info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

春からのお子様の送り迎え、今からご準備いかがですか?

20170129-0060.jpg

店頭試乗車のLeaf longにチャイルドシートを取り付けましたので御紹介します。久しぶりのアップデートです、今まで乗っていただいた方も改めて試乗してみてください。

京都市内は平坦な地域が多いので、電動自転車じゃなくても充分使えます。お子様が大きくなってチャイルドシートが不要になってからも長く使える自転車、としてオススメしています。

春から乗っていただくためには、今からでちょうど間に合うくらいです。気になっている方は、まず試乗から。ご検討いただく場合は早めのお声がけをお願いします!

 

今回使用したのは、ハマックスというブランドのゼニスというモデル。濃いめのグレーがフレームカラーとマッチしてますね。

ハマックスといえば、チャイルドシートの定番としてご存知の方も多いと思います。デザイン性もさることながら、使い勝手の面でも色々と工夫されているオススメのブランドです。

20170129-0067.jpg

お子様の肩にかけるベルトですが、固定部分が若干硬めです。万が一お子様が触っても簡単に外れないので硬いぐらいで安心かと。

20170129-0070.jpg

こちらはフレームに固定している部分。この「hamax」と書いてあるグレーの部分がボタンになっていて、シートを簡単に外すことができます。

20170129-0072.jpg

使い始めれば毎日のように使うものなので頻繁に外すことはないと思いますが、例えば自転車を掃除したいときとか、チャイルドシート自体を綺麗にしたいときなど、意外と外せると便利なタイミングもあると思いますよ。

このゼニスというモデルに限らず、後ろ乗せのチャイルドシートの適応体重は22kg前後までであることが多いです。だいたい3歳から6歳までのお子様対象、という感じですね。

ハマックス以外にも、bobikeとyeppが人気のブランド。

こちらはbobikeのフロントシート。外観のシンプルさが人気です。目安ですが、3歳までのお子様なら前乗せのシート、3歳から6歳は後ろ乗せで。

こちらはyeppのリア。ちなみに、Leaf longにオプションで取り付けできるオリジナルキャリアは、yeppがジャストフィットするように作られています。

そしてこちらはyeppの前乗せ。yeppは他社とは違った傾向のカラー展開がポイントですね。ブラックなどの落ち着いたカラー以外に、鮮やかなオレンジ、ブルーなどなど。車体にマッチさせるもよし、差し色として思い切るもよし。

近々ヘルメットもご用意して、お店の前で実際にお子様と一緒に乗っていただけるようにご準備しておきます。試乗されたい方は、お気軽にお声掛けください!

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

↑Back to Top