info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

Category archives [LEAF LONG]

納車DAY! x 3

早いもので2018年も2月!寒さもまだまだこれからな感じですが、本日はたまたま納車が3台重なりましたので、まとめてご紹介いたします!

3台とも基本的には普段使いをメインにご購入いただいてますが、それぞれ全く違った自転車に仕上がっております。

20180202-01.jpg

トップバッターはLEAF-LONG-LONG。通常のLEAF LONGからさらにバックが伸びた不思議な見た目の自転車です。乗り味も、見た目通りかなり癖が強く、E.B.S工房の遊び心がそのまま形になったような一台になりました。

パーツはLEAF LONGのスタンダードなアッセンブルと同様です。

おそらく通常ラインナップに入ることは無いと思いますが…そこは皆様のお声次第、ということにしておきます。

 

20180204-01.jpg

続いてはLEAF LONG。LONG-LONGの後で見ると全然長くないですが。

スペックはLEAF LONGのスタンダードそのままで、日常のお買い物などでお使いになられます。

20180204-02.jpg

若干のカスタムとして、リアラックを木製天板仕様にしていただいてます。木製天板になることで、優しい雰囲気がグッと高まりましたね。ちなみに通常のLEAF LONG専用リアキャリアはyeppのチャイルドシートをマウントしやすいように設計したもので、下の写真のような感じ。アップチャージの金額もそれほど大きくはなりませんので、チャイルドシートは不要!というお客様は、ご検討いただく価値アリだと思います。

20161203-08.jpg

20180204-03.jpg

フロントは専用フロントラックを取り付けて、お買い物に大活躍間違いなしの一台です。

フレームカラーはカラーチャートからRAL6033をご選択。イメージ通りです!とのことで、安心しました。

 

20180204-05.jpg

最後はvokka650のSサイズ。通常ラインナップにはないサイズですが、試乗車のMサイズでは大きすぎた女性のお客様の熱い思いにより実現した別注サイズです。

27.5インチを採用したことで、どうしてもフレームサイズが大きくなりがちで、ホリゾンタルっぽさを残すために敢えてSサイズは展開しておりませんでしたが、これはこれで良いバランスじゃないですかね?

20180204-01.jpg

フロントにはvokkaとの相性抜群、adeptのトラスポーターラック。ハブダイナモも装備して、ライトの充電忘れの心配もございません。

20180204-03.jpg

全体的にシルバーパーツをご希望で、一番困ったのが油圧ブレーキ。油圧ブレーキのほとんどがMTB向けのためか、ほぼブラック一択ですが、ありましたよ、DEORE LX。クロスバイク向けコンポーネントとしてラインナップされていますので、コンセプト的にもぴったり。vokkaをシルバーパーツで組みたい場合、今後は忘れずにおススメします。

20180204-04.jpg

ハンドルにはEBS-10プロムナード。返りが大きい分、ステムは長めの110mmでセッティングです。

-SPEC-
model E.B.S vokka650 / S(custom size)
component SHIMANO+microshift DEORE LX
headset TANGE TG36J3
handle NITTO x E.B.S EBS-10(width:550mm)
stem NITTO UI-31
saddle BROOKS B17S standard
grip BROOKS SLENDER LEATHER GRIPS
pedal MKS LAMBDA
rack ADEPT TRUSS PORTER RACK

 

と、こんな3台でした。どのバイクも普段使いされるんですが、そもそもの”普段使い”の範囲が人それぞれ違うでしょうから、自転車に求められるスペックもそれぞれ違って当たり前ですね。

E.B.Sには普段使いに向いていると思って設計したバイクがたくさんあります。皆様の日常に寄り添うバイクをご提案できるはずなので、なんでもお気軽にご相談ください!

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

Leaf long CUSTOM

20170311-0030.jpg

本日instagramでもご紹介いたしました、Leaf longのカスタム車両です。こちらはお客様のご注文分ですが、納車まで少しお時間ありますので、ご興味ある方は是非店頭でご覧ください。スタンダード完成車でも長く使っていただけるリーフロングではありますが、ディスクブレーキや内装変速機の採用で、より一層快適に使っていただけるカスタムバイクに仕上がっております。

 

20170312-0048.jpg

前後にお子様を乗せられるということで、軽いタッチでよく効く油圧のディスクブレーキで。雨の日でもしっかりと効きますし、通常のVブレーキに比べると自転車が汚れにくくなります。
変速はshimano アルフィーネの内装変速機を採用しています。外装変速との大きな違いはメンテナンスの回数が少なくなることと、停車している時でも変速が出来ることです。重たいギアのまま止まってしまっても、その場で軽いギアに変速して漕ぎ出せます。8段変速でギア比が幅広く選べますから、お子様の送り迎えが無くなればそのままサイクリングにも使っていただけます。

 

20170312-0047.jpg

ハブダイナモのご要望も増えてきておりますね。充電も

20170312-0052.jpg

もちろんスタンドはE.B.Sオリジナルの両立スタンド。リーフロングにチャイルドシートをつける場合は必須のアイテムでございます。泥除けもついてますので、雨の次の日も安心してお出かけ、送り迎えに使っていただけますね。

 

20170311-0036.jpg

ほぼフルカスタムといった内容になっております。どのカスタム部分も、多くの皆様におすすめしたい内容ですが、お子様の送り迎えや日々のお買い物などで絶対に必要!ということではありません。まずはスタンダード車両を軸に気になることはご相談いただいて、ご検討いただければと思います。

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

春からのお子様の送り迎え、今からご準備いかがですか?

20170129-0060.jpg

店頭試乗車のLeaf longにチャイルドシートを取り付けましたので御紹介します。久しぶりのアップデートです、今まで乗っていただいた方も改めて試乗してみてください。

京都市内は平坦な地域が多いので、電動自転車じゃなくても充分使えます。お子様が大きくなってチャイルドシートが不要になってからも長く使える自転車、としてオススメしています。

春から乗っていただくためには、今からでちょうど間に合うくらいです。気になっている方は、まず試乗から。ご検討いただく場合は早めのお声がけをお願いします!

 

今回使用したのは、ハマックスというブランドのゼニスというモデル。濃いめのグレーがフレームカラーとマッチしてますね。

ハマックスといえば、チャイルドシートの定番としてご存知の方も多いと思います。デザイン性もさることながら、使い勝手の面でも色々と工夫されているオススメのブランドです。

20170129-0067.jpg

お子様の肩にかけるベルトですが、固定部分が若干硬めです。万が一お子様が触っても簡単に外れないので硬いぐらいで安心かと。

20170129-0070.jpg

こちらはフレームに固定している部分。この「hamax」と書いてあるグレーの部分がボタンになっていて、シートを簡単に外すことができます。

20170129-0072.jpg

使い始めれば毎日のように使うものなので頻繁に外すことはないと思いますが、例えば自転車を掃除したいときとか、チャイルドシート自体を綺麗にしたいときなど、意外と外せると便利なタイミングもあると思いますよ。

このゼニスというモデルに限らず、後ろ乗せのチャイルドシートの適応体重は22kg前後までであることが多いです。だいたい3歳から6歳までのお子様対象、という感じですね。

ハマックス以外にも、bobikeとyeppが人気のブランド。

こちらはbobikeのフロントシート。外観のシンプルさが人気です。目安ですが、3歳までのお子様なら前乗せのシート、3歳から6歳は後ろ乗せで。

こちらはyeppのリア。ちなみに、Leaf longにオプションで取り付けできるオリジナルキャリアは、yeppがジャストフィットするように作られています。

そしてこちらはyeppの前乗せ。yeppは他社とは違った傾向のカラー展開がポイントですね。ブラックなどの落ち着いたカラー以外に、鮮やかなオレンジ、ブルーなどなど。車体にマッチさせるもよし、差し色として思い切るもよし。

近々ヘルメットもご用意して、お店の前で実際にお子様と一緒に乗っていただけるようにご準備しておきます。試乗されたい方は、お気軽にお声掛けください!

 

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

LEAF LONG DISC CUSTOM [TURN BLUE]

20161023-0298.jpg

LEAF LONG のカスタムモデルが組み上がりました。同じくE.B.Sのライフスタイル系バイク、LEAF 451と名前も見た目も似ていますが、中身は結構違います。
走りのスピード感や、クイックな操作感などのスポーツバイクらしさならLEAF451。チャイルドシートを取り付けた場合や、重たい荷物を運ぶ時により安定感があるのはLEAF LONG。と、いった内容でご説明しています。店頭にはどちらも試乗車がありますので、まずは試乗して体感していただければ。

今回は、チャイルドシートの取り付けを念頭に置いて、MTB系のスポーツバイクからの乗り換え、ということでLEAF LONGをオススメしました。前後キャリアにオリジナル両立スタンド、とほぼフルオプションでのご納車。さらに今回はディスクブレーキを採用していますので、雨でもブレーキはバッチリ。より一層デイリーユースにピッタリな一台に仕上がりました。ディスクブレーキを選んでいただけるのもLEAF LONGの大きな特徴の一つかと思います。

 

 

20161023-0299.jpg

20161023-0303.jpg 20161023-0307.jpg 20161023-0311.jpg 20161023-0300.jpg 20161023-0309.jpg

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

Leaf Long 試乗車

20161008-0188

久しぶりに試乗車を少しアップデートです。Leaf Longの試乗車に、専用オプションのフロントバスケットと両足スタンドを取り付けました。
バスケットも両足スタンドも、もちろん京都伏見の工房でハンドメイドです。

 

20161008-0194

スポーツ車に取り付けられる両足スタンドはなかなか良いものがないんですが、ライフスタイルでの快適さを重視するE.B.Sだからこそ提案できるオリジナルスタンド。専用設計故にスッキリと取り付け出来て、がっしりと太めのパイプで支えてくれる安心感。特にチャイルドシートを取り付ける方には、積極的にオススメしています。

 

20161008-0197

フロントバスケットは少し浅めのすっきりとして形状で、横幅は一般的なカゴよりも大きめです。
このフロントバスケットにサイズも雰囲気もピッタリなラタンバスケットもご用意してますので、こちらも是非ご検討ください。

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU