京都鴨川散策。Newmodelそろそろ。

お、日曜も晴れてきたね。

こんな感じで雨降って、
あったかくなってきて。
繰り返しで春になるんだろうな。

最近は車両テストのために
暇さえあれば鴨川にいる
私MASNですが
鴨川はもう春です。笑




もう咲いてんじゃん。
セールめっちゃすぐ終わるじゃん。。



「セール第一弾」
「セール第二弾」



って思ったけどこれ寒桜ですね。
ソメイヨシノ咲くまででした。
セール車両、
グレーに塗り替えて乗りたいって言ってた兄貴、
来週お待ちしてます。笑


鴨川はほんといい。



今EBS京都、velo stand KYOTOでは
鴨川を起点とした、
京都を走るためのニューモデルを開発してるんだけど、
フレームや仕様はおおよそ決まってきた。

やっぱり自転車としての原点、
僕がスポーツバイクに触れてきた原点を
お客様にストレートに伝えることがしたくて。

プロトタイプ段階も超初期で、
まだ写真などは公開できないんですが、



このフレームは
自転車としての原点、
700Cのシングルスピードバイク

京都散策に、鴨川を走るために
本当にフィットさせたスポーツバイク。

その上で、昨日の僕を毎日超えていく勢いで
このバイクをみなさまに
乗っていただくことだけを考えていました。

なので、スタンダードな仕様でも
出来うる部分には一切の妥協なし。
(いや、全てのEBSに妥協はないんだけども)
まずはみなさんの目に多くかかれるよう、
必要最低限のパーツを
取り付けた上での限界価格でいきます。
でも、よくある謎の粗悪パーツなどは排除して、
手を入れてチューンできる部分は全て僕が手を入れます。

その上でより良いと思う
パーツもおすすめさせていただきますし、
必要な装備があればご提案ください。
僕が街乗りスポーツバイクを製作するにあたり、
これは必要になるな、というものは
全て取り付けOKを想定して設計をお願いしています。

そのうえで、乗り心地最高で軽やか、
培ってきたカッコイイバイクを、
可愛いバイクのイメージをオーナー様に。
京都をオシャレなバイクで満たしにいきます。



ですのでこの記事にたどり着いてくださり、
そして最高の自転車に出会うきっかけを
探しておられた全国のお客様。

はじめてのスポーツバイク体験は
ぜひ僕の組んだ自転車でお願いします。


今回のプロダクトは


女の子にいっぱい
乗って欲しいって思いもあって
460というサイズが
メイン展開でSサイズ、
このサイズはアッセンブル次第で
148センチくらいから乗れるから、
大きい自転車乗れない。。
って思ってた方もぜひ。

そんで
真ん中の520サイズがM、
大きい560サイズがL
の3サイズ展開。

・シングルスピード(変速なし)

・700C、ちょっと太めまで入るタイヤサイズ

・ふだん使いが最高に気持ちいい(鴨川最強)

・はじめての自転車として
選んでいただいても絶対に後悔しない設計。

・乗り慣れてきて、もう一度フレームの良さに
満足していただける、乗り慣れた人も納得の設計

・造形にこだわりすぎて値段が高騰しないように。

このラインは絶対崩さないようにして、


販売13万円台を目指します。


13万円台というのは本当にギリギリのラインで、
いつ苦渋の決断をするかはわからないけれど、
僕が学生のころに頑張って買った
シングルのバイクに価格を寄せて、
少しでも本当に良い自転車との
出会いの間口を広げたかったし

そのうえで妥協なしに
大事な部分はチームで全て行い、
信頼するEBSのビルダーチームに
オールハンドメイドでお願いし、
素材からお渡しまで、
一貫して人の手で行う自転車の限界値になるかと。





で、どこを走るか。

京都はやっぱり鴨川が繋いでる。
もし、天気の良い日にぶらぶら漕いでて、
鴨川におりられるスロープが出現したら、
みんなおりると思うんですよ。

で、ぶらぶら走ってたら
少なくとも四条から
出町柳までは気づけば来てるレベル。
鴨川デルタのとこね。
(現在護岸工事してるのでちょい前の画です)



で、そこから上がって左京を探検してもいいし、
西陣のほうにいってもいいと思う。

そのくらい日々の生活に溶け込んでる。

ただ、ただ。
鴨川はロードバイクなどの
細めのタイヤが映える自転車には
優しくない。

で、舗装、砂地、砂利、石畳、少し湿った土。
全ての要素が鴨川にはある。

そこを気持ちよく走れる自転車が、
京都の街乗り自転車として最強じゃね?
ってなってこの企画の発案に至ったわけです。




まあ、お見せできる
自転車もないのにこんなことを言っても何なので、
しっかり煮詰めて、最高の自転車公開できればと思います。

で、男は僕がテストするのでいいんですが、
ウチのチームには女の子がいません。。
ので、モニターというか、
一発目のオーナーになってくれる女の子募集してます。

べつに乗り心地が、とか解説や知識全く必要なし。
あの自転車カワイイね。
って言われるような自転車絶対作るので、
京都中、楽しく乗ってください。

僕からも端から端まで回らせていただきますが
いい感じの壁や、お店さんの前で撮っていいよ〜、
って方も、ぜひお願いします。

インスタの年間100ポストは
この自転車になるくらいいろいろ撮りに行きます。笑

シングルでどこでも行きますし、
京都中このバイクで網羅したいですし、
何だったら洒落たお店の前とかに置いて、
通勤とかで使ってもらえたら最高です。

マジのガチで限界価格なので
モニターだからお値引き、とかは
僕にはできないんですが、ガチには
僕もガチで応えるタイプなので
多くを語らずお任せください。

EBS京都で出会う自転車を
2020年のベストバイにすることをお約束します。

もちろん
はじめてじゃない方にも、男性にも。
そしてEBSのオーナー様への
2台目としても。
シングルばっかり乗ってきた
僕が作るシングルです。
ハイエンドなデザインラグや、
レースな印象は一切ありませんし
値段を先に公開する、
今までとは違うやりかたですが
フレームは最高のものです。
というかほぼフレーム代です。
各パーツを変更したり、
少しずつアップグレードすることで
確実に長く楽しめる自転車です。

ぜひよろしくお願いします。

で、まあなんか硬くなってしまいましたが
鴨川でのタイヤテストなども
FIXしてきてめちゃくちゃ楽しみです。



ちなみに先斗町がめちゃくちゃ空いてます。笑
夜賑わう通りなので昼はもともとそうでもないんですが
なかなかない、落ち着いた京都もまた良きかな、と。


先斗町の公園。
ここもバッサー桜咲くので
楽しみだなー。
ちゃんと夜の鴨川周辺もテストしています。
この日は28Cと32Cでいきましたが
鴨川は32C最高ですね。
公園も走りやすかったし最高。


舗装路もすいすい。
というより、乗り心地最高や!ええやん!
で、何よりも通ったついでにサクっと撮るだけで
こんな明るいの撮れる携帯電話のカメラやばいよね。



僕が別で乗っている23Cのピストバイクでは
不快感しかない祇園の石畳も全くストレスなし。
祇園もふだんより落ち着き。
気温がめっちゃちょうどよくて、まさにサイクリング日和だった。


そして郵便局に行くついでに西陣もぶらぶら。

メジャーな通りではないけど好き。
鯖寿司屋さんがいっぱいあります。

自転車屋さんのブログなのに全く自転車が出てこないという
謎事態ですが
固まり次第すぐに公開するのでお待ちを。
プレオーダーも受付していきます。
早期予約特典ありで。

シングルスピード欲しかった。
街乗りの自転車探してた。
一生物が欲しい。
街を楽しく移動するという新たな趣味。
最高の通勤自転車として。
シンプルでカワイイ自転車。
京都の自転車探してた。
せっかく買うならいいやつを。

シングルスピードバイクは
これから先も確実に有用で、
飽きることがない(というより何回もここに帰着する)
本当にずっと使える自転車です。

この何もかも値上がりする2020年、
僕が学生の頃、
頑張って買った金額にかなり近い数字なので
ぜひ学生の方にも。社会人になっても使ってください。
ピストバイク仕様ではじめて、
その後フリー化も、逆でもなんでも。

いろいろ乗り継いで来た自転車好きの方にも
最高に気楽で快適な自転車作りますので
少ないパーツ点数で構成されたミニマルな自転車を
こだわって組んでいただいてもよし、
ドロヨケやカゴ、荷台やチェーンガードなど、
現代の実用車としても使えるような
満足のいく組み方ができますので
ぜひチェックお願いします。

そんで、もっとあったかくなったら
ゆるり鴨川ライドやりましょう。
走力とか脚力なんて必要のない、
鴨川スタートでなんか
京都の名所まわって現地解散みたいな
まじでゆるいやつ。笑



お問い合わせもお気軽に。


インスタから送っていただいても◎です。

ではでは。。



今日ご紹介したのは…
(画像もないくせに)

Engineered Bike Service
Single 700/Test kamogawa (名称未定)

EBSのフレームにはハイエンドモデルに
Birdがいるけど、僕からは同じ鳥でも鴨です。

フレームサイズ
S:(460)    148cm〜
M:(520)  165cm〜
L:(560) 175cm〜

標準フレームカラー:未定
(オーダーカラーもちろんOKです)

フレーム素材:国産KAISEIクロモリパイプ/フルセット

サイズ:1インチ/クイル

タイヤサイズ:700×MAX32C

ブレーキ:キャリパー/ラージ

オプションパーツなど
フロントラック/バスケット
ドロヨケ/リアキャリア/チェーンガード
スタンド等全て取り付けOK 随時情報もインスタグラム、
ブログ、店頭でも公開していくので
ぜひオーダーくださいませ。


MASN

マルチなのに、「あなただけ。」な訳。E.B.S STUFF Disc Cross STD 



どうもみなさまこんにちは。
いやー、暑すぎですね。笑
僕は暑いの大好きなんですがみなさまはいかがでしょうか。。
今日は先日ご紹介したマルチに使えるSTUFFのクロスバージョン。
本当の意味で扱いやすい「自転車」というものを
表現できているバイクが組み上がったのでご紹介。


「クロスバイクです。」
というと聞こえはいいんだけど、あれこれ詰め込んだ結果
なんでもできる反面何にも出来ない。クロスしすぎて絡まっとるわ!!
みたいなことにもなりかねない難しいジャンルだと思ってます。


戦士を経たあと魔法使いになって、力あるのに剣つかえない。
MP低くて魔法もまだ。。みたいな。


だがしかし!!
かなり乗りやすくって拡張性あり。
乗り方、スタイル、行きたい場所。
住んでるところ、会社の場所、近くのコンビニ。
何かが変わってしまったり、増えたり減ったり。
起こりうる全ての事象を
ポジティヴに変換してくれるバイクがこちら。

Engineered Bike Service
STUFF Disc

EBS STUFF Disc CROSS

先週のSTUFF ROADとまた違った空気感。
タイヤもホイールもフレームも一緒です。
まずは。。
いやー、かなり乗りやすいですね。
何かをクロスオーバーさせる時に
しっかり考えていくポイントはやはり
トータルでの走りやすさ。京都の街を全てカバーするギア比。

完成車だとどうしても自分が自転車に合わせるポイントがあるけど
オールハンドメイドならもちろんフレームから組み上げるので

スタンダード仕様だけどここ走るならこうだな。
とか
ハンドル幅もうちょい、、とか
細かな設定を練りながら完成していくのも長く乗る為の秘訣。


僕は普段はシングルギアのバイクで京都の街中を
ぶらぶらしているのですが
ここはしんどかったな。。
とか網羅してるので任せてください。笑

さて、そろそろバイクチェックを。
前回のロード仕様もスタンダードですし、
今回のクロス仕様もスタンダードです。
ハンドメイドバイクを限りなく手に入れやすい価格で
長く楽しめる、拡張性もあるセットアップなので、
グッときた方は是非。
EBS STUFF DISC

まずはナナメから。
NITTO×E.B.Sの僕的名作20BAR。

バイクコントロールはもちろん
ゆったりなのにどこかスポーツを感じさせる、イイハンドルバー。
将来的にバスケットやラックを取り付けたくなってもオールOKな
ハンドル幅に、スタイルの崩れない万能性。
素材的にも硬すぎず、長時間のライドでも手のひら元気。 ハンドルがフラット寄りになると
マウンテンバイクの風味が香ってくるけど、
乗ってみると姿勢がゆったりしていて、
手軽にスポーツ感覚を味わえる
街中の道を遊べる感じにクロス。


スタンダード仕様として、通勤や通学、日々の普段使いの
ニュートラルな立ち位置に鎮座したのは
700C×28Cサイズのスリックタイプ。

ここから、「鴨川グリグリ走りたい」とか
「細いタイヤこわいからもっと太くしたい」とか
お話し合いがあってタイヤが変わったりするんだけど、
まずはこのタイヤを使い倒して、
圧倒的コストパフォーマンスに圧倒されリピートもよし、
だんだん主戦場がわかってきてそっちに振っていくもよし、
高級タイヤ沼にはまるも良し。笑
どっちかというとロードバイク的なタイヤの太さで、
街中での使いやすさを目指してクロス。

ブレーキはディスクブレーキで
機械式の一般的なものを使用。
シングルポットで十分な制動力。
ディスクブレーキは天候に制動が左右されにくいというポイントが
街中の安全を確保。
シンプルな作りでメンテナンス性もいいのも嬉しい。

パイプの素材は
国産パイプのKAISEI022のダブルバテッドフルクロモリをフルセットで。
スタンダード仕様でより皆様に多くお届けしたい理由のひとつとして
このパイプの恩恵を伝えたい部分が多いです。 高耐久、高寿命という鉄の特性がもたらす
長く使い込んで愛着が増していく、無機物とは思えない魅力。
それはやはり人の手で作られているという
この大量生産、大量廃棄の時代に抗う「作り手」の温度があるから。

軽めで丈夫。
車重が軽いということもありますが、
なによりもこのバネ感を味わって頂きたい。

一度乗り出すとかえることのできない唯一の「フレーム」という根幹。
ここだけをまずは一生モノの国産高級パイプでいこうよってのが
僕の魂胆であります。笑

もちろんKAISEIにはもっと軽い019や017、
肉薄なRシリーズ、ニッケル添加でより硬い30シリーズなどありますが
街乗りに於ける力のかかり方、バスケットなどで荷重がかかったり、
ご夫婦共用で体重差がある、等、
多種多様な条件をクリアするのはこの022だと考えます。

(完全レーシングな8630Rのフレームなども
あるので是非お問い合わせください。笑)

ここから夢中になるほどバイクライフにのめり込んだとしても
やりたい形に限りなく近いカスタムのご提案をさせてもらえると思うし、
絶対後悔させない。
そんでもってリアの変速はロードコンポーネントで。
実は前回のSTUFF ROADとはご夫婦で、
お嫁様の乗られるこのバイクは
いつしかドロップハンドルやSTIになってもすぐに使えるように
ロードバイクの面影を残すアッセンブルで。

変速は9速。
気持ちよく、滑らかにどこまでも行けるように11-28Tを。

もし、住んでるところが坂道が多い、とか
山道走りたいけど登れるか不安なんじゃあって方は
ここをマウンテン寄りにクロスさせていきましょう。
なんならタイヤのサイズも
650B化できるのでより回しやすくなりますよ。

試乗車もかなり多様なギアレンジを用意してるので
探してる、求めてる形にフィットできるかと思います。

この辺の平坦路じゃわからん。って人は
貸し出し状況にもよりますが
半日レンタル等も可能です。(2000円〜)
このかかった料金はご成約時に全額割引されるので
ご自宅まで帰ってみて快適さに感動するもヨシ。
嵐山行ってタピオカ飲むもヨシ。
山にチャレンジもヨシ。

ギアカセットを複数持ちで交換して
自分のオイシイギア比をシーンに合わせるなんてことができれば
それはそれで素敵だけど、
エリアがある程度決まってて、乗ってみてあとちょい軽く。
もっと直線踏みたいね!とかが一回でわかれば
無駄なパーツが増えないからそれもまた最高だよね。

シングルで乗りたい方もハイテンションで製作しますので
是非。シングルも楽しいよ。

じゃあ前のギアはというとこんな感じ。
じつはここだけスタンダードではなくて、街乗りで気持ちいい
絶妙なギア比はそのままに、フロントシングル/ナローワイドで。
5アームがいい感じ。

スタンダード仕様では前もダブルでいこうと思ってるんですが、
このあたりは好みや使い方で変わってくるので絶対これ!!
と決めているわけではないです。

この仕様だとより軽く、よりシンプルにできるし、
起こりがちなフロントメカのトラブルともおさらば。
なんでも載せすぎないってのが潔くていいし、
まさにクロスしてる部分だと思う。

カタログ上のスペックでは
○○年モデル/○○SPEED/〇〇kg!!
みたいなところがクローズアップされてるし、見ちゃいがちだけど、
大は小をいつでも兼ねるってわけじゃないのが難しいよね。

ハンドメイドクロモリは
そこらへん全部ぶっ飛ばしちゃうのが面白い。
逆に30年前の車体に惹きつけられたりするもんね。

変速性能はどのくらい必要か??
ってのは「全然わかんねーよ!!」って人もいらっしゃると思いますが、
ゆっくりお話させてもらって、いろいろ乗ってもらって
ああ、こういうことね〜ってなってきたあたりで決めましょう。笑

変速を絞ればゆくゆくは交換が必要な
チェーンなどの消耗部品の値段や寿命(薄さが違うため)
も変わってくるのでランニングコスト的にも気にしたい部分。
と、こんな感じで今回も組ませて頂きましたよ。
前回のSTUFF ROADとまた違った解釈で別のフレームのようなSTUFF CROSS。

他にもマウンテン寄りにクロスさせて
650B化に太めのチューブレス、メガレンジなギアで
鴨川のゆったりクルージングから行ったことのない奥地の奥地まで。

フロントキャリアやリアキャリアをつけて
キャンプツーリングでも。
落ち着いたカラー、泥除け、
プロムナードハンドルでネオクラシックなスタイルも。

なんでも流行りはよくない。
ちょっとでも生きてたらわかってくるやつ。
でも、そのままじゃみんなその波で向こう岸に行っちゃって、
反対側から戻ってきた時にはグランドライン制覇されてるかも。(?)

流行に流されずにうまく乗って次の波に繋げるのは非常に大事なことで、
そんなときに物質的に100年間以上
バイク素材オリコンにトップチャートし続ける
「クロモリ」という素材の中でも精鋭のKAISEIパイプ。

これからも交換や修理で困ることのないワールドスタンダードな規格たち。

兼ね備えたSTUFFをチョイスするというのは
実に合理的な判断なのかな、と思います。

王道かつ正統派。基礎すでに定石。


そんなSTUFFをベースに、「あなただけが」つかいやすい
マイバイク、僕と一緒に作りましょう!!

今回ご紹介したバイクは・・・
Engineered Bike Service
STUFF

SIZE: S (510) M (535) L (560)
適応身長:160cmくらいから〜

KASEI022 ダブルバテッド フルクロモリ

フレームの詳細はこちら

STUFFの製作例はこちら

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)

MASN