info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

Category archives [DIRT]

STUFF DISC ROAD STD。

みなさまどうもこんにちは。

今日も暑苦しいテンションでお送りしますよっと。 クラシック、クラシックとは言えど

そのクラシックもいつしかは前衛にいた訳で。

こいつはディスク/オーバー/100/135的な
これからのクラシックを担う規格。
ってことは長く一緒でも補修、交換ができるってこと。 改めてSTUFFのスタンダードをご紹介。

京都×ハンドメイド×国産フルクロモリ

となればいつもお問い合わせいただく
「まあまあイイお値段するんじゃねーの??」
という当たり前の疑問をブチこわせる価格、 理由がE.B.Sにはあります。 プラス、直営店ならではの
工房での製作/塗装/組付/整備までの一連が
一貫しているのも当店の魅力ではないかと。 さて、今日ご紹介するのは

Engineered Bike Service

STUFF Disc

 

ちなみにフレーム/フォークセットのお値段は

91,000Yen+Tax。

タブン、ハンドメイドバイクとしてはかなり優しい価格帯。
僕たちは完全なオーダーメイド、
というわけではなく
(もちろん受付いたします)
ストックフレームという
スタイルでやっております。
サイズ展開を予め決めておき、
何月はこの車種製作、という形で
効率的な部分を伸ばすことにより、
結果リーズナブル、お客様一人一人、
たくさんの人に。
昔はポピュラーであった
「手作りの自転車」という
このなにもかもが
ものすごいスピードで廃れていく
世の中(ポイズン)に於ける中での
最大級の自己満足度を得られる選択肢を。

今日の朝サイクリングロード
走ってて思ったんだけど、
クロモリのバイクってホントにいない。
20台に1台くらい。
だからイイんだよね。笑
休憩スポットに停まった時の (あ・・・クロモリ。)感。

細身のパイプならではの
渋さはやっぱり唯一無二。 これでバシバシ剛脚なら 二倍カッコ良かったけど撃沈に次ぐ撃沈。 さて、本題。
E.B.Sのフレームの中で
やはり皆様に一度推したい一人一本的車体、
STUFF。 サイズ展開は S(510) / M(535) / L(560) の3サイズ。
160cm〜185cmというところでしょうか。
あくまで目安なので是非乗りに来てみてくださいね。 形状としてはかなりオーソドックスな形ながら、
後ろからグッと押してくれてるかのような
KAISEI022パイプのバネ感は STUFFが一番感じられるかも。 ホイールサイズは2サイズから選べて、
700C/650Bから。 今回のようなスタンダードなロードな組み方だと
やはり700Cがバチっとハマりますね。
もし、自分のライフスタイルのなかに
少しの砂利道や荒れ目の路面があれば
タイヤも太めにできますし、
ワンサイズ落としてもっと太め、
ツーリング、山を楽しむ仕様、
いやいや、がっちり細めの切り裂く走りも。。と、
スタイルに合わせてなんでも。
なんだったらホイール2種類もっててもイイと思う。
だいぶ印象変わるし、
乗り味もリズムから変わってこれまたイイ。
もうちょっと足つき良くしたい。。なんて時もね。
今回はフレームは確かなものを、
装備は必要十分、
素材の良さを楽しめる仕様でSORAをチョイス。
いやー、コンポの進化ってスゴイよね。
めっちゃイイ。
もちろんハイエンドが軽い!!
とか滑らか!!とかあるけど、
イニシャル高くて悩んで乗らなかった日々より、
まずは扉を開いて乗ってみた1日。
そんなことをハッキリと意識できる1台に。
カラーは自由にチャートから選んでもらって。
今回はミリタリーな
空気感を醸し出すハンターグリーン。
いつしか幅広のMTBハンドル、
650B化で47サイズ入れたりしたくなっても
バチハマリしそうな大人びた、
でも飽きのこないカラー。
少し色褪せたりしてきたあたりで
また違ったオーラ出てくるやつ。

(これ、走ってる感じすんなー)

みたいな。街走ってるとあるよね、
これ新しくはないけど
かなり大切に使われてきたんだろうな。。
ってやつ。
「あれ」になると思う。
ブラックで纏められたパーツ類もイイね。
街乗りに通勤通学、
山から海のライドも輪行も、
ロングライドもこなすヤツ。
次の製作分のSTUFFが上がってくるまでには
製作から納車まで一貫している
日本唯一のEBSスペシャルショップ、
スタンド キョートならではの
まずはハンドメイドバイクに乗ろう!的
スタンダードなコンプリートを
作り上げておこうかと思います。  
半年に一回は必ず何かしらのパーツや

部材費が高騰するので

なかなかこれや!!

ってラインナップ/価格にならない

ところではあるんですが

どんどんチャレンジしていくので、

お問い合わせ、試乗などごゆっくりどうぞ。



今日からはじめる一生モノ生活。


また他のSTUFFもご紹介しますね。
ではでは。。

今回ご紹介したバイクは・・・
Engineered Bike Service
STUFF

京都ハンドメイドクロモリSTUFF 
SIZE: S (510) M (535) L (560) 適応身長:160cmくらいから〜 フレームの詳細はこちら



STUFFの製作例はこちら 最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)


MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

ATBでちょっと珈琲飲みに行く。(前編)

どうも皆様こんにちは。

Instagramではお世話になっております僕です。

 

いつもは大阪堀江の

https://velolife-unpeu.com」で、

大阪で街乗り最強を自負する

チームに所属している僕なんですが、

よりタウンユースを追求するために

京都に2月は毎日働いております。

 

シングルスピードの潔さが好きで自転車の世界に

片足を突っ込んだ僕ですが、原点にかえって

大阪を駆け巡るストレスフリーな

シングルを提案したくなった訳です。

まぁ、そのお話はアンプのインスタグラムでやるとして…

京都のど真ん中でやらせてもらって、それでも

小一時間自転車を走らせれば自然がたっぷり。

南は酒と水どころの伏見。(E.B.Sの地元でもありましたね)

北は数々の他府県に続く歴史ある道が。

こりゃ走って魅力伝えるしかねーでしょ。

ってことで

K林社長にお店に立って頂いて、

サクっと行ってきました。

(決して遊びではない)

(繰り返す、決して遊びではない)

 

 

全体の流れとしては

 

 

1.伏見に美味しいお水をもらいに行く(完全舗装路)

2.鴨川をかなりゆったりめに走る。(整備された非舗装路)

3.軽い登り(完全舗装路)

4.落ち葉や小枝レベルの軽い林道(整備された非舗装路)

5.わかりやすいグラベル(非舗装路)

6.もらってきたお水で珈琲作ってじんわりする。

 

 

で、僕的な「E.B.S」The.全地形型自転車、

ATBを楽しむってのが今回の遊び

お伝えしたいことであります。

 

そんな中、試乗車として用意されていて

今回僕の相棒となったのが

Engineered Bike Service (E.B.S)

VOKKA

このページを見て下さる方には最早当たり前なんですが、

オールハンドメイド キョート。

メイドインジャパン パイプ。

本当の意味で永く乗っていただく

自転車を作っているブランドであります。

 

「ヴォッカ」なのか「ボッカ」なのかの議論が

自分の中で定期的に起こるのですが、

あくまで「ボッカ」の立ち位置。

ボッカのほうが可愛いでしょ。イタリア料理みたい。

 

スタンド キョートにはいつでも乗っていただける

試乗車が6-7台あるのですが、何故君に決めたのか。

どこでも走れそう感のある650×43cのセンタースリック。

街乗りにスキル極振りのプロムナードハンドル。

青色の気分だったこと。

 

そしてスタートです。

天気ちょっと微妙かな⁇って思ったけど

結果的にはいい感じ。

朝からふらっとスタート。

東福寺や伏見稲荷大社を通って…

これだけでもツーリングたのしい!

(まだ30分もこいでない)

第1目的地の藤森神社へ到着。

今回行動するにあたって、

珈琲セットを入れるためのハンドルバーバッグ。

それを支えるためのバッグサポーター。

工具入れのサドルバッグ。

お水を入れるかっこいいボトル。

これだけ取り付けて行きました。

 

後日後述しますがこのTimTasのフロントバッグが

抜群の使い勝手で活躍してます。

神社の中では…

もうこれ見て宇治に行きたくなったりしながらも

今回の目的を忘れずに

不二のお水をいただきます。

欲張ってお水をがっつり入れると

後々苦労しそうなので1リットルだけ頂きました。

お財布の中に500円しかなかったので

美味しいお水に500円ならと思い投入。

 

いいことありますように。

 

ちゃんとお参りもして…

まずはお水を飲んでみる。

ミネラリーな岩感、硬さは一切なく、

塩味、人工的な塩素感も一切なし。

かなりニュートラルな超軟水をゲット。美味しい!

水界のATBやでこれ。

 

そんなこんなで伏見の方まで来たんですが、

目的地は北です。

楽しみ方や時間に合わせてこんな縦横無尽な

乗り方してもいいと思う。

 

ここまでのオンロードは全くストレスなく

グイグイ来れて自転車楽しー!感が満載。

ここから敢えて川沿いを通り鴨川を楽しむ。

鳥さんとゆっくりする。

京都においての鴨川の存在ってスゲーでかくて、

もう夏でも冬でもいちいち川通るもんね。あえてね。

 

鴨川は8割くらいは砂利というか、砂の道なんですが

全く問題なしにスイスイ。

むしろ早く悪路走りたくてうずくよね。

 

この時点で京都街乗りに必須な

舗装路〜鴨川っていう絶対条件をクリア。

無駄に四条でも撮る。

二条くらいまでゆったりポタリングして

ここからまた道路に上がります。

 

鴨川は京都の中ではかなり東に位置しているのですが、

どんどんと西の方へ行きながらも北へ。

わかりやすく言えば嵐山の方へ走っていきます。

これだけ見ても見どころたっぷり。

目的なしに進んで、いい感じのお寺でゆっくりして

帰ったっていいじゃないか。

 

今回は京北の方へ進みます。

 

今見返すとこの瞬間相当天気悪いな。

雨降ったらどうするつもりだったんだ。

まぁ、結果オーライということで。

このあたりから森や林のテイストが強くなってきます。

コンビニももうないし、

お腹も空いてきたし、調べると

いい感じの瓦そば(何故京都に…)

があったのでそこへ向かいます。

 

僕はいつもやらかしがちなんですが、

何故あの時コンビニに寄らなかったのか…

まさかの

CLOSED!!!!

なんでやねん!

めっちゃ!美味そうやったから!

なんも食べんと来たのに!

食レポでひとネタいけるな…みたいな思惑どうすんねん!

 

僕的サイクリングではまさにあるあるの、

85%くらいの確率で起こる下調べしたのに

閉まってたパターン。

 

どうする僕!

待て次回!(雑)

後編はこちらから。

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

STUFF+whiteindustriesMR30

年末にお渡しさせて頂きましたSTUFFにwhiteindustriesMR30を換装。
クランクの換装に伴いBBもヘッドパーツを同じKINGのターコイズに
BBに入れ替え。



ルックスに伴いスペック的にも大幅に向上、

クランク・BBの剛性が上がりよりカイセイのクロモリパイプ
の快適性も楽しんでもらえると思います。


最近特にSTUFFのお問い合わせが多く頂き、その際の要望も
皆さん同じポイントなので今春に向けてサンプル製作を
してみたいっと思っています。
お楽しみください。

Model:STUFF
SIZE:S/M/L
Tube:KAISEI022(0.9-0.6-0.9mm)
詳しくは:https://ebscycle.com/models/stuff/

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

STUFF-Disc+EBS-20カモメハンドル。。。

今回は通勤で使われると言う事でご用意させて頂きました
STUFF-Discのご紹介。
下調べてお店に来て頂いたのですが試乗車を乗って気に入って頂いて
そのまま組み立て部品の打ち合わせさせて頂きました。

組み上がりまでお時間頂きましたが気に入って頂いたご様子で
よかったです。

フレームカラーもオーダーですがシンプルにグロスブラック

ヘッドはSTANDでは定番のKING、マンゴーの差し色が効いてます。

タイヤ幅は35Cなので通勤路でもストレスが少なく、チェーンリング
はナローワイドなのでチェーン脱落の心配も軽減です。

ハンドルは先日再入荷した日東製のEBS-20のカモメハンドル、
コミューターバイク(通勤自転車)にはほんとお薦めします。

折角購入される自転車なので快適に、しっかり走れて愛着を持って
使える自転車としてSTUFFはぜひ候補に入れてみてください。
拡張性やカスタムの懐も広い仕様です。

Model:STUFF-DISC
SIZE:S/M/L
TUBE:KAISEI022(肉厚0.9-0.6-0.9)国産パイプ
PRICE(Frame+Fork):91,000Yen+TAX
詳しくは:https://ebscycle.com/models/stuff/

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

STUFF+Fender(泥除け)。。。

ここ最近Frontラックと同じようにちょくちょくお声がけを頂く
泥除け、先日お取付させて頂きましたSTUFFのご紹介。
スポーツバイクに泥除けっと言うと少し敬遠する方もいるかと思いますが、
毎日使うコミューター通勤BIKEならそうも言ってられなっかったりしますし、
何よりあれば便利なんですよね。


1年ほど通勤で使われて、今回はホイルを700から650化と泥除けの取付ご依頼。

泥除けは東京墨田区で製作されているHONJO工研製のフェンダーを
取付させて頂きました。

サイズの豊富さと取付金具の多さで適正位置が出せます。

タイヤの外周に沿ってくれます。

STUFFのRawフィニッシュとの相性も良いです。

ご依頼有難う御座いました。引き続きよろしくお願い致します。

コミューターバイクでご検討の方は参考にしてみてください。

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU