Horizontal 451 S’s Minivelo Custom!

Horizontal 451の基本仕様 (2022/11現在)

フレームマテリアル内径変化(バテッド)パイプ内径
Kaisei 022 フルクロモリダブルバテッド0.9mm-0.6mm-0.9mm
Horizontal 451(M/520)

今週のご紹介は
S様のHorizontal 451。
正統派のホリゾンタルトップフレームを
ミニベロに落とし込んだ上で
ただ小さくしたわけじゃないフレームワークが大人ミニベロに。

フレームサイズシートチューブ長身長目安
S size480mm155cm〜
M size520mm165cm〜
L size540mm173cm〜
XL size570mm178cm〜
XXL size受注製作受注製作

サイズ感はこんな感じ。
フレームの構造としては最もクラシックな水平フレーム、ダイヤモンド型なので
数値上のサイジングに関しては参考になると思います。

大型のフレームは受注製作ですが可能です。
大きいサイズのミニベロってそもそも存在しないんですよね。。
体格によってパイプも使い分けますので
ここはご相談にて。

コンプリート設定価格(税込)主な仕様
Frame/Fork Set¥115,500-フレームとフォークのみ
Basic Complete Base¥220,000〜1×8 Speed フラットバー仕様
SHIMANO 105 Complete Base¥350,000〜韋駄天ホイール×105ベース
EBS KYOTO commuter Base¥300,000〜プロムナードバー、ダイナモなど
Custom CompleteASKフルカスタム可能!

コンプリートにした場合のだいたいの目安はこんな感じ。
残念ながらSHIMANOが大幅値上げ発表(しかも発送時確定価格..)したので
今からオーダーして、2023年の1/1を超えるSHIMANOパーツは全て値上げ、
EBS KYOTOとして今ストックしているパーツ以外は
ほぼ確定で値上げです。

あの渦中から細かく4回くらい値上げしていた気がしますが、
大幅な値上げは今回が初めて。
告知されてから少し経っているので
もうすでに焼け野原、買い占めなども起きる悲しい現状ですが、
使わずに構成、ピンポイントで使用、などまだまだ可能ですし、
価格に関わらずハイクオリティなSHIMANOパーツですので
ある種長く使える、ということで
僕からこんなことを言うのはなんですが、
もう今持っとくのもアリです。

これから確実に長く使う=それ自体がかっこいい!
という時代が来るので、
個人的にはそのフレームと1日でも長く過ごしていただければ、と思いますね。
多分、僕たちの世代が非電動のバイクに命を感じて乗っていた最後の世代になると思うので
僕はおじいちゃんになったとき、「昔は〜」とずっと話したいですね。笑

E-Bikeに関しては日本はまだまだですが、
確実に海外の格好良くて安価なバイクに日本はすでに押し負けてるので、
おそらく車の境地と同じく家電扱い、3年乗り換えのサブスクみたいになる気がするんだけど
その時までに日本がばっちりシェア獲得してくれたら僕は嬉しい。

僕は自分のペースで移動が運動になるフィットネス路線に立ちながら
クラシックを感じさせる電動の製作に携わることができればなー、と思ってます。
今は規制があるのでなんもできない、って感じですね。

脱線してしまった。
オーダーの流れ」、
オーダーご検討されてる方は長いけどこっちも読んでくだされば。

仕様表。

部位ブランドパーツ
FrameE.B.SHorizontal 451
ForkE.B.SHorizontal 451
HandlebarNITTORB-010
StemGB
BartapeBROOKSLeather
Brake leverTestachAid arm
Bar endNITTOEC-02
HeadsetTANGEFL250C
BrakeSHIMANOClalis
Seat postN/BAero
SaddleBROOKSB17
Seat ClampN/B
Frame protectorGBShort
BBSUGINOCrmo
CrankGBHUNT original
Chain RingGB52T
PedalMKSPromnade
Wheel SetGBHUNT original
TirePanaracerMinits Tough 1-1/8
TubeSchwalbeSV 7A
ShifterGB8 Speed
RDSHIMANOClalis
CasseteSHIMANO11-30T
ChainSHIMANO8S
WireNISSENClear Black
QRGBHUNT original

フレームカラー。

ハーフマットで仕上げた
光を蓄える色味のカーキ。
キャンプなどのアウトドアのホビーがどんどん発達して隆盛し
自転車にもアースなカラーのオーダー、増えてきてますね。

車載でどこかに行った時にギアとのカラーを合わせて撮ったり、
実は日常の街でも映えるこのカラー。
自然にも、建物にも調和するのでもちろん服装も選びません。

グロス仕上げでツヤツヤでもばっちりなカラーなんで
もしかしたら迷っちゃうかもですね、ナイスカラー!

フロントビュー。

ブルホーンバー、先端ブレーキとミニベロの相性は
抜群と言わざるを得ないですね。
実際運転、取り回し、走る気にさせてくれる、みたいな部分はかなりハイレベルで
自転車のハンドル交換は容易なんですが、このまま走る方がとても多いカスタムです。

ストリートな特性が見え隠れしてくるのも良いですね。

クローズアップもやはりブルホーンに目を惹かれちゃう。
ハンドルバーはNITTO、この形が好きすぎてずっと推してます。
ミニベロにはサイズによっては少し長いのでうまく構成。
このバランシングを間違えるとちょっと違う感じになるので
セルフでカスタムされる場合、EBSオーナー様はご相談ください。
車種、サイズ別にドンピシャの数字持ってます。

そこに先端ブレーキでよりオフェンシブに、
これはフラット部分にブレーキを取り付けることもできるので
乗り方やお好みで設定可能です。

巻いたのはリアルレザー。
BROOKSの革は使うほどに艶も出て、
それを超えると味が出ます。
生き物なので個体差がありますが、
いい感じに色味も揃ってて文句なし。

バーエンドもNITTO。
これは正直必要のないパーツですが、
ブルホーンはとっても注目度というか、視聴率が高いので
先端まで上質に仕上げることをおすすめしています。
カラーも豊富ですし、EBSでアノダイズ加工して
オリジナルカラーも製作できるので
このあたりも色々ご相談いただければ。

変速レバーはコラムシフトで。
EBSではお馴染みですが、このパーツ、オーダーしてるけど
もうかなり数少なくて、次は未定です。
手頃な価格、ちょうど良いスペック、インデックス、、
いろんな条件が揃った完全なる名作なので確実にまた持ってきますが、
ちょっと間なくなると思うので別案も考えておきますね!

ヘッドバッヂはビス留め。
ミニベロシリーズは基本これなんですが、
最近別車種でもビス希望されてる方多いです。
もちろん可能ですが、フレームに先に加工が必要なので
オーダー時に言ってくだされば最高です。

ブレーキはクラリスで。
ベーシックなグレードだけど、
ブレーキそのものは良いです。
シューカスタムすると伸びるキャリパーアーチなので
カスタムしがいもありますね!

タイヤはPanaracer。
個人的に好きなコンパウンドなのでおすすめすること多いですね。
451ホイールはあんまりタイヤセレクトの幅が広いわけではないけど、
Panaracer、さすがなのです。

まずないと思うけど、希望としては
今年出たアジリストってタイヤを
451でも出してくださいPanaracerさん。笑
あれマジで良い。

サイドビュー。

最高のバランス。
フレームカラー、金属系パーツ、レザーパーツとの相性が良すぎる。

ここからカスタムもたくさんできる仕様になっており、
10年後が楽しみなバイク。

ロードスタイルでツーリング仕様、なんかでも楽しそうです。

このカラーにEBSのゴールドデカールの相性も最高ですね。
マットカラーって可愛い印象になりがちだけど、
サファリ感あるのに高級感もある佇まいが綺麗です。

サドルはBROOKSで17番を。
間違いないサドルだけど、これもBROOKS側で受注を停止しており
かなり待ちが長くなってきてます。
EBSではBROOKSをチョイスさせてもらうことが多いので
まあまあの数もってたんですが、カラー、形によっては早い者勝ちです。

シートポストはエアロタイプを。
軽さはないですが、この柔らかい曲がりがこのバイクの構成に確実に買って出てますね。

走るのにとりあえず付いてれば良いただの棒、
と言われればそれまでなんだけど、
やっぱり横顔は整えたいですよね。
基本的に丈夫なパーツなので、
どれを選んでも折れたりとかはまずないですが、
価格差も結構あるパーツではあります。

ご自身で交換が容易な部分でもあるので
セルフカスタムの第一歩にもピッタリです。

クランクセットはGROWNのHUNTの純正カスタム。
HUNTという車種はEBSが設計して海外で作ってもらったバイクなんですが、
もともと入ってるパーツが良い感じだったので分けてもらいました。
クランクキャップだけプラスチックだったので真鍮に変更。

ペダルはMKSのプロムナード。
ネクストシリーズが出てからはやっぱりあっちが人気してましたが
これのネクスト版出して欲しいくらい好きなペダル。
(UBシリーズも出してください!笑)
なんというか、このシャンパンゴールドの感じが良いんだよね。
ブラックもあるけど、それもボディが全黒なんでトータルで使いやすい。

グリップはあえてそれなりの凹凸にしてあって、
靴に優しいペダルでもあります。

FD台座も純正でついており、フロントダブル化も可能。
ミニベロはその作りからFDの角度が少し違ってくるので
台座ついてるとかなりセッティング楽です。

フレーム内にはボトルケージ台座が二つ。
これは純正仕様で、ふたつあればまず十分かな。
今は鍵をここにマウントできるやつがあってそれがかなり有能なんで
台座を一個鍵に取られがちなので、鍵を想定しての
増設なんてこともご相談ください。

スタンド台座ももちろん純正。
台座がなくてもスタンド取り付けできますが、
やっぱりあったほうが良い。
今回はまずはスタンドなしで。

リアビュー。

自転車も、単車も車もリアビュー大好き。
特に自転車はリアビューが良い。

秋先のウォーミングなファッションにはもちろん、
半袖でラフにも乗れるタウンユースの懐の深さが最高だな。

走る横姿、通り過ぎた後に振り返るような自転車を。

リアの歯数構成としては
8Speedでクラリスを使用したクロッシーなセット。
街乗りから京都〜大阪間くらいは余裕です。
京都〜鯖街道あたりなんかも行けますね。

ぶらっと走って京都観光、鯖寿司食って帰る、など
自走起点でも良いし、輪行などでもメカトラブル
起きにくいスタンダードなセットなので
自転車旅行なんかも行って欲しいですね。

ホイールセットは先ほどのHUNTの純正流用。
こっそりベアリングチューンしてあります。
韋駄天などに比べれば少しはリーズナブルなホイールですが、
逆にチューンしがいがあるとも思っていて、
しっかり当たりの調整をしていけばなかなか良い感じです。

今回は軽いグリスではなく少し重めのものでメンテ頻度を少なくしています。
新品から2年〜3年くらいまではどんなに精度の高いハウジングでも
当たりが出るまでは確実に削れがあるのでまずはしっかり巻き取って長持ちする構成で。

もちろんこまめにやるのが一番ですが、
ここをこまめにやる、となるとそれなりに手間をかけて遊ぶことになるので
面倒を省く方向でカスタムするのも一つの手なのです。

精度が上がるとメンテ頻度も減るので
より道具として高次元になると思います。

このバイクの製作秘話。

オーナー様と初めてお会いしたのは別店舗で。
たまたま僕が大阪にいて、たまたまお話させてもらってたと記憶。

別店舗はEBSのディーラーショップで専門店ではないので
色んなミニベロを見てもらって、EBSのハンドメイドの姿勢やカラーをより煮詰めたい、
ってことで京都まで来てもらってオーダーいただいた感じ。

コロナ、ってところでもまだ値上がりはしてなくて、
今より多分数万円くらい安く買えてると思う。
あの時はとにかくどこにも自転車がなかったですよね。

細部をお任せしてもらって、ご予算お伺いして製作。
オーダーのシートには入ってない真鍮のアウターキャップなども含め、
経年で変化していくバイクになってるので
かなり楽しいバイクになってるんじゃないかな。

ここから先のカスタムがしやすいよう、
そして今のままでもチューンしていけるような構成で組んであり、
時間をかけてチューンして性能を上げる、
お金をかけてカスタムして性能を上げる、
どちらも可能にしてあるので
色々遊んで欲しいですね。

現在のHorizontal 451 フレームストック状況。

サイズカラーフレームカスタム販売方式フレーム価格(税込)コンプリート価格(税込)
S(480)オーカー/イエロー系・Rワイヤー内装
・ロードエンド仕様
・フレームセット
・オーダー組み付け
¥140, 000-¥300,000〜
S(480)未塗装状態カスタムなし・フレームセット
・オーダー組み付け
¥115,500-¥220,000〜
S (480)未塗装状態・Rワイヤー内装・フレームセット
・オーダー組み付け
¥126,500-¥230,000〜
M (520)未塗装状態・ロードエンド仕様・オーダー組み付け¥130,000-¥300,000〜
Lサイズシャンパンゴールド
パールホワイト塗り分け
・Rワイヤー内装
・トラックエンド仕様
・完成車
[Horizontal 451T]
¥220,000-¥438,000-(SP Price!)

EBSのストックはほぼ完売、
EBS KYOTOで持ってるストックはまだ数本ありますが
サイズのないフレームは次期、ちょっとスケジュールが詰まっているので
かなり先になるかもしれない。

店頭ストックフレームもそろそろ組んでいくので
グッと来れば是非、です。
店頭展示バイクは価格設定としてかなり攻めることをイメージしており、
工賃などほぼ入ってないのでかなりおすすめです。

試乗車はMサイズのものが一台。

Horizontal 451はそのフレームワークが間違いないので
本当に長く使えると思います。

僕も日々、EBSというブランドを上げていくために
研鑽を積む日々で、自分が納得すれば工賃も価格も上げるので、
この時代の最高をご相談いただければ。

ご相談やご来店のご予約は
EBSのオフィシャルからのお問合せはもちろん、
インスタグラムDMでもお伺いできますので
ご都合の良い方法でご連絡ください!

当日のご予約はお電話にて受け付けてますので
よろしくお願いします!

EBS/MASN