info@velostandkyoto.jp

TEL 075-406-1820

先週はお店はおやすみを頂きまして
皆々様ありがとうございました。

そして僕は今一週間分のオーダーを
本気でこなしておりますので
お待ちのオーナー様あとすこしだけお待ちください。

少し天気が不安定な一週間だったけど、
乗れそうな日は積極的に自転車、乗りたいね。

世間では
電車通勤の回避や
ジムが閉まっていることによる
スポーツ欲が単独野外スポーツである
自転車にスポットが当たっていて、
自粛だどうだは一旦さし置き、
EBSを選んでくださるオーナー様に
ただただありがとうございますと伝えたい。

「コロナ」以前に戻ることはもうなくて、
天災の多い、危機察知能力を
磨かざるを得ないこの日本国において
「謎のウイルス」が突然現れて、収束が見えない、
なんて出来事が追加された。

共に生きていくという選択肢のなか、
何をすれば良いのかは模索の模索ですが
自分の信じた道。

「移動が運動になる」
運動嫌いだった僕が
クソガキの頃からずっとそばにあったもの、自転車。
この最高の有用性や、楽しさを発信し続けようと思いました。

いざという、まじで地球やばいみたいな時は
雑草を美味しく調理して
まわりにいる人たちに食べてもらうスキルを
元料理人の僕は持っていますので(どんなスキルだよ
緊急時はMASNヤミ市へどうぞ。
飲食業の連れ巻き込んで
儲けなしのボランティアやります。笑

そんな今の僕は自転車を美味しく、
美しく仕上げる調理師。
災害に強い、どこでも走破できる
ブルドーザーみたいな自転車を作っても良いけど、
やっぱり自転車はふだん使い。

今日のバイクは女性オーナー。
本日ご来店くださったお客様も男女比50:50だったので
僕の目指す、老若男女が「イイ!!」と思って頂ける
お店作りが少しずつだけど進んでいるのかも。


そんなこんなで今日のご紹介は..

Engineered Bike Service
Horizontal 451



今回のHorizontal 451の仕様は。

人気のグリーン系のオーダーカラーで
ちょいとネオンみを感じる
ビビッドなブライト・マット・グリーン。

派手に見えるカラーもハーフマットカラーで
艶感を抑えることで可愛いカラーになりました。

こういう絶妙なさじ加減は女の子ならではだね。
日々勉強させて頂いております。。

オーダーの時の主なご要望としては


・ドロップハンドル


・シルバーのパーツがイイな


・グリーン/ハニーカラー


・本革を使う


・漕げば点くライト


・そんなに変速いらない


こんな感じ。

可愛い空気感を残しつつも生活感が出ない範囲で
楽で、服装を選ばない仕様ベースで煮詰めていきました。




Sサイズ。

今回はホリゾンの中で
一番小さいSサイズ。
Sサイズは本来受注生産で、
オーナー様のご身長に合わせて
サイズダウンしたりもするよ。

今回はレアで、たまたま製作した
480サイズがオーナーの女性にドンピシャ!

このサイズで探している方は
もしかしたら感じているかもだけど、
なんか形のバランスおかしいなって思う
自転車があったりする。

ホリゾンタル451はそのようなことがないよう、
ミニベロマスターが集まって綿密に設計。
誰が見てもすぐわかる黄金比。
バッチリです。  
 

フロントビュー。



ブラケットレバーなしで突き出しのない、
シンプルなルックスに仕上げたハンドル周り。
前傾姿勢で走りたいわけじゃないけど
ドロップハンドル可愛いなって
思ってる方はこんな仕様はいかが。

ちょこっと出たダイナモライトがレトロな感じでイイ。

ダイナモライト。


めちゃくちゃ光量のあるライトではないけど、
街乗りにはぴったりくらいです。
帰り道がめちゃくちゃ暗い(僕です)とかだと
もう一段階明るいのをセレクトしてもヨシ。

自転車のライトはLED、充電式が今一番一般的なんだけど、
当然充電しないといけない、どこかに持ち去られるリスク、
ハンドル周りがごちゃつく、点灯/消灯の長押しがめんどい、
など、便利になったならではの悩みもアリ。
もちろんめっちゃ手軽だし、
初期投資もかなり抑えることができるので
イイものはイイんですが。

それに比べ、
かなりの方が経験しているであろうダイナモライト。
ママチャリのタイヤにバチン!ってやって
擦りながら発電していたアレです。

超原始的。
自力で回して電力供給、点灯、蓄電。
スイッチのON/OFFいらず、
取り外しの必要もなし。

これは乗り慣れて何回も
充電されている方ほど共感していただけます。笑

「でも、ライト点けるとゴリゴリで重いじゃん」
そうなんです、そうでした。



今僕たちが採用しているダイナモハブは全て内蔵式で、
小型化/軽量化がなされた上に回転も軽い
持って回転させると当然ゴリを感じますが
乗るとアレ?ってくらい軽い。

街乗りのミニベロやクロスバイク、
シングルスピードにこそ採用して頂きたい、
一度使ったらやめられない最強のエコロジーライトです。

ヘッドセット。


ヘッドセットはChrisKing
もう間違い無さすぎて。

自転車で大事なのは(全部大事ですが)
やっぱりまずはフレーム
ここはおいそれと交換できない。
だからちゃんとしたやつね。
真面目にちゃんと作られた、
公表されているクロモリを選びましょう。

ホリゾンは国産のダブルバテッド
KAISEI022番のフルクロモリフルセットで使用してますよ。

その次は回転する部分
やはり自転車は回ってナンボ
なので車輪、クランクの
ハンドルを動かすこのヘッドセット

この三つが気持ちよく回ってくれなければ
乗って楽しい自転車にはならないわけです。

で、クリスキングのヘッドセットは世界最高峰。
街乗りにオーバースペックじゃ?
と思いきや、ちゃんと使って
10年以上交換しなくて良いパーツなんてそうはないわけです。

ヘッドセットというのはフレームに圧入するものなので
そう何度も取り外しするものではありません。
その割に常に手からの荷重、
地面からの衝撃を一手に引き受けながら
自転車をバランスよく走らせるためだけに
滑らかに動き続けるパーツ。笑

ちなみに最廉価なものを使用してもOKです。
ただし、どれだけメンテナンスしても2年ほどで
ガタがでます。。

そんな不安を抱えても仕方がないので
ヘッドセットにはそれなりのものを。
長く使う気満々ならば必ずです。




ブレーキレバーはこんな感じ。
ドロップハンドルですが、
フラットポジションをメインに使用していきますので
もちろんそこにブレーキをインストール。

シンプルで横姿も目立たないので
ミニマルでヨシです。

変速レバー。



変速は8段変速のレバーを採用。
ステムと呼ばれる自転車の首にあたるシルバーの部分に
直接マウントできるシンプルなレバーです。
実はありそうであんまりないパーツだったりするんだ。

手元で変速するので
デメリットも存在しますが、
そこまでガチガチいじらない、シンプルが良い、
構造もシンプルなので
壊れにくいなどの理由の方が大きいですね。

この写真から見て
左に(乗車姿勢的には手前に引く)
動かすとギアが軽くなっていきます。

右に(奥に倒す)動かすと
ギアはより最高速重視の重めのギアに。

最高にわかりやすいので
乗り出して15秒以内に自分のモノにできます。

ドロップハンドル。




コックピットまわりはこんな感じ。
BROOKSの本革バーテープ
NITTO×EBSのドロップハンドル。
使いやすくて軽さとしなりもあり、
イイ感じで衝撃吸収してくれて疲れにくい。

めっちゃ細かいポイントだけど
グリーンのバーエンド。可愛い。

乗車姿勢的なビューで見るとこんな感じ。
まるでブレーキついてないかのようなミニマルルック。
ハンドルの曲げもセクシーでしょ?


サイドビュー。

 
あらためて横から。  

EBSロゴ。



EBSのロゴはボックスロゴで。
貼るかどうか迷ったけど、
遠くから見た時にアクセント欲しいな。。
って思ったから。

結果、スポーツミックスでイイ感じに仕上がってると思う。
当然ブランドロゴなので絶対貼りたいデカールなんだけど。

組む前も最中も遠くから見たり
あれやこれやとアイデアが湧いて
急にオーナー様に連絡したりしますが
愛嬌とお捉えください。笑



トップチューブロゴはシルバーで。


ウッドチェーンガード。


今回はフロントはシングルってことで
できるだけ裾巻き込みにくくするために
こんな感じのウッドガードを取り付け。
見た目のアクセント、
レザーのハニーカラーとの相性も良くって◎


まあ、フルケースじゃないので
防御力抜群かと問われればそうでもないんだけど
可愛いからヨシ。

ペダル。



ペダルはMKSのGAMMAを。
女の子にはハード過ぎねえ?
って思うかもだけど
このペダル、大元のペダルは
軽快車用にも
採用されたことがあるくらい
みんなが踏みやすいという実績あり。

実際イイ感じです。
フラットペダルでロングライド、という時でも
けっこういけると思うし、作り込みに対して
圧倒的にリーズナブルなのでおすすめ。

キックスタンド。

 

街乗りでスポーツミニベロを
使うなら絶対欲しいよね、
スタンド。

今回はカゴなどの使用予定がなかったため
シングルレッグを採用していますが
もちろんダブルレッグもOKです。


 

リアビュー。



リアも良いですね〜。
何かを追い抜いた時、
後ろから見た時。
うわ、可愛い自転車!!
ってなると思う。

それで小さい車輪の
自転車ってなんて言うんだろう?
ミニベロって言うのかあ。
名前もカワイイな。
ってなって、
そこからEBSにたどり着いてくれたら最高だな。笑


 

本革のサドル。





サドルはBROOKSのB17STDを。
ブラウンは二種類あるんだけど、
今回は明るめのハニーブラウン。

エイジングで革が育っていく過程がわかりやすく、
飴色になっていく部分と
擦れて薄いブラウンになる部分。

デニムのような感性で、10年20年当たり前に使う
EBSのような自転車にはピッタリ。


ブレーキ。




ブレーキもコンセプト通りシルバーで。
おなじみのシューカスタムで
ケースもシルバーにしてます。

見た目がグッと
映えるカスタムということは
間違いないんだけど
見た目以上の恩恵アリ。

本来はケースなしの
黒いゴムのみなんだけど、
ゴムのみだとブレーキをかけた時に
柔らか過ぎて
パワー不足を感じることも。

その点をケースはクリア。
変形を抑え、グッと効く
ブレーキにグレードアップするので
費用対効果抜群のカスタムです。
 

タイヤ。



タイヤはPanaracerのミニッツシリーズのタフを。
ブラウンサイドでバイクとの調和も取れるし、
説明が難しいけど、すこし粘り気を感じるような材質で
グリップ力も◎

パンクに対する防御策ももちろん考えられていて
中に硬めのシートが入っていて貫通を回避します。

ちなみにもうひとつ細いバージョンもあるので
より走りたい、軽い走行感を得たい方はそちらをどうぞ。

変速機。





最後に変速機を。
ここは普通に組んでいけば
かなりの確率でブラックになります。

時代の流れには逆らえないのか?
クラシックなシルバーパーツは絶滅してしまうのか?
そんな問いかけを孤軍奮闘、バリバリ活躍するのが
このマイクロシフトのシリーズです。

世の中のこうした自転車の
メカ類を作っているメーカーとしては
やはり外せない日本の「SHIMANO」
アメリカの「SRAM」
あとあげるとすればイタリアの「Campagnolo」
というところ。

「MicroShift」は台湾のメーカーで、
最先端のレース仕様などではないですが
「これ!これ欲しかったんや!」
っていうのが見つかるメーカー。

MTBとロードバイクを
クロスオーバーさせてみたり
共用できる旧規格を敢えて復活させたり
やることが全部シブい。

いろいろ出てるけど、
本当に必要なのはこんな感じでしょ?
って言われてるかのよう。

僕達はシルバーのパーツを使って、
現代のバイクをクラシカルに、かつシンプルに
見せることが好きだし得意なので
かなりこのディレイラーには頼っております。

ちなみに今回までのHorizontal 451は特別仕様で
ロードエンドの追加工が無料アップグレードでした。

なのでこのHorizontal451は
シングルスピード仕様も可能となっております。
オーナー様の使い方に合わせて
かなり幅広い変化が可能となっているので
末長く使っていただけます。 ちなみにリアハブはShimanoの105を使用。
(撮るの忘れてた)
なので11段変速にも対応しているので
逆に変速を増やしたくなってもOK。



いやー、今回のホリゾンもよかったですねー。
かなりビビッドなグリーンですが
こんな感じでレンガとかとも合うし、
今だったら桜とかもイイ感じで合うと思います。

というか最高の季節に納車!!

もうこころゆくまで走ってください。

ドロップハンドルながら、
決してスポーツに振り過ぎず、
かなり良い都市部のスポーツミニベロに
仕上がっているかと。


今週もたくさんのご来店ありがとうございました。
特に日曜はガッチリ良い天気で最高でしたね。

世は自粛がよぎるけど、
SNSやこんなブログでも見ていただけたら幸いです。

けっこうメールでの相談やインスタのDM、
そこからのオーダーも増えてきていて
どんな問い合わせでも最終、EBSに限らずお客様が
自転車に親しみを持っていただけたら最高だなあと
思っているので気軽にお問い合わせくださいませ。

好きで入った自分のチームのブランドなんで
至極当たり前でしかないんだけど、
この熱量で自転車売ってるヤツもそういないと
自負してやってるんで、
是非親しみを持ったあとは
EBSのバイクオーナーとなって
サイクリング楽しみましょう。笑

ではでは。。

MASN



Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451


こちらは同じ変速段数、
8Speedでゆったりハンドル、
荷物を載せるラック付き。
マットスモークカーキ。
Mサイズです。

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


instagram #EBSbikes

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

うーん、天気。笑
京都マラソン、どうなってるんだろうか。

まあ天気ばっかりは仕方ないよね。
自転車だとロングライド中に
シャワーコンディションになったりすると
むしろテンション上がってしまう系男子のMASNです。

去年のライドイベントも
雨降るの分かってて強行したし、
その前の乗鞍チャレンジも降水確率100%で挑戦しております。笑

やっぱさ、社会人じゃん。
まあ僕は幸い自転車屋さんなので
「自転車」で何かをしにいくことに関しては
おやすみを取りやすかったり、
むしろそれすら仕事にしてやろうという
良環境ではあるんだけど、
一緒にいく人はそうはいかないよね。

大の大人が同じ日に、同じ目的を持って
2、3日の休みを取って集まる、
ってのは
なかなか実現する事じゃない。
だから集まれた日は雨でも風でも行こう。笑

中止になった、走らなかったあの道も記憶には残ってるけど、
やっぱ「うおおおおお!雨ええええ!」とか言いながら
走ったあの道の方が、ね?

ちょっと雨なだけでこんなにどうでもいい話。

今年はシンプルにライドしたいですね。
やるやるいっててもう4年やってないピストバイク完全ビワイチや
シングル以外で四国カルスト(入るまでの道のりがえぐい)
あの頃に戻れる須磨海岸キャノンボールなど
無駄に体力を消費したい欲がすごい。

そんな今日はまさに「オールロード」。
グラベルロード的感性やロードバイクとしての思想はもちろんあるんですが
オーナー様の向かう土地、距離。色々考えてみると
全ての舗装路〜ちょいと非舗装。
全部走りきってしまうんじゃないかという走り込みからの載せ替え。

次のフレームに選ばれたのは

Engineered Bike Service
STUFF / Disc(700C)



今回のSTUFFはMサイズ。
パーカークリアロウカラーで、700Cで組んでます。

ザ ロードバイク!
という組み方に雰囲気を壊さない太すぎないタイヤ、しかし
走り込んだオーナー様がこの太さであればライドに耐えられる。
と判断した絶妙なサイズ。

とはいえ今ロードを組むならグラベルも当然気になってると思う。
色々行けて、オンロードから急な荒地でファンライドも可能だよ!
ある程度タイヤ太めでいこうよ!
ってバイクアッセンブルもあるし流行ってるし、
定着してるし、みんなやりたいし。

うーむ。
じゃあ実際どんなフレームにすりゃいいんだ?
もはや吊るしではないし、それなりの、ずっと使えるフレームで、
やろうと思えば色々できるやつがいい。

もうまさにそれがSTUFFで、今回はロード、ランドナー、
ちょいグラベルの思想を汲んで組まれたのがこのバイクです。

最後に650Bで組んだSTUFFの過去画像も挟むと思うけど、
STUFFは本当に多彩です。
アイデア次第だし、やればやるほど僕もアイデアでますし。

最新のモダン規格に変更も可能ですが、
今回は敢えての100/135/QR。

世界一周した人に聞いた時も、なんだかんだ
どこでもリムが手に入ったのは26インチ。って言ってたし、
最新規格がどこでも取り扱ってるとは限らない=その時点でいったん旅終了。
ってのが
旅するバイクの常なのかも。

オーナー様はブルベの世界の方で、
まあそれはそれは変態度の高い(至上の褒め言葉)ものです。

そのなかでも最高峰。「パリ-ブレスト-パリ」認定者の方です。 Wikiには「往復1200キロのサイクリングイベント」
って書いてあってなんかたのしいお祭りの語感だけどこれは過酷でしょ。笑

そんなオーナー様が、次の相棒にSTUFFを選んでくれたのはうれしい。
フロントビューから。
STI、ハンドルやペダル、クランクなど
前のバイクから引き継げるものは引き継いで。

ちなみに先代のバイクはフラッグカラーのPanasonic。
あのバイクも撮っときゃよかったな。
やっぱハンドメイドバイク体験しちゃうと
もうハンドメイドしか探さないよね。

1インチスレッド/リムブレーキ/それに合わせた
華奢なチュービングなバイクでした。

そこから重量増を限りなく抑え、自分が本当に必要なサイズで、
パイプの大径化、国産ダブルバテッドのKaisei022のみを使用した
肉薄化により、ディスクブレーキになっても
かなり重量は抑えることに成功しています。

プラスで今回は前にはなかったフェンダーを。
・今より太いタイヤで
(パリは思いの外悪路が強めらしく、
走行性能を損なわないギリが25-28Cだったそうです。)

・フェンダー付き
(フランスで、一人雨に降られるのはきつい)

・大光量ダイナモライト
(真夜中、謎の物音のする森をひとりはきつい、
充電池やライトを大量に持ち歩くため重いのが嫌)

・スリーボトル
(ドリンクと別でツールボトルが欲しい)

などなど、お話を深く掘り下げれば下げるほど
「あ、これは現代的なランドナー、パスハンティングが求められている」
と感じました。

お話ししながら大会の様子を画像で確認していくと
誰でも知ってるエアリーな超高級バイクたち。
そんな中、旅しまくりのオーナー様が
京都で、京都の自転車をチョイス、
ある種クラシカルな見た目をオーダー、
ってのはパンクでロックな精神を感じたし、
僕も絶対感性合うと思いました。

1200キロどころか350キロくらいが限界(しかも二日半かけた。笑)
の僕ですけど勝手にリンクしてた。
フォークは三ツ穴加工。
バイクパッキング的にも、ピアス的おしゃれな感じでもいいと思う。

ちなみに裏はダイナモライトを内装するための
インターナル用のトンネルがあいてます。
このへんは頻繁に輪行するだろうな、って思ったので僕から。

ダイナモの配線は高級種でもまじかよ?みたいな
カプラーのものがあるので
取り外ししやすいアダプターを配線し直し、
ちょっとやりすぎ目に防水してます。笑



ダイナモは間違いのないSON。

回転性、堅牢性、防水性、メンテナンスフリー。
全てが高水準。

今回はレースシーンでの使用ですが
街乗りでもまずはおすすめさせてもらうことの多いダイナモハブ。
夜に自転車乗ることが多い方は共感いただけますが

・ライトの電源を長押しして点灯させるのがめんどい
・充電切れ/電池切れ(特につけっぱにしてしまった時の無防備な翌晩)
・ライトの電源を長押しして消灯させるのがめんどい

…なんかこれだけ書くと僕が真性のめんどくさがり(確かにそうだが)
と思われがちなんですが、ライトを常用すると本当に思う。
大容量の充電式も一つの手ですがこれまた重いんですよ。。 初期投資は確かに必要ですが、余りあるメリットです。
ホイールを手組する時に組み込んでしまうので
はじめにやっておくのが一番。

ちなみにSONのダイナモは現在全在庫切れ。
ドイツやアメリカのパーツは超高品質ですが、
国内にない時はもうほんと全くないので、
フレームと同じタイミングくらいで押さえておくのが最高です。
おそらく現段階で最強のダイナモライト、SinewaveのBeacon。
はじめて使った時のシルバーは残念ながら
撮影禁止だったのでBKがEBS的なはじめて。
ちなみにカラーオーダー可能で、細かく色味も決められます。
が、めっちゃ時間かかります。笑

なんといっても光量。
まじで明るい。アドベンチャーライドだったらもう絶対コレだし、
街乗りでも暗い道を走る、例えば淀川のサイクリングロードとか走るなら
絶対便利。

市販の充電式ライトの最大光量くらいが低回転時からすでに出てます。
充電式だったらその出力だとだいたい保って1時間くらい。
ということは大阪→京都間すら保たない。

あとはわかりますね、そういうことです。

他のメリットは、
モバイルバッテリーからでも点灯可能、なので
常時点灯も可能。

そして逆に走りながらバッテリーやスマートフォンの充電も可能。

自分で電力を発生させるという原始こそが到達点であったという
退化が進化みたいなお話。

 
めっちゃわかりにくいけど、夜こんな感じ。笑
伝われ、この明るさ・・!!!


これgifサイズ大丈夫か?笑
手で車輪を回しただけでこれ。
一度走り出すと蓄電するので
停車時も淡く点灯するんですが、それすら明るい。

SONの回転の軽さと相まってほんと最高です。
なんか夜の画像だったんで時を戻そう。
ヤッパ鴨川は良い。
川が生活の中心。

さて、紹介に戻る。
タイヤはコンチネンタル。
ロングライダー御用達。

ヘッドパーツはハードユーザーもファンライダーも、
長く乗るならストレスフリーなヘッドチョイスを。
安定感は神話クラスのKINGを。
MATTJETカラーです。

アクセントで日泉のクリアブルー。
パーカークリアロウに最高に合う淡いアイボリーの縁ドリのEBSロゴ。
このシンプルで、ちょい昔っぽいのがいいよね。

シンプルで良いフレーム、僕は大好きなんですが
ミニマルに削り過ぎてしまうと何が何だかわからなくなるので
この3文字の主張とその他、最低限のEBSとしての証、気に入ってます。





この走り込みまくったデュラクランク/アルテチェーンリング
105で繋いでMTB用のSPD。
トータルコーディネートではないですが
実用的に集められ、使われてきたパーツたち。 ツールボトル用のチューブ下ケージも一般的になってまいりました。  
後ろ半分はこんな感じ。
リムはDT swiss 、スポークもDT swiss。
ロード系ディスクリムの中では軽量かつ強靭なシリーズです。 スポークはダブルバテッドの軽量タイプに軽量なニップルの組み合わせで。
持ってすぐわかる軽さ。
もちろんタフな使用環境なのでいたずらにスポーク数は減らさず32Hで。
フェンダーはSKS。
シンプルに軽くて良いですね。
街乗りではHonjoを使わせてもらうことが多いけど、
スポーツバイクとしての性格を素直に伸ばしていくならこっちかな。
リアハブはWhite IndustriesのCLDを。
やっぱね、間違いない。
フロントのSONもそうだけど、堅牢性や回転の軽さに加え、
ハブそのものの軽さやハウジングの硬さ、フリーの軽い気の利いた音は
やはりホワイトというところか。 ちなみにディスクブレーキは機械式を。
元のパーツを引き継ぐため、ということもあったけど、
運用や持ち運び、緊急時の使いやすさをトータルして。

街乗りのお話をするとロード引きのディスクキャリパーは
ブレーキレバーがオシャレなやつ多いからその辺で選ぶのも◎。
ああ、そういや京都ってこんな感じだったよな、
って思うくらい例の件で外国人の方が全くいない祇園。笑 嵐山も空いてて
逆にアリだと思ったね。 もちろん怖いし、できる限りの防御姿勢は取るんだけど、
僕は大阪で働いている時の御堂筋線が一番怖いです。笑

連続で大阪で働く時は自転車で
淀屋橋-堀江間を行き来するのですが、
確実にこっちの方が早いし楽。

海外生産でもアジア生産のものは思わぬ打撃を受けそうですが、
フレームはオール国産なのである意味良かった。(のか?)
アメリカパーツやドイツパーツなど、
リアルな海外クラフトマンパーツがどうなるかはわからないので
パーツの確保はした方がいいのかなあ。
わかんね。笑 ただ、僕はけっこう人でごった返しているTHE観光地!
という京都がけっこう好きだったりする。

とりあえず僕は目の前の一生懸命自転車組むので
熱中しているうちにどこかの天才が事態収束してくれるだろうと。笑
海外遠征系バイクってことで
「サガン」も撮っといた。   ちなみにオーナー様は
組んでる間はタイに遠征、
今は沖縄でブルベ中です。

南国的な写真送ってくんろって言っといたんで
もしかしたらEBS×OKINAWAな写真があがるかも。
僕はライドしている時に夢中になりすぎてあんまり写真撮らないので
ぜひお願いします。笑 STUFFに限らず、
EBSオーナー様、どこかしらの映えスポットで撮ることがありましたら
ぜひEBS京都、ベロスタンド京都までよろしくお願いします。笑  
お花も咲いてきて。
ここからは京都的にはほんとライドが楽しい日々。
僕も次のおやすみは
地鶏のすき焼きを食べに山へ行こうかと思います。
そのあと温泉。
帰りはゆるやかに下る道。

京都市内から1時間で完全自然まで突入できるのも
京都

嵐山まで30分で自転車で行けちゃう上に
早めに行けば本来並ぶファビオの
(超イケメンイタリア人)ピッツアも食えるのも
京都。

食うことばっかかよってなるけど、
僕を突き動かすのはおもにそれ。笑
最近はグラベル強めだったり、街乗りに特化させたミニベロなど、
マルチなんだけどはっきりしてる。
みたいなバイクを組んだりしていましたが
遠くまで行くためのバイクに必要な最低限の、だが確実に歩を進める
速くて丈夫なロードバイク。

こんな感じのオールロード、ディスクロードバイクの
魅力を改めて発見できたかなり良い経験値だったし、
ホント貴重なお話やデータも聞けたので
これからのアッセンブル力もバチ上がりです。

長く共にする相棒を
EBSでぜひ。
手塩にかける喜びはもちろん、
僕自身もどんどん成長して、
オーナー様に愛された年数を増す毎にEBSに乗る喜び、
倍増させていきます。
あの一本橋を
ごく日常のこととして使用していくこの感じも京都。
川がみんなの中心。 鴨川を走るためのバイク、みたいなのも作りたいですね。
鴨川は街乗りで必要な全ての要素を抱えてるので、
あそこ走って楽しい自転車が街乗りスポーツバイクとしては
最強でしょって勝手に思ってます。笑

もちろん日本製、日本のパイプで、
丈夫で、京都でハンドメイドっていう
EBSの根本はそのままに、
なんか、シンプルで乗り出し価格を抑えた
入門機なんだけど絶対にそこにおさまらない、
拡張性に富んだ、はじめてスポーツバイクに乗って
自転車がどんどん好きになるようなバイク。

カゴ、乗りやすいハンドル、ドンピシャのタイヤの太さ
かわいい色、ドロヨケ、などなど。
サイズも考えて、女の子にも気軽にハンドメイドバイク
いっぱい乗ってほしいな、って感じ。

仮に製作ベースに乗って、公開の日が来ても
日々ブラッシュアップされまくりな毎日なので
もっと最高なもの、できてます。
欲しい方はぜひ。笑 ではでは。。

今回ご紹介したバイクは・・・
Engineered Bike Service
STUFF





同じフレームのSサイズ。
コミューターとして組むとこんな感じ。
これも最高。最高はひとつじゃない。

SIZE: S (510) M (535) L (560) 
適応身長:160cmくらいから〜

KASEI022 ダブルバテッド フルクロモリ

フレームの詳細はこちら

instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

天気わる。

12月も半ばに。
暗くなるのも早くなって、EBS京都のナイトモード
(ただのライトアップ)も
18:00くらいからはじまる感じです。

真っ暗でもよければ試乗できますし、
割と夜にもきていただいてるので気にせずどうぞ。

年末年始でみんなバタバタしてるかもだけど、
今日はこの時期にオーダーしておいたほうがいいよ、
ってバイクを。

ってことで今日のご紹介は…  

Engineered Bike Service
Leaf Long


他とは違う子ども乗せを。
って時は必ずと言っていいほど挙げていただけるようになった
京都はEBSのこどものせミニベロ特化フレーム。

このミニベロとは別に
LEAF451っていうタウンユース/スポーツなフレーム思想を基に

前後のクリアランスや上下のクリアランスも計算しなおし、
お子様を前後に、当然増える荷物を難なく載せることができる。
重心も低く安定感も抜群、単純に重量が低いので取り回しが軽い。

このEBSのバイクは毎回の製作量を徒に増やさずに、
本当に必要なオーナー様へ、できるだけ低価格でお届け、
永く使っていただく為の努力を怠りません。

毎回小さなアップデートを繰り返し、
より乗りやすく、よりタフに仕上がる
リーフロングの2020年の製作がもうすぐはじまります。

クロモリパイプの選定、溶接、塗装、
パーツの選定、組み付けまで一貫して全て手作業、ハンドメイドで
行なっている為どうしてもオーダーから
最低2ヶ月ほどの製作期間をいただいております。

やはりこどものせミニベロの名前通り、
4月からはじまる送り迎えのシーズンに
年間でも最多のオーダーをいただきますので、
今くらいから1月末くらいまでにオーダーをいただくのが
最高のスタートを切れると思いましてこのようなブログを書いております。

オーナー様、感度高めのお母様、お父様のおかげさまで
2020年は今までよりも多くの台数の製作依頼があり、
工房のビルダーをはじめ、直営専門店であります僕たちも
本当に感謝しかございません。 ってことでそんな京都発信、
当店こどものせ最強LEAFLONGを今日は
チェックしていこうかと。


今回のリーフロングは
こどものせ自転車としては
まずウチ以外はやってないだろうという
(というよりファミリーバイク自体ハンドメイドでやってるとこがない)
こどものせミニベロをRAWカラーでやる、という
全方位カッコイイ仕上がりにのナイスバイクを。

ロウカラーってなんぞや、ってことにサラッと触れると
まずは店舗にご来店頂き、
好きな色を選んでカラーリングを決めていくカラーオーダーから
チョイスがはじまるんですが、
「塗らない」選択肢を選ぶのがロウカラー。
RAW。

もちろん何も塗らない、のではなく
クロモリの鈍い輝きがより映えるようにフレームに磨き入れをし、
そのあとに透明の塗料を吹いていくというやりかたです。
ちなみにその透明の塗料をマット塗装にし、
より落ち着いた色合いにすることも可能。

端々に残る溶接の痕、真鍮を溶かして溶接をした部分はブラスカラーが
残るなど、ちょっとマニアックに聞こえますがメチャクチャ人気色です。

ここまで聞くと男性受けしそう、って思うでしょ?
じつはこのカラーシブい!いい感じ!っていってくれるのは
女性の方が多いんです。

本来ポップに寄っていくチャイルドシート等の装備に
この武骨さ。かっこよすぎでしょ。

バイクのスペックとしては信頼性の高くて値段もお求めやすい
世界のSHIMANOパーツをベースに僕たちにお任せいただいた
こどものせミニベロコンプリート。

もちろんコダワリのエッセンスを散りばめていただくこと可能ですし
大大大歓迎ですが、
いや、細かいことはわかんねえよ!
って方が大多数。
え?自転車ってこんないっぱいのパーツからできてるの?
って感じるかと思います。笑

なので大筋をこんな乗り方!
って言ってもらえたらそこに合わせます。

さっき言ってたフレームカラーが決まったら
次は細かいところ。

グリップやサドルの握り心地、乗り心地、素材。
漕いだら勝手にライトが点く、充電いらずなやつにしたい。
カゴの形。
チャイルドシートの種類。
後ろ乗せの時期を決めたり。
タイヤを長持ちするものにしてみたり。

そんな感じです。
使い方や今まで乗ってきた自転車の種類、
お父さんと共用、将来的にどんな自転車にしたいか。
などで僕から提案させてもらうことも。

フロントビューからのショットもイケてる。
この籐カゴの為に製作した専用ラックに
パーツやチャイルドシートは
シルバー/ブラック基調のモノトーンカラー。

ブラックやシルバー基調の子ども乗せは
僕も街中でかなり見かけるのでおそらく全国的にも
かなり人気だと思いますが、
「これどこの自転車?」
って聞かれるような不思議な魅力アリ。



ちなみにチャイルドシートは
Thule/Yepp/Bobikeなどのヨーロッパブランドを使用することが多いです。
今回はまだ取り付けてないけど、
EBSのこどものせミニベロ用のリアキャリアは
Yeppのチャイルドシートがアタッチメントなしで
取り付け可能になっているので、前後スッキリ合わせたり、
ならYepp、いい感じです。

このアタッチメントがまた1キロ近くあって、
せっかくの軽量こどものせミニベロなのに。。
ってなっちゃうのでこれは最高です。

ちなみにBobikeもバッチリ取り付けOK!

で、フロントにお話を戻して。
そんなヨーロッパブランドのチャイルドシート、
色展開も豊富だし、ポップなものからソリッドでかっこいいやつまで
かなり多彩なんですが、フットレストが結構長い。
一般的な子ども乗せにかっこいいチャイルドシート取り付けようと
試みた方はご存知かもなんですが、カゴが邪魔で取り付けに
ちょっとした改造が必要、、だったりします。

このへんは大阪堀江のvelo life UNPEUの得意分野で、
子ども乗せ、キッズバイクを専門に扱うフロアがあって
僕もそっちのお店にいることがあるのでかなり勉強になってます。

で、そのへんはモチのロンでLeaf Longには盛り込み済み。
カゴやラックを取り付けて、フットレストも限界まで出してもOK!
カゴも重心が低いので安定感◎です。


Yeppのチャイルドシートは
発泡成形でなんともいえないクッション性をもっていて
濡れても染み込まないので拭きあげるだけでOK、
通気性◎、なんてメリットがありながら
なんといっても乗り心地抜群(らしい)。笑
乗った子の表情調べ。

実際いい感じの弾力があり、衝撃吸収、ちょうどよいしなり感で
かなりいい感じです。

スーリー、イエップシリーズおなじみの
キッズハンドルつきってのも◎。
一足先に運転気分。

スタンダード、かつリーズナブルなコンプリートで
自転車のパーツ類をお任せいただく場合、僕たちが色々使ってきて
「これ、お手頃価格だけど良いよね。」
ってその時その時で全会一致したパーツたちを使用しています。



サドルもスタンダードなものを。
もうちょっと座面がおおきいやつがいいな。。
本革が良い!
股を圧迫しないデザインで。
なども可能です。

サドルはホント種類が多くて
サドル沼なんて沼に落ちた悲劇的伝説も
スポーツバイク界では多数存在するほどなんですが、
割と万人に合う「解」あります。




リアはこどものせミニベロ専用スタンドが標準装備。

実は他メーカーのバイクにも
専用でEBSで製作しているんですが
毎回絶対ストックできるだろ、、
くらいの数を製作しているつもり。

なのですが
嬉しいことに今までの全てのスタンドが予約完売です。

もちろんLEAF LONGのオーダーを頂いた時点で
このスタンドもセットで製作スタートするので
スタンドに関しては予約要らず。

iPhone並にアップデートを繰り返し今の形に。
超安定感あります。

将来的にチャイルドシートを外して、
最強に荷物が載るカーゴバイク的な使い方をしていくならそのまま、
より軽いダブルレッグのスタンドに交換して、
自分だけで乗る快速ミニベロに変更することも可能。

この第二章的使い方が
EBSの本領で、LEAFLONGのコンセプト。
スタイルや、取り巻く環境は刻一刻と変わるけど、
コイツはずっとそばにいます。



タイヤはスーパーロングライフ、耐パンク性能抜群、
スポーツを犠牲にしない快適な乗り心地、な
名前の通りな「マラソン」
ストックがある時は是非触っていただきたいのですが
めちゃくちゃ分厚い。

で、中にプラスチックの緑の板みたいなのが入ってるんですが
これが尖ったものなどからガード。

もちろんリスクはゼロではありませんがかなり信頼度高い。
急いでるのにパンク修理..なんて嫌ですもんね。

ちなみにE-BIKE READYという規格を採用しており、
今の電動アシスト自転車は大体32kgくらいなんですが、
その車重にも耐える高強度なウォールを採用しているので
ねじれやヨレにも強く、安定して走れます。

ちなみにこのLEAFLONGは車重半分以下の14.6kg。
駐輪場内での取り回しや乗せる、降ろす。
そういった日常での軽さのメリットの他、
車重が軽いからキビキビ走る&僕たちのミニベロのノウハウ
が存分に活きてます。

スゲー細かいとこだけど、
ブレーキワイヤーのエンドをパープルに。
僕からのイースター的プレゼント。
個人的にRAWとパープルの相性は最高だと思っています。
余計なこと、してないよね?笑

  リアビュー。
だいぶ大人な感じ。
このEBS的なインダストリアルな感じのカラーリング、
お母さんに響いてくれててめっちゃ嬉しい。

ループしているフレームワークでまたがりやすさ抜群。
大きく足をあげたくない方は多数いらっしゃると思うのでここは鉄板。

副次的ですが、ちょっと腰痛が。。とか、
体の負担を気にされている方にも良い感じです。

で、実際漕いで、どうなんだ、というと、
もちろんスイスイ。
ここは試乗車ありますので是非。

フロントチャイルドシートが足に当たってガニ股になる問題が
世の自転車にはけっこうあるんですがもちろんクリア。 めちゃルーズなワークパンツで申し訳ないですが
ギリ男の僕が乗ってもクリアランスは確保。

ちなみもひとつ問題として、
リアチャイルドシートのフットレストが
自分のかかとに当たる問題もヨユーでクリア。

ただそこのクリアランス確保の為に伸ばしただけ、ではもちろんなく、
この後ろを徒に伸ばすとなんかヤボったくなっちゃうトコを
絶妙な数値で。
良い感じ確定。
あとはスタンド蹴って発進です。   年内の営業日は残り少なく、
後4日です。笑
なので試乗やご商談、ご相談など、
年内はお会いできる機会が少ないかもしれませんが
12月は29日の日曜まで営業しておりますので
スケジュールご確認くださいませ。

ご来店をお電話やメールなどでお伝えいただければ
その時間帯を予約優先させていただきますのでよろしくお願いします。

予約なんて値打ち効いた言葉を使いましたが
この小さいお店に人がたくさん来る!
ってことでもないのですが、どうしても一人でやっておりますので
お一人様ずつお話させていただくといった形です。
なのでやんわりしたご予約で結構ですし、
フラっときて頂いてお待ちいただけるなら
大したことはできませんが
コーヒーでも飲んでお待ちください。



同じく京都のWEEKENDERS COFFEE 様の珈琲豆を
最近の期間は使用しています。
オートマシンなのでお店さんの味を再現はできないんですが
ウマイです。

年末あと少しですが
LEAFLONGにバチっときた方は是非ご検討ください。

過去記事ですが
LEAFLONGの記事もどうぞ。

もちろん他の車種に関しましても
年末に来京、帰京、帰洛の方いらっしゃると思うので
是非どうぞ。

この年の瀬に、ってことで何かしら
僕からお得なご提案できるように考えておきます。笑

京都に帰る、帰京?帰洛?
日本語むずかしいですね。笑

ではまた来週。
2019年最後のオープンは晴れたらいいなあ。

今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service
LEAF LONG 


ネイキッドだとこんな感じ。
ちなみに思いの外スポーティで
めっちゃ走ります。笑
好き。

Frame size: One Size (450)
Tire size 20inch (406)
適応身長:150cmくらいから〜

国産KASEIパイプ フルクロモリ

フレームの詳細はこちら


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

さて、今週も日曜日が来ましたね。
EBS京都、ブログアップのお時間です。
今週末はあんまり天気が良くなかったですね。。
合間合間でご来店くださったみなさま、ありがとうございます。

僕はといえば
お待たせしていたフェンダーのオーダーを黙々とこなしておりました。
何かを削っている時間の方が長かったですね。。

ですがだいぶ自分なりに追いついたので
ここから先、2019年のEBS京都スタンドのオープン日も残りわずかですが
ご来店くださるお客様の為にお時間合わせることができそうですので
是非皆様ご来店ください。

ちなみに12月は29日の日曜がラストです。
1月は4日の土曜からとなりますのでよろしくお願いします。

そんでもって今日はミニベロ。
最近問い合わせのめちゃくちゃ多いシングルスピードミニベロから
ミニベロピスト、もちろんギアードのミニベロからミニベロロードまで。

かなりのご検討のお電話、
ご来店、そして決めて下さったオーナー様まで
かなりの数のご紹介をさせていただきましたが、
今日のミニベロは完全なる黄金比。
これ以上ないくらいの正統派ミニベロです。

表題のとおり
おしゃれなミニベロ、かっこいいミニベロ、かわいいミニベロ。
なんだか安易だし、そんな感じで選んで良いのかな?

いいんですよ。
むしろそこにしか真理はない。

この話題で必ず一度は上がるのがこの僕たちが「ホリゾン」と
親しみを込めて呼んでいるHorizontal 451です。

見る人が見たら「普通じゃん」ってなっちゃうかも。
だって、ホリゾンタルフレームのミニベロなんて世の中にたくさんあるし、
僕は別店舗にて他社様のものも含めミニベロをかなり触るので
良いものもたくさんあることも知ってる。

そもそも名前がホリゾンタル。

でも、それじゃあなんで
かっこいい、かわいいが混在していて
おしゃれであるという評価を得て、
老若男女(マジで)に乗って頂いているのか。

フレームワークが真面目だからです。
なんにも知らなくても
美しいと思えるものってあるじゃないですか、完成、未完成問わず。
あの誰が見ても「良いな」って思う絶妙な造形がホリゾンにはある。

そんでもって
やりたい仕様にマルチに変化していける柔軟性。

フレームが良いのはわかった、だけどリーズナブルに。
ミニベロカスタムしたいけど、カスタムに耐えるフレームがない。

この相反するご要望を完璧に満たすフレームがEBSにはあります。 今日のご紹介は…

Engineered Bike Service
Horizontal 451

Lサイズだよ。(545)
まっすぐですっきりとしたデザイン。
誰が見ても美しいとされる比率をミニベロに落とし込んだフレームなんですが、
ホリゾンタルなトップチューブ以外にももちろん緻密なロジック有り。

このバイクを見て、
あれ、、この仕様は。。
って思った方はかなりミニベロを掘って頂いてる方かと。

今日ご紹介するのは2台。
同じフレーム、同じ仕様のお揃いで。
カラーを好きな色に塗って頂いたなんとも羨ましいペアバイク。

ちなみにご相談は
大阪は堀江のvelo life UNPEU(ベロライフアンプ)で。
週のうち何日かは大阪にいるので京都遠いんだよ!!
って方はこんな形でも。

たまたま大阪にいた時にご商談をさせて頂いたのが僕で
当然のように京都のブログにあげるというわけであります。笑

UNPEUのインスタの方でもUPしてるので
見た事ある方いらっしゃるかもだけど今一度。
Mサイズだよ。(520)
ね、バランス良いでしょ。
今回は街乗りがしやすいように出来るだけトラブルレスで
交換品や修理、メンテナンスもしやすく考えた
通勤や通学、街乗りからお買い物に適した部分を伸ばし、
今回はもちろんデートに最高なゆるポタ最高な仕様に。
(デートに最適がわからない)

プラス、輪行旅行をお考えだったので
乗りなれたらすぐにでも
電車や車に載せて非日常を日常に変化させる準備つきで。
こっちのホリゾンはブリティッシュグリーンを
ワントーン暗めのグロスでペイント。
シルバーとハニーカラーとの相性が人類始まって以来のバチハマり。
こっちのホリゾンは
同じくEBSのFLOATシリーズのオリジナルカラーのメタリックネイビーを。
ラメ感のある奥行き感が特徴で、
多層のぽってり感が柔らかさも印象させるベストセラーカラー。

こっちの革はブラウンをセレクト。
ブラックも、ハニーも有りですよね。
なんだったら赤みの強いカラーも絶対いける。

どっちものカラーで言える事だけど、
一見突飛だろ、ってカラーも要所をおさえておけば確実にイケます。
特にヘッドパーツやBBなどの見えるんだけど見えない、
みたいなところはもう何してもイケます。笑

僕のバーエンドは片方GOLD、片方REDで、
ギアはマジョーラカラーなので。。笑

カラーリングは自由。
自転車カスタムのおもしろいところ。

本革のパーツたちはもちろん長持ちなので
一緒に育てていく感じもまた良いです。
今日はこれ画像多めだな。
コックピットまわりはこんな感じ。
お互いのバイクは完全にペアなので使い勝手も一緒。
ペースも合わせやすそうでいいですね。

BROOKSの本革グリップに
1×8のスタンダードかつ比較的チェーンなども長持ちな上つかいやすい
ラピッドシフトタイプを。

レトロなやつが欲しかったり、ハンドル周りシンプルにしたかったり、
ドロップハンドルやブルホーンなどシフター取り付け問題が発生する
ハンドル希望の場合もご相談ください。
使いやすいレトロなシフター ストックしております◎。

ヘッドは1インチスレッド界の最後の砦、
TANGEのスーパーポリッシュ。
まあ、まだKINGもあるんだけど、かなりレアです。

シールドで長持ち、メンテ楽、ってところに
ハイポリッシュの輝き、
そしてTANGEやSHIMANOをはじめとした
日本製品あるあるの性能に対する謎コスパ。

本気でその値段でやるのか?
というジャパンプライドMAXのヘッドです。
ベルはOiのLUXEを。
より高級感を、そして優しい音を。
ハンドル周りによく馴染んでいてかわいい。
ワイヤー類はNISSENのクリアアウターにしておきました。
非常に柔らかい作りになっていて、
ブレーキやシフトの引きが一段階、いや二段階アガります。

単純に高級感あっていいよね。
透明のケーブルでここまでの質感だすのはNISSENならでは。
ペダルはMKSのシルバンツーリングNEXTのEZY、スーペリア。
工具なしのワンタッチで取り外しができて、
輪行時に一番横に出てくるペダルの突起を無くします。

ミニベロは本当に輪行有利にできてるので、
せっかく乗るならどこか知らないところをツーリングする、とか
あそこのあれ食べに行こうとか、帰るのめんどくせえから輪行で帰ろうとか
多彩に交通機関利用してみてください。
サドルバッグもお揃いでBROOKS。
鍵やサドルカバーなどを入れるために。
フレームカバーは僕たちの中では定番のTeha’amanaさんのものを。
シンプルだし、傷から守れるし、ドレスアップにもなるし言うことなし。
取り付けもワンタッチでアイデア次第でいろんなところに。
自転車好きならお、、って思うアイテム作ってるので是非。
こんだけ撮っててなぜかリアビューなしという
謎仕事をしてしまった僕ですが、
ドライブまわりは
前述の1×8。

SUGINOで、リーズナブルながら54Tと
大きめのチェーンリングのフロントに
クラリスの11-32Tで組んでます。

僕はけっこう軽めのギアを回すタイプなんですが、
けっこう踏みたい方にも満足度の高いギア比になっているかと。 タイヤはSCHWALBEのDURANOで、
スタンダードな使い心地ながら街中スイスイ、パンクガード付きで
不安感のない良いタイヤです。 すでに納車済みで、
楽しく走ってくれていることかとおもいます。
京都はすこし離れておりますが、お立ち寄りの際は
メンテナンスはもちろん、ただ寄っていただくだけでもOKです。笑

サイズ展開も豊富で、
S(495)
M(520)
L(545)
XL(570)と4サイズ。
身長150センチ台の方から190センチくらいの方まで。

ちなみに現在特別仕様で製作完了しており、
全てのサイズがロードエンド、つまり変速あり、なし両方組める
マルチな仕様となっております。

ですのではじめにいってた
シングルスピードミニベロとして組むことが可能ですし、
つけたくなったらギア周りを変更するだけでOK。

もちろん逆も。
引っ越してスタイルが変わったり、なんかシンプルなのがよくなってきたり。
人間いろいろ変わるので自転車もそれにフィットさせます。

シングルスピードのミニベロも
店頭用の販売車としてそろそろ準備していきますので、
組み上がった時にお好みであればそのままお得に購入も可能。
ちなみに前から紹介していたRAWカラーのMサイズです。

Sサイズは一本だけございます。レアです。
特別に一本出しましたのでこちらも是非。

XLに関しては
高身長の方がちゃんと乗れる
ミニベロってほんとないので
もし、ミニベロ乗りたいのに諦めてる、
なんてことがあれば是非ご相談を。
デカイフレームのミニベロも良いですよ。かっこええ。

けっこうミニベロロードとして組んだり、
ショートエンドをシングル化したり、
コミューターとして、や、クラシカルなイメージでも組んでるので
併せて見てみてください。



THE ミニベロロード。

街に強いミニベロ。

EBSのミニベロを紹介しそうでしない前編。

などなど。笑



ここまで掘ってくださっている
スモールホイールラバーのみなさまでしたら
Googleの画像検索でまあまあの数の
Horizontal451が出てくることも知っていると思うので
もうお分かりかとはおもいますが。

あの時つくってたこんな感じがいい、でも同じはいやだからここはこう。
とか
カラーはこんな感じ好きなんだけどドロップハンドルがいいな。
とか
はじめてスポーツバイク乗るから怖くないのが良い!
とか
ロードバイクに負けないやつ。
とかなんでも結構ですので
オーダーお待ちしております。

ちなみに12月末、1月始めと
新年、バイクにチャレンジしてくださる方に応えて
店頭販売車をお得に購入できるセール的なものも
ほぼ無告知でやっていくと思うので、(告知しろ)
ご検討中のみなさまはこちらも。

ではでは。。 今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。

Horizontal 451の他の製作例はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。みんなで乗ろう イービーエス(YES!!) MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

今週は最高のお天気だったなあ。
京都は紅葉シーズンど真ん中。
ちょっと前に出した計算式ドンピシャだったな。

二条城はびっくりするくらいの人だったし、
多分清水とかすごいことになってたんだろうな。。

そんでもってEBS京都スタンドはどうだったか、
というとかなりたくさんの方に試乗いただいて
感謝しかありません。

なんかそういう瞬間、
動画とかにおさめて流行ってるアピールしようと
目論んだんだけど、人間喋ってるとそういうこと、
全部忘れちゃうよね。うん。

ハンドメイド、京都の自転車、国産クロモリ、大人ミニベロ。。
なんかおしゃれなやつ欲しいな、人と被らないのほしいな。
みたいな。

いろいろなワードが飛び交って、とりあえず気にはなってた、
って方は是非一度乗りに来てください。

おしゃれでカワイイ、カッコイイ自転車作り本気でやりますし、
身長的に大きい自転車乗れない。。
逆に大きくてミニベロ合わない。。
なんて方にも対応可能なフレーム作りもしております。

さすがに全サイズ試乗車として置くほどのスペースはないですが、
かなり幅広い方々にフィットすると思うし、
カスタム案やこんな感じで組みたい、ここはこだわらないから
こっちを豪華に。。などなど、ゆっくり決めていきましょう。

その他グラベルロードやMTBライクなバイク、
ATBからコミューター、こどものせミニベロやカーゴバイク、
ランドナー的な存在からミニベロロードまで、なんでも。

ツーリング的な感性や荷物をたくさん載せる用途、
いろんなことができる、今もなお少しずつ見つけられ、
見直されるクロモリバイクの超寿命を目指す姿勢も是非。

そんなこんなで今週はまさにその超寿命。
もう一段階丈夫な鉄を使用したレディースアンドジェントルメンバイクを。

紹介するのは…

Tobira Bicycle (E.B.S)
Model-T

うん、いいね。
ゆったり乗れる直進安定性を目指したフレーム&フォークは
国産クロモリパイプKAISEI024を使用。

024は多分あんまり見た事ないと思う。
本来は実用車に使用される、かなり丈夫なダブルバテッドチューブ。
本来は、とかいいながらKAISEIが使われている実用車なんて
全然いない。

だからこそ、ってのもあるけど、
構えて一本一本ハンドメイドするビルダーがいるチームで
おもいっきり普通の自転車を作ってるところなんてないと思う。

やっぱり最新の、ロードバイクなどを一からオーダー、
自転車好きに大がつくようなひとしか入れない世界、ってのが
イメージだと思う。

まあハンドメイドの自転車オンリーのこのページに
たどり着いていらっしゃる時点でかなり好きなかた、
少なくとも長く使えるものに対してはしっかり考えたいと
思ってらっしゃるでしょうから正解、といえば正解なんですが。

EBS京都はそのへんの敷居みたいなところ
けっこう大事にしていて、

できるだけハンドメイドバイクの良さを
多くの人に体験していただけるように。

パーツの調達や製作スケジュール、
チーム単位で距離が近いのでできるだけ
リニアにご対応できるよう努力。

あとはオーダーのしやすさ、
スポーツバイク以外もしっかり作り込めるような
世界観を常に広い目線で見る事を心がけています。


ちょっとよくわからんくなってきたけど、
ようはEBSのセカンドライン「トビラ」は
バッチバチのビルダーが
本気で作る普通の自転車、を限りなく低価格で
ご提供することに成功してますよ、ってこと。
年間製作台数を限定し、しっかりとスケジュールを組んで高効率で製作。
店舗別にいろんな自転車を触るメカニックが選定した
まずは入門的な、しかし実用的なパーツ類。
街乗りや通勤をしっかり使って体験してきたスタッフが
ゆくゆくの拡張性やカスタム性を追求。

今までの自転車の10分の1くらいでやりとりされる、
世の中に溢れる自転車。。
一年で交換が必要なパーツ類だけで
一台買えそう。なら壊れるまで乗ってしまえ…
そんな悲しい物が存在するのが現状。

そこに、今はあえて誰もやらないちゃんとした普通車を作ろうよ。
ってのが発端の、ある種ロックな自転車。笑

今日のモデルはホリゾンタルフレームなT。
スタッガードというまたぎやすいデザインのOというモデルも有ります。

サイズは両モデル2サイズ。
できるだけ多くの人に乗っていただけるようなサイズ感です。

EBSでは珍しい完成車としての設定もあり、10万前半で
ハンドメイドフレームの完成車に乗れるという破格。
ざんねんながらパーツの値上げが止まらず、
これから値上げを余儀なくはあるのですが。。

今回はフレームペイント、BROOKSサドル/グリップカスタム。
ライトなカスタムながら雰囲気抜群。
オーダーしていただいた時にある程度イメージをされていて、
これからがまだまだ楽しみ。

色は絶妙なエメラルド。
サーフなイメージで海辺にあっても似合うし、
男女問わずカワイイ イケてるカラーですね。

仕様は変速あり、なしを選べるマルチなフレームで、
今回はなしのシングルで。
もちろん必要な時には組み替え可能。
んじゃ、前から。
やっと紹介にきた。笑

ハンドルは昔の新聞配達の自転車のような
かなりレトロなルックスのバーを。

ブレーキまわりはダイアコンペで。
レトロなシルバー、造形。
あえてのシングルピボット。

もちろん現在はもっともっと制動力のあるブレーキなどありますが、
コイツは現代に蘇る、普通の、しかし長く使うための自転車。

ちなみに僕の私用バイクもシングルピボット。
40年くらい前のブレーキを整備して、磨いて使っています。
マイペースが許される自分だけの乗り物。
愛着とスタイルで乗るのがかっこいいでしょ。

とか言いながら最新ブレーキも使うあまのじゃく。(!?)

専用ラック用の取り付け穴も装備。
もちろん他のラックもOKですし、
お時間いただければ取り付けたいものの専用足なども製作します。

ダイナモライトなんかを取り付けても便利ですね。
タイヤは少しだけ太めの35C。

フェンダー取り付けであれば仕様にもよりますが
32Cくらいまで入ります。
コックピットまわり。
シンプルで良いですね。
身長や乗り方のスタイルに応じてポジションを変更しますので
お気軽にご相談ください。

ベルだけ真鍮のゴールドで差し色入れたいんですが。。
とか大歓迎。大好き。
EBSアピールもやります。
ハンドメイド、日本製で京都産。
国産のクロモリの自転車のしるし。
KAISEI 024。
1.0-0.7-1.0のダブルバテッド。
スポーツバイク的にはメイン使用はしないパイプですが
じつはこのサイズ感はけっこうツーリング系の
スポーツバイクの強度が必要な部分のみに使用されていたりします。

Tobiraはフルセットで。
当たり前に丈夫で、それでも街の自転車より圧倒的に軽い。
走りも爽快で、厚めならではの柔らかいしなり。

Tで嵐山から桂を、
Oで大阪から京都までテストで走っていますが
振動吸収もいい感じで疲れにくいです。
BROOKSはFlyerを。
バネがめちゃめちゃ心地よいか、と問われれば
バネのおかげで!みたいなことはないです。
むしろそんなに動いたら逆に疲れる。笑

ただ、路面のネガティブな振動は確実に吸収してますね。さすが。

で、なによりこのレトロな感じが最高にマッチしてて
とても良い。好き。

ちなみにもっとバネがいっぱいついてるモデルもあって、
見た目的には大仰なんだけどかなりクラシカルに、
座りごごちも抜群なやつがあるので
スーツ着て通勤、や大人のお洒落に耐える自転車をご所望の方、
店先にタイムスリップしてきたようないい感じの自転車置きたい方など、
みなさまお待ちしております。
リアはロードエンド。
前述した変速あり、なし両方OK。
シンプルにシングルは最高ですし、例えば京都の通勤で
平坦しかないことがわかっているなら一択かも。

遠出があるなら変速追加。
生きるスタイルが変わったり、引っ越しがあったり。
こどもに譲ることもあるかも。

カゴが必要になったり、バッグをつけたくなったり。
細いタイヤにしたくなったり、
ドロヨケ、チェーンケースつけたくなったり。

そのそれぞれの生活に寄り添う拡張性です。
うしろの佇まいも良いですね。
新品なんだけど昔から置いてあったかのような。
イギリスっぽくも、アメリカっぽくも、
オランダもフランスも、もちろん日本も。

カスタムしだいでどんどんかっこよくなる
付き合い、育てる自転車をどうぞ。

製作状況としまして、
Model-Tに関しては今期製作分は各サイズ予約完売、
Model-Oに関しましてはMサイズ(480)が2本、
未塗装状態でありますのでお好きな色にペイント可能、
今であれば来年の1月には納車が可能(予定ですが。。)です。

もちろん年間で完全に限定の製作なので
どのモデル、どのサイズもご予約していただくのが確実です。

試乗車としましては
Model-T/8速仕様のMサイズ、グロスブラックの純正色が一台。
Model-O/シングル仕様のMサイズ、スモークカーキが一台。
両方いつでも試乗可能ですし、
事前にご予約いただければ11:00-18:00の間でレンタルも可能です。

ご夫婦で、カップルで二台レンタルも可能ですし、
もちろん一台でも。

今であれば嵐山までサイクリングなど、
めちゃくちゃおすすめルートしかないので
ご検討中の未来のオーナー様、是非すこし長めに乗って
存分に京都を、自転車を、EBSをお楽しみください。

明日のお天気は微妙ですが、
11:00-19:00で私おりますので
明日もお待ちしております。

ちなみに年末年始のスケジュールは

2019
12/24 11:00-18:00
12/25 Close
12/26 Close
12/27 Close
12/28 11:00-19:00
12/29 11:00-15:00
12/30 Close
12/31 Close

2020
1/1 Close
1/2 Close
1/3 Close
1/4 11:00-19:00
1/5 11:00-19:00

となっており、
お店的には繋がりの良いスケジュールで
皆さまにお会いできる日が多いかと思いますので
今年も来年もよろしくお願いします。

ではでは。。。

今回ご紹介したバイクは・・・
Tobira Bicycle by E.B.S
Model-T

純正グロスブラック。変速仕様カスタム例。
サイズ : M/515mm(適応身長160cm〜) L/555mm(適応身長170cm〜)
素材:KAISEI024 フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。

instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN

東京 銀座 velo style TICKET

東京 渋谷 velo style TICKET shibuya

大阪 南堀江 velo life UNPEU

Blog の過去記事を一覧表示します。