info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

FLOAT451R。ミニベロロードという選択肢。

さて、ついに梅雨明けです。
次はゲリラ豪雨と戦いましょう。
今日はこの前フレームだけでご紹介した京都EBSの
あのミニベロの完成図を。

本日ご紹介のバイクは…
Engineered Bike Service
FLOAT 451 R

Mサイズだよ。

うーん、やはりこの男前な感じたまらんですねえ。
EBSの中でも「シュッ」としてるのは間違いなくFLOATシリーズだね。
この前紹介してめっちゃ好評だったシングルバージョン
「FLOAT451S」と構造は基本的に同じなんだけど、
変速が欲しい、より楽に、より素早く、より斜面に強く対応するなら
この「R」が断然おすすめです。

もちろん「S」の純然たるメリットもありますが、
そちらは試乗やお話のなかで決めましょう。
今回のRは

「ストリート×ロングライド」

あくまで主戦場は街中で。
そこからいつでも飛び出していけるスタイルです。

前から。
戦闘的なフレームとブルでさらにストリートな印象。
街に映えるブルホーンバー。
僕たちはミニベロを相当数触っている自負があるのですが
やっぱり多くのハンドルバーは
大きい自転車のサイズ感で作られていたりします。

で、そういったハンドルを何も考えずにインストールしちゃうと
知らない人が見ても「ハンドルでか!!」ってなっちゃう。

そこでハンドルカスタムのお時間です。
EBSとしては世界のNITTOさんに
ミニベロドンピシャハンドルを作って頂いたりしているんだけど
ブルホーンは専らカスタムしています。

前面にレバーなどが張り出す場合は詰め気味でセット&カットしたり、
今回のように内側指定でレバーが入る場合は
ブルというジャンルのハンドルが最大限使える&絶妙なカットで
バランスを取ります。

普通ならポン付けでOKなところに一手間加えるだけでグッと。
だからミニベロはおもしれえ。
ってことでコックピットまわり。
戦闘的でストリートなバイクも
クロモリと革で一気に大人のバイクに。
今回はブレーキポジションゆったりのふらっとセット。
それに加えてバーテープを敢えての逆巻きで。

シルバーベースで作りたいという依頼をいただき
全国シルバーを諦めない協会会員である僕は歓喜。

かといってなんでもかんでもやっちゃうと
若さやヤンチャな感じが出ちゃうんで
ワイヤーなどはブラックで締めてます。

速そー、とか少しのワル感は見え隠れしてるくらいが
最高のSTAND的大人ミニベロです。笑
コックピット。
4本ワイヤーがあるわりにまとまってるでしょ。
クローム仕上げのステムにクローム仕上げのレバー台座。
レバー台座はけっこういろんなところから出てるけど、
ここは限りなくシンプルにしたいという思いからオリジナルで製作。
まあまあの数作ったんだけどそろそろなくなっちゃうかも。

このステムマウントで組みたい方はゲットしにきてくださいね。

ちなみに本来はアヘッド仕様のところスレッド化。
すっきりした見た目が好みの方はやる価値100です。
ロウカラーにシンプルなシルバー。
この組み合わせは抜群にかっこいいし、飽きもこない。
で、ワンポイントとして。。
ダイアコンペのBRS。
リーズナブルで性能も◎なキャリパーだけど、
ノーマルでは真っ黒のシュー。
協会的おすすめカスタムとして、同じくダイアコンペから
シルバーのケースが出てるので、こいつを使う。

細かいところだけど、シルバーの方がかっこよくないですか??笑
多少剛性アップするので制動力も↑↑。 ってことで今一度。
そういうことです。笑
タイヤは軽さとグリップが魅力のパナレーサー、ミニッツライト。
もうひとつ細いタイヤもあるけど、街乗りに最高な1 1/8を。
T11。
ハブはホワイト。
T11のフロントハブはびっくりするくらい軽い。
そのうえ強度あり、回転良し。
やっぱり高回転なミニベロは回転系は押さえておきたいところ。
クランク/BB共にホワイト。
BBは他社製のものも使用可能ですがここは揃いで。
思いっきりカチッとしますよ。
フレームのフロート構造と相性いいね。

今すぐ走りに行きたくなります。

この美しいBK/SLのコントラストのクランクは
ホワイト以外にないでしょう。

ちなみに輪行に最高に便利なEZYシステムのペダルを装備。
ミニベロはそのコンパクトさが何にも勝る特権。
サクッと前輪外して、邪魔になるペダルも抜いちゃう。

あとは袋に入れて、好きなところへ。
やっぱり夏は海でしょ。海岸線。

自分の自転車で、こんなところまできた!!
っていう喜びにはハンドメイドバイクですよ。
FLOATの最高の良さってやっぱりこの部分。
前下がり、トリプルトライアングル、単品シートラグ。
今回はお客様にグリーンをチョイスして頂きました。
ロウが良いけどワンポイント入れたいなって方はココいっときましょう。

赤でも黄でもオレンジでも。
ロウカラーは何色でも受け入れてくれるよ。
バーテープと同じくサドルも本革を。
スワローのクラシックスポーツ感もありながら
ハニーカラーのエイジングも楽しめます。
5年後くらいにはあなただけの飴ブラウンと座り心地が待ってますよ。 納車まであとわずか。
今ならお客様のFLOATも見ていただけますし
展示車のFLOATもございます。

納車後はすぐに輪行にチャレンジして頂けそうな勢いなんで、
ぜひライドインプレお願いしたいものです。

僕も晴れの乗鞍リベンジしようかなあ。

あ、

この夏ハンドメイドバイクに挑戦だって方、
FLOAT R/Horizontal451のSTD仕様
(13万円〜くらいで組めちゃうお得なプランです。)

8月限定でホイールアップグレードキャンペーン!
手組みでノーマルホイールよりイケてるやつ何かお得に組みます。

梅雨キャンペーンに比べると企画が弱い気もするけど
たった今思いついたんで許して。笑

そんなこんなで
ホイール組み千本ノック受付開始。
ではまた。 今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service 
(#EBSbikes)
FLOAT 451 R

ブラックとかも良いよね。

Size: S(470)  /M(510)  /L(530) 

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


今までの製作例はこちら。


instagram #EBSbikes
(FLOATだけじゃないけど。。)

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)
MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

↑Back to Top