことない、
穴をあけて取り付けるだけのものなんですが
一気に空気かわりました。

これはさすがだな、と思いましたね。

大人の自転車にぴったりの雰囲気です。
軽さ重視の薄いフェンダーには取り付けは不可ですが
それなりの強度があればOKです。

ブレーキはレトロなカンチを。
敢えてチープなシルバーが雰囲気抜群。
で、受けにもちょいと違うものを。

写真が下手過ぎて泣けてきますが
GCのローラータイプを採用。
別に必ず必要ってわけじゃないポイントなんだけど、
フェンダーにハーフガードにとボリュームあったので
この部分が小さい方がスッキリ見えたからこっちで。

リアハブはシマノの105のシルバーグレーを。
最近は韋駄天ホイールとかもあって
手軽に高性能ホイールが手に入るけど、

ダイナモの場合前も組んでるので後ろも組む。

シルバーのハブは年々少なくなってるし、
リアはあんまり見えないから
性能重視でブラックの何か、とかでも良いんだけど
ここはちゃんとした走行性能/元祖コスパ王の
105先生に出てきていただきました。

こんな感じの
レディースアンドジェントルメン仕様なLeafだけど
軸や心臓部にはしっかりロードバイク準拠であったり
MTBのハードなライドにも耐えるものを使ったりします。

なのでスイスイ楽々走れるし、フレーム以外も
長く使えるものになっています。

リアディレイラーもMSのものを。
シルバーのRDなんて絶滅しかけてるから
ずっと作っていて欲しいな。

RDはオールシルバー希望でも
ブラックを使用することがありますが
トータルバランスで崩れないよう、
その場合は前方部にも同じくらい黒を忍ばせたりします。

ここでもワイヤー効いてますね。いい感じ。
チェーンの光り過ぎないゴールドも良い感じの高級感。

性能とルックス、値段。
全部兼ね備えることは難しいですが
その時にあるカードを
フルに使って至高のものを製作するので
ぜひEBS京都で、私MASNにお任せください。

好きな角度でも一枚。笑
かなり渋いですね〜。
Leafでできることは
Leaf longでもできる
んで
今どちらかに乗られてるオーナー様は
ダイナモライト化、フェンダー取り付けなど
カスタムもぜひ楽しんでください。

もちろん他の車種でもカスタムガンガンやるので
これいいじゃん!!ってなったやつは問い合わせてみてください。

もちろん標準装備なスタンド台座。

今回は正立させるためWレッグスタンドをチョイス。
最終的にカゴをつけたくなったりしてもOKだし、
シンプルに便利です。
ここは好みで。

真横からのシルエットはさすがのLEAFというか、
思い切りよくループしたフレームワークが魅力的ですね。

スカートやワイドめのスラックスなど、
本当ならバイクに左右されてしまうファッションでも
足を上げすぎずにまたがって、自然に走り出すことができる
し、
カスタムでチェーンの巻き込みへの不安を軽減させることだってできる。

今回みたいにハーフガードでも、
フルケースでもどっちでも良いです、ここは気分で。

少し前に店頭販売車として出さしてもらった
フルケースのHorizontal 451が例としてあるので
こちらも参考にしてみてください。
こっちはこっちで良いんだ。。。笑
「チェーンケースをスポーツバイクにつけるとこんな感じ。」


今回も
かなりエレガントに仕上がってると思います。
トータルコーディネートという点は間違いないんだけど、
カスタムでつくった世界観が
オーナー様の独自の空気感出せてると思います。

男性が乗ると可愛く、女性が乗るとカッコ良く、ってのは
僕の大事にしているテーマのひとつですが
両方兼ね備えたナイスコンボになっているかと思います。

冒頭で「雨の日が楽しみになるバイク」と表現したけど
こんなのバイクがパラパラと降ってきた雨の京都に現れたら
惚れてしまうかも。笑

今回も素敵なオーダーありがとうございました。
EBS京都では日々のオープン日が少ない分
(僕は基本土、日の16時間しか店舗にいません。笑)
その分濃密にじっくりゆっくり仕様を
決めるお話ができればと思っております。

バイクを組んだり、色の妄想をしたりといった時間は
朝とか夜の方が捗ったりアイデア出るので
それはそっちの時間に。

意外に自転車漕いでる時より立ち止まって何か観てる時とか
全然違うこと考えてる時の方がアイデアは出る
んだよね。

自転車乗ってる時は
力強い文言とか、これからやりたいこと
とか
すげえポジティブなことしか思い浮かばないんだけど…

全部自分のことで。笑

僕が自分勝手なのか
自分との対話のスポーツだからなのかはわからないけど、
何か行き詰まってる時はもちろん、
ふとした時のサイクリングは良いですよ。
まさに気分転換という言葉がぴったり。

思いっきり走ったり、気持ちよくゆったり走ったり。
日々のリズムをあえて
崩すことで生まれるアイデアってあると思う
ので。

そんでふと
停まっても、またなんか
停まってるならではのこと思いつく。笑

なんか良いでしょ。

ここでも大事なのは
人と違う自転車に乗ってるとか、
そういう非日常を味わえる環境に身を置くと
いい感じで気怠いリズムを打破できるので
これもまたおすすめ。笑

もちろんもっとみなさまに
EBSのバイクに乗って欲しいという思いがある
けど、
上質なクロモリを自分仕様で乗る
特別なスピード感ってほんとにある
ので
ここは是非体験していただいて、
これからの人生が少しでも豊かになればって思ってます。

最高級の車をエンジンの中身全部自分仕様、
ハンドルからなにから…ってことはまあなかなかできないけど
もしできたらそりゃその空間なら
なんか違う世界観で考え事できそうだな、って思うじゃないですか。

なんとなくそんなかんじです。
しかも自転車ならエンジンは自分で、
乗るほどグレードアップする。
ゆったりゆっくり、たまにはガッツリ。
雨の日あえて乗ったり、急に遠出したり。
これから先は体験型アドベンチャー。
自転車で走り出そう!!

ではでは。。。

MASN

長く使える自転車に子供のせがついてる。というお話。EBS/Leaf Long!!

さて、はじまりましたね。
今週のハンドメイドバイクチェックのお時間です。

お目にかかる文字は私MASN、
今夜もつらつらと綴っていきますので
お時間あるときにぜひご覧くださいませ。

昨日は一瞬空からのゲリラがきてたけど
今日は安定してましたね。

といっても超局地的なもので
あそこ降ってる、ここ降ってないみたいな
出来事が起こってしまう謎天候ですが。。

日々この気温に湿度。
マスクに正装とかなりきつい環境ですね。
自転車乗ってる間は風切れるので
そんなに暑さ感じないんだけど、
長く停まる信号/日陰なしのパターンはヤベー。

気持ちよく爽やかに走って、
しっかり水分補給もしたいですね。

ここ最近のMASNのベストバイがふたつ。
まずひとつ。マスクを首から下げれるコード。
(政治的に名前OKかわかんないけどブルーラグさんサンキューです)
他店様の商品紹介という前代未聞のブログポスト。笑

これまじで便利。
あっついから、密じゃないとこだとはずすじゃないですか?
いちいち直すとこもないし、日本人的マインドの私MASNは
バッグに入ってても見た目
「あいつマスクしてねえ!!」って思われたらどうしよう。
と思われるくらいの
チキンマインドなので首から下げれるのが良かった。
ってのと
顎にかけるのも暑いからなんせ外したかった。
このON/OFFのスピードを解決してくれました。

もうひとつは
コンビニコーヒーサイズの断熱タンブラー。
これも僕の夏の神アイテム入りしてます。

グランデサイズのプラカップがギリおさまらんくらいの
ぴったりステンレスマグなんですが
「砂浜に5時間刺してても氷ある」
これまじ必需です。
今も横にありますが
僕のPCの台は一番上がウッドなんで
カップからでる
水滴があんまり気持ちよくないんですね。

これも解決。
水滴なしがこんだけ快適だったとは。。

EBSのチームにはコーヒー屋さんを兼業している
ナカコーヒーのナカ先生がいるんだけど、
もし外でコーヒーやるなら
10個プレゼントしようと思ったくらいだね。
ずっと冷たいしんなんだか映えるしお客さん絶対喜ぶ。
いや、もう導入してるかな。


いや、自転車紹介しろよ。
まじで怒られるわ。笑

でも、「過酷な現状を楽しくしたい」
みたいな想いって
自転車というか、モノを生み出してりゃ
当たり前に追求するもはや使命。
僕もこの刺激を自転車に必ず活かします。

僕たちの自転車は
・長く使えること
これが最大の魅力。
ってことは
・ずっとお気に入り
でいてもらえるようにするのが
アッセンブラーの僕のおしごと。

自分が10歳年をとっても素敵だな、と思える
タイムレスかつ存在感のある自転車作りしますので
ぜひお任せください。

ってことでEBSのハンドメイドバイク紹介しますね。笑

Engineerd Bike Service
Leaf Long

びっくりするくらい晴れてて
やたらビビッドな撮れ味ですが加工はしてません。笑

今回のLeaf Longは
大、大好評のこどものせミニベロ仕様。

あと一回は増産確定しているので
早期予約推奨です。

表題の「長く使える自転車に子ども乗せがついてる。」
というのは僕がけっこう大事にしているポイント。

Leaf451というバイクが
このLeaf Longの原型にあたるモデルで
「こどものせをつけたり大きな荷物を載せても安定感がでるように」
って思いで生まれたのがこのLongというモデル。

だから、はじめから
チャイルドシートやカゴがついているわけじゃなくって
そう設計されているけれど
あくまで一台の抜群の安定感を誇るミニベロということが大前提です。

だから、色々な使い方ができる。

こどものせミニベロとして。

やっぱり一番のご要望と実績。
EBS自体がネットやSNSを掘り進めないと
出てこないようなブランド(褒め言葉)なので
見つけてくださったオーナー様やお客様は
すでに「こどものせ」を探している方がほとんど。
しかも、「人とはちょっと違う自転車」を。

だから、
まずは今日の紹介のような前乗せスタート、
ってことが多い。

3歳〜はうしろのせ。

必要に応じてバスケットを取り付けたり、または必要なかったり。
もっと大きいものが必要だったりとご要望はさまざま。
でも、大きくなってくればつぎは後ろ乗せ。
この時点で3年〜が過ぎてるって感じかな。

もしかしたらまた前にもう一人乗せるかもしんないし、
泥除けつけたり外したり、色々したくなるかも。
全部できます。

ちょいと前の画像を掘りましたが
この三年、かなりの数の前乗せを
Leaf Longに取り付けてきたので
そろそろ後ろ乗せのオーダーも増えると思う。
楽しみだな。
お母さんやお子様の成長に合わせて自転車も変わっていく。
最高のストーリーですね。

いよいよおっきくなってきた。一人乗りミニベロとして。

このころには
一緒に走ることができる年齢になってきて、
今まで後ろに乗ってたお子様が16インチとか、そのあたりの
キッズバイクに乗るようになります。

そうなるといよいよ取り外し。
こどものせミニベロとして6年、
7年と働いてくれたLeaf Longを自分仕様に。
第二章のスタートです。

ここまでくると食べ盛りのお子さんがいるので
大きいバスケットが欲しいかも。
もしくはバックパックに切り替わってシンプルに軽やかな仕様にするかも。
大型の専用スタンドも取り外しOKでよりシンプルに仕上げることができます。

外せないものがない。という自由。

これ結構カスタムで苦労される方も多いと思いますが
専用設計になってて結局前乗せ外せない。
外すとハンドルまわりががっつり空いて変な感じ。
結果、前乗せを袋置きにしてる。。

こういうことがLeaf Longにはありません。
お子さんの、お母さんの、お父さんの自転車、
という前提は崩さずにいつでも
その時に合った感じでカスタム&ドレスアップ。


いつでもお気に入りの秘訣。
最初から最後までママチャリも最高だけど、
誰しもが変化する世の中、
自転車はそのままなんてもったいない。

毎日乗るものだからなおさら。


そんな変化に強いEBSのLeaf Longを
ばっちり元気なボルドーカラーでオーダーくださったママのバイクをご紹介。

こどものせ専用スタンドに
シルバーパーツ、ブラウンのサドル&グリップ。
プラスでブラウンのチャイルドシートでコーディネート。

バスケットはEBSフロントラック専用のラタンバスケットを。
サクッと持ち運び可能なのでザクザクエコバッグ詰めて
おうちまで持って。

大きめの段ボール箱とか持ち帰る時はこのスタイルで。
アウトドア用のバンドなんかを使えばまあまあ大きい荷物もOKです。
Titanとかのね。
長めのやつをサドルバッグに忍ばせてても良いと思う。
あとは100円ショップで売ってる
2本入りのゴムバンドがなかなか使えます。

今週関係ない宣伝多いな。笑
案件じゃないです。笑

Leaf Longはあんまり目立たない(実際影になってる)けど
バッヂ仕様がスタンダードですよ。
EBSらしさはフレームワークに出てるから大丈夫(だと思う)

チャイルドシートはBobikeのOne Mini。


進化していくチャイルドシート界において
値段を上げずに使いやすくアップデートされたバランスの良いシート。

チャイルドロックは片手であるポイントを
グッと押さえれば外れる仕組みで簡単です。
どのブランドも使わない時はブラケットだけを
残して取り外しが容易になっていますが
Bobikeのシリーズは差し込み式で
これまたサクッとOn/Off切り替えOK。

一つ前のモデルではスポンジのシートがついてて
雨の日は浸み込んで濡れちゃう点が課題でしたが
ラバーシート採用で難なくクリア。
カラー展開も落ち着いたカラーが多くEBSでは好評ですね。

リアはシンプルにロゴのみ。
カチッとした作りで直線的にバイクを表現できるので
引き締めたい時はBobikeかな。
チャイルドシートは本当に好みなので
あんまり僕からこれ!!
ってのは言わないですが、心に秘めたおすすめは
もちろん持ってますので
僕のおすすめも参考にしてみてください。笑

ポジションはこんな感じ。
絶妙にポジションは計算していて、
前のせとの一体感があるので安定感があります。
もちろんステムで高さや長さの指定ができるので
自分に合ったポジション、お父さんと
共用できる真ん中のポジションなど
お気軽にご指定ください。

店舗に最もスタンダードな長さと高さの試乗車があるので
それをベースにゆっくり決めていきましょう。

ブレーキや変速などは安心のSHIMANOを。
安定のクオリティと、真似できないコストパフォーマンス。

Vブレーキという機構のブレーキを採用していて、
車輪を押さえて制動するタイプでは最も強力。
車体が軽いので
効きと保ち、全然違います。

巻き込みにくいWガードクランク。

シンプルで大型のチェーンリングを提供してくれいるのはSuginoのクランク。
両側からガードが出てるので
カバーなしでも巻き込みにくい。

ボトルケージ台座を鍵の取り付けに活かす。

この位置に本来は台座はなくて追加のカスタムなんですが
かなり前の部分につけてます。
なんの意味があるかというと。。

こんな感じでABUSのBORDOという最新のブレードロックが取り付け可能に。
ハイセキュリティな鍵は重くて使いにくかったりするけど
このBORDO liteは軽くて扱いやすい。

しかも盗難に対して
ちゃんと鍵閉めてたのに切られた!
って時は5万円のお見舞金が支払われるシステムありと手厚い。
おすすめの鍵だしおすすめのカスタムです。

ハンドルがふらつかないスプリング付。

写真用にわかりやすくバネ感満載ですが
納車時はカバー付きです。

ちょうど良い長さで計算したスプリングがついてるので
チャイルドシート/バスケットと
フロントヘビーになりがちなバイクの安定を手助けしてくれます。

サドルはシンプルな鋲付サドルを。
ブラウンとブラックが変更可能です。

タフなタイヤとホイールセレクト。

マラソンと名付けられた通り
毎日同じペースで動く使命をもったバイクにはぴったりで
分厚いウォールがロングライフを生み、
30キロほどもあるE-bikeの重量にも対応する規格なので
しっかり空気が入っていればパンクリスクも激減。

そしてすり減って交換時期になると緑のベルトが見えてくるのでわかりやすい。
とはいえ、全体に緑が出てくるとすぐに交換したほうが良いので
Leaf Long乗りのオーナー様、一度後輪チェックよろしくです。

ホイールも丈夫なものをチョイスしています。
406サイズというオーソドックスで
どこにでもある安心感のサイズかつ
スポーク数も増やし32Hから36Hと強度も抜群。

ホイールなんてどれも一緒でしょ、ってわけじゃなく、
縦からの力が多くかかるチャイルドシートつきのバイクは
意外にもホイールがストレスを受けてるので
がっちりタフにしてます。
ここが弱いと走りがヨレヨレで乗ってても楽しくないからね。

最高にまたがりやすいLeafオリジナルのデザイン。

これがご購入の動機になるくらい緩やかな曲がりが良い
またがりやすくつくられたフレームは超好評。
一度またがってみて。

ホイールの406サイズは少し小さめの20Inch規格で、
このフレームデザインと相まってかなり乗り出しやすくなってます。

絶対欲しい専用スタンド。

Leaf Longには子どものせミニベロとしてオーダーくださった場合
このスタンドが標準装備となりました。
アップデートを繰り返したかなり丈夫なスタンドで、
毎日の送り迎えや安定が必要なシーンで大活躍しますよ。

取り外しも難しくないので
いつかは取り外して、
一人乗り用のスタンドにも交換OK。

ちなみに一人用は
この台座に取り付け可能です。
より軽く仕上がるので自分のミニベロとしての第二章も楽しみですね。
ぜひ大きくなったお子さんと公園でも行ってみてください。

赤色、可愛いね。
でも派手、ってわけじゃなくいい感じです。
赤色は経年変化したらしたでまためっちゃいい感じの色味になるんで
ぜひツヤ感保ちながら育てていきましょう!!
ワックスがけはいつでも僕にお任せしてください。

そんなガチのワックスではないけど、
調子のいいワックスあるんでいつでもやります。
EBSのバイクは何かを交換しない限り
全てのメンテや空気入れ、注油、ワックスなど無料なので
お気軽にいつでもどうぞ。

今日の鴨川は空いてました。笑
あの飛び石最近大人気で
水浴びしてたり
足を水につけて読書してたりマジ羨ましかった。笑

あっついけど鴨川走るのは最高です。
みんなで鴨川走ろう!!

今週もたくさんのかたのご来店ありがとうございました。
メンテナンスが重なっててお待ちいただいたりと相変わらずスミマセン。。

密OKだった過去ってどんな感じで待ってもらってたっけ?
もうわかんないくらいこのスタイルが定着しましたが
これはEBS京都に来てくださるオーナー様とお客様の
ご協力のおかげでしかないです。。

本当、良い人に恵まれすぎててありがたさしかないです。
来週もよろしくお願いします!!

今週はHorizontal 451のレアなSサイズ(しかもマットRAW!!)
のNewフレームとかが入荷してたんだけど、
全く写真撮る時間とかなかったのでまた今度紹介するね。
150cmくらいから乗っていただけるフレームなので
バチっときた方は来週チェックお待ちしております!!

ではでは。。。

MASN

第二期Kamogawa。予約受付中。よろしくお願いします!!

いやー、あっつい。笑

天気予報は晴れの橙を超えて
燃える赤の太陽マーク。
気温って39度まで赤色で、
40度超えると黒文字になるんだね。
いよいよやばい色。笑

大阪店のSNSで触れましたが
みなさんバイクにボトルケージついてますか?
もう必需になったね。
最低一本は欲しい。

幸いここ日本は山の中とかでも
自販機あったりする最高環境なんで
冷たい飲み物には事欠かない
(欲しい時に限ってないんだけどね)
けど、やっぱ保冷のできるボトルと
それをすぐに取り出せる環境は揃えたいですね。

今日は久しぶりに
MASNの自転車企画
「鴨川を最高に気持ちよく走れる自転車」シリーズから
Kamogawaのご紹介。

「ハンドメイドの自転車をもっとみなさまにお伝えするには」
みたいなところから
最終的に
「鴨川最高=京都最高」だろ!!
という(はしょりすぎ)コンセプトにて爆誕した

その名も「Kamogawa」
おかげさまでファーストロットが全て予約で完売、
次期製作に向けてより良いモノつくりに邁進する運びとなりました。

正直値段はギリギリのギリで、
京都EBSのフラッグシップショップとして(大型店舗ではないけど…)
直営ならではの限界価格が生み出せたまさに限界値。笑

でも、パーツに妥協はしていないし、
なんだったらチューンして出してた納得仕様だったわけですが
多分、セカンドロットも同じ価格でいくと思います。
フレームの仕様が変わったり、
パーツが安定して供給されれば、ですが。。

なので138,000yen+tax。
これを守るべく、EBSブランドとして最安ながらも
真剣な選定、設計と溶接、塗装、組付で
胸を張ってお出ししますので
次回作、ぜひご予約くださいませ。

移動は風きって、少しでも気持ちよくいきましょう!!

今週のご紹介は…

Engineerd Bike Service
Kamogawa

サイズはMサイズ。
もし、秋までこのMサイズ残ってたら
僕が買って載せ変えようと思ってたやつ。笑

Sサイズはいろんな女の子に
聞いたり乗ってもらったりしてサイズ感決めましたが
Mサイズは僕もテストしたのでまじでサイズぴったり(170センチ)で、
本当に欲しかったけど、少数製作です!って言ってるEBSのフレームを
身内が先に買いだすなんてことはあってはならないわけで。笑

僕は良さを知ってるからお伝えする側にいるわけだけど、
めっちゃ良いバイクなのでぜひ。

サイズ感。

3サイズ展開。

Sサイズ/470 148cmくらいから
Mサイズ/520 163cmくらいから
Lサイズ/550 175cmくらいから
という感じです。

カラーチョイスOK。

スタンダードカラーでは
マット系のブルーグレーとグレージュを用意していたんだけど、
今回は全員がカスタムカラーだった。
やっぱりEBSと言えば、なRAWカラーが最人気で、
このバイクもNon Paker Clear RAWです。

クロモリパイプはもちろん一本一本表情が違い、
仕上がりの空気感が違うのが良い。
マット仕上げはマット仕上げで最高の表情をだすし、
クリア仕上げもまた最高。
最高は一つじゃない、って教えてくれる名カラー。
(透明なんだけどね)

じゃあRAWを標準にしろよ!!
ってなるけど、RAWはもう一段階磨きをかけたりと
人の手の手間がかかっているためご勘弁を。笑

EBSヘッドバッヂ仕様。

ここは僕がやりたかったポイントでしかないんですが
EBSのヘッドバッヂは二種類あって、
プレートとビス留めバッヂ仕様があります。

プレートは僕自身で
墨入れしてるのもあって愛着はあるんですが
バッヂ仕様は本来カスタムで追加工料金がかかるので
ならはじめからカスタム仕様にしてしまえ!
ってことでなんとかねじこみました。笑

限りなくシンプルに構成した
シングル・スピード・バイク。
自転車として足されて引かれて完成した形は
原初の形だった、という先人の
爆裂なセンスを踏襲した王道な形を採用。

これからも仕様変更や
その時のアイデアが盛り込まれた形にはなるけど、
「シンプルで」「便利」な自転車は
Kamogawaというスタイルは絶対に崩さない。
最小限、最低限だからこその美しさを持ってますよね。

ハンドルまわり。

ハンドルまわりは使いやすいプロムナードがスタンダード。
ここに関してはある程度自由で
ブレーキレバーなど流用が可能な形であれば
アップチャージなしでハンドル変更が可能
です。


例えばまっすぐのハンドルが良い!とか、ね。
ブレーキレバーやグリップは使えませんが
もちろんブルホーンやドロップハンドルも可能です。

拡張性。

EBSのKamogawaには
「あれやりたい」が基本的に全てできるようになってます。

キックスタンドOK、カゴOK、荷台OK、泥除けOK。
でも、なんでもできるけど何にもしない。
って選択肢もシンプルでいいじゃん。

フロントラックはシンプルに収まるように
フォーク真ん中で受けれるように設定。

その上にバスケットも載せられるし、
フォーク真ん中につけられないタイプのものは
下部にて受けられるようになってます。

そのタイプのラックをシンプルに取り付けたい!
って場合は専用の足をEBSにて製作するのでそのへんもお任せを。


カゴを取り付けて、
重たいものを載せてもハンドルがフラつかないようにする
スプリングも取り付けOK
になってます。

スタンドはシングルレッグ、ダブルレッグ双方OK。
ここは自由です。
安定感もあって、取り付けが悪目立ちしないセンターマウント。

リアキャリアももちろん。
パニアバッグを取り付けてお買い物仕様だって可能だし、
リアにバスケットを取り付けても。

リアエンドは泥除けとキャリア穴を兼用で。
できるだけシンプルに、シャープな印象となるように。
まるみのない感じも良い感じでしょ?

フレームはもちろん国産のブランドフルクロモリ。

EBSのギャランティはじめ

高級クロモリパイプの証、Kaiseiマークもはいってます。
いくらお得に良い自転車に乗ることができても
長持ちしなければ意味がない。
しなやかな走りとちゃんと長寿命。
本物です。

ガード付きクランク。

スタンダードバージョンではこのクランクを主に採用してます。
質感も良い感じだし、のちのちギア比変えたりも容易なサイズ。
このギア比が重いな、軽いな、って感じるときはちゃんと設定します。

自分に、街に合わせてこそのシングルギア。
ちょっとずつセッティング出してもOKだし、
引っ越した、乗り方が変わったなどの変化にも対応します。

ペダルはMKSのCT-Liteを選んでもらいました。
ペダルは乗ってる限り足が乗る部分なんでこだわっても良いです。

でも、ロードバイクとかマウンテンバイクとかじゃないから
性能だけを見なくてもよくって、形が好き、とかでOK。
もちろん僕からスペックの説明はしますが
EBSのペダルはほとんどがこのMKSの国産ペダルなので
まず間違いないです。

ワイヤーは基本は黒のワイヤーなんですが
RAWカラーにしていただいた方はワイヤーも
クリアで目立ちにくいタイプにチェンジされる方が多いですね。

ちなみに安定の日泉ワイヤー。
間違い無さすぎて説明不要。

溶接痕はロマンだね。笑
EBS京都では女の子にRAWは圧倒的に人気で、
やっぱ極限のシンプルが良い、ってのと
RAWは服装を選ばないってのが大きい。

バイク的にも何色でドレスアップしても合うし、
ラフでも、なんだったらスーツスタイルもハマるんで
日常のおしゃれを邪魔しない。むしろ倍増!!

最高カワイイVOLUMMYタイヤ。

Kamogawaは当然
鴨川をテストして産まれた自転車
なんですが

鴨川は
整地された道路からちょいとした坂道、砂利、
砂地、石畳、工事中、水気ありの土、芝、落ち葉

ありとあらゆる路面コンディションが混在する道で、
決してノンストレスで走れる道ではないんですね。

でも信号がなく、車もいない。
その上最高に便利で、気持ちいい。
みんな仕方なく我慢してるけど、
これ改善できたら
京都の全ての道カバーできるんじゃね?
ってことでKamogawaができました。


砂利のことだけ考えてサスペンション、
太めのノブタイヤでいっても
楽しく走れるけれど、それはそこだけのお話。

おしゃれをして街に出て、
生活の中にある鴨川という場所を気軽に通り、
かつ舗装された道路に出ても気持ちよく走れる。

そんなんねーわ!
ってなりそうだったけど、
このタイヤが結構なポイントを稼いで解決した。

結果的に住んでるところや仕様頻度で
甲乙つけがたくて3、4つタイヤチョイスしてます。

32Cっていうほんのちょっとだけ太めの安心サイズに
上質な素材のタイヤ。

空気圧は張り過ぎずに気持ちよく走る。
フォントも可愛くって大好きなタイヤです。

ここから必要や好みに応じて
自分オリジナルな仕様に楽しんでくれる女子を増やして
#鴨川女子 だらけにしてやろう。
ってのが野望なんでみんなKamogawaで鴨川走ろうぜ!!

革サドルを入れてもヨシ。
ハンドルを変えてスポーティにしてもヨシ。
ド派手なフレームカラーでパーティーバイクにしてもヨシ。

なんにもない、
ある種自転車としての最低限だけにこだわったからこそ
後々の自由度や、オーナー様自身のスタイル滲み出るので
あんなアイデア、こんなアイデアお寄せください。


いやー、お盆でしたね。
たくさんのご来店、ありがとうございました。

当店は本当にお客様に恵まれており、
お時間ズラしていただいたり、ご来店時間気遣って頂いたりと
本当に感謝しております。

昨日の夕方の連携は感動的でした。
24時間テレビ2分で観て泣いた気分。
僕もこんな感じの世の中、
できることは全部やろうと思ってるんで
EBSオーナー様とお店つくりできればと思います。

オーナー様やそのお連れ様には
ぜひイベントなどのお誘いもしたいのですが
残念ながらまだまだ先ですね。

EBSの工房ライドツアー、やるやる言ってていつになるんだか。笑

土曜は早朝大原ライド、
明日は羽束師ライドと天気が良いので
乗れてはいるんですが、告知をして集合、はまだ先ですね〜。

今週は変則的でしたが
いつもは日曜大原で野菜買ってることが多いんで
見かけたらよろしくです。

来週からは通常営業にもどり
月と金が12:00-18:00
土と日が11:00-20:00です。

土曜日曜は基本僕がやっており、
あんまり時間を区切らず営業しているので
夜でもお問い合わせ、ご来店お気軽にどうぞ。

ではでは。。。

MASN

人気がすごい。こどものせ自転車。EBS Leaf Long。

連休!!
そしてガッツリ夏キタ!!
僕の使用している天気予報のアプリは
猛暑日は太陽のマークがオレンジから赤に変わるんですが
全部赤やんけ!!

僕は夏が大好きで
毎年楽しみではあるんですが
この赤い太陽が9月まで続くと思うとちょっと、ね。笑

梅雨と夏は怒涛に過ぎてゆくから
風情も名残もあるんだなあと。
でも夜のなんとも言えないちょっと白んだ空とか
匂いとか全部含めて好き。大好き。

インスタでは
スポーツの秋に向けての2020年後期オーダー開始、
って告知してるけど、今年の秋は
ほんとサイクルスポーツ気になってる人多い
です。

日本に住んでると
なかなかの高確率で必要になる
「自転車」という移動手段。
日常に根ざし過ぎてて気付きにくいけれど、
実は今までずっと親しんできた「スポーツ」でも
あるわけです。

だれでも手軽に始められて、
どこでもできて、しかもそれが移動にもなる。
「移動が運動」素敵な言葉。

そんな中で、
大人になったんだからちょっと良い自転車を、
ってのがハンドメイドの自転車の出番なわけです。


京都EBSはド派手なプリントや
グラフィックのフレームは作っていませんが
フレーム自体はシンプルでどこかクラシカル。
10年、20年と使えて、街乗りからスポーツまで

その時のスタイルに合わせて
同じバイクで変化していくことを得意としています。

ということは
「大人になったし」って思ってからの10年後、
「より大人になった」自分にもフィットするバイクが最高。
2020年、すでに色々あり過ぎましたが
この秋からは長く使えて、飽きのこない、
タイムレスな自転車をどうぞ。


で、今日紹介するのは
去年くらいからジワジワきていて
今年ついにオーダーが爆発的に増えた
EBSのロング・セラー、LEAFシリーズからは
ホイールベースを野暮ったくならない距離感で延ばして
安定感を増し、より荷物を載せたり、
チャイルドシートを前後に乗せても
しっかり走ってくれる剛性感も持たしたロングバージョン
「Leaf Long」を。

2018年くらいまでは
一年に一回、12月〜2月くらいに予約を受け付けて
3月、4月、5月に新しく
送り迎えがはじまるママやパパに間に合うように..
って感じで年間のスケジュールを立ててたんですが

2019年は春に関係なくオーダーが多かったので
前後期制の二回生産に。

2020年は送り迎えのシーズンが遅れたり、
そもそもなくなったり。
電車移動を避けたりとそれはまあ色々あって特別に
年4回の四期製作となりました。

ハンドメイドゆえ、
納車までのお時間をいただくという
楽しみながらも少し長く感じる期間があるから、
今までは3月末あたりに駆け込みで
即納車を希望されたりされる方には
心苦しくもお断りすることもあったんですが
これからはほんの少しだけ、
今より多くのママ、パパにお届けすることができると思います。

なので欲しいと思った日が吉日であります。
ぜひオーダーを。笑

今週は…

Engineerd Bike Service
Leaf Long

うーん、今週も良い。笑
京都産まれのハンドメイドバイクはやはり和の空気もどんとこい。
華奢で細身な佇まいなんだけどしっかり生活の自転車やってます。

ナイスオーダーカラー。

EBSのバイクフレームは全て好きなカラーでペイント可能。

今回のLeaf Longに乗ってくださるオーナーママは
自転車本来の「道具感」がカラーで表現された
ダークグレイブルー
ポップさや柔らかさが出るハーフマット仕上げをチョイス。

可愛さと渋さを兼ね備え、
かつ飽きのこないナイスカラーですね。

ロードバイク、とかだと
やっぱ憧れのカラー、とかあったりするんです。
あの時のあのカラーに寄せたい。とか。
もしくはずっとこの色に乗りたかったけど
大手メーカーでは存在しなかった。。
とか。

こどものせ自転車やミニベロは
そもそもカラーオーダーとかカスタム、
って概念がまだあんまりない。
この12、3年くらい、
僕たちも耕してきているつもりではありますが
まだまだ想像もつかない可能性を秘めてます。

だからこそ完全に自由で、
どんなカラー、どんなカスタムも新しいので
世のカーゴバイクファン、ママ、パパは
ぜひ「こどものせミニベロ」をカスタムするという
楽しさを体験してみてください。
毎日乗るものなんで、少しのカスタムでグッと快適に、
毎日元気になれるカラーになりますよ。

Thule Yepp Nexxt。

僕たちが取り扱ってる中で
一番軽いチャイルドシート。
Thuleのハードシェル構造と
Yeppの発泡モールドが組み合わさって
乗り心地よし(みたいです)
耐衝撃◎、ハンドルも大きいのがついてるやつ。

このタイプか、Yeppか、Bobike
EBSに取り付けることが最も多い三大ブランドだけれど、
「気に入ったもので良い」です。
各社かなり競争していてどれも良いんです。
あとはモノ自体の持つ空気感が合うかどうかとか、
なんか好き。とか色がこれが良いから。
とかでOK。

売れていて展示がないことが多々ありますが
現状3つのブランドのシートがありますので触って確かめて。

ハンドルは裏からビス留めになってるタイプ。
ハンドルがないシートもあるし、
そもそも僕は金網みたいなカゴに入れられて
移動していたような気がするから無くてもOKなんだけど、
「ハンドルがあれば持つ。」よね。
これは人類のサガだね。

各社違うのが
このロック方法。
簡単には外せないように
チャイルドロック的な機構が全てについてるんですが
Thuleのはスライド&マグネット。
丸い黒丸が目だとすると(シミュラクラ現象)
口に当たる部分(だとしたらえらいご機嫌な顔しとるな)
押して右にスライド、すると目が二つパチンと外れます。

取り付けはスライドいらずで
ぱちんぱちんとマグネットをはめれば
ロック完了です。

仕様は簡単に決めれるセミオーダー仕様。

Leaf Longも
もちろんベースはスポーツバイクからはじまっていて、
走ろうと思えば
グイグイいってくれる頼もしい自転車なんですが
「いっこいっこ決めるのはわかりにくい」
というご意見もいただきます。

ので、EBS京都では
コンプリートバイク的なプランもご用意しています。

たとえば
ハンドルは写真のタイプの使いやすいやつ。
このハンドルは名作かつリーズナブルで非の打ち所がありません。

変速はちょうどいい8段。
レバーはワンタッチで変速ができるものを。

ホイールやタイヤは丈夫なやつ。
スポーク数を増やして
お子様含め3人乗ってもがっちり支えてくれるホイールを。
タイヤは長持ちして、パンクにもできるだけ強いものを。

みたいな感じで構成して、かつ現状できる可能な限りの
低価格まで僕が攻める
プランです。笑

もちろん粗悪なパーツは使えないし使いたくないので
ただ安いだけのパーツなんかは除外したうえで
いろんなパーツを使ってきた僕たちが
「これ、いいじゃん」ってなったやつで構成してます。

なので、そのプランの場合
オーナー様に決めていただくのは
・フレームカラー
・チャイルドシート
・バスケットが必要か?

くらいです。

もちろんこのパーツがおすすめです、とか
ライトはこんな感じがかっこいいとか、
レザーパーツで上質に。。
とかおすすめもさせてもらいますし、
かっこよくなる、可愛くなるものは一通り
僕の頭の中のカタログからひっぱりだします。

細かく決めていただけるのも
オーダー自転車の良いところ
なので
全て指定!も大歓迎です。

僕たちはEBSで設計して、海外でマシンメイドをお願いしている
「GROWN」ってブランドもやっているので
その時に良いと思ったパーツを買い付けて、
できるだけ低価格で仕入れることもかなり努力しています。

フレームは少数製作で廃棄や
大量生産などという無駄をカットしローコスト化、
パーツは使ってみたものを自社製作or依頼製作でローコスト化。
この2点で効率化し、世界でもかなり低価格で
本物のハンドメイドバイクをご提供させていただいております。

なので、人と違う自転車が欲しい!
そのうえでできるだけ高品質で安くという
相反するものを目指してます。

もちろんレーシングなパーツで組んだり、
ロングツーリングをタフに繰り返したり、
最強にカッコいい街乗りバイクを製作しても
負けないようなフレームです。

Wガードのクランク。

そんなコンプリートプランの中でご用意させていただき、
全体の色味を決めてもらって、あとはご予算に合わせて製作スタート。

クランクはその都度
価格に合うものや全体の空気感に合わせたものを使用しますが
リーズナブルかつブランドとしても信頼性抜群、使い勝手も良いのが
まずはこのSuginoクランク。


クランクなんてどれも一緒、って方もいらっしゃるかもしれませんが
特筆すべきはチェーンリングが大きくスピードを出したい方には
ギア比としてしっかり出せる歯数、
プラス衣類を巻き込みにくいラインガードが両サイドに取り付け済み
野暮ったくならずに便利な部分を獲得しています。

EBSこどものせ専用スタンドが標準装備。

ミニベロは低重心で
安定感があって、重い荷物を載せたりしても
小径特有の漕ぎの軽さでよく進む。

まともなフレームで、パーツ選定さえしっかりしていれば
けっこうメリットの多いミニベロだけど、

「取り付けられる両立スタンドがない!!」
という深刻かつ最大の壁がありました。
なので製作してます。

今まで他の車種にも製作してきましたが
ありがたいことに常に予約完売。
スタンドが人気商品という稀有な例です。笑

これによりかなり安定した乗降が可能になり、
好評いただいているこのスタンドが
僕たちのプランでは標準装備。
正直これはお得です。笑

価格としては本当ギリギリなんですが
絶対必要なものになってくると思うので
これからも頑張って価格を維持できればと思ってます。

このスタンドは軽くはないですが、
安定感はかなり増すとは思うので
カーゴバイクやこどものせミニベロご検討の方で
コンプリートで無く
カスタムされる方はぜひこちらも合わせてオーダーくださいませ。

キャリアの立ちとしてはこんな感じ。
6点で留め、4点で接地するようにLeaf Long専用の形に設計しています。

Leaf Long専用リアキャリア。

オプションとしましては
フロントのバスケットやリアのキャリアを追加でセットできます。

フレームカラーと同色でセットできて、
かつバスケットを上にセットもできるし、
3歳〜くらいからはリアチャイルドシートも載せることができます。
もちろんその後外したあとはまたバスケットなどをどうぞ。
食べる量も確実に増えるもんね。

ちなみにチャイルドシートを取り付けて、
お子さんの足と漕いでる足が
当たらないようなヒールクリアランスになってます。

チャイルドシートを軽くできるキャリア。

ちなみに、このハシゴ状の造形はなんだと思いますか?
実は、Yeppのチャイルドシートを工具なしで
取り付け/取り外し可能な形に設計
してあります。

このバイクについている
Thuleのリアも工具なしで取り付けOKなんですが
Yeppのシートは必ずシートとキャリアの間にアダプターが必要で、
そこに工具が必要なんですね。
で、それさえつければ取り外しは簡単なんだけど、
アダプターがついてるから上には基本物は載せられない。
そんでもってアダプター自体1キロちかくあるもんだからまあまあですよね。

このキャリアならアダプター要らずなので
工具不要/ワンタッチ取り付け/取り外しOK/
外したあとは平面なので荷物OK/シンプルに仕上がる/軽い

とメリットだらけです。笑

他メーカー様の自転車では
前のバスケットとチャイルドシートからのハンドルが一体化していて、
取り外すとめちゃくちゃ不自然な空間が開いたり、
そもそもこどものせ自転車としてデビューすると
一生を子ども乗せ自転車として終えてしまう自転車がほとんどだったり、
リアキャリアが専用設計すぎて他メーカーの
チャイルドシートが取り付け不可になってたりと、
いろいろ先輩ママにお話聞いてきてるのでこのへんはこだわりました。

やっぱ、「ママチャリ」って言葉があるくらいなんだから
すぐにママが主役になれるバイクがいいよね。
「ママチャリ」って最強に便利だけど、ワードとして使われすぎた感があるから、
僕たちがママチャリの概念を変えていければと思っております。

車体はLeaf Longという名前だけあってLeaf451よりロング。
でもただのばしてるだけじゃなく、スタイルを保つギリを狙っているから
シンプルなのに妙に佇まいがハマる、置いてあると絵になるバイクになります。

もちろん乗ってる時の横姿も可愛いので
ぜひママ/チビのコンビの乗ってる写真を収めておいてくださいね。

この2020年、万枚単位で
写真を撮ってもビクともしない携帯がある世の中でも
意外に自転車一緒に乗ってる写真って撮らないので
ここはぜひ、可愛く作った自分だけのカラーのLeaf Longで。

なんていうんだろう。
クロモリで細身なのになんかぽってり感あって可愛いんだよなあ。

これからバスケットや泥除けなどがいつでも追加可能なので
必要になればまたご相談くださいね。


Leaf Longの予約状況。

2020年は四期製作予定のLeaf Longだけど、
一年を綺麗に4つに区切って、という訳でありません。

他の車種やオーダーとのバランスをみて
スケジュールを立てていきますので
ストックフレームがなくなった瞬間、
とかだとお時間いただくことがあるかもしれません。

そんな中、
今ご予約いただければ
秋にご用意できる車体がラスト2台(2020/8/9/20:00現在)
というところです。

この次ももちろんご予約は受付中で、
来年の送り迎えシーズンに間に合わせたい方は
そろそろ検討されても良いかもしれません。


EBS京都には常時試乗車があります。
フロントチャイルドシートがついてるので
お子さんとご一緒に試乗していただいてもOKです。

京都の方はもうご存知かもしれませんが
鴨川のほんとすぐとなりに移転したんで
試乗環境は最高です。。
お店が開いてればいつでも試乗OKですよ〜。


Leaf Longのお話じゃないけど
最近は(というより安定なのかな)またSTUFFのロード仕様
Horizontal 451のロード仕様の問い合わせや試乗の予約が増えてます。
やっぱりスポーツの秋に向けて着実に狙ってくださるお客様が増えてますね。

もし、現実的に電車通勤を減らしたりやめたりできるなら、
相当な健康増進に繋がると思います。
めっちゃ痩せていくけど、倍以上ご飯とビールが美味いです。笑

汗かくの好きだけど汗はキライ!
みたいなポカリとシーブリーズが似合うJKのような僕ですが
朝は大原、次は免許更新で
南へと天気が良いから自転車に楽しく乗れてます。

乗ってて楽しい、所有して嬉しい自転車に乗ってみませんか。
僕と一緒にダイエットでも良いです。笑

スポーツの秋までに2、3キロ健康的に落として、
かつ筋肉量増やすことを目標に
まずは手始めに
唐揚げをガツ!ビールをグーン!!いきたいと思います。

ではでは。。

MASN

2020前期最後のFLOAT 451S。後期オーダーもよろしくお願いします!

さてさて、今週も日曜がやってきました、
京都からハンドメイド自転車情報垂れ流しのお時間です。

今週は夏感ありましたね〜
わかりやすい夕立。
蒸しまくる古都。

新しくなったEBS京都は
かなり縦長のつくりになっており
洞窟感(??)があってなんだかひんやり過ごしやすいです。

前に入っていたアパレルのオーナーKJさんいわく
「川が近いから冬はやばい」そうですが
ちょっと冬が楽しみになっております私MASNでございます。

今週は前期製作(1-6月)にオーダー下さった
FLOAT 451Sの最後の一本。
ここからはしばらくストックとしてはゼロです。
他の車種の2020年後期製作を進めてまいります。

もちろんたった今から
FLOAT 451Sの後期製作の受け付けていきますので
よろしくお願いします。



シングルスピード。
多分僕は一生この魅力に取り憑かれたまんまなんだと思う。

もちろんギアードからクロスバイク、
ミニベロ、MTB、ロードバイクなど全部気になるし、好き。

特に進化し続けるMTBやロード、グラベルなんて
常に追ってないと追えない。
学校に一人はいるやたら黒板消すの早い先生のレベル。

もちろん常に最新を持てれば良いけど
そんなわけにいかない。
無限にひろがるガレージも僕にはなければ、
家庭内国会における
自転車購入緊急予算案など通るわけがないのだから。笑

そんな厳しい予算案をいかに通り抜けるか、
人も自分も納得させる言葉。
これはやはり「一生物」
ここでしょう。

僕はメカニックの仕事以外はiPhoneで
大半の仕事をこなすので常に最新スペックで
少しでも早く終えれるよう意識しているのですが
(5G気になるうううう)
13、4、5万の機会が1年、2年でアウト。
これよく考えたらエグいですよね。
もちろん必需ですし、大好きなので買うんですが。

なにげなく買って、10年以上使えるもの。
冷蔵庫、洗濯機とかかな?
これですらアップデートに次ぐアップデートで
10年前の冷蔵庫はやはり古さも消費電力も違います。
僕、最近まで緑色で、後ろから放熱する
夜中「ブーン」とか言い出す冷蔵庫だったからね。笑
まあ、恐ろしく冷える冷蔵庫でしたが。
しっかり使いきれました。

意識して買って、10年以上使えるもの。
文房具、調理器具、革製品。
まだまだあるだろうけど、自分の好きなものでいうとこの辺かな。
ペンなんて好きだから次々買っちゃうんだけど、
一軍はやはり存在して、気合いを入れて文字を書くときは出動します。
21歳の時に、かなり気合いのいる契約があって、
その時に使ったハンコとペンが安っぽすぎて
なんか着てるスーツと合わないと思ったのが始まり。

最近は「PASTA」っていうパステルペンが可愛くて
ちょくちょく増えていってますね。笑
案件ちゃいます。笑

何が言いたいって、
今日買って、10年後に廃れてない
フォルム、スペックのものってありますか?
というお話。

狭いですが、自分の知る世界のなかで
一番不変のものが
「クロモリのシングルスピード」だと思ってます。
完全なるタイムレス。
ビニールさえ使い捨てないという世の風潮にも。

今現在に至るまで、
研鑽を重ねた人類最高効率の発明、
自転車というものの中で
ここまで変わらなかった、
いや、変わる必要がなかったものが存在したでしょうか。
いつの時代にもあるんですよ。
変速機のないクロモリ。

今日はそんな不変の魅力を放つ
シングルのミニベロのおはなし。
2020年の、いまもなお。
(前置き長い)

Engineerd Bike Service
FLOAT 451S

うーん、良い色ですね〜。
なんの色かわかった方はEBSマニア。
というより、めっちゃ見てくれてる人。

僕が今年のEBS京都のカスタムカラーとして推している
Color RAWをベースに赤、紫、茶色と多色に練り込んだ上で
表面に乗せていった表情のある深めのカラーです。

そのカラーにグッときてくださったオーナー様が
一番陰影のでるFloatシリーズにてオーダー。
寄りの写真で伝われば最高ですが、
これは肉眼で見た人だけにわかる名カラーだと思ってます。

ずっと使えるクロモリフレーム。

冒頭の長すぎる前置きからの
改めてクロモリの説明を。

EBSのバイクは全てが一本一本、
ここ京都で溶接して作っています。

大量生産のそれとは違い、1000本のうちの何本かが不良、
廃棄して売ってまた1000本、といったような作り方ではないし、
そこらじゅうで被るような自転車でもありません。
これ言っちゃうとあんま売れてないみたいだけど。笑

同じシャツの人と会うとちょっと気まずいけど、
同じEBSのバイクを見かけて、嬉しくなるようなものつくりを目指しています。

その中でもEBSのバイクに
多く使用されているクロモリパイプ
この「KAISEI022」
国産唯一の自転車用パイプで、
世界的に見ても高級なブランドパイプです。

これより軽いパイプやより硬いパイプなども存在しますが
街乗りという気軽に見えてじつは使用環境として過酷な
雨風に砂に埃、道路上での
急なストップアンドゴーの酷使にもしっかり耐えてくれる、
昔からの長距離を走るツーリングバイクにも使われてきた
「022番」が最良と判断しての022です。


クロモリの薄さとしては
0.9mm-0.6mm-0.9mmというダブルバテッドという
途中で内部の厚みが変わる仕上げで
強度が必要な部分は厚く(といっても1mm以下ですが)
しなりや軽さを出す部分では薄くと、
軽さと強度を併せ持った手間のかけられたパイプです。

FLOATはこの022クロモリをフルセットで使用しています。

クロモリの素地感×薄く乗せてるのに深みのあるColor RAW。

ああ!伝わんねえ!笑
僕の写真技術ではこれが限界。笑
でも、めっちゃ良いよね。
このバイクは女性オーナーなんですが
高級感のある仕上がりとこのカラーがばっちりハマっていました。
ぜひ京都の街を快速にて移動くださいませ。

またメンテナンスの時に乗ってる写真を追い撮りさせていただければ幸いです。

今回はこのカラー/シルバー/ブラックの三色基調だったので
できるだけオーナー様のイメージを崩さず
ワンポイントブラックが入ったと思います。

サイズ感。

FLOAT 451Sは3サイズ展開。

・Sサイズ…470 /155cm〜
・Mサイズ…510 /160cm〜
・Lサイズ…540 /170cm〜
ってところでしょうか。
今回のFLOATはMサイズです。

180cmとかある高身長の方(くやしい)用には
XLサイズのFLOATも承ります。
特に今のタイミングのような後期受注のタイミングだと
製作スケジュールにはやめに乗るかと思います。

前下がりなFLOAT特有のオフェンシブなフレームワークに
これまた肩下がりのブルホーンバー。
勝手に前に進もうとするような気持ちにさせてくれます。

ここ最近の三台のFLOAT451Sは
ブルホーン/フラット/ドロップと三種全て別仕様なので
見比べると自分の好みが分かるかも。


ちなみに変速機がないので
ハンドルの選択肢はかなり自由で、
気が向いたらすぐにハンドル交換、なんてことも
難しくないのでハンドル交換のハードルはめっちゃ低いです。

ハンドルはNITTO。
若干だけ肩下がりのデザインが前下がりのフレームと相性抜群。
今回は先端にブレーキレバーをセットし、より走りのポジションに。
このスタイルは実はかなり乗りやすくて
一度は試してほしいですね。

ブレーキレバーは存在感が出過ぎない/しっかり手の大きさに合わせて
アジャストできるレバーなので女性の方でも安心。
このタイプのレバーはフラットポジションにも配置可能で、
「このハンドル好き、でもブレーキは手前でかけたい」
といった要望にも対応します。

ハンドルの先端もシルバーで統一。

ステムもNITTO、NPを。
ヘッドパーツはKINGのシルバーで。
1インチのヘッドでは最高峰となるこのGripnut
まさに一生物の自転車にふさわしい長寿な作り。
定期的なメンテナンスでマジでずっと使えます。
透かしの入ったレーザーで
目立ちすぎない「KING」のロゴが◎。

ワイヤーはここも鉄板のNISSENケーブル。
今回はクリアブラックを使用しています。

ちなみにコックピットから見たハンドルはこんな感じ。
レザーのバーテープは使い込むと艶が出てくるので
よりバイクと一体化するはず。

ブレーキは例のごとくDCのブレーキをシルバーカスタムで。
文句ない制動力、ちょいとまるみのあるデザインが◎。

細かいところですが
ブレーキワイヤーのキャップは真鍮製のものを。
ゴールド〜イエローの連続する色調が最高。

経年変化も楽しめるし、ボディに薄く透ける真鍮ろうの相性も良いし、
ハブのナットのブラスカラーともバッチバチです。

ハブはWhite Industriesを。
剛健かつ軽量、そして綺麗なポリッシュシルバーに
クラシカルな肉抜きがたまんない。
昔ながらのデザインはタイムレスでこれもまた不変。
なのに中身は基本メンテフリーで超絶滑らかときたもんだ。

最高のハブのひとつ。

なんなんでしょう、この相性の良さは。
落ち着いて見えるけど結構挑戦的なカラーなのは確かだし、
フォルムも決して穏やかとは言い切れないのに
京都の木の温かみ、緑の鮮やかさにマッチしてますよね。

京都産の自転車だから当然のマリアージュなんだけど、
それ以上に京都×自転車のおさまりの良さを感じてしまいます。。

サドルはSelle ITALIAを。
チタンレールで軽いとかそういうスペックもさることながら
名作と呼ばれるサドルはやはり名作たる佇まいがありますね。
薄めの作りはかっちりスポーツと思いきや
しっかりと支えてくれる安心感。

シートポストはSimworksのものを。
ライダーが女性だったのでハートマーク入りの可愛いワンポイントを。
説明不要の精度。

しかしFLOATの後ろ姿は良いですね〜。

レザーのフレームパッドはEBSおなじみのTeha’amana。
さりげないブラックのワンポイントレザーが◎。

自転車における横顔的存在。
むしろ自転車って横から見ることの方が多いから顔かもしれない。
そんな存在のクランク/チェーンリングは
Suginoの75とShimanoのDuraAceのミックス。
明るめのアルマイトのSuginoに
ガンメタルかつ肉抜きのあるデザインのデュラは
かなりこのバイクにハマってます。

ちなみにけっこうフロントギアはデカめ。
踏みごたえのある高速仕様です。


ペダルはクラシカルなデザインのUB-liteを。
もちろんMKSのジャパンメイド。

チェーンリングはちょっとめずらしい55Tを。
前が迫力のある大きさでもバランスが取りやすいのはミニベロの強みだね。

チェーンはスーパータフネスを。
ゴールドの質感がバイクの端々のイエロー系カラーとバチハマリ。

細かいパーツですが
クランクの真ん中までシルバーを。
クランクキャップはSugino製ですが、
ここにネジが切ってあるクランクには
だいたい取り付けOKなので
今乗ってるバイクのドレスアップにも。
けっこうここって錆びが目立つバイクも多いから、
キャップつけるだけで劇的に綺麗に見えるよ。

リアワイヤーはインターナルで。
見た目にも、機能的にも良い感じです。
自転車は右から撮るのがセオリーだけど、
左側にもこんな撮りたくなるポイント有り。
他の車種でも内装加工はできるので
オーダーの際にぜひどうぞ。

FLOATは標準が内装です。

しかし後ろ姿、良いね。(しつこい)

このフレームの追加工。

センタースタンド台座。

内装加工のお話が出たので
このバイクの追加工を紹介。

トッピング感覚でオーダーOKなので
あれしたいこれしたいは言ってみてくださいね。

FLOATシリーズには
他車種に標準のスタンド台座をあえて取り付けていません。
これは街乗りにも、ガッツリ走る仕様にも振り分けれるようにしたかった、
ってのもあるけど、街乗りではやっぱりスタンドほど便利なものはない。
ので結果結構な方がオプションオーダーくださいます。笑

ボトルケージ台座。

年々暑くなっていく日本。
短距離移動メインのFLOAT 451Sにもドリンクをさしたい。
わかります。
もちろん可能。
場所的には3つくらいまではOK。
もちろんトップチューブにバッグ用の穴を開けたい、とかも御気軽に。
場所によっては強度面から不可の部分もあるけどだいたいいけます。

ドリンクだけじゃなくて今主流の
盗難お見舞金制度(最大12万円)のハイセキュリティかつ
手厚い保障のロックなども取り付けOKなので鍵用に一個追加しても良いかも。

このアングルも大好き。笑
このカラー、シルバーとゴールドの相性抜群だな。
いろんなカラーでできますし、
自分の想像を超える良いカラーで仕上がってくる(僕もびっくりする)
ので「このカラーいく?!」みたいなのに挑戦してみて。

いま頂いてるColor RAWのオーダーだと
ブルー系とピンク系、

サンプルとして持ってるのは
イエロー、グリーン、パープルとあるので
ちょっとはイメージしやすいと思う。
こちらは店頭にて。。

フリーギアもWhite Industries。
17Tは赤色のシールドがついてるんですが、
このカラーとマッチするかな、って思って。
なので16T(青色のシールド)換算で
イメージのギア比になるように設定してます。

EBSのロゴは
先端のレザーのブラックと同調するようにブラックにて。
メインロゴはアイボリーでぼかしたボックスロゴで。
ギャランティーはゴールドで相性良し。

リアハブももちろんホワイトを。
ラージフランジとミニベロのリムとの相性も最高です。

タイヤはPanaracerのMinitsのライトを。
太さは標準的な20×1-1/8なんだけどめちゃ軽い。
回転体かつ高回転のミニベロは軽さもはっきりわかりやすいので
オススメのカスタムです。
ミニッツシリーズはグリップも良いので
楽しく走れますよ。

いやー、渋いバイクですね〜。
良いバイクライフを始められることを祈ってます。
旦那さんも多分今頃物欲遊撃されてるかとおもうので
ぜひオーダーお待ちしております。笑
カップル写真撮らせてください。笑


完全国内産のハンドメイドでは
かなり安くは設定してるつもりではあるのですが、
FLOATはラグドフレームで、
EBSのスタンダードなフレームより手間がかかる分ちょっと高い。

でも、
この形に惚れ込んでいただける方はもうこれ!
って言ってくださること、本当に嬉しく思います。

10年、20年と使っていただけるよう、
しっかりメンテナンスしますので
いつでも(といっても開店日少ないけど)
お越しくださいね。

シングルの自転車って、
ほんと唯一無二の乗り心地
で、
今ロード乗ってる方や、変速つきの自転車に乗っていらっしゃる方でも
もう一台どうですか?
と言えるくらいオススメで、かけがえない存在になると思います。

すぐに出せて、小難しい調整などもなくって、
油分と空気さえみてればトラブルレスに近い。
僕自身この10年トラブルといったトラブルないです。


で、気づけば街乗りはほとんどシングルに乗ってたり、
ロングライドに挑戦してみたくなったり。笑
意外にいけてしまうのと、輪行もしやすい、
出先で壊れたりしないというメリットもあります。

ああ、輪行で海見ながら走りたい。
この前EBSのオーナー様がシングルミニベロ(しかもFix)で
しまなみ海道まで輪行されたお話聞かせていただきましたが
やっぱしまなみは魔力ありますね〜。
聞くだけで行きたい。笑

しまなみは自転車の道があるし、
道にある飲食店などが全て協力的というまさに聖地。

で、レンタサイクルもめっちゃあるから
手ぶらで行ってもサイクリングが楽しめます。

が、やはり
自分だけの自転車を作るお手伝いをする僕としては
「自分が乗ってる自転車は良い自転車」
「こんなところまで自分の自転車できた!」
この体験を買っていただきたく思っております。


僕はけっこういろんなところに自転車で行きましたが
(距離は短いですが。。)
やはりこのなんとも言えない自己満足感は最高です。

当時にはSNSがなかった、
いや、あったけどそこまで積極的じゃなかった。
けど、
今は自分の思い出を自分と同じ楽しさを
見出す仲間とすぐに繋がれるし、
もっともっと楽しい。

僕はめっちゃ好きだけど
競って走ることもあんまりないし
むしろブラブラ漕いで
美味しいもの食べにいくのが至高だと思ってるので
1g軽く!とか、この効率はもっとよくできる!
とか考えたりしないです。笑
軽量化はめちゃくちゃ楽しい作業ですけどね。

なので、はじめて、とか関係ないです。

あんなん作りたい、とか
こんなん作りたいとか気軽に言ってください。
店舗にいる時間が限られているので
全員とお話しすることはできないですが、
急ぎでなければ返信メールでもどしどしください。

オフタイムならインスタのDMでも
(はじめは未承認になってるので気付きづらいです)
24時間繋がる男目指してるんで。笑

僕は生粋の自転車人ではなく、
昔々、何も知らないところから自分で工具を集めて組んで、
それはそれは後悔したりもしたし、
系列店舗でも組み付けやご接客を担当しておりますので
他メーカー様の自転車を触る機会と
自社の自転車を触る機会が均等にあるので
「間違いない自転車えらび」には自信あります。笑

大人になるにつれて
自転車もアップデートでき、
それが日々の生活の助けになり、活力となれるような
バイクコーディネートをやっておりますので
まずは買い増すことはあっても
買い換えない、日本の、京都のフレーム。
8月がはじまり後期製作に入ってまいりますので
ぜひよろしくお願いします。


ではでは。。

FLOAT 451Sのストック。これが前期本当のラストワン。

最後の〜なんて言いながら、
そこはEBSの専門店、1本隠し持ってますよ〜。

これはFLOAT 451のギアード版、451Rなんだけど、
これと同じカラー、クリアロウにラグブリティッシュグリーンの
451SのMサイズ(520)が一本のみフレームであるので
色さえハマれば好きな仕様で組んでいただけます。

ラグの塗り分けは
FLOATのスタンダードなカスタムカラーなんですが、
シルバーでもブラックでも合うグリーンで塗ってます。
RAWとの相性もヨシなので、
できるだけ早く451Sが欲しい!
っていう160cm〜170cmくらいの方はぜひ。

ちなみに同じくMサイズの451Sの試乗車もございますので
乗ってみたい方はお声がけしてください。

来週のオープン予定。

8/3(月)12:00-18:00
8/7(金)12:00-18:00
8/8(土)11:00-20:00
8/9(日)11:00-20:00
8/10(月祝)11:00-20:00

10日の月曜のみ祝日ですので
僕が入り、少し営業時間が長いです。

三連休となり
広くはない店内、混雑しちゃうとよくないんで
ご来店予定の方はインスタDMにてご連絡くだされば
お時間優先的に取りますので御気軽に。


もちろん、気が向いたら
フラッと来て頂くこと大歓迎でございます。
13:00-15:00あたりはランチ終わりで
ご来店が被ってしまうことが多々あり

お待ちいただいたりすることがありますがご了承ください。

20:00以降の夜は開いてりゃOKです。笑
電話してみて僕がいればGOでよろしくです。笑
ライト点灯で良ければ夜の試乗もできるんで
気にせずどうぞ。
思いっきりブログ書いてるか、
パーツ組み合わせの妄想してると思います。笑

あとがきまで長くなりましたが
来週もEBS京都にてお待ちしております。。

MASN