info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

乗り手にやさしいEBS STUFF 。

なんだかんだで2019年のブログも終わりかあ。
いつも寄ってくださるオーナー様、今年納車だったオーナー様、
検討してるけどまだ考え中の未来のオーナー様。
2019年は本当にお世話になりました。

このニッチでキトクなブログを訪問くださっているまだ見ぬオーナー様にも
ビッグな感謝を。

お任せのカラーでやらせていただいたり、
シングル熱が高まりすぎて私情をはさんだり。笑
来年も年始早々よろしくお願いします!!

さて、今週の紹介は
乗り手であるオーナー様にできるだけフィットした、
EBSらしい立ち位置のバイク。

いつもは人物像が出過ぎないように気をつけていますが、
このバイクはそれなしには語れない。

もし、同じことを考えてらっしゃる方がおられましたら
一度EBSのバイクに乗りに来てください。

このバイクは、できるだけ楽に、負担なく乗れるようにしたバイク。
でも、「楽をする」という言葉ではおさめたくない、
楽しく走る為のバイク。

このバイクのオーナー様は
あんまり手が自由に動かせない。
でもスポーツバイク乗りたい。
そういった相談をしてくれたオーナー様です。

ということで
今日のご紹介は…

Engineered Bike Service
STUFF / Disc(700C)



今までもずっと自転車に乗ってこられた方で体力は十分。
でもスポーツバイクははじめてってことで乗りやすさと
はじめのコンセプト通り、どこまでもいける、
京都の北を走りにいくイメージのバイク。

基本的な仕様は
700C、Di2、フロントシングルの1×11。
振り回しやすいライザーバー、ディスク、油圧。
前後ダイナモライト、前後バッグ取り付け想定。


軽い加速感に、
できるだけ指先を使う動作を減らすようなイメージで製作。

どこから紹介しようかな。

やっぱり自転車に乗る上で
絶対に操作するブレーキレバーやシフトレバー。
そういったものをしっかりと操作できるかな?
という疑問から解決することに。

まずはブレーキ。
お客様に教えていただいたブレーキレバーを使おうと思っていたけれど、
いろいろあって何か違うねってなって断念。

ってことでSHIMANOのXT。
2フィンガーブレーキだと遠かったので
ちょっと珍しいXTの3フィンガーで。



シフトはラピッド、グリップシフトと悩んだけど
手元にサテライトスイッチを配置してクリア。
手首をひねったり、指を押し込む必要がないので楽々。


フレームカラーはミッドナイトブルーをグロスで。
EBSっぽさもありつつ
長く発色してくれそうな好カラー。
ピンクアルマイトを差し色で。 ダイナモライトは前後に。
充電式のライトのスイッチって長押しじゃないですか。
あれとか、いちいち取り外して充電とか煩わしいなって思って採用。
将来的にフロントキャリア取り付けの可能性もありそうなので
いつでも移設可能な場所にインストール。
フロントバッグはTIMTAS。
ライダー側から開く構造になってるので
ざくっとひらいてぽいぽい入れる。
信号待ちとかでもアクセスしやすいかなって思って。
ちなみに僕もつかっていますが使い勝手良いです。
カバンを取り外したらこんな感じ。
めちゃくちゃ軽いバッグサポーター。
なんかこれだけで羽織っているものをまとめたりとかもできそうだよね。
マテリアルはクロモリで、
国産のクロモリパイプKAISEI022ダブルバテッドをフルセットで。

Di2配線、リアのダイナモライト配線は内装工作で。
正直機能に関係ないけど、スマートな方がいいよね。


EBSギャランティーたち。
キャリアのダボも標準装備で
ツーリングもばっちり。
リアのライトはSONで、
光量ちょうどよし、走ってりゃいい感じに点灯し続けてくれます。
リアライトはどうしても配線が長くなってしまうので
敬遠されがちではありますが内装工作すればすっきりおさまるので
ライト、充電してねえわ..とかあるあるの方は一度検討してみてください。

ちなみにここからダイナモ配線出してます。

リアは11-46Tの11SPEEDで。
今まではかなりビンテージな軽快車で行動されておられたオーナー様ですが
まじで?って思うくらい坂道たっぷりな場所に日々出向かれていたので
どこまでもいけるギアの選択肢を用意しておきました。

リアパニアはBROOKSを採用しています。
バイクチェックだったので外していますが。

フロントパニアとリアパニア、悩んでおられましたが
やはりハンドルまわりは軽いまま残し、
後ろに積んでゆくスタイルで。 めちゃくちゃ特別なことはしてないけど、
乗っていく上で細かく操作しなければいけないところや
頻繁に取り外すようなもののないようにして組まれた
かなり乗りやすいバイクになりました。

どうしても指などの関係でブレーキのリーチなど
かなりシビアに設定してはいるのですが
この調整などは僕たちにお任せいただければ
ずっと快適にのっていただけると思います。

あとは空気入れが課題だったんだけど、
これはHIRAMEの横カムでクリアできそう。

まだまだこれから煮詰めて完成させていくタイプのバイクだと思うので
気になる点、改善点ありましたらいつでもお申し付けくださいね。


なんかこの写真だと黒のフレームみたいだな。。
またそれで黒は黒で最高にアリなのもまた良いですね。笑

今週のバイクチェックはひとまずここまで。


本来ならばお一人様ずつ
お電話などでもごあいさつするべきなのですが
この場を借りまして、改めて。

本年は本当にたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。
来年のことを考える余裕などないほど目一杯ではあるのですが、
来年はもっとたくさんのお客様に乗っていただけるよう、
かっこいいバイク作り、その人に合ったバイク作りを心がけ、
なおかつ今までハンドメイドやオーダーなんて高そうだし難しそうだし。。
って思ってる方にこそ最高な体験をしていただけるような
情報や、楽しいことをあの手この手であなたに届けます。笑

そもそもオープンする日も少ないお店ですし、
毎日いるわけでもないので
タイミングの合わないお客様などたくさんいらっしゃると思います。

スケジュールが整っている時などは
どうにかできればしますので、
自分のなかで一番気軽な方法でご連絡ください。

メールでも、インスタでも、電話でも、お声かけていただいても。

今まさにこの瞬間、2019年の営業を終了させていただき、
年始にむけ、感覚を磨く旅に出てまいります。笑
この磨く旅があるからまた新たな泉が湧いてくる。

どっこも寒いけど、晴れたらいいね。
皆々様、よいお年を。

どのインスタが稼働するかわからないけど、
できるだけ年末年始も何か紹介できればと思っているので
みんな見てね。笑

EBS、スタンド京都は年始は1/4の土曜から営業開始です。
1月は告知なしで、このブログを見ていただいた方限定で
店頭展示車セール絶対やるので、
かなりお得に、しかもすぐに乗り出せる自転車を
5台くらい用意しておきますのでお待ちしております!!

ではでは。。

今回ご紹介したバイクは・・・
Engineered Bike Service
STUFF



スタンダードに組むとこんな感じ。
シンプルで良く走るロードバイクにもなります。

SIZE: S (510) M (535) L (560) 
適応身長:160cmくらいから〜

KASEI022 ダブルバテッド フルクロモリ

フレームの詳細はこちら

STUFFの製作例はこちら

instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

↑Back to Top