女の子のための街乗りツーリングミニベロ。

いやー、ついに崩れてしまった
「絶対に日曜にブログポストする」神話。
(どうでもいいか)
もしいつも見てくれているかた
いらっしゃいましたらすみません。。

やっぱりね、春なんですよ。
オーダーたくさん頂いております。
仕様書つくってて、
昨日はどうしても予定があって
じかんねえ!ってなって。笑

なので遅れましたが更新させていただきます。

起きる前、寝る前にも気付きだす
「暖かくなってきたな」
という肌で感じる空気感。

となれば当然乗りたいよね。
自転車。
ミニベロとか、シングルとか、グラベルとか、
そんなジャンルをぶっとばす「ただ、乗る。」
幼少期から当たり前にやってきて、
今も移動の手段として成り立つ生活の道具が
こんなに楽しいなんて。

今日は僕、大原〜岩倉エリアを
ぶらぶらしておりましたが
もう何も考えてない。
あったけえ〜きもちい〜くらい。

世界中の人にEBSに乗ってもらおうとするのに
このブログからの発信は窓が狭すぎんだろ!!
ってなるかもだけど、
僕はあんまりその手の知識とか無いし、
ただやるのみ。
良いバイク紹介するのみ。
改めて前に進み続ける
わたくしMASNをよろしくです。笑

先週のセール、「サクラサクマデ。」
もちろん継続中ですよ〜
お待ちしております。

インスタグラム内でのEBS Kyotoでの
DMによるお問い合わせも
新たに試みとしてやっているので
お気軽にどうぞ。

さて、今日の本題。
最近の納車は女性オーナーが多い。

ハンドメイドバイク、
カラーオーダー、
自分で選ぶパーツ。

ややこしそうに見えて
実はめっちゃ楽しいです。
買おっかなあ。で迷うより確実にね。

初めて来てくださった時を
思い出します。
昼に一度、夕方に一度。
めちゃくちゃ迷って、多分
いろんな店舗さんも回ってきて。

そうして出来上がったマイファーストスポーツバイク、
やっと紹介。




今日紹介するのは…

Engineered Bike Service
Horizontal 451




Horizontal451とは。


京都でハンドメイド、
国産フルクロモリパイプを使用した
EBSのフレームのひとつで、
その名のとおりホリゾンタル
(水平)なフレームワーク。

この2020年、
ミニベロはかなり一般的な言葉となり、
相当浸透しているし、
タイヤが小さいことのメリットは
かなりの理解がありますが、

このフレームの誕生はもっともっと前。
そんな時期からミニベロの優位性や、
様々なカスタムやドレスアップに耐える
ビルダーのノウハウが詰まった美しい黄金比の
フレームがおなじみホリゾン451です。

ホリゾンタルである、
ということがいかに愛好者にとって
大切なことかは言うまでもなく、
初めて見る人、全く知らない方が見ても
「綺麗」だと言わせる
自転車進化の歴史の発生から
人々を魅了し続けるかたちが
「ホリゾンタルフレーム」であります。


・サイズ展開は4種類。

Sサイズ…495 155センチ〜165センチくらい
Mサイズ…520 (今回のサイズはMです。)
Lサイズ…545
XLサイズ…570 170センチ〜180センチ〜 と、かなり幅広い展開で、
かつ、どのサイズでも水平が失われない。

ここはけっこう大事で、
特に小さいフレームは水平を保つのが難しい。
ここはEBSのメインビルダーおよび
設計のミニベロへの造詣の深さです。


・ミニベロロードにも、
ゆったり街乗り仕様にも。

今回のようにミニベロロードとして。
街を走るのがメインながら
どこかに走りに行きたくなる、
そんなバイク作りはもちろん、
気軽なシングルスピードとして、とか
アップライトなハンドルで、景色をゆったり、
カゴをセットしてお買い物仕様だって。
何でもできるのがフレーム組みのよさ。




・価格設定に魅力。

EBSではよりクラシカルなラグドフレームや
ハイグレードなマテリアルを使用した
フレームなどありますが
Horizontal451はフレームセットで86,000yen+tax。
ハイグレードと書きましたが
ホリゾンもKAISEI022という国産高級パイプを使用し、
いろんな方にフィットするサイズ展開の上この価格です。

もちろん大量生産したりもせず、
欲しいオーナー様にだけお届けできるよう、
かつ綿密なスケジュールで製作させていただくことにより
ハンドメイドではなかなかない価格を
実現できていると自負しております。



今日のバイクの紹介。



まずはフロントビューから。
グリーンが良い。
緑系カラーは常に人気色なんだけど、
発色の良いカラーはレーシーになりがちなんだけど
良い感じ。
可愛く仕上がってる。

今回はハニーカラーを意識しながらも
革にはこだわりすぎず、
ゆくゆくのカスタムとして楽しみにとっておく。




その分、走れる部分にお金をかけて。
STiレバーで変速も楽に。
「ハンドルから手を離さずに変速ができる」
という一見当たり前のメリットはロードバイクとか
乗ったことないよ、
って方にももちろん有用なわけで。



そんな変速レバーはSHIMANOのSORAで。
2×9の18Speed。
シマノのロード用のパーツとしては
入門用なんだけど
性能、ルックス共に◎。

そりゃあ上のグレードは存在するけど
まずは乗る楽しさでしょ。
KAISEIクロモリにしっかり一本ずつ
作られたフレームの反応性も確かめて。






もちろんサポートレバーも。
ここにブレーキがついてると安心。
まるでまっすぐのフラットバーを握っているかのようで
姿勢も起きるしらくらく。

ハンドルはNITTOさんにお願いして作ってもらった
EBS-30というハンドルで、ポジション多彩で疲れにくい。
佇まいもEBSのバイクに合うように、シンプルかつ実用的、
タイムレスなデザインで作っています。



ヘッドセットはTANGEのポリッシュを。
クラシカルかつ高級感もあり、シールドベアリングかつ高精度な
さすがTANGE JAPANという性能です。

EBSのロゴもボックスで。
3文字だけど存在感もあり、良いアクセント。
そんで、やっぱ色、良いね。
今もう一台グリーンのバイクあるけど、
その子も紹介するのがたのしみ。



今回もシルバーパーツは意識して使用。
ブラックもグッと映えるけど、そこは女の子の乗る自転車なので
普段着でも乗ってくれるような、可愛いミニベロを目指しました。




僕は今日グルっと京都の東を自転車でこいでいましたが、
やっぱ自分の着たい服で乗りたいもんね。

もちろんスポーツウェアで乗ると最高だけど、
僕とか今日めちゃくちゃルーズなデニムだもんね。
もちろんアンクルバンドつけてたけど、
この服装で割とロングライドしてるとは誰も思うまい。



ちなみに割と真剣に乗りすぎてて
「あ!乗ってるアピールの写真忘れてた!笑」
となってから撮ったのはやはり鴨川。
ちょっと北のほうまで行くともう誰もいない。
でもここまでは河原町駅から20分もこげばついちゃいます。

ゆるい空気感で、
お母さんとお子さんが一緒にひなたぼっこ。
今日みたいな日は鴨川最高です。






ホイールはあえての一個前のアルテグラ。
もう今はハブ単体で出てないのである意味レア。
安く手に入ったのでご予算内に合った。
ので即投入。
これもお任せのメリットの一つかな。

回転性能は言うまでもなく◎。
こだわりのポイントやカラー、形や性能など、
わからなくてもOKですし、まずは相談してみて。






タイヤはパナレーサーのミニッツ、
のタフってシリーズを。
よく食いつくコンパウンド、
その他パーツと合わせやすい
ブラウンカラーが良い感じ。

タイヤの細さも二種類あって、
今回は太いほう
(とはいえこちらがスタンダードです)
をチョイス。

ミニベロによく採用されてる20インチには
なぜか規格が2種類あって
Horizontal451は名前の通り451と同じサイズ。

ちなみに451と406というサイズがあり、
451は大きいほう。



サドルはDIXNAのアキレスレディー。
薄さも適度にスポーティだし、
かといってレースな空気感もないから◎。

レディというからにはレディ用で、
今カタログ見てましたが
サイドが肉厚で、
センターが浮いてるみたいですね。

これがどんな感じでメリットを産むのか
男の僕にはわからないけれど、
かなり広く色々作ってくれている
DIXNAブランドだからこその
細やかな気配りがあるはず。



上からはこんな感じね。
ちなみに男性用もあります。




クランクはLACLANKを。
クラシカルかつ現行のBB規格に対応し走行性能も確保、
軽さもあるしリーズナブルという名作。

ちなみにクランク長や歯数の設定もモンスタークラス。
めちゃくちゃ幅広いのできっとフィットします。



ペダルはUB-LITE。
もちろんMKSです。
昔のロードバイクについてたようなデザインで
レトロなんだけれどもエレガントで良いです。




もちろんスタンドも取り付けOKだしついてます。
そこまで目立たない位置にありますし、やはり自立するというのは
当たり前ですが便利です。

ダブルレッグスタンドも取り付けOKなので、
カゴつけたい、とか安定させたい場合はそっちでいきましょう。



ピンまだ入れてないから完成ではないんだけど、
今期製作のHorizontal451はロードエンド仕様。
なのでシングルスピード化もOK。



リアの佇まいもいいですねー
ロングライド、全然ヨユーでできますし
街乗りもこれ一台でこなせます。

女性オーナーってことで特別なことはなにもしていなくて、
できるだけ気軽に乗れるように。それだけ。

肩肘張らずに普段着で、慣れてきて、
朝からどっか行こうって日はそれに適したファッションで。
EBSは自由に組めますので服も自由です。

今年はEBSオーナーの
ライドイベント&試乗会とかもやりたいですね。


そういや帰りに久々にふたばで豆餅。
さっきまでEBS代表のKBとコーヒー飲んでたんですが、
それと一緒に食おうと思ってたのに忘れてた。笑

なのでひとりで二つ食いました。
余裕。
いっぱい走ったからもちろんゼロカロリー。
今日だけに限っては確実にカロリーマイナスだわ。
800gは落ちるはず。笑


やっぱり並ぶふたば。
最高にすっきり優しい餡に塩気の豆。
最強の餅。 ひなまつりだからみんなだんご買ってた。

ちょっと鴨川出て、少し漕ぐだけで
出町柳までなんてヨユーなんで、
豆餅も買いに行きましょう。

ライドイベント、
どんなのがいいかな?
EBSの移設後の新工房はオーナー様は
まだ誰も知らないと思うし、
工房までライドする?

もしくは工房集合で
BBQとか。笑

もちろん平行して試乗会やなんやらやりますし、
新工房は広いので(交通量はありますが。。)
EBSただ乗ってみたいって人や
肉食いたい人(BBQやる気まんまんかよ)
も気にせず来てくださいね。

今は国的に少人数で走るのがおすすめかな。笑
自転車はみんなで走っても楽しいけど、
今日の僕みたいに一人で走るのも楽しい。 桜も見たいし今なら梅も。
京都は走るには今からずっと楽しいことだらけ。

来週も晴れたらいいなあ。

セールもやってますし、
謎のインスタDM返信もやってますので
よろしくお願いします。笑

ではでは。。 今日紹介したのは…

 

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451


同じくSTI仕様。ブラックで戦闘的なルックス。
この子もMサイズ。

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!) 

MASN

おしゃれ、かっこいい、かわいい。それ全て正統派の証。Horizontal451。

さて、今週も日曜日が来ましたね。
EBS京都、ブログアップのお時間です。
今週末はあんまり天気が良くなかったですね。。
合間合間でご来店くださったみなさま、ありがとうございます。

僕はといえば
お待たせしていたフェンダーのオーダーを黙々とこなしておりました。
何かを削っている時間の方が長かったですね。。

ですがだいぶ自分なりに追いついたので
ここから先、2019年のEBS京都スタンドのオープン日も残りわずかですが
ご来店くださるお客様の為にお時間合わせることができそうですので
是非皆様ご来店ください。

ちなみに12月は29日の日曜がラストです。
1月は4日の土曜からとなりますのでよろしくお願いします。

そんでもって今日はミニベロ。
最近問い合わせのめちゃくちゃ多いシングルスピードミニベロから
ミニベロピスト、もちろんギアードのミニベロからミニベロロードまで。

かなりのご検討のお電話、
ご来店、そして決めて下さったオーナー様まで
かなりの数のご紹介をさせていただきましたが、
今日のミニベロは完全なる黄金比。
これ以上ないくらいの正統派ミニベロです。

表題のとおり
おしゃれなミニベロ、かっこいいミニベロ、かわいいミニベロ。
なんだか安易だし、そんな感じで選んで良いのかな?

いいんですよ。
むしろそこにしか真理はない。

この話題で必ず一度は上がるのがこの僕たちが「ホリゾン」と
親しみを込めて呼んでいるHorizontal 451です。

見る人が見たら「普通じゃん」ってなっちゃうかも。
だって、ホリゾンタルフレームのミニベロなんて世の中にたくさんあるし、
僕は別店舗にて他社様のものも含めミニベロをかなり触るので
良いものもたくさんあることも知ってる。

そもそも名前がホリゾンタル。

でも、それじゃあなんで
かっこいい、かわいいが混在していて
おしゃれであるという評価を得て、
老若男女(マジで)に乗って頂いているのか。

フレームワークが真面目だからです。
なんにも知らなくても
美しいと思えるものってあるじゃないですか、完成、未完成問わず。
あの誰が見ても「良いな」って思う絶妙な造形がホリゾンにはある。

そんでもって
やりたい仕様にマルチに変化していける柔軟性。

フレームが良いのはわかった、だけどリーズナブルに。
ミニベロカスタムしたいけど、カスタムに耐えるフレームがない。

この相反するご要望を完璧に満たすフレームがEBSにはあります。

今日のご紹介は…

Engineered Bike Service
Horizontal 451

Lサイズだよ。(545)

まっすぐですっきりとしたデザイン。
誰が見ても美しいとされる比率をミニベロに落とし込んだフレームなんですが、
ホリゾンタルなトップチューブ以外にももちろん緻密なロジック有り。

このバイクを見て、
あれ、、この仕様は。。
って思った方はかなりミニベロを掘って頂いてる方かと。

今日ご紹介するのは2台。
同じフレーム、同じ仕様のお揃いで。
カラーを好きな色に塗って頂いたなんとも羨ましいペアバイク。

ちなみにご相談は
大阪は堀江のvelo life UNPEU(ベロライフアンプ)で。
週のうち何日かは大阪にいるので京都遠いんだよ!!
って方はこんな形でも。

たまたま大阪にいた時にご商談をさせて頂いたのが僕で
当然のように京都のブログにあげるというわけであります。笑

UNPEUのインスタの方でもUPしてるので
見た事ある方いらっしゃるかもだけど今一度。

Mサイズだよ。(520)

ね、バランス良いでしょ。
今回は街乗りがしやすいように出来るだけトラブルレスで
交換品や修理、メンテナンスもしやすく考えた
通勤や通学、街乗りからお買い物に適した部分を伸ばし、
今回はもちろんデートに最高なゆるポタ最高な仕様に。
(デートに最適がわからない)

プラス、輪行旅行をお考えだったので
乗りなれたらすぐにでも
電車や車に載せて非日常を日常に変化させる準備つきで。

こっちのホリゾンはブリティッシュグリーンを
ワントーン暗めのグロスでペイント。
シルバーとハニーカラーとの相性が人類始まって以来のバチハマり。

こっちのホリゾンは
同じくEBSのFLOATシリーズのオリジナルカラーのメタリックネイビーを。
ラメ感のある奥行き感が特徴で、
多層のぽってり感が柔らかさも印象させるベストセラーカラー。

こっちの革はブラウンをセレクト。
ブラックも、ハニーも有りですよね。
なんだったら赤みの強いカラーも絶対いける。

どっちものカラーで言える事だけど、
一見突飛だろ、ってカラーも要所をおさえておけば確実にイケます。
特にヘッドパーツやBBなどの見えるんだけど見えない、
みたいなところはもう何してもイケます。笑

僕のバーエンドは片方GOLD、片方REDで、
ギアはマジョーラカラーなので。。笑

カラーリングは自由。
自転車カスタムのおもしろいところ。

本革のパーツたちはもちろん長持ちなので
一緒に育てていく感じもまた良いです。

今日はこれ画像多めだな。
コックピットまわりはこんな感じ。
お互いのバイクは完全にペアなので使い勝手も一緒。
ペースも合わせやすそうでいいですね。

BROOKSの本革グリップに
1×8のスタンダードかつ比較的チェーンなども長持ちな上つかいやすい
ラピッドシフトタイプを。

レトロなやつが欲しかったり、ハンドル周りシンプルにしたかったり、
ドロップハンドルやブルホーンなどシフター取り付け問題が発生する
ハンドル希望の場合もご相談ください。
使いやすいレトロなシフター ストックしております◎。

ヘッドは1インチスレッド界の最後の砦、
TANGEのスーパーポリッシュ。
まあ、まだKINGもあるんだけど、かなりレアです。

シールドで長持ち、メンテ楽、ってところに
ハイポリッシュの輝き、
そしてTANGEやSHIMANOをはじめとした
日本製品あるあるの性能に対する謎コスパ。

本気でその値段でやるのか?
というジャパンプライドMAXのヘッドです。

ベルはOiのLUXEを。
より高級感を、そして優しい音を。
ハンドル周りによく馴染んでいてかわいい。

ワイヤー類はNISSENのクリアアウターにしておきました。
非常に柔らかい作りになっていて、
ブレーキやシフトの引きが一段階、いや二段階アガります。

単純に高級感あっていいよね。
透明のケーブルでここまでの質感だすのはNISSENならでは。

ペダルはMKSのシルバンツーリングNEXTのEZY、スーペリア。
工具なしのワンタッチで取り外しができて、
輪行時に一番横に出てくるペダルの突起を無くします。

ミニベロは本当に輪行有利にできてるので、
せっかく乗るならどこか知らないところをツーリングする、とか
あそこのあれ食べに行こうとか、帰るのめんどくせえから輪行で帰ろうとか
多彩に交通機関利用してみてください。

サドルバッグもお揃いでBROOKS。
鍵やサドルカバーなどを入れるために。

フレームカバーは僕たちの中では定番のTeha’amanaさんのものを。
シンプルだし、傷から守れるし、ドレスアップにもなるし言うことなし。
取り付けもワンタッチでアイデア次第でいろんなところに。
自転車好きならお、、って思うアイテム作ってるので是非。

こんだけ撮っててなぜかリアビューなしという
謎仕事をしてしまった僕ですが、
ドライブまわりは
前述の1×8。

SUGINOで、リーズナブルながら54Tと
大きめのチェーンリングのフロントに
クラリスの11-32Tで組んでます。

僕はけっこう軽めのギアを回すタイプなんですが、
けっこう踏みたい方にも満足度の高いギア比になっているかと。

タイヤはSCHWALBEのDURANOで、
スタンダードな使い心地ながら街中スイスイ、パンクガード付きで
不安感のない良いタイヤです。

すでに納車済みで、
楽しく走ってくれていることかとおもいます。
京都はすこし離れておりますが、お立ち寄りの際は
メンテナンスはもちろん、ただ寄っていただくだけでもOKです。笑

サイズ展開も豊富で、
S(495)
M(520)
L(545)
XL(570)と4サイズ。
身長150センチ台の方から190センチくらいの方まで。

ちなみに現在特別仕様で製作完了しており、
全てのサイズがロードエンド、つまり変速あり、なし両方組める
マルチな仕様となっております。

ですのではじめにいってた
シングルスピードミニベロとして組むことが可能ですし、
つけたくなったらギア周りを変更するだけでOK。

もちろん逆も。
引っ越してスタイルが変わったり、なんかシンプルなのがよくなってきたり。
人間いろいろ変わるので自転車もそれにフィットさせます。

シングルスピードのミニベロも
店頭用の販売車としてそろそろ準備していきますので、
組み上がった時にお好みであればそのままお得に購入も可能。
ちなみに前から紹介していたRAWカラーのMサイズです。

Sサイズは一本だけございます。レアです。
特別に一本出しましたのでこちらも是非。

XLに関しては
高身長の方がちゃんと乗れる
ミニベロってほんとないので
もし、ミニベロ乗りたいのに諦めてる、
なんてことがあれば是非ご相談を。
デカイフレームのミニベロも良いですよ。かっこええ。

けっこうミニベロロードとして組んだり、
ショートエンドをシングル化したり、
コミューターとして、や、クラシカルなイメージでも組んでるので
併せて見てみてください。



THE ミニベロロード。

街に強いミニベロ。

EBSのミニベロを紹介しそうでしない前編。

などなど。笑



ここまで掘ってくださっている
スモールホイールラバーのみなさまでしたら
Googleの画像検索でまあまあの数の
Horizontal451が出てくることも知っていると思うので
もうお分かりかとはおもいますが。

あの時つくってたこんな感じがいい、でも同じはいやだからここはこう。
とか
カラーはこんな感じ好きなんだけどドロップハンドルがいいな。
とか
はじめてスポーツバイク乗るから怖くないのが良い!
とか
ロードバイクに負けないやつ。
とかなんでも結構ですので
オーダーお待ちしております。

ちなみに12月末、1月始めと
新年、バイクにチャレンジしてくださる方に応えて
店頭販売車をお得に購入できるセール的なものも
ほぼ無告知でやっていくと思うので、(告知しろ)
ご検討中のみなさまはこちらも。

ではでは。。

今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Horizontal 451

Size: S(480)  /M(520)  /L(545)  /XL(570)

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。

Horizontal 451の他の製作例はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN