Kamogawa 2.0。今季のSTDモデルはこれ!そのまま乗ってもOKな完成度。

今週も始まりました
EBS京都バイクチェック。

二週にわけてわがまま通させていただき、
展示販売車をご紹介。

来週からはまたオーナー様のバイクのオンライン納車式となりますので
一台ずつ、じっくりご紹介させていただきますね。

「〇〇というショップで買ったEBSだがいつ紹介されるのか」
という個人的にはめちゃ嬉しいお問合せをたまにいただくのですが、
お写真などいただければSNSなどでご紹介させていただきます!

こっちのブログは
僕がお話して、僕が組んだもののみのご紹介となってしまうのです。
日本中のEBSが共有されているわけではないのですみません。。

というのも、その時のお話のテンションとか、熱量とかをそのままに、
半ば衝動的に書いている部分がとても多く(やべーやつだな。笑)
思い返すことによって僕もステップアップできると感じる
いつでもその時の気持ちに帰れるような儀式的なものなのです。笑

その時組み手がどう思ってこれをチョイスしたのか?
もしくはオーナー様推しだったのか?
などがわからないので、やはり自分で組ませていただいたもののみ、と
生意気ながらもさせていただいております。

さて、今週は先週に引き続き
GROWNやTobiraというレーベル別の解釈ではなく、
あくまで本家EBSとしてのプロジェクトフレームです。

その名も「Kamogawa」。
Horizontal 451、などの工業的型番のような渋さを
あえて名前として選ばなかったのは、
やっぱり出来上がったテストフレームを
一番どこで走らせたか?
となれば鴨川以外のどこでもなく、やっぱり
名前はどストレートにいこうじゃないか、と。

実際、川辺を走るように最適化してきたし、
シングルギアならではの「変速ができない」という
デメリットをメリットに変換できるようにも注力してきたので
かなり楽しい自転車ができあがっています。

完成車でシングルスピードを買うと、
まあ、普通は、というより当たり前にギア比は決まっていて、
お店の人が「あなたはここら辺が走るエリアだし、
坂道ちょいとあるからギア比軽くしときました」みたいなことは絶対にしない。
してもそれは追加料金。

誰のバイクだろうが、完成車として
1から、パイプの溶接、塗装や組み付けなどまで
全て手作業でアジャストしてくるのはこのフレームだけだと思う。

そこに特別感を持たせるのではなく(持っていただきたいですが。笑)、
日常的に選択できる自転車の中にどんとねじこんでやろう!
というのが僕側からの野望ですね。

実際、ハンドメイドフレーム組みで完成車、
カラーオーダー無料でこの価格は
まず無いと思う。
このどんどん値段が上がっていくご時世に於いても、です。

まあ、理由こねてもしょうがないな。笑
これはまず乗ってみてください!

いままでシングル乗ってきた人も必ず「お!」となり、
初めての自転車でもかなり扱いやすい、
本物の街乗り自転車を作りました。

今週のご紹介は…

Engineerd Bike Service(EBS)
Kamogawa 2.0

先週はSサイズ、今週はMサイズ。
ということは、来週はLサイズ、ってことになるのか。笑
Lサイズは納車させていただいたカスタムがあるので
そちらをご紹介させていただきますね。

まず、「完成車」ってなんだ??

自転車屋さんとか、
メーカーのオフィシャルHPとかに
「フレームセット」
「完成車」「コンプリートバイク」
などの文言がかなりよく出てくると思う。

これ、僕も初めて自転車を買う時には全くわかってなかったし、
なんだったら3台目くらいまでわかってなかった。笑

・フレームセット
これが一番わかりにくいと思う。

フレームセットというのは多くの場合
「フレーム+フォーク」骨組みだけの販売を指します。

これがフレーム、とフォーク。
フレームはこの場合、三角を二つあわせてつくられたような形。
フォークはその先の棒、前輪を取り付ける部分を指します。

フレームセット、って書いてても
フレームだけの販売のところもあるから注意、だけど
EBSの「フレームセット」とは
このフレーム+フォークを指します。

・完成車、コンプリートバイク
こっちはまだわかりやすいけどどこまで完成してんの?
って話ですよね。

EBSにおける「完成車」は
「その値段で自転車として成立する」まで作ってある自転車、を指します。
コンプリートバイクとは同義です。

で、ここからよくわからん
「完成車(ペダルレス)」ってのも存在します。
これはその名の通りあとペダルだけ買って取り付ける形。
「完成してねえじゃん!!」ってなるよね。僕もそう思う。笑
だから、EBS京都の「完成車」はペダル込みの値段です。

