info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

Category archives [試乗車]

STUFF-Discのテストライド。みんなも乗れるよ。

安定しない天気の中に確かな陽気。
秋感。

昨日はハイクのイベントに開場前に行くというはしゃぎ気味なミス
(しかもうちのお店のオープン時間が開場時間というやらかし具合)
今日は今日とて下鴨糺の森のイベントに
めげずに行くという諦めない男ぶりを発揮した僕ですが
結果非常に楽しめましたね。
自転車最高。

というのも、
試乗車として用意しているSTUFFをアップデートして
よりみんなが乗りやすく、STUFFの持っている
シンプルなクロモリの良さを味わっていただけるように
よりニュートラルな味付けに変更したんです。

で、当然自分が乗らないと説明もできないんで乗るじゃん。
で、ああ、やっぱいいな、と。
このくらいの距離を試走したり、
自転車によっては悪条件な路面なども楽しくテストしてきたので
今日はそんなかんじのやつ。(雑)

そんなこんなで今日のご紹介は・・

Engineered Bike Service
STUFF / Disc(700C)

Sサイズだよ。
今日はなぜか画像のアップロードがうまくいかないので
ここに到るまでかんなり苦労してますがいくぜ!!

いわゆるグラベルロード、ってやつですね。
フロントダブルで、街中でのギア比も山間でのギア比も稼げる
ロード的側面に、EBS/STUFFのマルチな部分を活かし、
タイヤサイズを40Cまで上げてだいたいの道をクリアできるよう、
また乗り方によって空気圧を変更して遊べるようにした
グラベル/クロス/ATB的側面の良いとこを重ねたやつ。

今回はSTI/サポートレバー付きで誰でも
ドロップハンドルにチャレンジでき、
かつ握りやすいセミドロップハンドルへ。

タイヤはちょい太めで安定感。
舗装路の試乗用としては太いかな?って思ったけど
イケるね。
むしろ通る道によってはこんくらい欲しいかも。

ひと昔前は23Cより太いタイヤは
履かねえとか思ってたのに、
ギアレンジが上がったり、
人が作った道以外も行けるんだ!楽しいんだ!
ってことに気付いてきたり。
より一台で何でもできる、
速いだけ、軽いだけが人生じゃない、
ってことを知ったこの7年間くらい。

自転車たのしい。
そんな「たのしい」の根源的なところを
ロードバイク的に表現したクロモリバイクがこのEBS/STUFFの試乗車です。

その日返しにはなっちゃいますが
購入検討中でこんな感じでちゃんと試乗したい、
って方はレンタルも可能なんでご予約はメールから是非。
で、僕の試乗の流れを。

昨日じっくり整備した
バチバチの状態の良いEBS/STUFFにまたがり下鴨神社方面へGO。
二条城を横目に東へ。

いいですね、普段変速機なしのFixに乗っている僕からすると
ギアードってだけでテンション上がります。
朝の気持ちいい空いてる道路をスイスイ。

で、僕は好きでけっこう通るんですけど御所へ。
通ったことある方はわかると思うんですが99%砂利です。
細身のタイヤの方は流石にあそこは避けて通るんじゃないでしょうか。

ここでまずストロングポイントを確信。
「御所の砂利を味方につけると上京区が味方」みたいなもんです。(!?)
安心を通り越して楽しく走破。

じつは中には木々がたくさんの道や、
休憩所、おみやげコーナーなんかもあるのでおすすめだよ。
こんな感じ。
まあどんなタイヤでも入っていけるけど、走るのが楽しくなっちゃうのは
やっぱいいよね。

そんでまた日曜なのにまだ誰もいないの。
最高。
鴨川の上を通りながらもうそこは下鴨神社。
近いし、サイクリング感もあるし、京都は自転車ほんとアリすぎる。

で、今日は「左京ワンダーランド」さんの
糺の森ワンダーランドへ。

こういうイベントとかフェスとかって
まあ普段着じゃないですか。
なんだったらちょっとだけオシャレしていくテンションで。

そういう時にクロモリのカスタムバイクって
なににも負けない才能を発揮すると思っていて、
「普段着、普段使い」に合うんですよね。
もちろんサイクルジャージにビンディング、そんなスタイルも
気が引き締まるし、実際早く走れるんですが
やっぱ気ままに行きたい。
ざっくりとカバン片手、背負ったりしてね。

実際僕も今日はレトロな柄のスウェットシャツに
(別にオシャレじゃなかった。。)
半分作業着のブラックのチノ、スニーカーです。
実際今日のバイクはSHIMANOのロードコンポでまとめてあって
誰がどう見てもロードバイクスタイルな乗り物に乗って出かけたんだけど、
クロモリ、シンプルなアイボリーカラーのどこかあたたかな感じが
普段着とマッチしていたと思います。
そんでマーケットは大盛況。
ナチュラル系のお姉さんが自然食品売ってたり、古道具屋さん。
渋めのうつわやさんやパクチーが苗で売ってたり。
うん、左京感ある。

昨日のハイクのイベントでも思ったんだけど(あれは北区でしたが)
左京のあの感じ、本屋とか、すげえ入りにくい中華屋さんとか好きな人と
ハイクやアドベンチャー、古金物とかちょっとこだわった雑貨が好きな人って
EBSにも響いてくれるアンテナもってる人が多くて、なんかじんわりしました。

ちなみにこのマーケットの駐輪場にはEBSのバイクが5台(!!)
ママの自転車が多数でしたが、やっぱEBSの子ども乗せミニベロはいいね。
自分のとこ、ってとこを抜いても存在感ある。かわいい。
このへんも一連の繋がりを感じましたね。
道具のマーケットとかには必ず知ってくれてる人がいる。

あとは終始カレー、カレー、カレー。
どこでもスパイスの香り。

そりゃ食う。
2杯食ったわ。
丁子強めの秋感のある素材のカレー。
うんまかった。
試乗車の紹介してねえわ。
ハンドルまわりはこんな感じ。

何回も使っててデータも出揃ってるバンディーのセミドロップに
SHIMANO前期105、サポートレバー。
サポートレバーは思いの外便利で僕も次組む時は是非欲しいね。
やっぱふと乗りながらの休憩や、
低速で動いている時とかは抜群の使い勝手。

ちなみに油圧で組めばサポートレバーも同じ引きの軽さでOK。
メカ、ハイドロ問わず前だけサポート付き、なんてこともできます。

グラベルロード組むと
光量の大きいライトやサイコン、ステムバッグなど
なにかとコックピット散らかりがちだけど
フラット部で片手だけでも
スピードコントロールできるだけでもだいぶ違うし
片方空くしね。

僕は自分の自転車にはかなり大きいフロントラックがついてる
生粋のフロントラッカー(??)ですが
NITTOのこのサイズは絶妙ですね〜。
ちょっと載せる、必要に応じてWALDバスケット載せたりと
確実に使えます。
サドルは試乗車らしく
BROOKSはカンビウムオールウェザーの
C15/TESTサドルをインストール。

その名の通りあの革のBROOKSが出したオーガニック系サドルで
はじめから革のしなやかな感じとへたりにくさ
プラス、強敵だった(僕はあんま気にしない)雨もクリアし、
かつ今までのサドルよりリーズナブルという名品。

久々にカンビウムで走りましたが文句なし。
かなり大多数のかたにフィットするフレックスな感じも
またいいですよね。

形もシャープでかっこいい。
ドライブも105グループセットで。
単純に使いやすくっていい。
ちょいとワイドギアな構成。
もっとデカイのもインストール可能なので
欲張りたい、もしくはどうしようもない
坂道に出くわした時の奥の手にどうぞ。笑
PanaracerのGRAVELKING SK。
今回は700×40で。

タイヤとして間違い無さすぎて逆に違うのをチョイスしたくなるような
優等生。まじオールロード。

ここに来るまでに
滑らかアスファルト、ギザギザ系アスファルト、砂利、ちょい砂、段差、
濡れたマンホール、グレーチング。
通れる悪条件は全て通りましたが抜群の安定感。

振動も上質クロモリ×エアボリュームで敵なし。

安定×ロードバイクってこんなに楽しい。
ストレスレスです。 で、京都スタンドへ戻ります。
下鴨から戻るとなれば、当然通るよね。

鴨川。

鴨川はかなり路面状況複合的でテストはもちろん、
遊びにも、ただの移動にも。
京都になくてはならない癒しの川。
当然のように水たまりにもわざわざ入るし
ブラシなパターンにぐっと入ってくるんですが
排砂もすぐに。
鴨川あがってすぐこの状態。
やはり名作は名作だった。 走り出しのバネ感、クロモリの押し出し感は試乗レベルですぐにわかるし、
荷物を載せたツーリング、輪行時のクロモリのある意味気を使わないタフさ。
なにより長寿命で、使い込むたびに愛着。

STUFF/VOKKAは兄弟車みたいなところがあるけど、
グラベルロードとして組むならまずはSTUFFが候補かな、と。
VOKKAはより遊びに特化しているイメージで組んでいく方が楽しいですよ。

その他コミューターやよりオンロードに特化したディスクロードなど
やりたい方向に素直に伸びていくSTUFFはまさにEBSの万能選手。
オールラウンダーでオールロード。
地球よろしくなクロモリバイクです。
細身のクロモリフレームにちょいと太めなタイヤ。
バランスもいいですね。

是非試乗、オーダーお待ちしております。
ちょっと遠くまで走ってみたい!
って方はレンタルという形を取らせていただきますので
事前にメールより予約をお願いします。

連日のイベントで楽しんだけど、
僕もなんかイベントやりたいな。

EBSの工房の敷地広いんで
焼肉やりたい。笑
夜は寒いし焚き火。

別に自転車乗ってないとダメとかないし、
工房だから当然試乗車持ってくし、
電車で帰ってもいいし、なんだったらテント張れます。

問題はEBSの集団の中で料理人という異色のポジションの僕が
買ってきた肉を焼くだけというのは社内からクレーム出るので
ぜひみなさま焼肉を熱望くださいませ。笑
でも、肉は肉屋。自転車は自転車屋。でしょ。(!?)

明日月曜は11:00−18:00。
その次は金曜、土曜、日曜の営業予定で、
その次の月曜は振替の祝日なんで三連休は
遅くまでやってると思います。

晴れたらいいな。
みなさまお待ちしていますね。
ではでは。。

今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service
STUFF
/Disc/700C

650Bで組むとこんな感じ。
先々週のブログで紹介してるよ。

SIZE: S (510) M (535) L (560) 
適応身長:160cmくらいから〜

KASEI022 ダブルバテッド フルクロモリ

フレームの詳細はこちら


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

スタンダードにLeaf 451を組んで乗る。

9月ですねえ。
一年で一番好きな月が終わってしまって少し寂しい。

でも、グッと気温も下がって夜なんか特に走りやすくなりましたね。
8月末のサンセットライドもありがとうございました。

帰り道は大雨でしたが。笑
でも、あんな感じで謎のイレギュラーとかあるとあとあと楽しいし、
ライドした人たちも謎の結束(??)できて好きです。

カレーもイケてたと思う。 タブン、次は京都でイベントかなあ。
気軽に参加してね。 本当は紹介しようと思ったけど
雨降る5分前な雨雲とわかりやすい暗さだったのでまた後日。笑
僕が乗って行ったEBSの新作、限定10本のミニべロフレームの戦闘力も
かなりグッとくるものがあったので
興味のある方はアンテナ張っといてください。 今日は改めて、フレームからが基本のEBSですが
少しでも多くの方にハンドメイドの自転車の良さを知って頂くために
かなりリーズナブルな価格でコンプリート設定をさせていただいている
Leaf451を紹介。

Engineered Bike Service
Leaf 451 STD

服装を選ばず、乗り降りのしやすいフレームデザイン
コンパクトで取り回し抜群
軽量国産クロモリパイプ、メインセットはKaisei 022。
カワイイルックスから少し驚く小気味好い走り。
同じカラーにペイントOKな専用バスケットや
こどものせミニベロとしてのカスタムもOK。

街乗りに、お買い物に。
タウンユースに関する拡張性抜群の
どんな方にもオススメしたいバイクです。

そんな乗りやすくって気持ちの良い、
これからの秋のサイクリングが楽しみになるようなリーフを
手に入りやすく、修理もしやすい、僕たち組み手が探してきた
いい感じのパーツたちを組み込み、
おそらくリアルハンドメイドバイクでは
なかなかできない価格設定になっているかと。
フレームカラーは大人感のあるボルドー。
シルバーパーツとの相性良しで
ゆくゆくのカスタムとして本革のパーツや
雰囲気の良いカラーのタイヤなども似合います。

もちろん好きなカラーに塗って自分だけの一台を製作することも可能です。
サイズはM/Lの2サイズ。
シートチューブ長だけではサイズはなかなか語れないですが
M-450/L-500というサイズ感です。

身長で言えば150センチくらいから。
170センチくらい(あくまでくらい、という表記でいく)
僕ならドンピシャサイズはL、なんだけど
リーフに限ってはあんまりサイズにこだわり過ぎずに
Mサイズでもいい感じ。

そんなスポーツです!みたいなポジションで乗らない、
ゆったり乗ってるんだけどスピード感はあってきもちいー。
そんなスタイルもアリかなって。
変速システムは1×8の8 Speed
レバーはあえてのレトロなタイプを。
移設が容易でハンドルを交換したりする時にもずっと使えるいいやつ。
もちろんその他のシフトレバーも選択可能です。
試乗車の用意もありますので、
一度乗っていただいて、素直に良いなっていうフレーム素性を
体感してみてください。

もちろんドレスアップやカスタムもいつでもどうぞ。 価格は工賃、パーツなど全て込みで135,000yen+tax。
破格でございます。

もちろんパーツの価格や輸送費など、
この三年をみても右肩上がりではありますので
いつまでこの価格を維持できるかはわかりませんが
できるだけ多くの方にご用意できるように努めます。

ちなみにLeaf 451はフレーム製作も進んでおりまして
今オーダーいただいた場合かなり早い納車が可能です。
仕様やカラー次第、ではあるけど
1ヶ月ちょっとでお渡しできるかも?? ご相談、質問など、
お電話、メール、店頭とどこでもなんでもどうぞ!!
遠方からのお客様もかなり多くご来店くださっていますので、
メールで相談、観光がてらオーダーしに京都まで重ねてどうぞ。

京都をミニベロ、それもハンドメイドのもので。
良いですよ。

ではまた。

今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Leaf 451

このゴールドリーフもイケてたし
また紹介するね。

Size: M(450)  /L(500)

適応身長: 150cm〜

フレーム素材:
メインパイプ/KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。

Leaf 451の他の製作例はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。みんなで乗ろう イービーエス(YES!!) MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

ゆるゆるトレイルライド。自分のオン/オフ。街乗りVOKKAのオン/オフ。

みなさまどうもこんにちは。
梅雨?雨はそれなりに降ってるよね?
自然を完全に予測することが大それたことではありますが、
休日や、走りに行くぞッ!!
って時に雨だと計画自体が破綻しちゃいますよね

だからこそ穏やかに晴れた日こそ楽しくサクッとライドしたい!!

これこそが普段僕が思い描いていることそのもの。
週に一回が雨だったら残念だもん。
(かといってお店にいる時に雨もまあまあどんよりしちゃう)

今日はそんな思い立ったが吉ライドをご提案。

M サイズだよ。
L サイズだよ。
試乗車として常にご用意させて頂いておりますEBSはVOKKA。
色んな方に乗っていただけるようM/Lサイズを両方置いております。

今回はコイツたちでぶらぶらしてきましたよっと。

コンセプトとしては、あくまで「街乗り」メインのテンションを崩さないこと。

世の中には最高に軽くって
メチャクチャ速いロードバイクや
どこまでも行けそうな前後サスに
どんな場所でもグリップしそうなタイヤのMTB。

もちろん最高で、両方だいすき。

でも、明日休み!え?雨やと思ってたのに晴れ?
11-16時晴れやん!!何処いこ?!?!
これ、ありますよね?(僕だけか・・?)

そんな瞬間に部屋から出したり、
やれメンテナンスしたりとしてたら夕方になっちまう。


あくまで普段使いできる、舗装路から
鴨川のサンドコンディションまでストレスなく使えるタイヤ。
太すぎず、細すぎない。


ギア比もいい感じで、普段そんなにスピード出すわけじゃ無いし、
坂道に強い、自分と自転車のみで全ての道に挑めるようなイメージ。

まあ、この二台の試乗車のギアレンジは正直少し足りないです。
試乗車としては皆さまに
VOKKAのたのしさわかっていただける2台だと自信はありますが。

僕が実際使うならもっとメガレンジで、フロントギアはそれなりに。
リーズナブルなカセットやRDもあるし、
スーパー大手メーカーパーツなのでトラブルもなし。
もちろん街乗りにも有能で、重い荷物を背負っていたり、
載せていたり。なぜかしんどくってペダルがいつもより重い日も安心。
(これもありますよね?元気なのにペダル10tの日。)

僕みたいに全然走るキャラじゃなくても
山の頂上までいけます。本気で。

そんですこしひらけたお山のうえでお茶して。

そんで「怖えええ!!!!笑」とかいいながら
いい感じの林道ゆっくりめに降ってこれます。笑

オンロードとグラベルをバランス良く織り交ぜて出発!! そんなこんなで吉ライドスタート。

行程は京都は五条堀川のハンドメイドバイクヘッドショップ
EBS専門店であるvelo stand KYOTOから
鴨川をゆるく北上して大原を目指します。
スタンド キョートからゆっくり行って一時間半くらいでいけちゃうし
アップダウンもゆるくって楽しく乗れるおすすめコース。
問題は、鴨川で写真全然撮ってない、ってこと。笑
そういうとこやで。


鴨川は老若男女全生物がだいすきなさいこうお散歩スポット。
舗装アリ、砂利道アリでリズムもあって景色も良い。
ある程度エアボリュームのあるタイヤで行けば
最高に快適で、飽きずにいつの間にか出町柳くらいまでワープできます。

23Cとかのロードタイヤで行くとちょい辛いかな。
下を見る時間が増えるし、跳ねまくってストレスになっちゃうかも。
それはそれでたのしい。

そんで出町柳まで出たら鴨川を東に。ようは右側の川沿いを通って行きます。
(なんで写真撮ってないんだ。。。)

そこからぶらぶら進んでると、合計40分くらいでもうこんな景色。
林道がはじまりだす
中心部から1時間くらいのところまで車で行けたりするんなら
もっとノブの効いたタイヤで行った方が快適に降りたりできるかもしれない。

27.5+でグリグリ降るのも最高に楽しい。
それはサーキットでのラジアルとSくらいの差がありますが、
それもまたコンセプトの「街乗りで」行くことを考えると
2.1-2.3くらいの良い感じの太さ。
自走で、こんなかんじの舗装路でかつちょっとした坂道もスイスイ。
タイヤ外したり、いろいろ用意することもなくすぐにライド開始。
こんなところにもフィットするバイクが最高だよね。

大原に到着し、有名どこの味噌や漬物を試食させてもらい、
あとはこのガッチリ運動したあとの温泉と食事をもとめて。

と、その前に時間があるのでぐるっとまわって
林道から目的地を目指すことに。ここからはちょいと坂道だね。
大原を右手に、西側の江文峠からぐるっとまわります。

ちなみに江文峠はオンロード。
短い単発の登り/降りでロードの方々が何度も
登っては降りてを繰り返す修行をされていました。

峠の頂上から南北に別れるハイキングコースもあるので
BIKEtoHIKEもいいかもね。
ちなみにこの先がハイキングコース。
登ると琴平宮(景色めっちゃいい)
降りると大原〜岩倉あたりにつながっていく歩きやすい道がありますよ。

そんで江文峠を西にスイーっとおりて、
静原を北に登って行くと
川沿いからぐるーーーっと大原の北側にかえってくる道へ。
良い感じで涼しくて最高。

休憩をはさみながら、
2時間くらい山の中にいる予定でゆっくり進んで行きます。
前々日に雨が降っていたのでぬかるみヤベーだろうなあっておもってたけど
良い感じ。

むしろこのあと温泉入るんだから
無駄にドロンコになりたい気持ちすらあったね。

木の枝巻き込みあるあるもすぐきた。
デコボコしてるタイヤの方がいいのでは?
って聞かれるけど、特になんてこともなく進めるし、
ズルズル滑ることもありません。

どこに重点を置くか、だけど、僕が乗って行ったこのLサイズは
プロムナードハンドルで、機械式ブレーキで、スリックパターンです。
街やオンロードでは抜群の乗り心地を発揮します。
で、こういうちょっとした林道も入っていけるし楽しめます。
ドアtoドアで考えるとコイツは丁度良くて好きですね。
むしろプロムナードで山遊びっていうアンバランスが楽しい!!

正直もっとかためのハンドルバーのほうがいいんだろうけど
月に25回街を走って、月に2回こんな感じで遊ぶなら最高じゃね?
ただ、ギアはもっと軽いの欲しい。笑


ちなみにもう一台のMサイズは
NITTO×EBSのオールラウンドハンドル、
油圧式ブレーキ、ディンプルブロックのタイヤ。
どちらかといえばオンロードより
砂地や林道をしっかり楽しめるような振り方。
やっぱり油圧ブレーキは街/山関係なく最高の性能を発揮しますね。

グラベルを楽しむ仕様に振っていったからって
別に街乗りしにくい、とかならないのがいいところ。
むしろ雨の日とかわりとデコボコしてる道が近くにある場合こっちの方が
良いかもね。

あとは単純にブロッキーな見た目が好きやねんとかも大歓迎。笑

そんでそんで。。。
途中の倒木に座って休憩。
ここまできたらあとは降るだけ。一瞬で大原近くまで帰れます。
毎回思うけどなんで記事に使う写真撮ってるのに
麦茶差しっぱなんでしょうね。
そういうとこやで。

TimTasのフロントバッグに忍ばしていた
おいしいドライフルーツを食べながら
日々の喧騒を全て忘れ、水の音、鳥の鳴き声だけ耳にいれ
頭からリフレッシュ。
で、おりてきました。
下の方は先人が作ってくれた橋とかあって快適。

たまにこうして低速でも山を降ってるときにおもうんですが
MTBライダーの方ってスゲー若々しいんですよ。
僕の完全な私見なんですが
やっぱり路面の不安定なところを走る、ってのは
アトラクション的な、
自分のなかにある原始的なスリルが内在していて
「やべーー!」
とか「アカンアカンアカンアカンんんんん!!」
とか思いながら制御してるときってもう完全に少年なんですよ。

で、その一瞬一瞬の研ぎ澄まされでちょっと若返る、みたいな。笑

なにより最高に楽しいしね。

で、僕たちは大原温泉に到着。
着くなりおかみさんが「お風呂とご飯どっちからにする?」
という新婚バイブスでスタート。

もちろんぼくたちは温泉をチョイス。
観光立府、京都の中でもかなり静かなエリアで、
桜や紅葉というカードが無い時季はかなり穏やかです。

貸切の露天風呂にてゆっくりします。
広いところでは無いけど、静かで、緑がたくさんのお風呂で最高でしたよ。

そんなこんなでお食事スタート。

大原といえば柴漬けと味噌。
多分大体の人が地鶏の味噌煮込み鍋を山椒でいただくんだけれど、
僕たちは地鶏のすき焼きをチョイス。
野郎二人で行ってるので
ご飯を写真に収めるということより先に手が出てしまい終了。笑
この地鶏、おかわりしたんですがこの皿で550円。
メチャクチャ安い!!

あとはお漬物、きのこ、鍋用の野菜がたっぷり。
ちなみに大原は日曜に朝市やってて
京都中の星付きレストランや割烹の料理人が集まる
スーパー野菜ウマスポットですので間違いなしです。
秋は松茸が入るらしい。
この旅館自体予約制ですが、前もって注文しておけば
お刺身と天ぷらも出してくれると。
もう全部食うわ。

ちゃんと盛って写真を撮るとこんな感じ。
この状態になるまえに食いきってた。
そういうとこやで。

僕たちが撮った写真はこれだけです。笑 あとはスゲーなつかしいペプシツイストの広告を写真におさめただけという
体たらく。
ちゃんとしよう。笑


おかみさん、本当にありがとうございました。
めっちゃ美味かったし、かなりの癒し空間でした。
鮎焼くコースとかもあってそっちもうまそうだったし、
なにより鍋も食いたい。笑

帰りに寂光院や三千院に寄って
羊羹とお抹茶とか飲んでもいいかもね。

そんなこんなで帰路へ。
往復で3時間、山遊びが2時間、お風呂とお食事が2時間で
合計7時間くらいかな?
朝9時スタートで16時くらいに帰ってこれます。

そのあとはゆっくりするもよし、
自転車置いて今日のライドを肴にお酒を楽しむもよし。
お買い物だって、ちょっと凝った晩御飯作りだって、
なんだってできちゃう時間帯。

近畿圏にお住まいのかたはぜひ朝から大原でゆっくり、お試しください。

僕が今日散々欲していたメガレンジのギアを使えば
女性の方も楽しく山で、街で、普段使いからツーリングまで
できますので、いつでも試乗どうぞ。 ご成約後全額返金というかたちで少しの時間ですが
レンタルもしておりますので
鴨川をぶらぶらヨシです。
ハンドメイドバイク、良いですよ。
あくまで街乗りを快適にアッセンブル。
でも、VOKKAの持っているある程度の太さまで入るタイヤクリアランス。
こんな感じで使っていってもタフでへこたれないんだけど
KAISEI022パイプで軽い作り。
山登りでも、街中でもその力を発揮。 みなさんのVOKKAの使い方、
あんなとこいった!ここ面白い!
どんどん聞いて、僕も楽しみたいのでみんなで共有しましょう!!

もちろん、こんな使い方にグッときた方はぜひ!
ここ行きたい!あれしたい!ご相談ください!

7月にVOKKAのM/Lサイズを合計で10本くらい製作する予定です。
今オーダーしていただくと夏場のライドに間に合うかな、
というベストタイミングだと思うので、全国からご来店お待ちしております!

工房での製作があるので
velo stand KYOTOのオープン日は
月曜日 11:00-18:00 
火曜日 CLOSE
水曜日 CLOSE
木曜日 CLOSE
金曜日 11:00-18:00
土曜日 11:00-19:00
日曜日 11:00-19:00

となっております。


皆様お待ちしております!!

今回ご紹介したバイクは・・・
Engineered Bike Service
VOKKA

SIZE M(520) / L(545.5)
適応身長 160cmくらいから〜

KAISEI022 ダブルバテッド フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


VOKKAの製作例はこちら。


最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

STAND×UNPEU GWライドイベント。

みんな!ありがとね!

また乗りに行きましょーう!!

つぎは…7月かなあ。

あっついから夜ね。

ナイトライド。

自転車とライトが

あればなんでもOK!!

コーヒー&フードも任せろ〜い!

雑に紹介したものの

みんな楽しかったはず。

言葉はいらんよね。

また会えることを願って。

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

Horizontal 451 いろいろ。

 

〜前編はこちらから〜

 

 

どうも皆様こんにちは。

いよいよ元号が変わろうとするなか

令和一発目のハンドメイドバイクを

あなたの手にお渡ししたい一心で

連チャン更新です。

 

昨日は書いてるうちに

なんかテンション上がっちまって

バイクチェック全然してねーじゃねーか!!

とお叱りを受けるレベルだったので

今日こそは。

 

 

 

本日のクローズアップは…

Engineered Bike Service

Horizontal 451

素材などのお話は思想強めの前編(なのか?)にて

ご紹介させてもらっています。

 

InstagramをCheckしてくださっている皆様、

スタンドキョートブログ

見てくださっている皆様には

散々紹介するする詐欺をした、あの車体から。

 

 

 

 

 

うーん、最高にセクシー。

補修しやすいとか、

汚れが目立ちにくいとか、

クルマなら買取査定が高いとか、

いろいろメリットはあれど、

ただただカッコイイ。

完全グロス/ブラックを。

 

E.B.Sには本革がよく似合っていると思って

いつもチョイスしているけど、

コイツには一切入っていなくて、

よりシャープに、でもしっとりした質感。

 

STIのためのハンドル形状が◎。

インスタでも言ってたけど

ミニベロのサイズ感にディープなリムってマジ鉄板。

KAISEIパイプだからできる

クロモリの中でも細身なルックス。

そこに足元にボリューム。

スキニーパンツにバッシュ。

 

 

こんな感じでロードっぽく組むと

日々は勿論ですけどどっか行きたくなりますね。

 

京都、奈良、大阪の

真ん中にある国立図書館(マジでおすすめ)や

ちょっと山越えれば

すぐ滋賀の最高な湖サイクリングもあるので

是非いろいろ連れていってあげてほしい組み方。

 

 

輪行がやりやすいのもミニベロの特長なんで

京都×ハンドメイド

×ミニベロ×スポーツに

響いておられる方がいらっしゃいましたら

どこでもマイバイクで行きましょう。

 

行ったことある観光地でも、

自分の自転車だと写真撮るのも楽しいし

絶対通らない道とかも

スイッと行っちゃうんでコレもまた楽しい!!

 

 

 

 

次はどんなバイクかな。。

 

 

 

 

 

 

 

うーむ。良い。

「いや、全然見えねえから。」なんて言わずに

前から愛でようではないか。

 

 

NITTO×EBSのプロムナードハンドルを逆付け。

なんともいえないゆるーいアールがたまらない。

そんでもってE.B.S tobiraのレトロなライト。

影までカッコイイあのクランク。

 

 

 

 

そして横姿がこちら。

E.B.Sらしい

工業的なカラーリングに赤のワンポイント。

このカラーがお客様とのお話し合いで

出た瞬間おりてきたmccへのオマージュ。

シンプルなんだけど存在感があって。最高。

 

 

 

乗車姿勢としてはかなり乗りやすく仕上がっており、

景色も見渡せるし、呼吸もラク。

なのにスポーツを感じさせるこの感じは

トータルでバシッときてる時に

味わえる気持ちいい状態です。

 

グリップやブレーキは

六角レンチがあれば外せる仕様にしているので

気分に合わせて

ハンドルを反転させてよりゆったりも◎。

 

 

そして同じホリゾンでも大きく違うポイントが

リアエンドをSHIMANOの

ロードエンドに製作段階で変更。

 

そうすることでこんな感じでシングル化や、

RDを取り付けてギアードも可能なマルチな仕様に。

 

個人的にシングルギアの自転車が大好きなので、

こんな仕様や

正爪で作ったシングルホリゾン大歓迎です。

 

 

フロントはダブルでもシングルでも

メチャクチャにカッコイイやーつで。

全てがマルチに、合理的かつ美しくって

まさに一生モノの道具、そして相棒感。

 

 

 

次のホリゾンは。。。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも工業的なカラーが渋すぎる

マットなサファリグレー。

 

先ほどのシングルホリゾンよりも

アップなスタイルでより街乗りに特化したハンドルに

 

ミニベロはいっぱい漕がなきゃ進まない

なんて言わないよ絶対的54Tチェーンリングに

パンツを巻き込みにくいダブルガードなクランクで

グイグイ進む快適かつ快速な通勤仕様。

 

そしてこちらも個人的なおすすめの

フロントラック。

自分でガンガン使ってるからこその。

 

ゴムバンドを使ってU字ロック

(鍵も個人的すヽめです。笑)を留めても。

 

このご時世

不在票たまりがちスタイルのあなたは

長めのゴムバンドを用意して

ダンボールを受け取りに行っても。

(結構なんでも載る。)

 

何?ピッツァ持ち帰りは半額だと?!

任せい!!任せい!

カゴではおさまりきらずに

チーズが流れてしまってBADなパーティに。

でもこのフロントラックのおかげで

僕は君だけの為に動くUber。

眼前に広がるホリゾンタル・チーズ。

コレでいつでもモテモテさ!!!HAHA!!

みたいな事もできる。

 

 

 

 

このラックのブランドは

20インチ用のステーを

かなり良心的な価格で用意してくれているので

基本的にどんなバイクにも合わせれます。

 

 

でもなあ、カゴがないと落ちちゃうじゃん。。。

って人もいると思う。

僕はコーヒーとか

コレからの時期飲みまくる

フローズンシェイクなども

挿して運用する猛者でありますので落ちないよ!!

 

と言いたいところですが、まあ確かにな。

ってとこもあるので、あります。ご安心を。

 

 

 

このスタイル。

ラックとバスケットは別ブランドなのですが

ドンのピシャでサイズ バチバチ。

 

ボルトでガッチリ締めてもいいし、

必要な時だけナイロンタイなどで留めてもいいです。

 

カゴ付いてたら付いてたでカワイイよね。

 

軍用のようなカラーリングにバッチリブラウン。

ブラックパーツでグッと締めて行くと思いきや

シルバーも混ぜて絶妙なバランス感。

 

NITTO×E.B.Sのオールラウンドなハンドルは

こちらも

スポーツとゆったりの間を攻めた名作ハンドル。

 

こっちの方がスポーツ色出せる感じかな。

 

お買い物によし、通勤によし。

ちょっとしたツーリングなんて

ヨユーでこなしてくれるし

かなりマルチパーパスなバイクだよね、ホリゾンは。

 

 

 

うんうん、次のホリゾンは??

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的人気な完全グロス/ブラックなカラーリング。

ブラック&シルバーな高級感溢れる佇まい。

ドロップハンドルは今の気分じゃない。

 

でもスポーツに生きたいんや!!!

 

というあなたにぴったりなブルホーンスタイル。

前傾姿勢ながらかなり安定したポジショニングなので

グイグイいけるし、

ゆったりしたい時はフラットな部分を握ればOK!

よりシンプルなシフターも◎。

 

で、他と大きく違う点が一点。。。

それは。。

 

 

 

ディスクブレーキ仕様のHorizontal 451D。

 

特別工作は当然

お時間はいただいちゃうんですが

やっぱり満足度も高いよね。

 

ディスクブレーキの恩恵は

街中では感じにくいのでは、

と思われてしまいがちではあるんですが

 

やはり「全天候で安定した制動力。」

という点が勝るポイント。

 

リムが汚れたり

削れたりしないという利点もありながら

美的な部分に焦点を当てれば

「後ろ三角の美しさ」でしょうか。

 

キャリパーブレーキではなくなるだけで

このシュッとした

三角を手に入れられるのであれば

手を出してしまいそうなほどの蜜感。

 

もちろんダイレクトマウントや

その他の方法もあるでしょうが

このメカニカルな空気感と

シンプルなリアビューをミニベロにのっけていく。

 

ここに大人の自己満足が見え隠れ。

 

 

 

うーん、次行ってみよー!!

 

 

 

 

 

バッチバチなツーリングミニベロなホリゾン。

かなーり濃い目の深緑に

使い込まれた革たちが抜群の雰囲気。

 

レトロ×シンプルな構成で組まれた

2×10のセットに

ツーリングを楽しんでいる人ならではの

スマートフォンキャリア。

大型のサドルバッグに

それをサポートするかのように

クロームなリアキャリア。

 

パニアバッグももちろんオーケーですし、

E.B.S製作の

リアキャリアだからホリゾンの為だけに設計。

 

結果無駄な長さを合わせるパーツなどもなく、

フルクロモリでバッチリ。

持ってみるとびっくりするくらい軽いですよ!!

 

 

 

このコックピット感。

一緒に走り回ってる感じ

ありありでオーラある!!

ミニベロなので輪行もお手の物で

リアキャリアつけっぱでどこでもいけちゃうのは

やっぱりメリットだよね。

 

行き先まで電車、って訳でもなく、

出先で疲れたから電車で帰ろ。。とか

ここからここまでは山がキチーから電車で。

とかも自由。

交通機関、

使えるものは使っていくのが僕のスタイル。

要は楽しめてるか。

こんなとこまできたぜーーーー!!!!

とか、せっかくあそこまでいくなら

ぜってえ魚介食いてえ!!

とか、なんでもいいんですよ。

振り返ってみると、全部楽しいのが自転車旅行。

 

 

 

 

さて。。

今日のラストは。。。

 

 

 

 

チタンシルバー/パール濃いめのカラーで

晴れてる日はビカビカ。

夜はかなりダークな空気感が出る。

 

こいつも2×10のセットで

黒が入ってスポーティになりがちな

グループセットを

あえてのオールシルバーで。

かなりエレガントな仕上がりです。

 

そんでもって要所に挟んだブラウンが大人感。

 

なのに、、僕のワガママで

カラーアルマイトのハブを入れさせてもらったり。

このやんちゃな感じがたまんないし

カラーのアルマイトが

綺麗なブランドは性能も100%イケてます。

 

 

 

かっこいいよね、パープル。

 

 

そんでそんで、この一体型リアキャリア。

剛性はもちろんのこと、

このスポーツな感じと一見相反するけど

見事にマッチ。

 

じつはあるものが

ドンピシャでおさまるように設計したもので

気になる方は持ち主のInstagramまで。笑

めっちゃカワイイよ。

 

 

 

さて色んなホリゾンが出てまいりましたが

あなたはどんなホリゾンにしますか??

あんな感じ、こんな感じ!みたいな

スタートでももちろんOKですし、

こころゆくまでご相談してください。

 

もちろんどこにもない変態ホリゾンの製作や

ラグで。パイプをもっと軽いやつで作って。

電動のコンポーネントつかいたい。

などなどお待ちしております。笑

 

 

ではでは。。。

 

 

 

 

 

今回ご紹介したバイクは・・・

 

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451

 

 

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。

Horizontal 451の他の製作例はこちら。

 

 

 

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。

みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN

 

 

 

 

 

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU