info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

お、日曜も晴れてきたね。

こんな感じで雨降って、
あったかくなってきて。
繰り返しで春になるんだろうな。

最近は車両テストのために
暇さえあれば鴨川にいる
私MASNですが
鴨川はもう春です。笑


もう咲いてんじゃん。
セールめっちゃすぐ終わるじゃん。。

「セール第一弾」
「セール第二弾」



って思ったけどこれ寒桜ですね。
ソメイヨシノ咲くまででした。
セール車両、
グレーに塗り替えて乗りたいって言ってた兄貴、
来週お待ちしてます。笑


鴨川はほんといい。



今EBS京都、velo stand KYOTOでは
鴨川を起点とした、
京都を走るためのニューモデルを開発してるんだけど、
フレームや仕様はおおよそ決まってきた。

やっぱり自転車としての原点、
僕がスポーツバイクに触れてきた原点を
お客様にストレートに伝えることがしたくて。

プロトタイプ段階も超初期で、
まだ写真などは公開できないんですが、


このフレームは
自転車としての原点、
700Cのシングルスピードバイク

京都散策に、鴨川を走るために
本当にフィットさせたスポーツバイク。

その上で、昨日の僕を毎日超えていく勢いで
このバイクをみなさまに
乗っていただくことだけを考えていました。

なので、スタンダードな仕様でも
出来うる部分には一切の妥協なし。
(いや、全てのEBSに妥協はないんだけども)
まずはみなさんの目に多くかかれるよう、
必要最低限のパーツを
取り付けた上での限界価格でいきます。
でも、よくある謎の粗悪パーツなどは排除して、
手を入れてチューンできる部分は全て僕が手を入れます。

その上でより良いと思う
パーツもおすすめさせていただきますし、
必要な装備があればご提案ください。
僕が街乗りスポーツバイクを製作するにあたり、
これは必要になるな、というものは
全て取り付けOKを想定して設計をお願いしています。

そのうえで、乗り心地最高で軽やか、
培ってきたカッコイイバイクを、
可愛いバイクのイメージをオーナー様に。
京都をオシャレなバイクで満たしにいきます。

ですのでこの記事にたどり着いてくださり、
そして最高の自転車に出会うきっかけを
探しておられた全国のお客様。

はじめてのスポーツバイク体験は
ぜひ僕の組んだ自転車でお願いします。


今回のプロダクトは


女の子にいっぱい
乗って欲しいって思いもあって
460というサイズが
メイン展開でSサイズ、
このサイズはアッセンブル次第で
148センチくらいから乗れるから、
大きい自転車乗れない。。
って思ってた方もぜひ。

そんで
真ん中の520サイズがM、
大きい560サイズがL
の3サイズ展開。

・シングルスピード(変速なし)

・700C、ちょっと太めまで入るタイヤサイズ

・ふだん使いが最高に気持ちいい(鴨川最強)

・はじめての自転車として
選んでいただいても絶対に後悔しない設計。

・乗り慣れてきて、もう一度フレームの良さに
満足していただける、乗り慣れた人も納得の設計

・造形にこだわりすぎて値段が高騰しないように。

このラインは絶対崩さないようにして、


販売13万円台を目指します。


13万円台というのは本当にギリギリのラインで、
いつ苦渋の決断をするかはわからないけれど、
僕が学生のころに頑張って買った
シングルのバイクに価格を寄せて、
少しでも本当に良い自転車との
出会いの間口を広げたかったし

そのうえで妥協なしに
大事な部分はチームで全て行い、
信頼するEBSのビルダーチームに
オールハンドメイドでお願いし、
素材からお渡しまで、
一貫して人の手で行う自転車の限界値になるかと。





で、どこを走るか。

京都はやっぱり鴨川が繋いでる。
もし、天気の良い日にぶらぶら漕いでて、
鴨川におりられるスロープが出現したら、
みんなおりると思うんですよ。

で、ぶらぶら走ってたら
少なくとも四条から
出町柳までは気づけば来てるレベル。
鴨川デルタのとこね。
(現在護岸工事してるのでちょい前の画です)



で、そこから上がって左京を探検してもいいし、
西陣のほうにいってもいいと思う。

そのくらい日々の生活に溶け込んでる。

ただ、ただ。
鴨川はロードバイクなどの
細めのタイヤが映える自転車には
優しくない。

で、舗装、砂地、砂利、石畳、少し湿った土。
全ての要素が鴨川にはある。

そこを気持ちよく走れる自転車が、
京都の街乗り自転車として最強じゃね?
ってなってこの企画の発案に至ったわけです。


まあ、お見せできる
自転車もないのにこんなことを言っても何なので、
しっかり煮詰めて、最高の自転車公開できればと思います。

で、男は僕がテストするのでいいんですが、
ウチのチームには女の子がいません。。
ので、モニターというか、
一発目のオーナーになってくれる女の子募集してます。

べつに乗り心地が、とか解説や知識全く必要なし。
あの自転車カワイイね。
って言われるような自転車絶対作るので、
京都中、楽しく乗ってください。

僕からも端から端まで回らせていただきますが
いい感じの壁や、お店さんの前で撮っていいよ〜、
って方も、ぜひお願いします。

インスタの年間100ポストは
この自転車になるくらいいろいろ撮りに行きます。笑

シングルでどこでも行きますし、
京都中このバイクで網羅したいですし、
何だったら洒落たお店の前とかに置いて、
通勤とかで使ってもらえたら最高です。

マジのガチで限界価格なので
モニターだからお値引き、とかは
僕にはできないんですが、ガチには
僕もガチで応えるタイプなので
多くを語らずお任せください。

EBS京都で出会う自転車を
2020年のベストバイにすることをお約束します。

もちろん
はじめてじゃない方にも、男性にも。
そしてEBSのオーナー様への
2台目としても。
シングルばっかり乗ってきた
僕が作るシングルです。
ハイエンドなデザインラグや、
レースな印象は一切ありませんし
値段を先に公開する、
今までとは違うやりかたですが
フレームは最高のものです。
というかほぼフレーム代です。
各パーツを変更したり、
少しずつアップグレードすることで
確実に長く楽しめる自転車です。

ぜひよろしくお願いします。

で、まあなんか硬くなってしまいましたが
鴨川でのタイヤテストなども
FIXしてきてめちゃくちゃ楽しみです。

ちなみに先斗町がめちゃくちゃ空いてます。笑
夜賑わう通りなので昼はもともとそうでもないんですが
なかなかない、落ち着いた京都もまた良きかな、と。


先斗町の公園。
ここもバッサー桜咲くので
楽しみだなー。
ちゃんと夜の鴨川周辺もテストしています。
この日は28Cと32Cでいきましたが
鴨川は32C最高ですね。
公園も走りやすかったし最高。


舗装路もすいすい。
というより、乗り心地最高や!ええやん!
で、何よりも通ったついでにサクっと撮るだけで
こんな明るいの撮れる携帯電話のカメラやばいよね。



僕が別で乗っている23Cのピストバイクでは
不快感しかない祇園の石畳も全くストレスなし。
祇園もふだんより落ち着き。
気温がめっちゃちょうどよくて、まさにサイクリング日和だった。


そして郵便局に行くついでに西陣もぶらぶら。

メジャーな通りではないけど好き。
鯖寿司屋さんがいっぱいあります。

自転車屋さんのブログなのに全く自転車が出てこないという
謎事態ですが
固まり次第すぐに公開するのでお待ちを。
プレオーダーも受付していきます。
早期予約特典ありで。

シングルスピード欲しかった。
街乗りの自転車探してた。
一生物が欲しい。
街を楽しく移動するという新たな趣味。
最高の通勤自転車として。
シンプルでカワイイ自転車。
京都の自転車探してた。
せっかく買うならいいやつを。

シングルスピードバイクは
これから先も確実に有用で、
飽きることがない(というより何回もここに帰着する)
本当にずっと使える自転車です。

この何もかも値上がりする2020年、
僕が学生の頃、
頑張って買った金額にかなり近い数字なので
ぜひ学生の方にも。社会人になっても使ってください。
ピストバイク仕様ではじめて、
その後フリー化も、逆でもなんでも。

いろいろ乗り継いで来た自転車好きの方にも
最高に気楽で快適な自転車作りますので
少ないパーツ点数で構成されたミニマルな自転車を
こだわって組んでいただいてもよし、
ドロヨケやカゴ、荷台やチェーンガードなど、
現代の実用車としても使えるような
満足のいく組み方ができますので
ぜひチェックお願いします。

そんで、もっとあったかくなったら
ゆるり鴨川ライドやりましょう。
走力とか脚力なんて必要のない、
鴨川スタートでなんか
京都の名所まわって現地解散みたいな
まじでゆるいやつ。笑



お問い合わせもお気軽に。


インスタから送っていただいても◎です。

ではでは。。



今日ご紹介したのは…
(画像もないくせに)

Engineered Bike Service
Single 700/Test kamogawa (名称未定)

EBSのフレームにはハイエンドモデルに
Birdがいるけど、僕からは同じ鳥でも鴨です。

フレームサイズ
S:(460)    148cm〜
M:(520)  165cm〜
L:(560) 175cm〜

標準フレームカラー:未定
(オーダーカラーもちろんOKです)

フレーム素材:国産KAISEIクロモリパイプ/フルセット

サイズ:1インチ/クイル

タイヤサイズ:700×MAX32C

ブレーキ:キャリパー/ラージ

オプションパーツなど
フロントラック/バスケット
ドロヨケ/リアキャリア/チェーンガード
スタンド等全て取り付けOK 随時情報もインスタグラム、
ブログ、店頭でも公開していくので
ぜひオーダーくださいませ。


MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

雨か雪かわからないものが
横殴りで降り注ぐ1時間ほど前にギリギリ撮影成功。笑

寒いですけど二月の京都っぽくなってきましたね。
僕は最近いつもよりも自転車に乗る機会が増えたんですが
調子いいです。

世の中には腰痛を避けて通れない
悲しい運命と共に生きてらっしゃる方々がたくさんいると思いますが
僕もその一人。

ですが、この数ヶ月、地道に腰を鍛え
(腰って鍛えれるんだね、全然知りませんでした。)
不死鳥の如く蘇りの兆しが。
まだまだ黄泉帰らないようにケアしておりますが
今乗っているバイクのポジションを
少しずつスポーツな姿勢に戻していっております。

僕のバイクはステムの長さが細かく調整できるんですが、
このシステムに非常に助けられた一年でした。笑

そうなるとね、自転車たのしい。
やっぱり。笑
自分なりの全力で帰り道を爆走で走り抜けられるのは至上。

で、やっぱり一台の自転車でも
いろんなスタイルに変化できた方がいい。
ずっと使えるやつ。流行り廃りがなくって、
パーツもそれなりに手に入る。
初めてのハンドメイドバイク。
自転車経験を問わず一緒に成長してゆけるバイク。
あとあと知識がついてきた時、
やりたかった形にできるもともとの仕様。

そんなバイク、作りました。
今回は珍しく店頭販売車。
なのでもし気に入ってもらえたらすぐ乗って帰れます。

今日紹介するのは…

Engineered Bike Service
Horizontal 451

  サイズはM、520ね。
潔いシンプルさがイイ。
今回は日々起こりゆく「変化」がコンセプトなので
街乗りに絞って、僕が京都の街を快適に走るなら。。
の中で、必要なモノだけを取り付けました。

ただし、これから交換しないモノに関しては
現実的に良いものを。
変化するためには長持ちしていることが大前提。

なので長寿命クロモリの国産最高峰、KAISEIの022番を使った
ハンドメイドフレームであるHORIZONTAL451をチョイス。

で、フレーム側のカスタムとしては
リアエンドをロードエンド化しています。
本来であれば追加工料金がかかってしまうフレームカスタムですが
このバイクは僕が店頭販売として組んでいるのでアップチャージなしです。
ついでにいうと店頭販売車にはお代に工賃も入ってません。笑

ロードエンドってなんだよというと、
かなり昔からあるロードバイクのエンド形状なのですが
昔の変速機は動き方が今と違ってホイール側の軸の調整が必要で、
そのためにホイールを前後に
動かすことができるようになっていたんですね。

で、現代の変速機やフレームにはそんな調整の必要がなく、
バチっとはめてバチっと決まります。スマート。

じゃあそっちのほうがイイじゃん!
ってなるけど、このホイールが動く、ってことが副次的に働いて
シングルギアを取り付けてもしっかりテンションがかけられる。

もちろん変速機もOK。

なので、今ではマルチエンドと呼んだ方がいいんですが
この仕様は通称ロードエンドです。笑

で、まずはシングル仕様で完成車としてご用意させていただきました。
なんでシングル仕様?
って聞かれると僕が京都市全域シングルで行動しているから。
あとは単純にシンプルで良いし、初期投資も安くて済むから。
もうひとつ言うとクリーンアップが最高に楽。

どれだけ掃除用具があっても面倒ならやらないけど
いらないタオル一枚、簡単なワックス一本でOK。

いろいろケミカル揃えるの好きなんでもっと紹介したいけど、
掃除はシンプルが良い。
気が向いた時に拭いてあげるだけでも絆深まるし、
いろんなところ触るのでちょっとしたトラブルにも気付きやすい。



ではフロントビューから。
カラーはパーカライジング処理をあえて省いて
鉄そのものの色味を磨きで出し、
上からマットのクリアーを吹き、溶接色や同じ色味は存在しない
一本一本の表情のちがう
ノンパーカー/マットロウ。

ドロップハンドルはNITTO×EBS。
ミニベロにドンピシャなサイズ感で、
小ぶりなんだけどちょうどイイ。

本来ならブラケットブレーキにサポートレバー、
っていう仕様にするのが間違いないんですが
ここはサポートレバーのみでシンプルに。
ドロップ好きだけど、フラットの部分もって運転することばっかり、
って人もいると思うし、
ゆくゆくカスタムして、
STI化した時はブラケットブレーキ無駄になっちゃうので。
でもサポートレバーはそのままつかえるよ。

ちなみに変化の想定としては
コラムマウントで1×8〜11スピード/2×8〜11スピード。
STIレバーで1×8〜11スピード/2×8〜11スピード。
両方やれて、一番無駄なパーツが出ないような組み合わせがこの仕様です。

やっぱ変速要るわ。でもそんなにいらないな。
別にリニアな変速性能も必要ないし、クラシック寄りな仕様が好き。
なら1×8のコラムで、変速機自体はポン付けできます。
もちろん前のギアを増設可能。

とか
シングル乗ってきたけど、
なんかロングライドに興味でてきて
こいつで遠くまで行きたい。
移動が目的ではなく、あくまで目的地から楽しむロードバイク的発想なら
STIレバー、2×11でSHIMANOの105やアルテなんかを導入して
輪行力高めのミニベロロードなんかにも。
ヘッドセットは長く使う気満々、キングで。

ここは一回入れれば本来そうそう外さないパーツなのに
(圧入するので何回も抜くのはオススメしません。)
地面からの振動や段差の衝撃、当たり前に常に動くハンドル。
自転車の中でもけっこうなストレスを背負って動いてくれている部分で、
何年かすると交換が必要になったりすることも。

ですが安心してください。

OK、KING、
最高の1インチヘッドセットは?
はい わたし です 。

圧倒的な耐久性、保証期間の長さ、精度の高さ、
メンテナンスが楽で、割と放っておいても大丈夫な堅牢性。笑

僕の最古参キングはまだまだ10年そこらなんですが
なんの不具合もないし、まだまだこれから感ある。
ぼくのはゴールドカラーなんですが、
ちょっと色が薄くなった?かな?レベル。

細身のクロモリフレームはクラシカルで最高なんですが
最近までこのCHRIS KINGの一番細身サイズが生産中止と囁かれ
僕はテンパりを隠せずにいましたが、
Gripnutという型は継続生産だったのでホッ。
ちなみにHorizontal451にこのようにインストール可能です。

またなくなったら困るのでちょっとだけストックもしてます。笑

サドルはこれまた長く使える、耐久性と所有欲を満たすものを。
やっぱり長く同じ自転車に乗ってると、愛着湧くし、
なんか思い出みたいなのが詰まってくるんですね。

やっぱりフレームがハンドメイド。
いろいろ調べて悩んで相談して、
あれからこれも、こんな細かい部分まで決めて作って、
納車までの期間すら心に残る。

今みたいに画面タップ、カード情報自動入力、
OK、明日届けます。
みたいな思いっきり無機質な買い物じゃない。
生産者さんの顔が見えないです。笑

とか言いながら
フルスイングAmazonハードユーザーです。笑
だからこそ!だからこそなんですけどね。

僕の現在残る最古参バイクもBROOKSなんですが、
こけた一番初めの傷、覚えてますもん。
めっちゃショックだったけど、今はそこだけ色が濃くなって、
なんかイイ感じです。 10年後、
このバイクがどんな仕様に変化しているか想像もつかないけど、
ヘッドセットとサドルはタイムレスなものです。
百戦錬磨のオーラを纏った、
乗り手とフレームと同じだけの時間を過ごしたパーツ。

どんな人がのってくれるかなあ。 キャリパーはシンプルかつクラシカルな丸みを帯びたデザインの
DCのキャリパーにシューカスタム。
BRS100にはシューケースなしの
ブレーキシューが付いていて、
BRS自体めっちゃイイブレーキなんですがここだけ残念。
なのでカラーマッチさせる目的も兼ねてシルバーに。

シューケースは再利用可能で、
次回からはゴムの部分だけを交換します。
ケースがあることによる剛性アップは誰でも感じるレベルで、
制動力アップに一役買います。

もちろん最新のブレーキも取り付け可能で
性能も上ですが、やはりこの車体自体の線の細さを大事にしたくて
このブレーキチョイスです。 あとは細かいとこですが
最近ハマっているアウターのキャップを
真鍮のものに交換するやつやってます。笑
出たばっかでまだまだわからんけど、
イイ感じにカラーチェンジしていくはずなので
ワイヤーかえてもここは置いといてください。

ちなみに日泉さんのキャップ(アウターも)なんですが
精度抜群で作り過ぎて自社アウターでないと
かなりはめにくいみたいなのでぜひ次回交換も日泉ケーブルで。

ちなみに日泉ケーブルは引きが軽い、ってのが売りですが
そのものの重量自体も軽いです。
持って、お、軽。
ってわかるレベルで。 FD台座も今は使わないけどもちろんあります。
いつしかロード化するなら。
いやー、フロントシングルでしか使わないんだよな〜、って方や、
この感じでだいたいいいんだけど、
ここだけはこれがいいなあ、とか
カラーがこの色だったら。。
なんて場合はオーダーください。
もちろん作れますので。

クランクはSUGINOで。
ちょうど良さげな54Tを使用。
56Tでもいいけど、ここも変化に対応するため、
いつか内側にインナーギアが入った時のバランスと、
今現在のシングルとしての乗りやすさの両立を狙ってこの感じ。


ペダルはMKSのUB。
めちゃくちゃクラシックな形なのに両面で踏めるフラットペダル。
お店にあったのでなんとなくケージクリップつけたけど
やっぱ走りやすいね。
要らない方はすぐ外します。笑
もちろんRDハンガーなどもついてます。
シングルだけで運用、って場合はトラックエンドが一番シンプルだけど
このなんにでもなれるのが最高だね。 ちなみにリアは16T。
18T仕様も可能です。
いまの54×16が京都の平地、微妙な登りとかにはちょうどいいかな。

河原町まで。鴨川まで。京都駅まで。
そんな街乗り使いは当たり前にこなしますし
伏見稲荷までいこっかな。
西陣にランチ。上賀茂の銭湯行く。
すこしだけ自分の地図を広げてもヨユーです。



リアキャリアやフロントバスケットももちろん取り付け可能。
お買い物仕様やツーリングミニベロ、
なんでもOKがこのバイク。
センタースタンドももちろん取り付けOK。
軽さを追求、って訳でもなければ
いろいろ便利だしついててもいいかな、と思います。

出先で自転車と風景撮るときでも、
どこでも自立するとしないとでは全然画角ちがいますしね。 スタンドがないと
イイ感じのトンネルに遭遇しても
撮影ができず、左手で支えながらこんな残念な感じになります。笑

ちなみにここは夜はまあまあ怖い。
堀川がまだちゃんと掘として機能していたころは
このへんは城チカ徒歩2分の超優良物件だったはずだけど
(城が近いといいのかは知らん)
どんな感じだったのかな。。
とか思いながら散策してもいいかも。
ホイールはやっぱり韋駄天。
ライト取り付けOKってことでダイナモハブで組もうかと思ったけど
この値段で、この回転、軽さ、シルバー、
11SPEEDが入るホイールセットは他にないですし
堂々の採用。
全体的な仕様としてはこんな感じ。
このままで街乗りスポーツバイクとしてかなりまとまってますし
要点を押さえて長寿命、限りなくトラブルレスな
僕的京都快速仕様です。

ハンドル変えてフラットバーもいいし、ブルホーン、プロムナードで
オフェンシブにもゆったりにも振れます。

難し目なギアの設定なんかは走るエリアだけ
教えてもらって任せてしまって、
もっと大事なのりやすさや見た目の好み、色などで悩んでください。笑

大事なのはスタイル。
でも、スタイルなんて変わる。
それでもいつでも寄り添うバイクがこいつです。 言っていることややっていることが変わっても、
自転車は乗るでしょ?
その都度持ってきていただければ、
限りなく無駄がなく、低予算で仕様変更可能になってますので
ここEBS、ベロスタンド京都にお任せを。生産者です。笑

ちなみに変速仕様にするに当たって必要な
変速機、スプロケット、RD、チェーン、シフトワイヤー。
もちろんモノによりますが、スタンダードな8段変速仕様で
1万円くらいの部品代というところでしょうか。

もちろんシングルに戻したくなる日、くるとおもうので
パーツは置いておいてくださいね。
今日はなにやら集合している鴨たち。
あそこになにがあるんだ。。 ではまた来週。笑

  今日紹介したのは…

 

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451


ギアードで、1×11のコラムシフトだとこんな感じ。
ちなみにこの子もMサイズ。

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!) 

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

雨降る降る詐欺にやられちまった僕です。
起きて曇ってて
「はっ!今写真撮りしたら外で撮れる!」
とか思って撮ったら晴れ。快晴。

でもいいよね。
お天気最高。

本当はどこかサイクリングにお出かけしたい気分だけど
その気分はEBSオーナー様にまずはお任せします。笑

個人的に大好き(というかそれ始まり)で
スポーツバイク沼にハマってからずっと乗りつづけている
シングルスピードバイク。

僕はギアが固定のいわゆるピストバイク、
FIXEDで日々を過ごしているわけですが
特に固定ギアを推しているというわけではなく。

僕はこの自転車が進化する前の形、みたいなのが好きで、
多少の不便(とは思ってない)を楽しむような、
道路を格好良く駆け抜けるためのオシャレアイテム、
くらいの立ち位置です。笑

こんなことをいうと12年くらい前だったら
俺たちはそんなファッションじゃねーんだよ!!
とかいう勢力が物申してきていましたが
僕は入りも今もファッションです。
12年前、それはそれは格好良い尖ったクルーが
集団でFixにまたがり、それはそれはしびれたもんです。
痺れすぎていつのまにか自転車屋さんになってる。

僕は自転車を靴の延長線だと考えていて、
手入れが行き届いたスニーカーのような、
このバイクに乗って出かけるからこの服でいこう。
乗っている時の横姿がバイクショップの人間として
かっこ悪くないか?
とかそんなことを考えて乗っています。笑

仕事中は作業服だし作業靴なんだけど、
プライベートではお洋服、もちろん好きだし
ビシッと、うおー!今通り過ぎたバイクかっけえーー!!
ってなってもらえるような、EBS関係なくすこしでも
バイクに興味持ってもらえるような感じ出してます。笑

それの最適解がシングルスピードだと考えていて、
ドがつくシンプル。
変速機もなにもあったもんじゃない。
限られたパーツをどう配置、どうこだわるかで全てが決まる、
生き様が出るバイクになります。

どこか遠くに行くなら(シングルでも行きますが)
絶対変速あったほうが楽なんだけどそれをしない。
真冬に思いっきり厚着しない。
そんな潔さが好きでかっこいい。

そんな想いで生きてますが
僕の思惑とは別に、改めてシングル、きてます。
グラベルロードとかMTB、最高に楽しいし、
みんな欲しいし山が呼んでるけど、
今日紹介するのは山じゃなくって、
「街の一番中心に行くためのバイク。」
京都の平坦な街を一番気軽に駆け抜けられるバイク。
最高にオシャレして、ね。

今日ご紹介するのは・・・

Engineerd Bike Service
FLOAT 451S

今回のFloat451Sは女性オーナー。
なのでレアなSサイズを。

EBSオリジナルのネイビーカラー。
このカラーと言えばフロートシリーズ。
PCから出すと色味が全然鮮やかじゃないので伝わりにくすぎて
スマートフォンから更新したくて仕方がないけど
なぜかiPhone側だとUI終わってるのでこちらから。笑
現実に近い色味はインスタでポストするので許して。笑

全体的な仕様としては
・このネイビーに合うレザーカラーを
・シルバーを使用した高級感ある仕上がり
・永く使えるパーツを
このくらいの要望を投げてもらって、
あとは全体イメージを僕がお伝えして、、
のキャッチボールで自転車が出来上がります。

オーナー様はこのバイクがマイファーストスポーツバイク、
ハンドメイドフレーム、最高の選択肢です。
なので僕があの頃に思ったこと、乗ってみて、どハマりして
知識がついた後、スペック的に不可能と気付いて後悔したポイント、
などをご説明させていただいて製作させて頂きました。

ちなみにオーナー様もものづくりの方。
かなり綿密に調べていただいて、僕は大感激でした。笑



まずはフロントビュー。
ブルホーン/レバー先端のストリートミニベロスタイルに
シルバーパーツ、レザーのバーテープ。

ポジションとしては前傾で、スポーツなポジションです。
ですが乗りやすく、スピードも乗せやすいし
ハンドルを縦に握ることができるので坂道も良い感じでグイグイいけます。
なんでここアップ?
って思うかもだけど、ステムのボルトの部分。
ステンレスのキャップつけてます。
おそらくめちゃくちゃ大事にしてくれるけど、ボルトの錆びは
少しずつ、確実に訪れます。

もちろん油脂類はしっかりと、
僕がプライベートでも使用している
最高の防錆剤を使用してはいるんですが。

ネジに雨が降るたび薄くオイルを敷くとかストレスでしかないし、
シングルスピードの魅力はそのストレスをフリーに、
できる限りメンテナンスを容易にできることもメリットなので、
その謎の不安を解消するために小技を。
安心のNITTO製。
コックピットはこんな感じ。
握りが自然に&緩やかなアールがかっこいい
NITTOのハンドル。
キラキラのネイビーにハニーブラウン、シルバーポリッシュ。
走っていて自分の満足度も高いし、乗っている横姿も可愛くてカッコイイ。
FloatのSサイズはかなり小さくて、可愛さ先行するけど、
やっぱりオフェンシブなデザインだからかっこよさとも融合させやすい。


もちろんこっちにもボルトキャップ。
シンプルだけど、一回気がつくと
自分のバイクにも導入したくなるでしょ?笑 ラグドフレームの高級感に、
ごちゃごちゃしないケーブルインターナル。

Floatで一番好きな集合部のワンカット。
かといって集合しているラグではないのでシンプル、
なのにトリプルトライアングルにフロートステーで
集中してここに集約されてる感じが◎。

シルバーって言われてるのに
ステッカーはゴールド。
EBSのギャランティと合わせた色味にしました。



フレームマテリアルは
フルクロモリ/ダブルバテッド、KAISEI022の0.9-0.6-0.9ミリ。
もちろんフレーム素材はカスタム可能ですが、
長寿命と軽さを併せ持ったパイプはやはり022。
今回の永く乗れて。ってとこに最大マッチ。
10年は当たり前。20年、30年とよろしくです。


好きなくせにいつも撮り忘れるフロートシステム。
今回は撮ってます。笑
この太いパイプがシートチューブ。
細いのがシートステー。
ここを敢えて溶接しないことによるFLOAT感。
自分のポジティブな出力は素直に地面へ、
地面からのネガティブな振動などは吸収という神ステーです。


サドルはBROOKS。
一番乗りやすくいB17を。
じっくり使ってじっくり育てて。
本革サドルはあまり気を使いすぎないのが肝。

手入れや油脂を入れてやるタイミング、革を張るタイミングも
全ておまかせあれ。

めちゃくちゃ使い込まれて飴色に。
もしかしたらコケることもあるかもだし、
雨に降られてシミになることもあるかもしんない。
でもじつはそれこそが大事なストーリー。

10年間一回も雨に濡れずに、常に室内保管。
これは確かに最高ですが、そんな気を使うのはただのストレスなので
良い感じにシミになったり、
少しマダラなエイジングがまたかっこいいんです。

使い込まれてるけど、大切にしてあるな。
これ、誰が見てもわかるので。
その纏い出すオーラが出るころには両足自転車沼です。笑

ブレーキはダイアコンペで。
シューカスタムをしてオールシルバーです。
メリットは二つ。
まずは制動力の劇的アップ。
シューケースがつくことによってブレーキ自体がよじれに強くなり
同じ力でより楽に停車することができます。

第二にかっこいいでしょ。笑
シルバーシルバー、ときてて、ここブラック、うーん
大事。  

奥がノーマル、手前がカスタムです。
いや、どっちでもいいわ!!
なんて言わずに。笑
これ、トータルで見たら全然ちがうんで。



クランクはクラシカルなスギノで、
チェーンリングは通勤路と試乗を重ねて導き出したギア比を。
なんたってシングルスピードなので、変速がない。
なので自分の使用フィールドに合わせたギア比が必要なわけです。
逆に、変速がないぶんパワーロスもないし、ドンピシャできめれば
最高に気持ちいいバイクができます。

ここは僕強いです。かなり。
なぜなら京都中はもちろん、
ほんとどこでも行けるならばシングルで行くので。
イケるイケないは最終根性論ですが、最高のギア選びのお手伝いは
かなり得意です。

毎日自転車のってるけど、そういえばギア、ずっと2枚目だな。。
とかあるじゃないですか。
ならシングルにすると幸せになれますよっと。

ちなみに前は56T。
前だけ見るとかなりデカい。
でも、グイグイ漕ぎたいならアリ。


クランクキャップはオレンジ。
レザーのハニーカラーに合うかなって思って。

ペダルはクローム仕上げの最高回転ペダル。
街乗りで基本ゆるり、スニーカー、高級感を出すならこいつ。
ピンがついててより食いつくペダルもあるけど、ここは好みで。 タイヤはパナのミニッツシリーズのタフを。
名前の通りタフだし、クルマのセミスリみたいな
すこしねっとりしたコンパウンド。
かといって早く減るって訳でもないから脱帽です。。
色も可愛い。 現行モデルのFLOATのSシリーズは
Rエンドが大胆に抜いてあってカッコイイ。
好き(個人的すぎる)。笑 リアのフリーはWhite Industries。
フリーギアでは信頼度最高じゃないかな?
小気味良いラチェットのカリカリした音も気持ちよく、
いつまでも走っていたい感じにしてくれます。

で、あれ?シングルじゃねーじゃんと。笑
なりますよね。笑
DOSギアでディングル化しています。

横から見ればシングル。
でもチェーンのかけかえで二枚の選択肢。
通勤で使ってもらうけど、気分が変わるかもだし、ね。

ちなみにシングルのギア自体はそんなに高くないので、
仮に引っ越したりしてもその場に合わせたギア比にチェンジできます。

歯数は16T/18T。
なのでギア比は3.5と3.1。
どっちもちょうど良すぎて泣きそう。

ミニベロ、特にシングルスピードミニベロは疑問として多いのが
「いっぱいシャカシャカ漕がなきゃいけないんじゃないの〜?」
この問い合わせ。
たしかに世の中の自転車に、雑にギア比考えた自転車があることは事実だし、
それがまた格安中の格安でネットに出てるもんだから
けっこうな人が体験していて、あんまイメージよくない。

EBSは本気でミニベロつくってるので
気持ち良いミニベロの漕ぎ味出せます。
451ホイールで3.5、これはちょっと重さを感じるけど
踏めば踏むほど進む、ちょっとドラッギーなギア比。
しかもミニベロならではの漕ぎだしの恩恵はまだ受けれるという
絶妙界の中のエリート。

で、3.1は少し軽め。ある種3.5に慣れるとシャカシャカ感ある。

でも、不思議なもんで、
シングル乗りは
「このくらいで走った方が速い病」と
「踏んで走ってグイグイ行きたい病」を
繰り返し罹患する不治の病にかかります。

僕は特にいま
シャカシャカ系からグイグイ系に今年一回目の治癒からの罹患時期に。笑

その他
「急にギアードにジョブチェンジしたい病」とか
「太いタイヤ入れた過ぎて死ぬ病」など、
自転車乗りにのみかかる原因不明の熱病が確認されていますが
治療は現物を手に入れるという対症療法しかありません。笑

そんななか、シングルギアは持ってても絶対不必要にならないし、
街中での優位性は最高です。

もし、街の中心部に出かけることになって、
すごく広いガレージに多種多様な自転車が平置きされていて、
どの自転車もすぐに出せる状態、なら
シングルスピードミニベロはつねに上位にいますね、確実に。
それほどまでに便利でシンプルでかっこよくて。

オシャレしてロードバイク、は違うけど
シングルのバイクなら気軽で、カッコイイチョイスをしていけば
むしろ自転車に乗って中心に行きたくなる、そんなヤツ。

そうです、お気づきかもしれませんが僕は今みなさまに
「シングルスピードミニベロ欲しくて震える病」を撒いています。笑

まじでいいですよ。。
ちなみにハブはグランコンペ。
このクラスでは頭ひとつ抜けた性能。
日本最高。
本当にこの値段でいいんですか?
って言いたくなるけど値段上がったら困るので
胸の内に秘める(秘めれてない)

このハブは両切りで、反対側にもギアが取り付け可能。
固定ギア、ミニベロピストとして片方用意しても良いし、
考え方はいっぱい。 僕のお話をすると
ツーリングもピストバイクで行くんですが、
反対側には22Tとかつけていったりします。笑
ツーリングしてると、当然自然たっぷりのほうへ向かっていくんですが
急すぎる坂道対策です。

無理だったら押すし、迂回もします。笑
そこまでやるならロード乗れ、
は5万回くらい言われましたがこれがスタイル(謎)

基本的に同じところに何回も行ったりしないんですが
(しまなみとかは毎年行きたいくせに)
頑張れば絶対行ける、
調べればルートやどんなバイクかも出てくる前例アリのツーリングより、
1日で帰ってこれねえかもしんない。
とかいって泣きそうになりながら走る方が強烈に記憶に残ったからです。笑

なので、ぼくは
「こんなとこまで自分の自転車できた!」を大事にしてます。
ですが最中はディレイラーのことしか考えていません。笑 そして帰り道に二度とやらないと誓うのですが
今年元旦にしまなみ行ったのにもうやりたくなってる魔のお話。

まあ、やはりシングルの主戦場は都心部。
もちろん使い方によって大きいタイヤもおすすめしたりしますが
やはり
ミニベロで、シングルで、という用途を絞ったからこその
ハマりの強さと楽しさ、便利さは最高です。
リアビュー。
この前下がりなフォルムだけでも惹かれますよね。
シフトワイヤーがないことによる根本的なシンプルさも◎。 今年はシングル、再評価されると思います。

プロムナードでゆったり、バスケット付きでピクニック、
シンプルに速い通勤通学。
色々ありますが、僕たちもできるだけ低価格で
シンプルなフレームリリースできるようにしたいですね。

すでに気になりだしてる方からは問い合わせけっこうあって、
なかでもこのFLOATの451Sがダントツ。

現在FLOAT451Sは全サイズ予約完売で、
次期製作分のLサイズもすでに予約完売という
確実に予約が必要なフレームとなっておりますが、
S、M、Lサイズ共にお早めにオーダーいただければ
スケジュールにどんどん組み込んでゆくので是非どうぞ。

ここだけのお話、
次期製作分の451SのLサイズは
一本僕が当店用に確保しています。
RAWカラーのシートラグ/ブリティッシュグリーン塗り分け仕様。
人より早く欲しい、暖かくなってくる次期に合わせたい、
シンプルにご興味ある方はこちらも。笑

ではでは。。

Engineered Bike Service 
(#EBSbikes)

FLOAT 451 S

このFLOAT451SはLsize。


Size: S(470)  /M(510)  /L(530) 

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。



instagram #EBSbikes


最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
 みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)
 MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

さて、今週も日曜日が来ましたね。
EBS京都、ブログアップのお時間です。
今週末はあんまり天気が良くなかったですね。。
合間合間でご来店くださったみなさま、ありがとうございます。

僕はといえば
お待たせしていたフェンダーのオーダーを黙々とこなしておりました。
何かを削っている時間の方が長かったですね。。

ですがだいぶ自分なりに追いついたので
ここから先、2019年のEBS京都スタンドのオープン日も残りわずかですが
ご来店くださるお客様の為にお時間合わせることができそうですので
是非皆様ご来店ください。

ちなみに12月は29日の日曜がラストです。
1月は4日の土曜からとなりますのでよろしくお願いします。

そんでもって今日はミニベロ。
最近問い合わせのめちゃくちゃ多いシングルスピードミニベロから
ミニベロピスト、もちろんギアードのミニベロからミニベロロードまで。

かなりのご検討のお電話、
ご来店、そして決めて下さったオーナー様まで
かなりの数のご紹介をさせていただきましたが、
今日のミニベロは完全なる黄金比。
これ以上ないくらいの正統派ミニベロです。

表題のとおり
おしゃれなミニベロ、かっこいいミニベロ、かわいいミニベロ。
なんだか安易だし、そんな感じで選んで良いのかな?

いいんですよ。
むしろそこにしか真理はない。

この話題で必ず一度は上がるのがこの僕たちが「ホリゾン」と
親しみを込めて呼んでいるHorizontal 451です。

見る人が見たら「普通じゃん」ってなっちゃうかも。
だって、ホリゾンタルフレームのミニベロなんて世の中にたくさんあるし、
僕は別店舗にて他社様のものも含めミニベロをかなり触るので
良いものもたくさんあることも知ってる。

そもそも名前がホリゾンタル。

でも、それじゃあなんで
かっこいい、かわいいが混在していて
おしゃれであるという評価を得て、
老若男女(マジで)に乗って頂いているのか。

フレームワークが真面目だからです。
なんにも知らなくても
美しいと思えるものってあるじゃないですか、完成、未完成問わず。
あの誰が見ても「良いな」って思う絶妙な造形がホリゾンにはある。

そんでもって
やりたい仕様にマルチに変化していける柔軟性。

フレームが良いのはわかった、だけどリーズナブルに。
ミニベロカスタムしたいけど、カスタムに耐えるフレームがない。

この相反するご要望を完璧に満たすフレームがEBSにはあります。 今日のご紹介は…

Engineered Bike Service
Horizontal 451

Lサイズだよ。(545)
まっすぐですっきりとしたデザイン。
誰が見ても美しいとされる比率をミニベロに落とし込んだフレームなんですが、
ホリゾンタルなトップチューブ以外にももちろん緻密なロジック有り。

このバイクを見て、
あれ、、この仕様は。。
って思った方はかなりミニベロを掘って頂いてる方かと。

今日ご紹介するのは2台。
同じフレーム、同じ仕様のお揃いで。
カラーを好きな色に塗って頂いたなんとも羨ましいペアバイク。

ちなみにご相談は
大阪は堀江のvelo life UNPEU(ベロライフアンプ)で。
週のうち何日かは大阪にいるので京都遠いんだよ!!
って方はこんな形でも。

たまたま大阪にいた時にご商談をさせて頂いたのが僕で
当然のように京都のブログにあげるというわけであります。笑

UNPEUのインスタの方でもUPしてるので
見た事ある方いらっしゃるかもだけど今一度。
Mサイズだよ。(520)
ね、バランス良いでしょ。
今回は街乗りがしやすいように出来るだけトラブルレスで
交換品や修理、メンテナンスもしやすく考えた
通勤や通学、街乗りからお買い物に適した部分を伸ばし、
今回はもちろんデートに最高なゆるポタ最高な仕様に。
(デートに最適がわからない)

プラス、輪行旅行をお考えだったので
乗りなれたらすぐにでも
電車や車に載せて非日常を日常に変化させる準備つきで。
こっちのホリゾンはブリティッシュグリーンを
ワントーン暗めのグロスでペイント。
シルバーとハニーカラーとの相性が人類始まって以来のバチハマり。
こっちのホリゾンは
同じくEBSのFLOATシリーズのオリジナルカラーのメタリックネイビーを。
ラメ感のある奥行き感が特徴で、
多層のぽってり感が柔らかさも印象させるベストセラーカラー。

こっちの革はブラウンをセレクト。
ブラックも、ハニーも有りですよね。
なんだったら赤みの強いカラーも絶対いける。

どっちものカラーで言える事だけど、
一見突飛だろ、ってカラーも要所をおさえておけば確実にイケます。
特にヘッドパーツやBBなどの見えるんだけど見えない、
みたいなところはもう何してもイケます。笑

僕のバーエンドは片方GOLD、片方REDで、
ギアはマジョーラカラーなので。。笑

カラーリングは自由。
自転車カスタムのおもしろいところ。

本革のパーツたちはもちろん長持ちなので
一緒に育てていく感じもまた良いです。
今日はこれ画像多めだな。
コックピットまわりはこんな感じ。
お互いのバイクは完全にペアなので使い勝手も一緒。
ペースも合わせやすそうでいいですね。

BROOKSの本革グリップに
1×8のスタンダードかつ比較的チェーンなども長持ちな上つかいやすい
ラピッドシフトタイプを。

レトロなやつが欲しかったり、ハンドル周りシンプルにしたかったり、
ドロップハンドルやブルホーンなどシフター取り付け問題が発生する
ハンドル希望の場合もご相談ください。
使いやすいレトロなシフター ストックしております◎。

ヘッドは1インチスレッド界の最後の砦、
TANGEのスーパーポリッシュ。
まあ、まだKINGもあるんだけど、かなりレアです。

シールドで長持ち、メンテ楽、ってところに
ハイポリッシュの輝き、
そしてTANGEやSHIMANOをはじめとした
日本製品あるあるの性能に対する謎コスパ。

本気でその値段でやるのか?
というジャパンプライドMAXのヘッドです。
ベルはOiのLUXEを。
より高級感を、そして優しい音を。
ハンドル周りによく馴染んでいてかわいい。
ワイヤー類はNISSENのクリアアウターにしておきました。
非常に柔らかい作りになっていて、
ブレーキやシフトの引きが一段階、いや二段階アガります。

単純に高級感あっていいよね。
透明のケーブルでここまでの質感だすのはNISSENならでは。
ペダルはMKSのシルバンツーリングNEXTのEZY、スーペリア。
工具なしのワンタッチで取り外しができて、
輪行時に一番横に出てくるペダルの突起を無くします。

ミニベロは本当に輪行有利にできてるので、
せっかく乗るならどこか知らないところをツーリングする、とか
あそこのあれ食べに行こうとか、帰るのめんどくせえから輪行で帰ろうとか
多彩に交通機関利用してみてください。
サドルバッグもお揃いでBROOKS。
鍵やサドルカバーなどを入れるために。
フレームカバーは僕たちの中では定番のTeha’amanaさんのものを。
シンプルだし、傷から守れるし、ドレスアップにもなるし言うことなし。
取り付けもワンタッチでアイデア次第でいろんなところに。
自転車好きならお、、って思うアイテム作ってるので是非。
こんだけ撮っててなぜかリアビューなしという
謎仕事をしてしまった僕ですが、
ドライブまわりは
前述の1×8。

SUGINOで、リーズナブルながら54Tと
大きめのチェーンリングのフロントに
クラリスの11-32Tで組んでます。

僕はけっこう軽めのギアを回すタイプなんですが、
けっこう踏みたい方にも満足度の高いギア比になっているかと。 タイヤはSCHWALBEのDURANOで、
スタンダードな使い心地ながら街中スイスイ、パンクガード付きで
不安感のない良いタイヤです。 すでに納車済みで、
楽しく走ってくれていることかとおもいます。
京都はすこし離れておりますが、お立ち寄りの際は
メンテナンスはもちろん、ただ寄っていただくだけでもOKです。笑

サイズ展開も豊富で、
S(495)
M(520)
L(545)
XL(570)と4サイズ。
身長150センチ台の方から190センチくらいの方まで。

ちなみに現在特別仕様で製作完了しており、
全てのサイズがロードエンド、つまり変速あり、なし両方組める
マルチな仕様となっております。

ですのではじめにいってた
シングルスピードミニベロとして組むことが可能ですし、
つけたくなったらギア周りを変更するだけでOK。

もちろん逆も。
引っ越してスタイルが変わったり、なんかシンプルなのがよくなってきたり。
人間いろいろ変わるので自転車もそれにフィットさせます。

シングルスピードのミニベロも
店頭用の販売車としてそろそろ準備していきますので、
組み上がった時にお好みであればそのままお得に購入も可能。
ちなみに前から紹介していたRAWカラーのMサイズです。

Sサイズは一本だけございます。レアです。
特別に一本出しましたのでこちらも是非。

XLに関しては
高身長の方がちゃんと乗れる
ミニベロってほんとないので
もし、ミニベロ乗りたいのに諦めてる、
なんてことがあれば是非ご相談を。
デカイフレームのミニベロも良いですよ。かっこええ。

けっこうミニベロロードとして組んだり、
ショートエンドをシングル化したり、
コミューターとして、や、クラシカルなイメージでも組んでるので
併せて見てみてください。



THE ミニベロロード。

街に強いミニベロ。

EBSのミニベロを紹介しそうでしない前編。

などなど。笑



ここまで掘ってくださっている
スモールホイールラバーのみなさまでしたら
Googleの画像検索でまあまあの数の
Horizontal451が出てくることも知っていると思うので
もうお分かりかとはおもいますが。

あの時つくってたこんな感じがいい、でも同じはいやだからここはこう。
とか
カラーはこんな感じ好きなんだけどドロップハンドルがいいな。
とか
はじめてスポーツバイク乗るから怖くないのが良い!
とか
ロードバイクに負けないやつ。
とかなんでも結構ですので
オーダーお待ちしております。

ちなみに12月末、1月始めと
新年、バイクにチャレンジしてくださる方に応えて
店頭販売車をお得に購入できるセール的なものも
ほぼ無告知でやっていくと思うので、(告知しろ)
ご検討中のみなさまはこちらも。

ではでは。。 今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。

Horizontal 451の他の製作例はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。みんなで乗ろう イービーエス(YES!!) MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

さて、暖かな日差しに包まれて
すげえいい感じだったEBSスタンド京都ですが
今日は微妙ですね。。

今週も現オーナー様、オーナーとなられた方、未来のオーナー様と
たくさんのご来店ありがとうございました。

バタバタしていてごゆっくりできなかった方毎度スミマセン。。

次からはコーヒーがお出しできるようになったり
ちょっと座れる椅子が増えたりと
少しずつ快適に過ごしていただけるようになってきましたのでまた是非。笑

世間はブラックフライデー的な流れ。
毎年毎年やろうやろうと思って全然流れに乗れない僕ですが
来週はなんかします。遅れて。笑

とはいえ僕がいるのはサタデーとサンデーな訳で。
フライデー全く関係ないのでブラックにちなんだお得な企画。
まあだいたい想像つきますよね。
ブラックな感じで組もうと思ってた方は大チャンス。

とかいって今日のバイクはブラックじゃないです。
ド渋なRAWのカラーがひときわ目立つ
永遠の人気カラーを。

今日のご紹介は。。

Engineerd Bike Service
FLOAT 451S

うーん、今日もいいね。
インスタ前から見てくれてる人は知ってるかもだけど
じつは結構前に撮った写真で
上げよう、上げようと思ってたんだけど
なかなかポストできなかったバイクのひとつ。

遠くから見ても、近くで見ても
何色と表現するのは難しい、ロウカラー。
このバイクはパーカライジングクリアロウ。

フレーム自体の持つラグフレームのクラシカルな空気感、
細身なクロモリパイプを使用することによって生まれる
いかにも日本らしい表情。

僕たちEBSもパイプを少し太くしたり、
ヘッドチューブを大径化したりしますが、
どちらかといえばアメリカンマッスルな印象に近くそれとは違い
100年前から続く永遠のトレンドがこちら。

プラス、FLOATならではのこの前下がりの特徴、
走る気分にさせてくれる、シンプルにかっこいい、
でも造作には秘密アリ。で乗り心地も抜群な
EBSでは超ロングセラー。
細かなアップデートあれど、初期型から一貫してこの形で、
廃れたりすることがないのも高ポイントです。
なぜか寄りの写真が全然なくって
(この時の僕はいったいなにを考えてたんだよ)
非常に申し訳ないんですが
前からはこんな感じ。

ヘッドセットは今はなき
Chris Kingのピューターカラー。
やはり永遠のKING。
なくなった後も燦然と輝くし、
これからもずっと使い続けることができるでしょう。

高品質なアルマイトパーツは一見合わねえだろ!
って思われる配色も余裕で飲み込む魔力をもっているので
その時にあるカラーがお気に召せば是非。

ちなみにChris Kingのスレッド1 inchはかんなりレアパーツです。。

こんな遠目からバイクチェックすんなよ感ありますが
ホイールのバルブキャップも削り出しのアーレンモチーフ、
真鍮のベル、ラグの隙間に綺麗に入った真鍮ロウの
ゴールドの感じが◎。
なぜかここは撮ってる。
どうしても避けれないステムトップの錆びに対するひとつの解。
ステンレスでフタをしてしまおうというもの。

めっちゃ細かいポイントで、
気にしない人はなんでそこにお金を?
ってなっちゃうかもだし、
なんかの拍子に外れたりしたらもう二度と見つからない
(ちなみにちゃんとバッチリついて取れません。笑)
自転車界のコンタクトレンズ的存在なこいつ。

だがそれがいい。
やってる人があんまいないからこそ差がつくポイントだし、
錆びどうこう以前にスムースでカッケー!!!!!!!!!

永く使うための秘訣。
ステムは常に目に入る部分だからこそ余計にね。

ハンドルバーはセミドロップを。
結構特異な形に見られがちだけどかなり乗りやすい。
本来ツーリングやロングライド目線で
チョイスされることが多いこのハンドルだけど

シングルバイクとの相性も良くって、
シンプル×クラシックだしボリューム感も適度にあって◎。

そこにブレーキレバーを逆引きのオポジットで。
タッチ柔らか、クラシカルポイント倍増。
ブリティッシュ感ある。

余談ですが僕もシングルバイクに
セミドロップなバーを普段使いしています。
グイグイ走ることもできるし
ゆったりまったりもOK。
ハンドルをひっくり返して使うこともできるので
もっとゆったりなセミプロムナード仕様にすることも可能です。
サドルはBROOKS。
SWIFTをチョイスで
横からレールが見えるセクシー加減
B17にはないクローム仕上げ
ハンドメイドで仕上げられる手打ちの銅鋲。
すわり心地は17よりもスポーティ。
はじめはちょっと硬めかな。
ここは乗り込んでクリアしましょう。

サドルバッグもBROOKS。
ちょっとした工具や鍵を入れたり、
緊急用のクッキーを入れたり(僕だけか?)できます。

ツーリングきたものの
マジでコンビニない!もうお腹すいた!ムリ!!
をすこしだけ軽減してくれます。笑

フレームカラーを一番寄りで見てもらえるのはこの写真だけ。。

RAWカラーというのはそもそもなんなのか、という話しを改めてすると
生地のまま、みたいなイメージ。
鉄、クロモリそのままの表情を楽しむってこと。

もちろんそのままで出すわけではなく、
鈍い輝きがしっかり出るように改めて磨きをかけます。
そんで今回のやつはパーカライジング処理という
防錆処理を行ってから、透明の塗料を吹いていきます。

なので素地の溶接部分がそのまま残り、
ハンドメイドならではの丁寧な作りを見ることができます。

個人的ですがこのシート集合部は特に好きで、
シートラグ自体に薄く入るロウ、ピン周りのフィレット、
後ろから伸びてくるフロートステーの金色が愉しめる
所有欲を満たす部分かと。

ブラウンのフレームパッドとの相性抜群、
シートポストの絶妙なアルマイトシルバーも相性抜群です。
ちなみにVOのセットバックを使用。

VOのアルマイトはなんというか、そんなことはないんだけど
なんだか少し厚めに、ぽってりしたアルマイトの乗り方に感じるので
輝きが柔らかく、高級感がありますね。

微妙な陰影も良い感じ。
ちなみに別のバイクですがこちらもFLOAT。
この子もRAWなんだけど、
ノンパーカークリアロウというまた違ったRAWです。
さっきのパーカライジング処理を敢えてやらない、
少し鉄の表情が明るく出るイメージ。
もちろん一本一本ハンドメイドなので磨きの表情もかわって、
一本も同じカラーが存在しない唯一無二な存在感です。

プラス、こんな感じでラグだけワンポイントで
塗装色を入れてもバッチバチに決まります。

このオーナーはグロスのブリティッシュグリーンを。
もちろんメッキでとことん正統派クラシックを攻めてもいいし、
RAWカラー好きだけど、他にも好きな色がある、場合でも◎。

ちなみにこのバイクのシートポストはNITTO。
天下一品のアルマイト処理。
精度抜群、価格穏やか。
日本の誇る最高のパーツメイカー。
ゆるくセットバックしてるんだけど、しっかりとエッジの効いた造形。
ゆるやかに曲げの入ったものもセクシーだけどこいつもいい。
せっかく出たから全体像も。
シルバーじゃないんだけどシルバー。
重厚感があるんだけど塗りはなくて軽やか。
RAWの魔力。

BROOKSはどんな色にもマッチしますが
差し色のブリティッシュグリーンは
シルバーとハニーカラーの相性がこれ以上ないほど
抜群なのでよりまとまりがありますね。
FLOATのブレーキブリッジ。
細かな部分にも装飾補強板が入り高級感◎。
ラグにも魔力がある。
なんでなんですかね。
このいつかはラグフレーム乗ってやるぞ!!
って意気込んじゃう感じ。

昔っからあるし、ほかのものよりやっぱり値段もするし。
なんでこんなに惹かれるのかには理由は必要ないのかも。

これは昔から競輪やツーリングバイクで栄えた
クロモリハンドメイド文化が伝わる日本のみならず、海外にも
#steelisreal #lugsnotdrugsなどといった
ハッシュタグがあることからも熱烈な支持があると推測できます。

いいよね、ラグ。
シングルギアであることの潔いシンプル。
かといって別にシンドイってわけでもなく、
むしろ楽しさや壊れにくさなどのメリットもたくさん。

このオーナーはフリーではなく
FIXでよりミニベロシングルという
ある種ニッチなジャンルを楽しまれています。
FIXに関しては長くなるのでやめておきます。笑

僕のバイクは基本FIXなので
乗ってみたい方は是非。
速く快適に移動するための道具、
から道を楽しむ為の道具、へチェンジできますよ。

EBS/京都スタンドには
シングルモデルのFLOAT451Sの試乗車(Sサイズ)
ギア付きのFLOAT451Rの展示車(Mサイズ)
両方見ていただけます。

実はもう一台シングルのフレームや
マルチにシングル/ギアード変更可能なフレームが一本ずつあるのですが

シングルに関してはしばらく店頭のみのご案内(政治的理由です。笑)
もう少ししたら公開可能かと思います。

マルチに関しては
オーナー様のバイクを組みつつ店頭販売車としてシングルで組む予定なので
こちらはまた。
こちらがフロートステー。
敢えて溶接をせずに乗り心地を追求しています。
マテリアルはKAISEI022。

もちろんKAISEI019やKAISEI8630Rで製作することも可能です。

現在のFLOAT451Sのストック状況ですが
全サイズ予約完売、時期製作予約受付中です。
ですのでどうせ待つならパイプ素材から選定してみたりも
面白いかと。

超軽いクロモリミニベロに乗りたい!!
とかね。

ギアードのRはストック有り。
Sサイズは残念ながら完売、M/Lはございます。

今ストックのないフレームご予約していただいたオーナー様には
ささやかですが僕から早割的なこともさせていただいておりますので
お気軽に製作状況などお問い合わせください。

ちなみになんでSサイズからなくなってるのかというと。。
なぜかここ最近女性からのオーダーが増えていて、
ハンドメイドで小さいバイク!って感じの流れがきてるからです。

感度の高い大人の女性に満足していただけるよう、
しっかりかっこいいバイク作りの中にも
一抹の可愛さを秘めていこうかと思いますので
全国からお待ちしております!!

ではでは。。 今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service 
(#EBSbikes)

FLOAT 451 S

Lサイズ。
RAW以外もまたかっこいいんだこれが。。

Size: S(470)  /M(510)  /L(530) 

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


instagram #EBSbikes
(FLOATだけじゃないけど。。)

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)
 MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

Blog の過去記事を一覧表示します。