ペダルレス完成車、ってのにも存在理由があり、
ロードバイク、フル105、みたいな状態で吊ってあったとして
「ビンディングで乗る人はフラットペダル要らない」
「元からビンディング、も好みある」
と、ペダルはかなりさまざまな理由があって
「決めてもらう方がお互い良い」のです。

で、EBSの完成車、は
「その自転車そのものを買って帰る」場合は
取り付けてあるものをお渡ししますが

僕たちのいう完成車は
「この値段で1から組めます」というもので、
どちらにせよ全部ばらばらの状態から組むので
ペダルやグリップ、サドルなど
この色が良い、やこのペダルが良い、など決めることができます。

それ、じゃあ1から組むのと同じなんじゃ…ってなるけど、
「この組み方、この揃え方は間違いない」と僕が決めたもので
あらかじめ数をご用意し、スケールのある発注をすることで
価格を限界まで下げることが可能な面、
「中身の構造はわからないしお任せしたい」という方にも
間違いない組み合わせで乗っていただけるようにしている面とあるので
Kamogawaがこの価格を実現できているかなり重要な要因なのです。

価格設定。

今季のKamogawa 2.0の完成車価格は
176,000円(税込)です。

・国産自転車用パイプ Kaisei 022フルクロモリ
・EBS京都ハンドメイド
・カラーオーダー無料(本来2万円程度)

という破格の条件ながら、
徹底的に吟味し、この2021年でもEBS最安であり、
国産ハンドメイド自転車では間違いなく最安値、
しかしながら妥協のないセットアップだと自負しています。

ここからカスタムしていただくのももちろんOK、
ハンドルをすこしだけゆったりさせたい、だけでも、
カゴを前にとりつけたい、や、タイヤを違う色にしたいな。とか
革サドルがやっぱり気になる。
など、なんでもご相談ください。

カラーオーダー無料について。

このバイクは単色カラーであればどんな色でもアップチャージ無しです。
これは、あえて純正色というものを作らないことで
同じ仕様の完成車でも違った印象のバイクに
乗って欲しいという僕個人的なものです。笑

純正色を用意し、その色で塗るのが一番効率的だけど、
その非効率にこそやはりオリジナルが活きてくるのでここは度外視しています。

今日紹介のバイクも僕が選んだカラー。
別にこの色が最高、ってわけでもないけど
メーカーではまず採用しない、落ち着いてるけど挑戦的な
かなりナイスカラーだと思ってる。
自分だけのカラーでオーダーどうぞ。
もし、展示しているバイクが最高にハマったら
それはそれで最高です。

そんじゃバイクチェックいってみよう!

フロントビュー。

ハンドルを街乗りしやすい位置で決めたオーソドックスなライザー、
グッと漕げて、衝撃吸収、安定性、積載性も考えられた
日本的なフロントフォーク。

スタンダードのど真ん中をいく、ってのは
実はかなり難しい。どうしてもバイクそのものの個性が出てくるけど、
Kamogawaはとてもそこがうまくまとまっていると思います。
普通、という立ち位置で、真ん中のまま高さを積み上げる。
これが実現できていますね。

ハンドルまわり。

グランジのファンライザー。
ちょいと2000年代の完成車を感じさせる
ネオレトロなチョイスを敢えて意識しています。
価格帯としてこのあたり、というだけで、
Kamogawaをご検討されているかたは
ある程度ご自由にチョイスいただけるように努めておりますので
一緒にいろいろ決めましょう。

最近、この2000年あたりの
カスタムに寄ったオーダーがかなり増えてる気がするんだよね。
もしかしたら、あのあたりで10代、ピストに乗ってたりした方が
今改めて奇抜じゃない、大人として乗れるシングルスピード、として
探されてるかたが多いのかもしれない。

もうあんなむちゃくちゃなショートハンドルなんてしないし、
当然ブレーキもしっかり効くものを使って、
当然守るものを守る大人としてカスタムをたのしむ。
最高だと思います。

OURYのグリップにDCのツーフィンガー。
かなり気軽に乗れて、手も疲れにくいですね。
グリップなどに関しても、レザーのグリップが良い、とか
ブレーキレバーは全部シルバーが良い、などお伺いしますので
こちらも楽しんでいただければ。

ヘッドマークはビス打ちのバッヂ式で。
これは本来カスタムでお受けしているものなのですが
これはKamogawa標準の仕様となります。

どこまでやってもシンプルになる、できるバイクなので
少しでも陰影だせたら、と思い。
でも、最近作った真鍮のプレートバッヂもかなり良いんだよなあ。
そっちにも変更可能です。

フォーク中腹にマウント穴あり。

クラシカルなベントフォークに
ラックなどをシンプルに取り付けるための穴を一つだけ開けています。

この穴が増えると積載性が上がるし、
あればあるだけ、ではあるんですが、
「アドベンチャー感」が出過ぎるので
そのあたりはVOKKAやSTUFFなどにお任せして穴はあえてひとつだけにしました。

バスケットなら大体の大きさのものが取り付け可能ですし、
フロントラックのみでももちろんOKです。

トラックハブのシールドベアリング化。

このベアリングシールのカラーでどこのかわかる方はある種マニアックですね。
Kamogawa 1.0は細かなジオメトリーとは別に
ハブの構成はカップアンドコーンという調整が必要ながら安価なハブを採用していました。
安価、というと聞こえが悪いけど、SHIMANOの最高級ハブもこの方式です。
ようは、精度や組み付けによってかなり方向性の変わるハブというわけです。

もちろん僕がチューンナップして組み上げてるので
この回りの良さがまさかこの値段で!ってのは誰も想像できないと思います。

今季はコロナの影響により
そのハブがもう全く手に入らなかった。今この瞬間も一つも手に入ってない。
で、仕方なくシールドベアリングにしました。

シールドベアリングハブ、ってのは
その名の通り中身がシールドされてるものなんですが
外からの悪影響(チリや細かな砂)などが入りにくいこと、
中の油分が前述の方式にくらべ抜けにくいことから
比較的メンテナンスの間隔をあけやすい、ストレス軽減系のハブです。

結果的にお値段は上がってしまいましたが
同じもので高い値段、だけにしたくなかったのでよかったのかな、と。

正直、今こうしている間にも何かが高騰している状態で
価格の維持はかなり厳しいです。
2022年もこれが続いていくのですから、
やはり長く使える自転車をゲットしておくのは良策だと感じています。

ちなみにフォークはシングルアイレット。
ドロヨケを取り付けたり、下まで足を伸ばして
バスケットを取り付けるタイプのものにも対応しています。

Teravail Rampert 700×32C。

Kamogawaはタイヤだけは絶対にグレードを下げない、ということを掲げており、
今回も例に漏れず初期純正はハイグレード。
ここ最近のタイヤではしなやかレベルトップクラスのテラベイルからは
ランパートの32Cを。

鴨川をしっかり走れるギリの太さで
舗装路における快適性も崩さずに。
グリップもしっかりしていて
走り出したくなる軽やかさです。

タイヤは消耗品ですので
高いタイヤはもったいない、と思われるかもしれませんが、
安いだけのタイヤはやはりストレスになります。

それも嫌いじゃないんですけどね。
でも、これは走り出して1秒でなんでこれか、をご理解いただけるかと思います。

前期Kamogawaの純正はVolummyというタイヤだったのですが
あれもよかった。可愛いし。
今回は完全ブラウンサイドで大人っぽく、かつしっかりしたタイヤで
あなたの足元を支えます。

サイドビュー。

自転車として、
100年変わらない
鉄で、この形。という黄金比。
今はPCやAIが発達し、
より効率的な形が瞬間で割り出されるような設計の世界ですが
そんなものなどなかった100年以上前に
強度、走りとともにベースになったこの形が今もベースのまま生きてるって
本当にすごいと思う。

洗濯機は槽がひとつになったし、
TVはもはや叩いて直す、その叩く場所すらないほど薄い。
冷蔵庫はめちゃくちゃ静かだし、いろんなものが無線になってる。

でも、中に入れて洗う、画面に向かって視る、箱の中に入れて保存する。
そういう根源の部分は変わらない。
マイナスイオンも出ないし、これ以上細くならない限界の細さ。
だがそれが良い。

フレームカラー。

フレームカラーは自由なので
カラーチャートから選んでいただく形となりますが
このバイクのカラーも。

カラー見本は
日本の工業色見本やRALなどから選んでいただくのですが、
EBSの塗装チームのオリジナルもあります。

で、それが最近新しくなったんだけど、
そのなかでどうしても塗りたいカラーがあって、それがこれ。
ブラウンとレッド、そこに細かい銀ラメのようなニュアンスに
ぽってりクリアを吹いた、高級車のようなカラーリング。

かなり大人っぽくて、落ち着きすぎてる?
と思いきや他のパーツとの相性も良いので
カラーで遊べるかなって思って。

ただ、スタンダードではそんなことはせず、
あくまでこれからのカスタムを楽しめた上で
今このルックスも綺麗にハマるように。

このカラーもおすすめです。
実車見てよければぜひその他車種でもお試しください。

サドルはDixnaのアキレスレディーというサドル。
その名の通り女性用サドルなんですが、
形がとても綺麗で、スポーツ感もあるし、
ウレタンの厚みもちょうど良いし、スリットの入り方も綺麗。

その上でそれなりの軽さもあり、乗ってて良い感じです。
EBSで推している革系サドルの高級感に勝てるか?というとまたお話は別ですが
みなさんに「乗りやすい!」と言ってもらえるタイプのサドルだと思います。

シングルガード付きクランク。

STDモデルにはシングルガード付きの、パンツの裾が汚れにくいタイプのものを採用。
ギア比に関しては乗る人、乗るエリアによってかなり変わるし、
モノによってはガードがつかないものもあるかもだけど、
基本はこのタイプを採用しています。

このMサイズは敢えて少し重めのギア比でぐいぐい漕げる仕様にしました。
クランクキャップとかは正直性能に関係がないし、
価格にも入ってなくてこのあたり全く儲けとか考えてないです。笑
でも、やっぱ乗るなら綺麗でかっこいいの乗りたいじゃないですか。

ぜひ、お客様のご意見、こうしたい、ああしたいを実現しましょう。

ペダルはMKSのCT-Liteを。
ここももっと安いペダルを!って思ったけど、
やっぱり安いペダルってすぐ不調出てくるし、
ここはしっかりしたMKSのものを。

リーズナブルながら
ちゃんとしてます。

前述のとおり、
ペダルやハンドルなど、
「この自転車が良い!けどここがもっとこうなら最高!」
みたいなところを実現できる自転車なので
好みに合わせて変更、アップグレードももちろん可能です。

ハンドルスプリング台座標準装備。

これは、フレームとフォークをバネでつなぐための台座です。

これがなくても取り付けは可能なんですが、
「後付けです!!!」と主張してくるくらいデカく取り付けになるので
もし大きめのバスケットで重い荷物を載せたくなった時用に
しっかりこの辺用意しています。

正直、乗り始めの時期からこれが必要になるかどうかわからないです。
ライフスタイルのうつりかわりで急にバスケットスタイルが定着することもある。
そんな時に「え?これ後付けこんな感じになるんだ。。」を
しっかり考えてセットしています。

ボトルケージ台座はふたつ。

ボトルケージはダブルです。
一つだけにしようかなって思ったけど、
最近はセキュリティレベルの高い鍵の代表作が
ボトルケージ台座のピッチ規格に準拠しているので
「街乗りだしペットボトル一本させたら良いかなー」
って方でも「あと一個あれば…!!」という方も
必ず多くいらっしゃるので2個にしています。

もちろん、ゆったりシングルでロングライドもできるので
ダブルボトルで走りに行くときも◎。

Kaisei 022。

もちろんKaisei 022を使用。
ブランドクロモリを使用してこの価格なんです。

そして、ロードフレームやツーリング、MTBにも使われる
この番手はやっぱりシングルスピードにも最高です。

今回STD完成車を組むにあたり
当然、高級パーツを入れる!とかはないので
軽さはそこまで意識してなかったんですが
やっぱりわかりやすく軽!ってなった。笑

ちなみになにも考えずに組んでも
8.9kgとかそのあたりになってくる。
かなり軽いです。

キックスタンド台座も標準装備。

シングルスピードバイクって
スタンドが取り付けられないものも多い。
このスタンドが入る部分を切り詰めて駆動輪へのかかりをよくするため、
なんですが、やっぱり欲しいスタンド。

無理矢理挟み込んだり、
シンプルが良いからスタンドつけねえ!
ってなって壁にかけて自転車傷だらけになったりしない。

でも、スタンド取り付けたくない、って気持ちもわかるから、
スタンダードモデルである完成車にはスタンドは付いていません。
スタンドは1600円くらいからあるので、取り付けたい方は選んでみてね。

シングルスピードのこの直球シンプルな
縦にしか動かず、メンテナンスがとても簡単な原始のかたち。
やっぱここに惚れてずっと乗ってます。

リアビュー。

とてもバランス良い。
ドロップハンドルで
シングルロードみたいにして組んでも気持ちよく走れますので
スポーツ寄りでのカスタムもお気軽にどうぞ。

ブレーキはGBセレクト。

ブレーキはGrown Brand、GBより
HUNTというミニベロの純正ブレーキを。
これ、ロングとショートのアーチサイズを絶妙にカバーしながら
剛性感、制動力と良い感じで、かつ自社開発なので
リーズナブルにご用意ができます。

市販の予定はありませんが
このブレーキは良いですね。
クラシカルに見せれるのもポイント高いです。

リアフリーギアはお好みで。

なんかピント合ってないな。

リアフリーギアは
13Tのめちゃ重系から21Tあたりまでのかるがる系まで
踏みたい感じに合わせて、体力に合わせてなど
ちゃんと選びますので色々教えてください。

16、17、18Tくらいが走るエリアにハマる方が多いですね。
僕は軽めでくるくる回すのが好きなので、自分のバイクについてるのはそれより軽いです。
なので坂道もそれなりに行けるし、時速にすれば35キロくらいまでは出せるようになってる。

京都は平地が多いので重めのギアとも相性良いんですが、
こればっかりはほんと好みなので、
何個か持ってても良い、くらいの部分です。

これから乗り始めると
筋力がついたり、逆にもっと軽く乗れるようにしたくなったりと
まあいろんなことが起こります。

その度に交換可能なので
いつでもお気軽にご相談くださいね。

ちなみにリアには荷台、キャリアを取り付けることもできます。

後ろにも何か載せたい、後ろだけ、別に載せるモノないけどつけたい。
なんでもOKです。
こちらもご相談いただければ。

フレームサイズ

S(470)身長153センチくらいから
M(520)身長168センチくらいから
L(550)身長178センチくらいから

この自転車はとてもオーソドックスなスタイルなので、
やっぱり乗ってみて違いのわかりやすいのが特徴です。

ほんとに良いなー、って毎回思ってるので
ご検討中の方はぜひ一度ご試乗くださいね。


それでは来週のオーナーズバイクチェックをお楽しみに。
流れに乗らせていただいて、
KamogawaのLサイズをご紹介することになると思います。
ではでは。。

MASN

FLOAT451S。最高のシングルスピードミニベロのひとつ。

不安定な天気の中
京都はギリギリを保っております
ここ五条は猪熊上ル ベロスタンドキョートでございます。

このあたりは
はじまった祇園祭のはんなりかつじわじわくる熱気も
少なく落ち着いた感じでご覧いただけるので
観光がてらゆるりどうぞ。

今日は久しぶりにスポーツミニベロ。
ギアードの「R」と双璧であり
個人的に大好きで店頭では推しまくっているシングルスピードモデル

Engineerd Bike Service
FLOAT 451S

Lサイズだよ。

をご紹介。

いやー、やっぱイイ。
「シングル」というカテゴリが僕のスポーツバイクの原点であり
今も続く熱狂の動力。

僕は固定ギアというフリー機構のないクランクが回り続ける
いわゆる「Fix」のスタイルでこの12年ほど通勤や旅行をしているのですが
ほとんどトラブルなし。
それはそもそもが「ド」がつくシンプルな仕組みに
長く使う気満々で丈夫なパーツをインストールしていたから。

