長く乗り続けるための。大人ミニベロHorizontal 451。

さて、まさかの2UP。笑

なぜこのような狂ったやり方しか思いつけないのか
何時間か前の自分を責めたい。問い詰めたい。

どうも、泥臭く生きる男MASNです。(!?)

<Horizontal 451 フレーム紹介>


でも、フレームだけを紹介するページは
全車種で作りたいとは思ってたんですよね。
たまたまそれが今日だっただけで。

ただ、無駄に色々書いてるから
いつかまた書き直すと思う。笑

まあ、今日のブログをみて
ホリゾンファンが一人でも増えてくれれば僕はそれでOKです。笑

さて!バイクチェックいくぜー!

本日のご紹介は…

Engineerd Bike Service
Horizontal 451

うん、良いね。

スポーツしすぎない曲線美のあるハンドルに
SHOPとして
得意としているオールシルバーアッセンブル
クラシカルに見せるのか?
と思いきやオーナー様にひとクセいただき
単体で見れば割と派手なリムもシルバーで。

結果的に少しやんちゃな感じも見受けることができる
大人ミニベロが完成しました。
細かな部分にストリート色がでているので
なかなかいろんなシーンやファッションに
合わせることができる感じに仕上がっているかと思います。

フレームカラー。

今回は現在は受け付けていない限定カラー、
Non Parkerizing Clear RAW。
あえてパーカー処理をしないという男仕様ですが
これは塗装の手間がものすごくかかるので現在はパーカーのみの受付です。

たまたまEBS京都に吊り下げていた最後のMサイズを
「これは…」となって即ご購入。

ハンドルまわり。

ハンドルはNITTO×EBSのコラボハンドルのファーストモデル、
EBS-10のプロムナードをリバースで組み付け。

もともとこのハンドルは
「アップしすぎてタウンユース感が出過ぎるのを抑えたい」

時に多く登場するハンドルで
絶妙な曲がりと長めにとったハンドル部で
ラピッド系シフター、ブレーキレバー、
長めのグリップ全てを無理なく取り付け可能、
というハンドルです。

EBSとして、一番はじめにお願いしたハンドルが
「プロムナード型」というのはスタイル出てるよね。

現在は完売で、次回製作は今のところ未定。
オーダーはもうしてあるんだけど、
これだけ世界中からオーダーきたら
さすがの世界のNITTOも大変なんだろうな。
作って、販売したやつが瞬間でSOLDだもんね。まじすげえ。

上からNITTO。

手前にグッときてるのに若干だけ下がってるから
めちゃくちゃ乗りやすいドロップハンドル的な感じ。

ちなみにこれをスタンダードで取り付けると

こんな感じ。
これはこれでアリだな。。
って思っちゃいますよね。
ちょいと工具があれば10分かからずに上下逆にできます。
なので気分で変更してもOK。

同じハンドルですが、
一方はスポーツなセットでHorizontal 451に。
一方はママのブラックなこどものせミニベロLEAF LONGに。

EBSがEBSをイメージしてオーダーしているので
当然ドンとハマります。

乗車姿勢的にはこんな感じ。
割とフレアしていて、体勢もグッと抑えてくれるし、
当然プロムナード的思想でフロントにバスケットなんかを取り付けても
押さえが効くのでシンプルに「乗りやすい」ハンドルです。

グリップはBROOKS。

グリップはEBSではおなじみのBROOKSを。
シルバーのクランプにブラックでグッと引き締め。
トップチューブのレザーパッドも良い感じで同調していて
これまた良い感じのマリアージュ。

あれ?これブレーキついてないじゃん。
って思うよね。

ブレーキレバーはPAULの二本引きを。

ブレーキは左のみ。
握ると前と後ろが両方均等に効くようになっていて、
あるスポーツや、ビーチクルーザー(これはコースターもあるけど)に
使われるレバーです。

オーナー様はこのまわりをシンプルに見せたい、ってことだったんで
ダブルをご提案です。

同じくポリッシュ仕上げで
かなり美しいし、CNCの削り出しがスッと手に吸い付くレバー。

二本引きは当然前後良い感じに効いてくれないと意味がないので
アジャスターが必須なんですが
どれもいかにも、な形でなんかなーって思ってたんですが
ここはDCのFlexieで解決。
むしろもともとこれだったんじゃ、ってくらいの仕上がりに。

これで手元でブレーキバランスの調整が可能です。

シフターまわり。

シフターはMicro Shiftをこちらもリバースで。
これはクセのあるセットで全ての方におすすめするわけではありませんが
Non Indexで10段を動かしています。

レッドアルマイトがアクセント。
はじめはここもシルバーにしようか、っておはなしになってたんですが
これはこれで渋いよね。

ステムはNITTOのNPで、120mm。
この長さがこのハンドルを最大限に活かしていて、
手前にかなりきててもすっきりポジションでます。

ヘッドセットはクリスキング。

ヘッドセットは1インチ界の帝王Chris Kingを。
シルバーはかなり大量に予約していたんですが、
先日ついに売り切れてしまい次回は未定。

KING待ちになりかねないので
はやめのオーダーをお勧めしています。

ライトはバレットライトのセットで。

オーナー様は回転の軽さと「シュッとした感じ」に
とにかくこだわりたい、ということで
少しでもフリクションを減らすべく今回はNOダイナモ。

今のダイナモは確かに軽いんですが、
今回ご用意したハブにはかなわない。
でも当然それじゃライトが点かないので
今回は前後にRindowのBullet Lightをセット。

こちらもCNCでヘアライン仕上げ。
ぱっちり光るポリッシュパーツに
控えめに置くこういったライトは
かなりマッチしていて一体感あります。

バレットライトは充電式のライトで
それなりに保ちます。
めちゃくちゃ明るい!ってわけではないけれど
そこまで夜走らないよ!って方にはおすすめしています。

ブレーキはRIDEAを。


最近よく使わせてもらうようになった
RIDEAのこちらもCNCのブレーキキャリパー。
PAULのセンタープルを使うか…で結構悩んでおられましたが
最終的に必要パーツが少なくてシンプルに仕上がるこちらのブレーキを。

まず軽い。これはかなり軽いです。
そんでもってかなり効く。
PC上で最大効率を目指してデータ取りがされているので
かなりカッチリ効きます。気持ちいいですね。

当然精度も良く、良すぎてちょっと焦るくらいです。
グッと締めて、セッティングどん。終わり。
あれ?ほんとに?ってなって逆にいらんことするとセッティング出ない。

リリースもクリック感があり、昔のSHIMANOの最高グレードの使い勝手。

青色のシューもアクセントになってて良い感じ。

タイヤはPanaracer。

タイヤはMinits Liteというミニベロのタイヤの中でもかなり軽いものを。
そして細さは7/8というかなり細いものをチョイスいただきました。

オーナー様は二本引きしかり、こうした細めのタイヤと言い、
あえて少しピーキーな車体に乗る、ってことを楽しんでおられる感じがしましたね。
トータルで乗りやすく仕上げていくけど、
ちょっと悪巧みしていく。
このLEON的ちょい悪な大人ミニベロは響く方も多いのではないでしょうか。

リムはH+SONのSuper Lite。

このリム、僕も使っていたことがあり、
単体だけで見ると
(派手すぎるかな…)となってしまうこと
を激しく共感していけるリムなんです。
それくらい存在感が強い。

おしゃれは足元からですぞーとか言われても。って感じ。

が、もうこれをみておられる方はお気づきかと思いますが
「かなりハマってます」よね。

足元にボリュームが出て
高級感も出ます
し、一回回りだすと
結構回ってくれるので乗り味も楽しいリムです。

今回は普段あまりしない20inchラジアルで。
これも「シュッとした」に一役買いますね。
すっきり、でもぱっきり張って組んでます。

このリムを選ぶオーナー様は
確実にたまに磨く、という作業を強いられるわけですが
僕はそれもまた楽しいと思ってます。

もちろん僕が磨くことも可能ですが
自分でやるのも楽しいです。

4月になったらポリッシュパーツを磨こうぜ的なキャンペーン考えてますので
White IndustriesオーナーやH+SONオーナー、ポリッシュパーツインストーラーは
ぜひEBS京都にお集まりください。

ハブはWhite Industires、T11を。

ホワイトのポリッシュ感からこのプロジェクトは始まったわけですが
やはり最高の鏡面仕上げですね。
組む前にめちゃくちゃ細かいコンパウンドで磨くんですが
気合入れないと僕が蛇足になるレベルで初めから光ってます。

個人所有の自転車のポリッシュパーツも全磨きしているので
ポリッシュにしたい!というご要望にはついつい響いてしまいます。笑
シルバーを諦めない協会、ぜひご入会を。(そんなものはない)

というわけで今日の前編はここまで。
フロントまわりしかご紹介できませんでしたが
まずは今週分の
みなさまのシルバー欲が満たされたのではないでしょうか。

「もっと!もっとシルバーくれよ!」
という方は後編もお楽しみに。

それでも足りない方は所有しちゃいましょう。
甘美な銀のささやき、用意してお待ちしております。笑




4月は「磨こうぜ!」ともうひとつ。
たぶんそろそろ僕の大好きな
ダイナモライトがそれなりの数入荷すると思うので
ダイナモライトにアップデートしよう的な
お得なキャンペーンも考えております。
ダイナモの試乗車もあるので
夜に一度乗りに来てもらってもOKです。

それではまた次週。
ではでは。。。

後編はこちら。


MASN

大人ミニベロHorizontal 451。フレームのお話。

土日のお天気の移り変わりが激しすぎるよー。
思いっきり雨じゃん。
明日走りに行こうと思ってたのに
また泥まみれなっちまう(行くは行くんかい)

かと思えば来週は24度とかあるもんね。
海辺ライド行きたい。
久々に丹後半島ぶらぶらしたい。

…と、そんななんでもないようなことが幸せなこの日常。
昨日の嵐山は条件最高で、嵐山で働くやつらからは
「蕾がひとつもない」「本物の満開」「明日雨やからはやく来い」
などとお誘いがきましたが
3月末は自転車屋さんからすれば一番といっていいほどの忙しさであり、
僕は桜を見る人のために自転車を作りたい。
そう思っていますね。(迫真)

まあ、今年は桜、相当早かったですね。
ある意味ですけど、タイミングよかったのかもしれない。

次はもっと暖かくなってきて
いよいよ行楽というか、京都の寺社仏閣廻りシーズン。

これ実話なんですが
例えば朝10時に動きはじめて
伏見稲荷→清水→八坂→銀閣→金閣→貴船と1日でアテンドしてくれ。

っていう他府県の連れがいるとしますよね。(実話です)
エナジードリンクをブッ喰らって
10代の体力がねえと無理に決まってんだろうが!!

となる。笑

で、仮にその体力があったとして、
コロナだどうだというところは置いといて、
春と秋の京都市はバスが死にます。(まじで)
政治的なお話は置いといて、
移動時間が現実的じゃなくなる。

でも、せっかく行くなら
ここだけは絶対行きたい、ってのあるじゃないですか。
たとえそれがかなり離れていたとしても
「自転車なら可能です。」

伏見稲荷と金閣は自転車なら結構すぐ行けちゃうんですよね。
「サイクリング」とちゃんといえるくらいの緩い感じで。
途中面白そうなところあったら停まればいいし、
地図を上から、Webで自分好みの情報を探しているときは見えない
「あれ?ここめっちゃええかんじやん!」
が絶対見つかります。

それがランチのお店だったらGOだし、
可愛い雑貨のお店でもGOです。

そんな時に、レンタルでなく、
自分の自転車でサイクリングを楽しみながら
京都を無理なく楽しく回る。

自分の家から電車輪行で。
車に載せて。

京都はマジで自転車にフィットしてるので
一度やってみて欲しいやつです。
本当は帰りにお風呂にも入って欲しいけど、
これやっちゃうとまじで溶けてなくなってしまって
帰れなくなるので注意。笑




で、今日はそんな電車輪行や車載輪行も気軽にできて
普段の街乗りもらくらく、グッと漕げばばしっとスピードに乗る。
軽くてコンパクト、でも走りは本格な
ハンドメイドイン京都、EBSからの
最高大人ミニベロ、おなじみホリゾンをご紹介。

ホリゾンはもうほんとずっと長くご紹介させて頂いていて、
年齢、男女、地域全てを問わず
お問い合わせいただくEBSのスーパースタンダード。

水平デザイン、ホリゾンタルでダイヤモンドな
人類が自転車として最高なのはまずはこれ!
と100年以上みんなに解を与えてきた
誰しもが「スポーツバイク」をイメージするときに
脳内にパッと出てくるあの形をミニベロで。

で、みんなの頭に浮かぶくらいメジャーで
認知度も高いのに決して古くはない。
これから先ずっと「間違いない」と思える形って
なかなかないと思う。それのひとつがHorizontal 451というフレーム。


Engineerd Bike Service
Horizontal 451

オーナー様、また使わせていただきましたぜ。(サンキューです!)

フレームのお話。

フレーム素材。

フレーム素材はご存知クロモリ。
その中でも国産のパイプにこだわり、
日本最後の国内製造メーカー
「KAISEI」の自転車専用パイプを
専属で買い付け、フルセットフルクロモリで溶接します。


これは日本の踏ん張る企業様を応援することにもなるし、
地産地消じゃないけど全て日本で行う、ってところ
僕はクラフトマンシップを感じているので推したいポイントです。

できればオールジャパン!と言いたいところだけど、
なんでも
日本が最強!ってわけでもないし、アメリカ大好きだし、
台湾のパーツの精度、製作のスピードがすごいし、
中国の大量生産、安定供給もすごいし、
イタリアのレザーが良すぎるし、
イギリスのおじいの職人もクッソ応援したいし、
ドイツのライトは明るくて値段も手ごろだし、、、、
そして日本のパーツもまた良いんだ、これが…

と、もう応援したいところだらけだし、
僕たちも応援されたい。

でも、僕は競輪文化が根付く日本。
そしてフランスやイギリスの旅の思想を
国内で完全に体現したツーリングバイク。

世界一舗装されて、荒れるたび補修もされている道路があって、
ずどーんと山が連なってどの土地にも自然があって、
ぐるっと海沿い。


そこを、日本を走るために必要な強度と軽さ。
天気は荒れるし、でも四季もある。
そしてこれでもかというくらい
街乗り自転車が溢れかえるここ日本の
タフすぎる使用環境で楽しく自転車生活を送るためには
やっぱり国産フレームが良い。

だって、日本で乗るための、日本の気温と湿度で作られた
日本の自転車なんだもの。

その最後の組み手としての自負を新たにまた2021年もかかげて
こうして文字を打ってみなさまと出会います。

Horizontal 451の使用クロモリは
「KAISEI 022」
0.9mm-0.6mm-0.9mmの薄さが変化する
ダブルバテッドというパイプです。

これは溶接する時に必要な厚みを確保し、
しなりを活かす部分は薄くし軽量化する、
という手間をかけていただいているパイプで
やっぱり軽いです。


で、軽けりゃ正義、ってわけでもなくて
走ればしっかり軽快なのに鉄の安心感もある
まさに自転車用の素材です。

サイズ感。

今回参考としてご用意させていただいたのはMサイズ。
フレームサイズ的には520というサイズで
162センチくらいから172センチくらいの方がハマるかな。

Horizontal 451は基本4サイズ展開
国産ハンドメイドのストック方式としては
かなり幅広い展開です。
Sが480、155センチくらいから。
Lは540、168センチくらいから。
XLが570、178センチくらいから。

もちろんカスタムサイズもお時間いただければ製作可能で
まっすぐのフレームに乗りたいけどまたがれない..
とか、逆に
ミニベロ好きなのに高身長すぎて乗れるやつがない…
などもご対応可能です。

フレーム価格。

4月より店内の価格表示が変わり税込み価格になります。
系列店舗の値段表示も僕がやってるんですが
この作業死ねます。笑
EBS京都は今週ギリギリやっとできそうなので
次回よりはよりすっきりしたお値段をみていただけます。笑

で、Horizontal 451のフレーム価格は
¥115,500-(in tax)です。
フレームとフロントフォークのセット価格です。

フレームカラー。

フレームカラーはEBS京都のカラーチャートより
お好きなカラーを選択可能。

純正カラーはこのスモークグレー。
EBSではずっと人気カラーとして君臨しているカラーをSTDに落とし込んでいます。

その他はいっぱいあります。笑
250色以上あるし、マットかグロスか、もあるし。

好きなカラーで好きな仕様で組んじゃいましょう。

オーダーカラー価格。(in tax)

車種純正カラー…¥0-
単色(グロス/マット)…¥13,200-
メタリックカラー…¥22,000-
RAW仕上げ(グロス/マット)…¥22,000-
塗り分け(2色)…¥26,400-

その他フルメッキやってみたい!とか
ここをメッキで残してクラシックな見た目に…
とかいろいろご相談ください。

フレームカラーが決まらないと
そのほかが決まらないけど、悩むポイントなので
一回のご相談の1/3の時間くらいがカラーのお話だったりします。

一回塗ったらずっとそれ、ってわけでもないので
自分のものを長く使う上で、今一番自分の中でキテる色を選ぶのが
なんだかんだみなさま楽しめてる気がします。

フレーム仕様。

フレームの仕様としては

・ブレーキアーチはショート。
・フェンダー取り付け不可(カスタムにて取り付け可能)
・フロントバスケット/ラック取り付けOK
・リアキャリア取り付けOK
・フロントディレイラー取り付け可能
・ホイールサイズは20インチ/451
・1インチスレッド/ITA規格
・ボトルケージ台座×2

このあたりがスタンダードでしょうか。
カスタム依頼にて色々変更可能です。

オーダーまでの流れ。

今日はなんか思いついてしまって
このフレームのお話からはじまりましたが

こんな感じで
好きなフレームを選ぶ

好きなカラーを選ぶ

で、基本的にフレームオーダーは完了です。

ストックフレームがあり単色塗装などであれば
ここから塗りあがりまで
〜2ヶ月ってところでしょうか。


そこからパーツを選んでいただく流れになるんですが
ご予算明示いただいて
お任せでやらせていただくこともありますし、

ひとつひとつ選んでいただくのもまた最高の瞬間です。

で、パーツ選んでストックがあるか?
は今ではコロナってこともあり
けっこう時間のかかる過程となりました。

この塗りあがりまでにばっちり揃えて、
塗りあがり即組み付け!すぐ納車!も結構あるんですが
例えば少しレアなハンドルをチョイスしたりすると
(今だとNITTOさんがめちゃくちゃ忙しいのでお時間いただいてます)
ちょいとかかっちゃうかも。

でも、それも一つの楽しさだと思うので
良い感じで組めたら、と思ってます。

で、その2ヶ月の間にメールで
あれやこれや送らせていただいて
(現在お待ちのオーナー様も毎度あの感じ、ありがとうございます。)
パーツが決定次第すぐに調達開始、という流れです。

このコロナ、ってこともあって
他府県からのメールオーダーも特別に受け付けております。
お気軽にご相談ください。




これからスタンダードモデルとして
店頭でご用意させてもらったり
カスタムモデルもいろいろ出してゆくので
改めてHorizontal 451をよろしくお願いします!

それでは今週のHorizontal 451、
前編をお楽しみに!
(これ、結局3編になってるんじゃ…)

MASN




クラシカルなロードバイクを長く乗る。HOBO後編。

びっくりするくらい雨。
フレアマーケット中止なのかな?
コロナで何回も中止なってるのになかなか難しいもんですね。

僕は生涯サービス業なので
これから先週末に休みをとる、ことは滅多にないと思うんですが
こうして人生の中で
「どこかに行けたかもしれない日」って結構ありますよね。

これ何回も言ってるけど
人生休みの日なんてそこまでないのに
休みで、用事特になくて、
緊急事態じゃなくて、自粛してなくて、
晴れで、、、
発動条件が厳しすぎんぜ〜。

そんなレアな「本当の休み。」
思い立ったが吉日生活を始めるために
自転車に乗りましょう。(?!)


そんな今週もたくさんの御来店ありがとうございました。
まずは祝日だった土曜日。
もうまじで春到来!ってかんじの
いつまでも自転車こげる陽気でしたね〜。
撮影で岡崎に一瞬おりましたが
観光地の京都が戻ってきたようで
うれしかったですね!

そんで今日はうってかわって、ですね。
まだ桜が咲き始めなのでよかった、
と言えるのかな、ポジティブにいけば。

5年前くらいに一度
完璧な条件で一回満開を迎えていたと思いますが
今年はどうでしょうか。

思えば去年の今頃は
まだマスク取り合ってたよね。
小学生の時社会の教科書にオイルショックで
取り合ってる写真あって
「そんなわけないやろ」って思ってたけど
やっぱ必要なものがないとほしいもんね、
今になってわかるあの感じ。




どうでも良い話はおいといて、
今週はHOBO後編。

ツーリングに出かけたい!
って時にこの道路大国日本において
「ロードバイク」というものはとてもフィットしていて
非舗装路が当たり前でMTBがメインの海外とは違い
行こうと思えば日本の端っこまで
舗装路があるとても恵まれた道路条件。

山も緑も多いこの豊かな国は
その中を探検することもできる(しかもそこも整備されてる)し、
頂上までもまた道路が敷いてあり、
より早く、速く、便利にたどり着くことが可能。

なぜか人は坂道を登るのが好きらしく
嫌いだ!しんどいのは絶対嫌だ!本当に嫌だ!
って全員が思ってるのになぜか登る。
「そこに山があるからサ…」なんて言葉では説明できない。

で、僕個人の体験ではやはり「登れた!」という
成功体験を確実に積んで行けるから、だと思っていて、
ある種RPGのような、レベルさえあげれば確実に可能である、
みたいなのが楽しいからなんだろうなと勝手に思っています。

僕は坂道は本当に嫌で、もうほんとまじで嫌なんですが
「登れるギア」さえあれば行けることを知っているし、
「登れた!」あとの達成感も人一倍知っているつもりなので
(フィジカルに恵まれてないので今までまあまあ諦めてきてる。言い訳)

最近はどんどん坂道に強いギアがでていて
本当に無理だったところも諦めなければ少しづつ登れるようになってます。

これがどういうことかというと、
「こんなとこまで自転車では来れない」といった場所が
全て行動範囲になるということです。

世には大きいギア使うと初心者扱いされる
なんて謎マウントがあるけど、誰だよお前ら、って感じ。
行けるならそれが最高だし、自転車って自分でしかないし、
「初心者」なんてものは存在しなくて
いつでも「初心にかえれる」のが自転車ってもんだろ!みたいな。




今日は脱線しがちですが
やっぱりHOBOって舗装路をどこまでもいく、っていう果てしなくも
ロマンあるテーマがあるのでオーナー様もそこに響いていただいてるよな。
僕ももっといろいろ行きたいな、と思わせる常に挑戦の姿勢、でも無理なく楽しもう!
ってやつが今日の気持ちです。笑

台本が無さすぎて毎週冒頭がむちゃくちゃですが
言葉の泉は湧いてる時はかけ流すのがMASN流ですので御無礼。(むこうぶつ)

よし、後編スタートだぜ!!笑

今週のご紹介は…

Engineerd Bike Service
HOBO

クロモリのロードってなんでこんなグッときちゃうんですかね。
チタン、カーボン、ステンレス、アルミ、クロモリ、スチール。
色んな素材があって、大量生産問わず全ての素材で作られていて
基本的な形は変わらない。

100年くらい前の人が出した
正解をほぼそのままの形で追いかけ続けていて、
しかもそれが一番美しいと今も言われる。

過去にすでに完成しているのに
技術は今もなお進化進歩していて
クラシックに作っても今の走りが可能。

この「変わらない」という良さが
結局一番魅力的だよね、って思います。
袖から出てきて、話す、ボケる、ツッコむ、笑う。
同じことしていてもやっぱこれなんだよね、ってなるやつ。

そんな先人が脈々と継いできたものが
この2021年にあってもHOBOに生きていると感じます。

走る横姿はレースカーではなく駿馬のように。
しなやかに道路を蹴って進むロードバイクを今週も。

後編はサイドビューから改めて。

サイドビュー。


水平に延びるホリゾンタル・フレーム。前後にゆるやかな曲線。
ブリティッシュと思いきや少しメタリカルで少しマットな質感のグリーン。
スキンサイドタイヤにレザーパーツ。
クラシックな5アームクランクに現行モデルのメカ類。
ワイヤーは合計4本通っているんですが
横姿はとてもシンプルでスッキリ。
走るために必要ないものはついてない、ように見せて全て備わる隠された機能性。

春のあたたかさにまかせて
方々どこまでも。

サドルはBROOKS。

革サドルはレールが見えるほどスポーツな印象となりますが
このBROOKS B15 SwallowはBROOKSの中で一番スポーツなタイプ。
しっかり張られたレザーははじめこそカタイものの
徐々に革サドルとの付き合い方の深まる思い出のサドルとなるでしょう。

これから10年、20年と乗っていただきたいバイクだからこそ
同じくストーリーを始めるに最適な長持ちするサドルを是非、という理由で
EBSのバイクはレザーがとても多く登場するのですが
BROOKSは世界一の革サドルブランドですが職人さんが少数で作っているので
現在かなり供給がきびしいようです。

EBSとしては今回の入荷を最後に次は秋〜冬となりますので
革サドルが確定しておられる方はお早めのご予約を。

おなじみのBROOKSロゴもしっかりと。
使い込んでゆくとこの辺りが沈んできて艶々の飴色に変わるんですが
それがまたかっこいいのよ。
BROOKSサドルの保湿は僕におまかせいただいても良いですし、
オーナー様で好きなタイミングで育ててやってくださってももちろん最高です。

実は乗ること自体がメンテナンスのようなもので
適度に保湿されていくのですが、たまには(3ヶ月〜半年に一回くらい)
塗り込んでやるとわかりやすくよろこんでくれます。

リアの何かを通せそうなループホールは
BROOKSのバッグがドンピシャで通るようになってるので
アクセサリー感覚で取り付けてもグッときますし
もちろん鍵や携帯工具を入れておいても。

BROOKS以外のBAGもOKですよ。

クランクはSuginoの5アーム。

コンポーネントと国内では呼ばれる
シフターやリアディレイラー、クランクなどで
このHOBOは唯一クランクのみSHIMANOではありません。

もちろん意図的なもので
クランクは自転車の横顔なんですね。
現行のSHIMANOは性能は抜群、ルックスもレーシーで◎なんですが
この細身のクロモリのHOBOに、オーナー様の持っている空気感を考えて
よりクラシカルな淡い輝きのシルバーが
魅力の5アームクランクでクラシックに振りました。

よりマッスルなバイクにしたい場合はSHIMANOなどのクランクを使った方が
グッとボリュームが出てイメージに近くなると思います。
細身にマッスルも戦闘的で良い感じです。

今回は52/38t構成で現行のギア比と同じくしました。
あくまでクラシカルに見せて、走れば現行モデルのような変速感、走行感。
そして補修パーツもすぐに手に入り、不安なく楽しめるのが僕のスタイルです。

個人的にはビンテージパーツ大好きなんですが、
好きだからこそ、ですね。

クランクキャップもSuginoで。
この場所に水分を入れない、ってのは外で走る以上不可能で
ここのボルトが錆びていてなんだかボロボロに見えちゃう、
ってことはあるあるですが
このキャップがあれば目隠しになるのでいつまでもシルバー。

MKS/シルバンツーリングネクスト。

発売直後すぐに定番化した「ネクスト」
今までのベアリング方式ほシールド化し、
かつそれを力のかかる部分に3つ配置。
まるでリアハブのような構造で最強化されたペダルですが

このパーツは「完全メンテナンスフリー」です。
僕たちですら「分解すんな」と書かれているこのペダルは
長く使ってもガタつかない自信の現れ。

そして前まで上位ペダルに位置していた「プライム」というシリーズから
さらにクロームメッキ仕上げにされており、高級感も抜群。

回転性能はもはや語ることすらしない、
「いちどくらべてみてください」と言いたくなるなめらかさ。

形によっては
このトリプルシールドでないモデルもたくさんあるMKSのペダルですが
やはりオールジャパンのプライドを感じます。

長く使いたい、って方はまずはネクストを視野に入れてみてください。

ボトルケージ台座はふたつ。

ここはオーソドックスに2ボトル。
もちろんパーツで拡張可能なので
これ以上増やしたい!って方もOK。
もちろんカスタムにて別の場所に台座を追加することも可能です。

リアのブレーキ出口もセクシー。
HOBOで好きなポイントのひとつ。

リアビュー。

リアも端正な佇まいで置いてるだけで絵になります。
いろんなところからたくさんのクロモリバイクが出ているけれど、
1インチで、クイルで、細身チュービングのバイクってあんまりない。

パイプの微妙な太さの違いは
乗り手はもちろん、全く自転車に興味がない方でも
無意識にこっちの方が良い!と選ばれるくらい
無意識化で美しいとされる形を目指しています。

山の上で、サイクリングロードで、海辺で、街で。
「お、渋いバイク停まってんな」
「あの自転車かわいい!」って言われるようなバイクです。

ベントシートステー。

やはりHOBOの最大の特徴といえば
このゆるくベントしたステーでしょう。

通常ここはまっすぐ作るのがセオリーですが
敢えて曲げを入れ、よりしなやかにゆったりと進めるような工夫がされています。

そしてやはりこのゆるやかな曲線は妖艶な魅力も醸し出し、
なんともいえない空気感でまわりを魅了します。

多くは語らず、このセクシーなフレームに乗ってみてください。
写真が無駄に明るいのは僕のせいです。笑

リアディレイラーはShimano 105。

もちろんRD、も105を。
ぱしぱしと変速し、なめらかに動く。
これでミドルグレードなんだからびっくりするよね。
シルバーグレーの設定があるのも良い。

世界的にクラシックなどが見直されてきているので
シルバーパーツがもう一度溢れかえるようになれば最高だな。

まずはコロナを終息させ、
全てのパーツが今までどおりに手に入ったらいいな。
でも、今までが便利すぎたのかも。

ひとつのものをもうないもの、って思って長く使ったり、
使うことによってより満足度が高まるようなもののほうが
人間として満足度が高いかもしれないね。

カセットの構成は11-30T。
なのでギア比的には4.72/1.26の構成に。

トップはもちろんがんがん踏めるし、
ローはオーソドックスながら日本の坂道のほとんどをカバーできうる。

日本にはたまにこれは…無茶だ…というヤバイ坂道がありますが
無理なら押せばいい。
どうしても自走したければより大きいギア、もしくは前を小さくすればいいんです。

ギアは何枚持ってても別に損しないので
その時の自分に合わせたギア比にすれば良いと思います。

EBS京都にある最近組んだ試乗車は
11-51Tというハイメガレンジで、かなり大きいんですが
街中では使わないけど「こいつならどこでもいける」という安心感があるので
どんどん探検できるので、そんなもんと思えば楽しめます。

ちなみにこのHOBOの構成は街乗りもしっかり操作して楽しめます。
風になりたい日も、汗だくで運動したい日も、急に山の上から景色みたくなってもOKです。

リアキャリアは隠しダボで。

もちろんランドナー的にキャリアなどを取り付けて
キャンプツーリングやロングディスタンスのための装備を載せても、
シンプルな軽めのキャリアにお買い物のパニ亜をのせてもOK。

でも、みんながみんな取り付けるわけじゃないので
つけてない時は限りなく目立たないこんな感じもうれしいところ。
バッグサポーター系はこの穴じゃないと取り付けられないものもたまにあるので
そういうとこも最高です。

いやー、改めてシンプルなロードの良さばんばん出てましたね〜。
自転車のジャンルもどんどん増えてきて、またそれがクロスオーバーしていて
迷うこともたくさんあると思うけど、
根源的なロングライドしたい!とかラグドフレームでクラシックなやつを
街乗りカスタムするんだ!とか奥底に気持ちが眠ってる方にはグッとくると思います。

流行りはどんどんかわるし、今日かっこいいものが明日ダサかったり、
育てて長く使おうと思ってたネタがバズって燃えるように消費されてしまって
燃えかすも残らなくて誰も覚えてない、なんてことも起こる現代社会ですが
ひとつずつ、自分の中のマスターピースをひとつずつ集めて、
大人になってもそのフルコースが変わらずに揃ってゆく。

そんなピースのひとつ、自転車。
願わくば探し当てていただき(いまだに検索弱いネットポンコツMASNです)
掘り当てていただいた方に強烈にハマるものつくりができれば最高です。

来週一発目、明日の月曜は私MASNが店舗におります。
ご予約頂いておりますのであまりお話のお時間がとれませんが
試乗やちょいとご検討、って方は是非。

祝日以外は基本平日はEBS京都におりませんので
「このMASNってやつに会いに行ってやるか」って方も是非。笑

明日からはまたお天気も復活。
水分ガンガン含んだ京都中の桜がまた花開くことでしょう。

宣言も解除で、とりあえずはまた通常に戻ろうとする日本。
楽しく過ごせるための道具選びをEBSでぜひ。

ではでは。。。

MASN

ちょっとそこまで、を四方八方HOBO。前編。

土曜のエグい雨から一転春の陽気でお伝えします
鴨川となりはEBS京都。

リッツ・カールトンからは錚々たる高級外車が。
人生あと50回やったら購入しますね。
その時には100回目の先人がいて、
また50回目指すのか..

僕は車もめちゃくちゃ好きですが
やっぱいつかは乗りたいですね〜。
運転してもらうタイプの高級車じゃなくて
自分で運転するやつ乗りたいね!

一体なんのブログなんだよ、
って感じですが

来週は来週で日曜は岡崎公園で
ハイキャラット京都」っていう
アメリカのフレア的な催しが久々に開催されます。

当初はアクセサリーを売ってたりしてたんですが
今やUSカスタムなカーショー的な側面もあり楽しい感じなってます。
EBS京都は同じ通りにあるので是非。

試乗がてらふらっと見に行っても良いかも。

こう考えると
やっぱ移転してよかったなって思います。
毎週なにかしらやってるし。

頑張ってコロナ終息したら
もっともっと楽しくなると思う。
あのガッチガチ渦中の2020年5月に移転した時は
もう不安しかなかったもんね。笑


県外からのお客様はまだあまり来られてないですが
日本最強の桜の立地条件が2000箇所くらいあるので
ぶらぶら自転車でお花見ライドしてみては。


そんな今日のご紹介は
王道系のロードバイクを組ませて頂きました。
ドラゴンボールで言ったら孫悟空です。

今、この自転車不足、の状況で
毎週どんどん深刻になってきて
かなり困ってるのは
乗りたい人も乗ってもらいたい人も同じで。

それでも、こうして少しづつ
世に自転車が増えていくことが嬉しい。
しかも、その増えた自転車は長持ちで、
長く使っていけるから
ゴミなんかには絶対ならないし、
撤去されてどんどん財政圧迫されることもない。

毎週末晴れたら出かけるのがとんでもなく楽しみになる、そんな自転車。

今週のご紹介は…

Engineerd Bike Service
HOBO

リムブレーキの直球クラシックロード。
「絵に書くロードバイク」と言ったら良いんでしょうか。
これだけカーボンやアルミなど骨太のバイクが世に出ているのに
「絵に書くとこの形になる」みたいなところありませんか?

世の人々が
削りこみデフォルメされたイメージの中残った細身のロードバイク。
誰の頭にも強烈に記憶される「線の造形」は
可視した瞬間結びつき、「うわー!あれかっけえ!」
ってなるんじゃないでしょうか。

今回は
・クラシック
・シルバーパーツで
・105を使って
・琵琶湖一周できるものを

といったオーダー。
オーナー様ははじめてのロードバイクでしたが
EBSに出会って頂き感謝。

お連れさまもフルカーボンのガチロードでしたが
快く勧めてくださりありがとうございます。
僕が連れだったらフルカーボンの魅力しか喋らずに
似たジャンルに寄るように連日説得してましたね。笑



やはり今回のポイントで大切にされていたのは
・琵琶湖一周できるもの
正直まわるだけならママチャリでも可能なので
スペック面では気にせずでOK。
そりゃもちろんあるにこしたことはないけど。

それよりも、
強烈にシンドイ。
けど停まった場所で写真を撮りたい。
その時に印象に残る、まさに「ロードバイク」
みたいなものを作りたい、という思いに強く触れさせていただき
イメージが固まってゆく。

ビワイチへの思いよりも
そこを回ったときの苦悶や開放、
自転車でスポーツをする時に交互に訪れるこの感情を
すでにご理解されていて、
その上で思い出としてバッチバチくる自転車が欲しい!
みたいな感じ。

これ、僕も大切にしているところなんで
非常にグッときました。

僕は自転車屋さんだけど
めちゃくちゃしんどいのはあんまり好きじゃない。
でも、「自分の自転車でここまできたんだ!!」
ってのが好きでそういうところに出かけたりします。
むしろそれはしんどいのも好きなんだって!とか言われるけど違う。
大嫌い、大嫌い、大嫌い、大好き、なんです。(Hold On Me)

なんというか、これ文章にすると
変な感じになったのでデリートですが
漕いでる瞬間よりも体験している、自転車の良さ、
みたいなところの本質に瞬間触れることのできる感じ。

言語化できたら報告しますね。笑

さて、真面目に紹介しますぞ〜。

HOBOのこと。

HoboはEBSのなかでは
正統派ツーリングロードに位置するフレームです。

「方々」行こうぜ。
的な思想から設計されており、
ツーリングやランドナーなどに多く採用されてきた
「Kaisei 022」よりもより軽量な「Kaisei 019」を使用。

同じくダブルバテッドのフルクロモリ構成で
0.8-0.5-0.8mmまでより削り込んだ軽いパイプです。

それをラグでつなぎ、一番クラシカルな製法で今も作っています。
想定パーツなどもリムブレーキなどの現行かつクラシックなものを採用し
フレームの載せ替えやこうして
新たにクラシックツーリングを生み出すことも可能な
古き良きままにしないフレームです。

サイズ感。

サイズ展開は基本が2サイズで
M(537)L(557)と少し大きめ。
Sサイズもお時間いただけますと受注にて製作可能ですので
お気軽にお問い合わせください。

フェンダー装着可能。

これに関してはその他ロードでも実現可能なんですが
スボーツのプラフェンダーなどではなくしっかりと
フルフェンダーを取り付け可能な工夫が入ります。

ショートアーチにて28CのロードもOKですし、
ロングアーチ使用なら32Cまでのクリアランス確保にフェンダーもOKです。

このように裏から留めることが可能になっており、
このあたりはまさにクラシックなスッキリ感を出すことが可能です。

今回のフレームカラー。

ブリティッシュグリーンよりもトーン明るめでフレッシュな感じを出しながらも
薄くのったラメが昔っぽい感じをだし、艶々にしない8分艶がまた大人な空気。

個人的にはまさにクラシックロードバイク!って
感じのカラーなんですが
実は過去の画像を掘ってもあんまりないので
山や湖などを邪魔しない溶け込み系カラーにひとつまみの異彩が放たれてナイスカラー。

フロントビュー。

全体的にしっかりストーリーがあるので
今にも走り出しそうな空気と
20年くらいここに置いてあったミントコンディション的バイクの空気も。

SHIMANO 105をグループセットで。

今回はオール105。
普段ならすぐに手に入るのにちょっと時間いただいちゃいましたね。

昔のパーツを使えばオールシルバーなんて余裕ですが
あくまで僕たちは新車をファーストオーナー様に乗っていただくのが使命。
例外はもちろんありますが、常に交換が可能だったり、修理の効く
ちゃんとしたパーツのみを使います。

そんな中SHIMANO最後のシルバー系ラインナップの105。
次期作ではなくなってしまうのかと噂されていますが
作り続けて欲しいし、なんだったら需要ありますよね。

バーテープはBROOKSレザー。

BROOKSは3月に入荷して安定供給開始か…
と思いきや次は10月。
世界は元に戻るのか?
もしくは、これでやれてるならこれでよいってなっちゃうのか?
どちらにせよ
判断基準がかなり俯瞰的になり、早めの決断が必要になったのはいうまでもなく。

でも、それでもレザーのバーテープといえば
BROOKSなんだよね。

少し巻くのが難しいけど、
やっぱり使うほどに馴染んでくるし、
交換時期もかなり長くて最終的なコストは安く済む。

これは巻きはじめの写真ですが
BROOKS製品は乗り始めてから完成します。
「育てるパーツ」ですね。

EBS-30 Drop Bar。

当然ですが採用率の高いNITTO×EBSのハンドルバー。
今っぽいハンドル幅なのにレトロな曲げ。
25.4mmクランプで細身のバイクとの相性がよくて、
「硬くしすぎてない」のが特徴。

レーシーに作るならハンドルは硬い方が反応性もよく楽しく乗れますが
このロードは200kmを楽しく走るためのイメージがあるので
乗り心地を重視して疲れにくい構成にしました。

長距離OKということは
街乗りもOKということ。
尖らせたセッティングにしない分、
体に優しくて(腰とか膝とかね)
ゆるポタもOKな空気感を持たせました。

今回はフェンダーなし/ショートアーチにて。

今回はロードセットってことで
105のショート(ショートしかないんだけど)を。
アームが短いと制動までの反応がリニアになること、
短い分剛性が上がるのでよりカッチリした効きになります。

じゃあロングだとブレーキ効かないのか、となっちゃいますが
ブレーキの効かないロングアーチは実際存在します。
そういうブレーキがついていて損をしているバイクは残念ながら結構存在します。

僕も今個人的に修理している自転車もその類のブレーキなのですが
別にこれが悪いわけじゃなくて、「そういうもん」として使えれば
それはそれで良い感じのブレーキにもなり得る、というお話です。

ただ、自分の足の筋肉群でガンガン漕げば
40キロは誰でも出せるレベルの自転車で
指先だけの握力でメカニカルにどれだけ出力できるか、の差であると。

もちろんしっかり選定して
安心感のあるブレーキ、むしろショートと遜色ないやつがあるので
ご安心を。

いつか、一人旅でもしよっかな、ってなった時は
フェンダーがないと体力の消耗半端じゃないので
その時はまたカスタムしましょう!
HOBOはそれができる自転車です。

EBSヘッドバッヂ、スーパーポリッシュのヘッドセットが映えるフロント。
NISSENのクリアアウターも良い感じ。

ハブも105で。

フロントハブも105で。
32Hで良い感じの重量感。
重いわけじゃなくて、むしろ多くの方が「あれ?かるっ!」ってなる構成なんですが
僕はホイールは軽けりゃ良いとは思っていなくて、
しっかり転がり続けるイメージで組んでいます。

もちろん軽さは正義だけど、ホイールは丈夫でナンボ。
毎日パワーを受け止める唯一の接地点。

105のハブ自体はとてもよく、
かなり綺麗に回る、与圧のお手本みたいな締まり具合。

Ruffy Tuffy。

タイヤはロード系のタイヤでかわいい系部門第一位のラッフィーを。
スキンサイドでしなやかな走り心地、でも極限まで薄く作ったわけではない
ある程度肉厚なタイヤ。

トレッドパターンは完全にレトロですが
1日に何度もある停車時に毎回かわいいと思えますよ。
ラッフィーもタッフィーも写真うつりの良いアイドルです。

リアブレーキアウター内装。

こちらは標準仕様でこの内装フルアウター仕様です。
右から入って、左に出ます。

ラグの造形もそうですが
こうしたブレーズオンパーツも現代っぽくなくて逆に現代。

引きで見た、撮ったときのこうした細かい陰影が
なんとも言えない所有欲を満たす作り。


ってところでまさかの時間切れ。
今回は前後編でお送りです。

次回はサイドビューからご紹介!
毎度全てを紹介できなくてすみません。。

EBS京都の営業日の変更。

できることならこれ以上減らしたくなかったけど
やはり来たる自転車ハイシーズンがすぐそこまで。

本来ならば営業日を増やし、毎日営業でお待ちしてます!
って言っていろんな方に来ていただくのが
自転車屋として当たり前の動きだと思いますが

EBS京都は工房と連動しているので
どうしても製作作業があっての営業です。
(決して人が足りないわけではない。笑)
なので、しばらくの間金曜日をCloseとします。

なので、

オープン日は土、日、月の三日のみ。
毎週
月 12:00-18:00
土 11:00-20:00
日 11:00-20:00となります。


土日は変わらず僕、MASNなので
ブログをご覧になった方で内容について
詳しいお話ができるのは土日です。
これは基本変わりないと思います。

これ以上減ったらそれこそ
確実に人員不足になってると思うので
EBSを愛せそうなあなた、是非うちのKBと面接を。笑

アットホームな職場です!
っていうと鬼ブラック臭がしますが
かなり偏ったスキルを持った人間が集まったチームなので
それぞれの解釈で好きにアットホームしてる感じです。
アットホームってなんだ?笑

当然たくさん
作れるようになればたくさん組めるようになるので
月曜に僕が入ってたり、
金曜臨時的に開いてるみたいな日もあると思うけど
そんな日はせっかくだから来てもらいたいので
ここぞとばかりにSNSで告知しますね。笑

ご予約について。

多分これから緊急事態宣言も解除されたり、
Gotoが復活したり、また拡大して中止したり、また宣言したりと
社会のバランスを見て自粛したりしなかったりとすると思いますが
そもそも自分で粛するってことだから間違ってないのか。

で、僕はある程度ご予約を受けた方が
オーナー様とじっくりお話しやすいことがわかったので
これからもご予約優先製でやらせていただきます。

で、ご予約自体はもっと気軽に
お電話などで行こ!って思った前とかで良いので
一本下されば空いてる時間お伝えできますし、
空いてればそこからゆっくりと。

もちろん事前にご予約いただければ
オープン時間内であれば
基本いつでもお取りします。

今週はここまで。
来週もお楽しみに。
ではでは。。

MASN

変わるライフスタイル、変えれるバイク。

今週もありがとうございました。
お昼は最高に暖かかったですね〜。

まだまだ渦中にあり、
自転車業界全体「乗ってもらう自転車がねえ」
っつーなかなか難しい状況ですね。

かといって買おうと思ってたやつから妥協するわけにもいかんし。
EBSの話ではありませんが、
今年買おう!って決めてた方は
まさに今日この瞬間からがチャンスです。

ここから先は僕の予測ですが
秋くらいまでは全国的に在庫ほぼゼロ、となるでしょう。
で、当然その秋に入荷するものに予約が入るので
その次は来年の4月…なんてことは余裕でありえます。。

僕たちは自分でフレーム製作をするので
フレームのお話は別として、
例えばBROOKS。

一番ポピュラーかつレジェンドなB17STD。
あの、「あれ」です。
あの革サドル、次は10月です。

確か、2020年の8月くらいの時点で
2021年3月の予約受け付けてたんで約半年に一回、って感じか。

すこし特殊なユニークシリーズならともかく、
これまでB17STDの在庫が無くなる、なんてことは無かったんですね。
これからこうして基本予約販売になったりする可能性もあったりして…
と思い、EBSにBROOKSという
最高のマリアージュに警鐘発生となれば戦慄でしかねえ。

もちろん、それなりの数をオーダーしているので
大丈夫とは思うんだけど、ある種、自由に組み替えができる、
イチから組む僕たちですらこうして心配になる、というのは
かなりの出来事なんだな、と感じます。

EBSとしてではない発言になっちゃいますが
ある程度これが欲しい!が決まってたら
近くの取扱店で予約しに行った方が良いです。


まあ、事実は事実だけど、
そんな入ってこねえ、とか無くなるかも。。。
なんていってても仕方ねえ!!

こんな状況でもEBSならやれるぜ、ってところを
本気でやっていきたいと思います。

このコロナ渦、自転車手に入らねえよ!!
でも欲しいぜ!
で、どうせ買うならちょいと良いやつを。。
って思っていただけるみなさまに。

10万円台、
EBS京都的にまずはEBSに乗っていただければ…!!
として企画した組み方。

LEAF 451、LEAF LONG、Horizontal 451の
ミニベロシリーズや
Kamogawa、STUFF、VOKKAの700/650のカテゴリーで
実現可能です。

組み方的にはお任せ、というか
スタンダードなパーツセレクトにはなりますが

EBSが推している
国産の上質な自転車用パイプ、
Kaiseiパイプの素晴らしさを気軽に体感。
いままでツーリングなどに使われてきた
過酷な状況でも乗り切れる、そんなスペックを
京都で一本一本手作り、できるだけ低価格で。
多分今でも国産の本物のハンドメイドでは最安じゃないかな。

それを街乗りに落とし込む。
製作状況にもよりますが
自分の好きな色にペイントして、構成的に可能であれば
早ければ1ヶ月半位で納車が可能です。

このバイクはコロナ渦で作った、
という今を生きる人なら
「ああ、、あん時な。。」
って絶対になる、そんなタイミングで
ハンドメイドバイクを手軽にオーダーする、
という選択肢もアリなんじゃないでしょうか。

当然月々にお出しできる数は限定されちゃいますが
京都製作のEBSは、毎月少なくとも10本くらいは続々と作っているので
そんなチョイスも、というお話。



さて、宣伝が終わったところで。笑
今週はHorizontal 451。
でも、今日のお話は別にホリゾンだけのものじゃない。

自転車って、生活に要る人にとっては
もう絶対ないとダメなものだし、
週末だけ楽しむためだけに乗る人もいる。

その全ての人が変わっていく。
それは当たり前のことで、何も不思議じゃない。
でも、その根ざしてた自転車が変わらずにいて、
あれだけフィットしていたバイクがなんだかハマらなくなってきた。
そんなこともあります。

例えばガンガンロードやピスト乗ってた。
まじでそれなしじゃ考えられないし、今の自分はありませんね〜。
って人に話すくせに実は腰が痛くなってきてて乗れなかったり。

あれだけ好きだった自転車からなんだか離れてしまっていたり。

毎日通勤で使ってた。
はじめは手ごろな値段の折り畳みだったけど
(折り畳んだことはないけど…)
もっと速く、早く職場に着けばもっといろいろできるんじゃ?
認識すると町中スポーツバイクに見えてきたぞ!
…クロスバイクが良いのか。ちょっと考えてみるかあ。

買い物に良くいくからカゴつけて、スタンドつけて。
あれ?最近行ってないな。
良く考えたらそんな生活から1年以上経ってたわ。
体も重くなってきたし、ハンドル交換しようかな?
この自転車って、もっと軽くなるのかな?

とか。

これは年齢や、出会い。職場での立場、
新しいツレができたり、飲みに行った店でふと小耳に挟んだり。

誰でも起こりうる。

そんな日々の変化にプラス、もしくはマイナスすることによって
いつまでもバイクが自分に寄り添ってくれる。

その時に買い替えたり、乗り換えたり。
ちょっと形が違うだけで同じ自転車なのに。

EBSのバイクたちは、
そうした当たり前に変わっていく日常の中、
できることが限られていない、
そんなニュートラルな自転車。

そんな変化してゆく自転車のお話。

本日のご紹介は…

Engineerd Bike Service
Horizontal 451

いやー、良いですね〜。
がっちりミニベロロード。
そこにリアキャリアとパニアバッグをプラス。

EBSのホリゾンのミニベロロードセットが原型で、
ラメ多めのメタリックシルバー。
限定カラーのバイオレットなKINGのヘッドに
IDATEN、アルテグラ。

オーナー様ははじめコンパクトなロードをお求めで、
けっこうガッツリめに走り込んでいただいてます。

で、ふらっと御来店いただいた時に
「このバイクにパニアバッグってつけれますか?」
と。
もちろんですとも。

で、この時びっくりしていたのは
「この相談最近めっちゃあるぞ?!」
ってこと。

なぜか、急にシンクロしてきた
「ミニベロにバッグつけたい」というご要望。
これは一度ご紹介しておいても良いかな、と
普段あんまりしないパーツのご紹介を、というのが
今週のやつです。

京都ではおなじみのキャリアの横にかける
パニアバッグの存在。
なんで馴染みあるのかな?
って思ってたら、
大学が多くて、留学生が多くて、
そこからママチャリのないヨーロッパでは
当たり前だったイチから自分用に自転車を組む。
という文化やバッグを使って便利に積載性を上げる、
ということが浸透していったようなんですね。

ありがとう先人の留学してくれた人たち。
おかげで京都で自転車を作れています。

で、今回取り付けたのは
海外製がほとんどで、しかもずっと売り切れだった
日常のお買い物用のパニアバッグ、
「グロッサリーパニアバッグ」が国産で出た!
当然より日本にフィットさせた形で。

作ってくれたのは東京はBLUE LUG。
僕たちはフレーム製作で、なんか自分たちにハマるやつつくったりするけど、
BLUE LUGのスタッフはバッグ製作がめちゃ強くて
ほんといろいろある。すげー。

で、便利すぎていつも売り切れまくってた
グロッサリーバッグを今回割と安定的に供給してもらえるようになったので
ご紹介です。

ちなみに取り付ける前はこんな感じね。

リアキャリアはNITTO。

色々とお話して、
あれやこれや悩みましたが
今回はSim Works×NITTOのキャリアをチョイス。
ミニベロは専用キャリアが出ているので
専用じゃないとダメなかんじがするけど、
実はあんまりそんなことありません。

もちろん取り付け可能かどうかは
判断しなきゃいけないけど、このへんはミニベロを多く扱う僕たちが
わりと得意としているところです。

今回はキャリアが浮かないようにしたかったので
敢えてのブラックで馴染ませて、
バッグ類を取り付ける時に重要な
ヒールクリアランスを確保できる限界まで詰めて取り付け。

まるで純正のような仕上がりに。
ちなみにHorizontal 451にはEBSの専用キャリアの設定もあります。
限定的に何個かたまに作ってたりするので
もしご興味があればぜひ。

NITTOのキャリアはやはり機能的で
いろんな車種に使えるようユニバーサルな設計としながらも
それを感じさせない感じが最高ですね。

パニアをかける部分と天板は分かれており、
バッグを取り付けた状態からでも天板使用可。



バスケットを取り付けても良し、
バンドを常に入れておいて
サンダルとか、さっくり上着ぐるっと巻いて
ツーリングしてもよさそう。

このキャリアはあくまで
バッグサポーターとして販売されているので
思いっきり重い物は不可ですが
個人的には丈夫な作りだと思ってます。

BLUE LUG grocery pannier。

今までもJANDOとか、いろんなところからグロッサリーは出ていたけど、
さすがというか。

で、実際色々触ってみましたが
かなり良いですね〜。

グロッサリーバッグ自体の
「適当にいろいろ放り込める」部分はもちろん
肩掛けでショルダーバッグになったり、このままエコバッグ的にもつかえたり、
中のカバーを引っ張ると縦に伸びて容量アップしたり
中身が見えて通気性の良いメッシュだったり
ドローコードの調整で中身が出ないようにできたりと

「当たり前」を一つずつ昇華してる感じが最高。

容量的にも申し分なくって
この時期なら確実にかさばるダウンジャケットなどは
まるめてガバッと入るレベルです。

僕が持ってる自転車用の一番分厚いウインドブレーカーも余裕で。
これ、いつもバックパックに入れてて
バックパックも自転車用なので
それなりの容量があるけど、自炊ガチ勢の僕は帰りに買い物するときとか
さすがに入りきらないときがあったんですね。

ちょうどいい。
こんなんいけたらグロッサリーバッグ欲しなるやん!!
ちなみにこのバッグは展示用なので
誰でも合わせていただけます。

グッと締めるとこんな感じ。
ちょっとした雨もいけるだろうな、って感じ。
ちなみにこの部分が伸びて縦に倍くらいになるので
大きい荷物もOK。

ショルダーはここから。

自転車にはどうやってひっかけてるの?
というのがこちら。

上の黒いフックでキャリアにひっかけて…

この下のシルバーのフックを

ゴムバンドのテンションで引っ張るようにひっかける。
まず落ちないし、かといって強すぎてしんどいみたいな強さでもない。
これ、海外のやつだとたまにあるんですよね。
このゴム引っ張り切れるやつどんな腕してんねん!みたいな。笑

ちなみにEBS京都には現在
このコヨーテ、タンカラーですね、と

このオリーブカラーがあります。

他にもカラー展開はありますが
EBS的に絶対ハマるカラーはまずここかな、
ってことでチョイスしました。

両方かけてたまに来るスーパー買い物DAYに備えても良いし

使わないときは畳んでおけるのでスリムです。

もちろん使わない時は外してシンプルに。
ちなみにキャリア自体は工具があればすぐに取り外しOK。

でも、この感じめっちゃ綺麗にハマってるので
リアキャリア良いじゃん!!
って思っていただいた方も多いのでは。

ミニベロじゃなくてもEBSのバイクは基本キャリア取り付けOKですし、
フロントに取り付けも可能です。

ネイキッドはもちろん、
バスケットは取り付けてるけど
もうちょい載せたいなーみたいなご要望には
かなり良い感じじゃないかな、と改めて。

今回はお買い物などの
日常に特化したグロッサリーバッグというパニアでしたが
しっかりフラップのついたものや完全防水のもの、
もっと大型のものなど
本来の旅目的などに使えるパニアももちろん同じ取り付け方法で可能なので
必要に応じて付け替えたりしてよりバイクライフを豊かにできれば最高ですね。

これからもっと状況が良くなれば
ミニベロの輪行ツーリングなどももっとやりやすくなると思うので
適当に入りそうなもの詰め込んで出かける準備をしておきましょう!!

僕は今回久しぶりにグロッサリーの再評価をしてみて
かなり使えると確信したし、お問い合わせが多い理由も100%理解です。

ジャケット入れたり、晩ご飯の材料いれたり、とまた別に
銭湯グッズいれて普段行かない銭湯行ったりしたいすねー。

メッシュ地のおかげで
そういった濡れたものを入れる可能性などもカバーされていて
とても良いと思いました。

リアキャリアはどんどんなくなってきていて
いろんなものが在庫切れ、次回未定、って感じだけど
ここは好転することを祈りましょう。

NITTOさんとか今めちゃくちゃ忙しいんだろうな。
忙しいの次元を超えて新たな境地にたどり着いていて
むしろ忙しくない、みたいなとこまでいっちゃってるかも。

毎日どピークだと
それが当たり前になって…みたいな。
一人スーパーサイヤ人になったらみんななっていく、みたいな。

僕たちも
EBS-Barシリーズやステム、など
NITTOさんがいないとできないことがたくさんあるので
ここはじっくり待ちます。笑

その他いろんな企画がどんどんEBSでも決まっていて
供給の不安はあれどどんどん毎日楽しくなっていってるので
オーナー様、お客様、これからもよろしくお願いします。



春のポリッシュキャンペーン。

えー、やります。(何を)

メッキじゃなくて、ポリッシュが
使われているパーツって結構あるじゃないですか。
磨かれたシルバー、ね。

最近軽いオーバーホールみたいなことやらせていただいて、
その時に使い込みまくったクランクをお金をいただいて
ちょっと時間かけて磨いたんですよ。
で、やっぱり喜んでいただいたのでこれはやらなければ、と。

なので、3月〜4月ににメンテ、整備して
新たに乗り始めたい!ってオーナー様に
ポリッシュパーツをついでに磨きますよ、って話です。笑

先にやらせてもらった
オーナー様から千円いただいちゃったので
「そのパーツ近辺のメンテ、整備がある場合」
そこやります、ってことにします。
さすがにオールフリーでやると
怒られちゃう。笑

(先生すみません!笑)

1組、っていうのはクランクだったら右と左、みたいな感じね。
オールポリッシュのオーナー様も結構いらっしゃるので
怖くなってきたのでそういう縛りにしました。笑

傷が消えるほど磨くのは形が変わっちゃうのでやりませんが
しっかり曇りやくすみが取れてピカピカにできます!

通常の営業と並行してやりますので
多くは受けれませんが、お預けいただいて
整備させていただくついでといっちゃなんですが
しっかり磨いてお返しします。

正直時間さえあれば誰でもできる作業です。
磨いてるだけなんで。笑
でも、けっこう面倒だし、くすみも味っちゃ味じゃないですか。
だからいいかなーって思う気持ちめちゃくちゃわかるからこそ僕がやります。

「ポリッシュのパーツねーよ!!」
って方はまた今度、なんか考えます。笑

新規のオーダーのキャンペーンは
この前のATBなどでもかなり頑張って値段設定したので
もしハマるかたいらっしゃいましたら是非!!
まあ、あれにもポリッシュはないですが。笑

磨きます、ってのは完全におまけでしかなくって、
この暖かくなってくる季節で、緊急事態も明けてこようとしている中、
何ヶ月か眠らせていた方、そろそろ中身まで開けて整備しなきゃ、って方。

バッチリ決めるとめちゃくちゃ気持ちよく走るし、
持ってきていただいて初めてわかる「うわ、ここやらないと!」
ってこともあると思います。

空気入れるついでとかで良いので
軽く見積もってよ〜!とかで気軽にどうぞ。
メールでのご相談なら基本いつでもOKです。
返信が少し遅い時もありますがご勘弁を。。

もちろん、ついでにカスタム、なんてのも大歓迎です!!

今週はここまで。
そろそろ桜がキテますね。

明日は久々にサイクリングロードでもいこうかな。


ではでは。。。

MASN