info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

毎日をちょっとだけ幸せにしてくれる自転車。

どうも皆さまこんにちは。

今日は全国のお母さん、お父さんに向けて

それはそれは狭い発信をしたいと思います。

今日紹介させてもらうのはコイツ。

世界子ども乗せミニベロ最強選手権第1位。(僕調べ)

 

Engineered Bike Service

LEAF LONGを。

 

まずはどう考えても

乗りやすそうなフレームデザイン。

オシャレもこだわりたいママでもまたがりやすくて、

ゆるふわなファッションOK。

 

シートの長さにはかなり余裕があるので

よーしたまにはパパ乗っちゃうぞ〜!

もすぐさま対応。

 

 

ネイキッドの状態がこちら。

このカタチに後ろのスタンドが標準装備。

こんなやつね。

 

 

このネイキッドのリーフロングは

実はフロントラック、ラタンバスケット、

スリムなドロヨケ、リアラックのカスタムとしては

かなりオススメな盛り合わせ的存在だったんですが、

僕のシャッタースピードより納車の方が早かった。笑

 

またメンテナンスの時でも是非撮影させて下さい

 

 

じゃあリーフロング。

なんで乗りやすいの?ってとこから。

まずはわかりやすい数字を。

最低地上高80センチ。

この数字はかなり攻めてて、

本当にみなさんに乗れるように作ってます。

これから先絶対自転車必要だけど、

重いのは取り回せないし、しばらく乗ってないから…

yes→リーフロング。

 

もちろん

ロングというからにはスタンダードのリーフも

存在するんですが、大きく違う点としてまずは長さ。

ロングな設計にする事で重心を低く、

お子様を乗せた時の直進安定性も増します。

 

それに加えて、タイヤのサイズも変更。

細かいことをいうと

451というサイズから406というサイズへ。

一回り小さくなったので一番つらい初速がアップ。

そのあとは国産kaiseiクロモリ×EBSビルダーの腕で

グイグイ進む自転車。

 

強度や安定性ももちろん。

32hや36hという多めのスポーク数で、

長く使うための丈夫なホイールを採用。

縦にも横にも強いから、

チビがどんどん大きくなっても

へこたれずグイグイ走ってくれます。

 

 

あとは100人中50人は疑問として出してくださる

小さいタイヤ、進まないんじゃ…

こちらもご安心を。

ぼくたちは普段スポーツバイクをどう

日常生活に溶け込ませるか、を考えている集団です。

 

プラス、ミニベロへのノウハウは

かなりのものだと自負。

考え抜いたギアで、いわゆるクロスバイクと同等の

ギア比率、一周回して進む距離を実現しています。

 

もちろん脚力のある

お父さんだけが使うからもっともっと!

 

いや、ウチのまわり坂道あるからもっと軽くしたい…

 

など、ハンドメイドフレームからの

組み上げなので全て可能。

こんな子ども乗せ自転車ないでしょ!

前のカゴもこんな感じの

ラタンバスケットを載せるスタイルでも、

板張りのバスケット単体にも

どちらでも対応できます。

どっちも可愛くって、

オーダーの数としては本当に半々くらい。

 

乗り手であるママ、パパが

漕ぎやすい広さを確保しているのはもちろん、

どっちのバスケットでもお子様の脚が十分に

伸ばせる低床設計のバスケットです。

 

この春に用意させてもらった

LEAF LONG、

あと数本ありますので

バチっときたらあとは

色と仕様を決めるだけ!!

もちろん試乗車の用意もありますよ〜!!

 

後半は僕のスマートフォンに収まってるカスタム、

カラーリング例などをアゲて行こうかと思います。

ではでは。。

 

(後半あるんかい)

 

今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service (E.B.S)

LEAF LONG

 

SIZE : 450

適応身長 : 150cmくらいから〜

フレーム素材 :国産kaiseiパイプ

 

フレームの詳細はこちら。

 

LEAF LONGの製作例はこちら。

 

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。

みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

Mas_n

 

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

↑Back to Top