ガッツガツ使うからこそ大切に手入れをして、
もはや愛着しかない僕のマイバイク愛に
共感してくださった方のフロート451。

ある程度お任せでいただける信頼の投げっぷりに
僕も一生物をガシガシ使ってもらえる組み方でアンサー。
そうです、僕は想いとかストーリーを会話にのせられると弱くて
すぐに熱い想い共有したい勢です。笑

まずはその特徴的なフレーム。
前下がりのオフェンシブなフレームワークに
乗り心地を追求するフロートクロスドシートステー。

目的地へ早くたどり着こうとする大地の気性と
乗り手のストレスを軽減させる大いなる海の母性(!?)
完全に相反するこの特性を兼ね備えるのは「FLOATシリーズ」の
最高のストロングポイント。

そんなフレームを一本一本僕たち
「EBS」のビルダー長がラグでロウ付け。

シートステーとシートチューブ交差部は溶接せずに浮かせる
フロートシステム。
(斜めから撮るのわすれた)


マテリアルはもちろん唯一の完全国内生産
「Kaisei」の022番。
オーダーをいただいた時にもうひとつ軽い019番や
より硬めで軽量のヒートトリート8630R番を使用して
よりプレミアムなフレームでいこうとも思ったけど、
僕はけっこう会社理念とかコンセプトという
根っこの部分を大事にしていて、
やっぱり「EBS」としては
「長く使うこと」「道具を大切にする」というところをテーマに。

なので今回も質実剛健な022番で。
ノーブランドのクロモリより圧倒的に質が高く
軽量かつ同じく国内の前線に立ち続けて下さっている
「Kaisei社」に感謝。

Handmade in KYOTO EBS×KAISEI022 Crmo

フレームカラーはもちろんお客様と決めたオーダーカラー。
ベージュとゴールドを混ぜて上から艶のあるカーテン。
舌に乗り続ける甘美なドゥミ・セック。

つぎはパーツアッセンブル。
自転車って、エンジン自分、
あとはグリップ、サドル、ペダルに体が乗ってるだけの乗り物。

そこからどれだけ無駄なく地面を蹴っていけるかを追求していくことが
日々自転車通勤を、たまのツーリングの、
納車されてから何千何万、もっともっとペダルを踏み、クランクを回すうえで
その一回転一回転を楽しく快適にする秘訣。

なのでまずは最重要な回転部分から。

White Industries TRACK front

このフレームカラーでまずはパッと浮かんだ
ホイールナットがブラスカラーのWhite Industriesトラックハブ。
もちろんカラーの合わせ方も大事だけど、やはりホワイトのハブは良い。

そもそもメンテナンスするところが少ないシングルだから、
僕個人的にはカップアンドコーンのハブが好きです。
しっかり調整が必要だし、シビアに性能を求めれば求めるほど
メンテ頻度が上がる諸刃の剣。
ただし決まったときの滑らかさは最高。
メンテというよりチューンナップが好きな方はそちらを紹介しますが、
今回は限りなくメンテフリーなシールドベアリング。

メンテフリーだから回転が重いとかは全くなくって、
ホワイトのハブをすでに体感されている方からすると
「なんでそんなメンテめっちゃいるやつ使ってんの?」
と言われるレベルの良いモノです。
前述の高精度カップアンドコーンは
ただのロマンと自己満足の世界です。笑

だがそれがいい。

京都ミニベロ、かつハンドメイドなニッチなページを読んでくださる
危篤(褒め言葉)な方ならわかっていただけるはず。

シールドだろうがなんだろうが、クルマにバイクに家具楽器。
工具に調理道具、筆記用具に洋服、アクセサリー、時計。
色々見てきた大人だけの自分観。

White Industries TRACK rear

ベアリングはもちろん打ち直しが可能。
走りの良さはベアリングチューンだけではなく
やはりホワイトインダストリー社の超超高精度なマシニング。
高強度なアルミや場所によってはチタンを。

そのハウジングの硬さや精度が限りなく真円に近い回転を生み、
シングルギアの直接的なパワーの入力にもタフに応えます。

なによりかっこいい。
ここが大事。笑

基本的に全てのパーツが見える自転車という特性上、
性能の良いパーツは見た目の美しさにもこだわりがあります。

リアハブは基本フリーなシングルスピード、
ひっくり返せば固定にもできる両切りタイプを。
専用のコグを入れることでいつでも変更可能です。

White Industries ENO Free 16T

回転する部分をどんどん繋げて。
おなじくWhite IndustriesのENOフリー、
16Tだけシールドが青なんで「青フリー」。そのまま。

精度はもちろん、ちょうど良いノッチ数で壊れにくさはもちろん、
小気味の良いラチェット音が最高のポタリング気分を演出。
下り坂でも最高の気分。

なによりこの青色、
ただ青いだけなのに「お、ホワイト」
ってなっちゃうところがニクいです。
世の中にそんな見ただけでそれとわかるモノが結構あるけど、
こういったプロダクトを生み出せるのはさすがでしかない。
青でもホワイト。赤でもホワイト。緑でもホワイトです。
白はなくてもホワイト。

続く先にはチェーンとクランク。
FIX乗りには競技に出なくともやはり絶大な支持の
IZUMIのV。スーパータフネスを。

ゴールド/ブラックのチェーンは意外にどんなバイクにもハマるけど、
コイツはまさにドンピシャ。
性能は弩級。日常使用での延びにくさ、歯離れの良さ、リンクの精度。
どれをとっても最高。

もちろんしっかり脱脂、オイルアップしてから組み付け。
限りなく油膜切れを起こさないようなイメージのオイルを使用しました。

クランクと、見えないけどBBはSUGINO。
ここまでホワイトできたしホワイトやろと思いきやここで日米、
チェーンで繋がる共同作業。

SUGINOからはいろんなクランクが出てるけど、
乗り手のお客様は結構脚力がありそうだったので
後々大径チェーンリングが使えるようにPCD144のトラック規格を。
脚がバケモノになってくればバケモノみたいな大きさも可能です。笑

クランクは横の顔なのでかなり重要パーツだけにとことんシンプルに。
絶対に長くつかえて飽きのこない75クランク/専用BBで丈夫に丈夫に。

ちなみにクランクも強度バッチリ。
入力を素直に75リングに伝え、リングの精度もバッチリ。
ダイレクトドライブも二日くらい悩んだけど、どこかクラシカルで
近未来な香りがしないようにしたかったので75テーパーで。

タイヤは毎日使うことを考えてコストパフォーマンス抜群のDurano。
転がりも良いし耐パンクも◎。
交換が必要なポイントは良い感じにまとめるのも長く使うためには必須。

毎度のタイヤ交換がひっくり返る値段だったら危険レベルまで使っちゃうし、
そもそもランニングコスト高いのは自転車通勤的に無し。

逆に年間単位のお話だし、走りに直結する部分なんで
こだわるのももちろん◎

僕は交換するたびに違うタイヤを
使ってみたくなるわかりやすい男です。笑

リアエンドも肉抜きの入ったもので。
単純にイケてる!!

コックピット。

ヘッドセットはChris King。
間違いなさすぎて文章出ん。

カラーはお客様指定で。ヘッドはレッド確定だったのもあり、
さっきのフリーは敢えての青。
ギア比的なことが98%だけど、しっかりしたカラーアルマイトは
多色で組んでも問題なし。むしろおすすめ。

むしろ組み替えたりして、このフレームにはこのヘッド合わんな。。
とか思っててもバチッッッ!!とハマるんです。本当に。

肝心のキングですが、1インチのヘッドセットがあんまりない中
最高のヘッドセットを出し続けてくれているメーカーです。

旋回の滑らかさ。耐久性。完全なる一級品。
ヘッド部分なんて何回も打ちかえる部分じゃないし、
ウチのハードコアMTBライダーが過酷環境下で
使用し続けても全く問題のない性能です。

なにより自転車ってほとんどのシーンでまっすぐ走ってる。
当然ハンドルが振れてもまっすぐに戻ろうと保つ訳ですが、
そこに抵抗が発生していればすこーしずつストレスになるワケです。
だからすこしでも滑らかに、しかもそれが10年以上続くワケですよ。
せっかくのハンドメイドバイク。長く使う気満々で使っていきましょう。

その最高峰の1インチVer。
昨今の大径パイプ化はやはり商業的、時代的に当然のことなんですが、
どうか1インチの良さも一考していただきたい。

やっぱり古来よりカラダの線が細めの
日本だからこその華奢なフレームのロマンってあると思うんですよ。
クロモリ、ラグ、細身パイプ。
永遠です。

だがしかし僕の体型は1 1/8です。

コックピット内側。

ハンドルはNITTO。
ちょっとやんちゃな感じを出したかったのと
ストリートっぽいお兄様なのでクイックに街中を移動できるように
ショートライザーをチョイス。
「あの頃感」とかで表現されがちなジャンルだけど、やっぱショートライザーって手軽に引っ張り出せるフランクさもあるし、エネルギッシュ。

大人の魅力も内包したかったので
グリップはBROOKSのレザー。ステムはCTクラフト。
昔のチネリやジャガーのバイブスそのままに美しい仕上げで
一気に高級感出ます。

後ろすがた。

そうなればサドルもBROOKSでしっかりオトナ仕上げ。
しっかりと形どられたスワロースタイルに
クローム仕上げのレールが横姿、後ろ姿、
走っている姿もセクシーな魅力たっぷり。

もちろん革の手入れもお任せください。
自分でも簡単にできるので、最高の革靴と一緒に磨いてあげましょう。

シートポストのワンポイントハートもグッときますね。

スタンド台座の追加工。

当然主戦場はストリートなワケで、
便利なスタンドも取り付け可能にしておきました。
細かいところだけど、しっかり停められたほうが傷とかもつきにくいしね。

ちなみにペダルもネクスト。
最高の回転性能で足首のストレス皆無になります。
そして完全メンテフリー。さすがMKS。

組み上げたあとはもちろん試乗するのですが
やはりシングルのミニベロは無限の可能性を感じますね。
純然たるまさにコンパクトということ。取り回しの良さ。
出足の軽さ、瞬間で最高速。
最高速をしっかり稼ぐギア比。それを維持する回転の良さ。

街乗り最高のメインウェポンとしてはもちろん
輪行も容易なので街中の移動に、そのままサイクリング。
セカンドバイクとして、普段着なんだけどめっちゃ速いミニベロ。
Fixにして街中でもペダリングの練習、乗り物で遊ぶという感覚。

誰かが言ってた、シングルはシンプルという特性上、
どうしても生きてきたスタイル、美学がにじむと。
シンプルだけにどこにこだわるか大事だし、
ごまかしが効かないからおもしろい。

空気圧とチェーンのオイルさえ気にしておけば
たまに気が向いた時に僕が他のメンテして、
かなーり長持ちするバイクができたと思います。

もちろんスポーツバイクなので
今や100年酷使するヒトのカラダと同じく
長く使うために筋肉を休め、肌を整え、
爪を切ったり早く寝たり。良いもの食べたり気晴らししたりと
生きている鉄として扱ってやってください。

ただ、どんなスポーツマンも
走らなければ走れなくなっちゃうんで
あくまでがっつり乗っていただくのが最高です。
乗る以外は僕に言ってください。全部やります。

もちろんEBSもヒトと同じくどのバイクも当たり前に
世代を継ぐレベルでフレーム製作しているので
なんなりと使用シーンやこだわり、
お任せしていただける箇所お申し付けください。

京都梅雨明け発表まで限定の
週末だけのお得なキャンペーン、
来週も継続かな。。

雨が多いからこそみなさまお待ちしてますっていう
謎の感じですがよろしくどうぞ。笑
多くは語りませんが完全にお得です!!


ちなみにFLOAT451SはSサイズが残りラスト一本、
サイズが合う方はチャンス!!

FLOAT451Sの試乗車もご用意しております。

次期生産は少しだけ先になるので
シングルスピード/フィックススタイルを
楽しんでくださる未来のオーナー様は今のうちにお待ちしております!!

ではまた来週!!

今回ご紹介したバイクは・・・

Engineered Bike Service 
(#EBSbikes)

FLOAT 451 S

納車風景を見返すとスーツや
カジュアルダウンなパンツスタイルにも
バッチリハマりますね。

Size: S(470)  /M(510)  /L(530) 

適応身長: 155cm〜

フレーム素材: KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


今までの製作例はこちら。


instagram #EBSbikes
(FLOATだけじゃないけど。。)


最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。

みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN