自転車原体験。〜そして鴨川へ…〜

どこかの勇者のような
誘い文句からはじまった本日のブログ。

今週もありがとうございました。

さすがに土曜日は雨でさみしい店内でしたが
日曜はバッチリ秋晴れ。
たくさんのご来店感謝です。

写真撮影の時に
ご来店頂いたお客様はすみませんでした。。
「ここや!!」って瞬間にしか出ないのですが
それでもやっぱりこうなるよね。

ちなみに撮影はオープン前後行ってることが多いです。
それ以外は目の届くところで撮影するので
探せばカメラ持って自転車撮ってるヤツが必ずいるので
お声がけくださればすぐに戻ります。笑

ご予約していただけると最高ですが、
フラッと行けるバイクショップでありたいとも思うので
このへんワガママ言いますがご了承ください。笑

その分、
しっかりお話お聞かせください。
しっかり僕もお答えします。

最近はカスタムオーダーを多く受けてて
少し仕様の違うホリゾンとかの予定が入ってたりするけど
やっぱね、シンプルイズベストを
感じさせるのは今日みたいなバイク。

EBSのフレーム自体シンプルだし、
あんまり足し算しすぎないようにしておりますが
そういったドレスアップやチューンナップと違った根本の部分。

シングルスピード。
改めてこれだね。
ほんといろいろなカタチやジャンルがあって、
その都度色々吸収してまた良いものを作り出すけど、
この良さは定期的に帰ってくるし、ヤッパ良い。

日本に5台しかないのに結構な頻度で紹介するのは
EBSはKamogawa。
シンプルな街乗りに完全に適応させたシングルスピードなんだけど、
なんでしょうね、この軽やかさ。

ストックしていたフレームは完売していますが
また作るので是非オーダーよろしくお願いします。

ってわけで今週のご紹介は鴨川を一番楽しく走れる自転車。

Engineerd Bike Service
Kamogawa

改めて完成された良さを感じますね。

Kamogawaはその他EBSフレームのように
フレームセット売りからひとつずつパーツを一緒に選んでいく
かたちではなく

「こんな形がオススメだよ」っていう
カタチを予め作らせていただき、
完成車としての価格も出した、
EBSというハンドメイド工房から出た
EBS京都のモデルという位置付けのファーストモデルでした。

そして、試乗車を店頭に置いて
みなさまに乗って頂きいろんな意見を聞いて
完成したのがこのカタチというわけです。

とか言いながら5台が5台とも同じ形で出るはずがないのが
やはりEBSを尋ねてくださるオーナー様でしたね。

今回も少しだけハンドルを変更して頂いたり
走る地域や走りたい力加減に合わせてギア比も少し変更。
一度決まってさえしてしまえば
最高のパフォーマンスを長く発揮するのが
シングルスピードの良さでもあるので
これから末長くお願いします。

女性人気圧倒的No.1のRAWカラー。

Kamogawaの仕様に関しては
過去を掘っていただければ散々語っているので
もはや説明不要といったところですが

このモデルを製作するにあたって
「EBSとしての使命を全うしながら」
「鴨川をストレスなく走破できること」
「ハンドメイドバイクをもっともっと身近に」
このあたりは大切にしていったところ。

その中で
完成車ではそうそうないRAWカラーをチョイスしたのは
やっぱり「カッコいいから。」
無色というのは逆に何色でも溶け込むということが
RAWに多く触れることで理解してゆきましたが
まさかこの武骨極めたRAWが
女性に支持して頂けるなんて思いもしなかった。

僕はこの「〇〇に向けてつくる」といったことが圧倒的に下手で。笑
オーナー様とやりとりしたりお話したりの上で作り上げるのは
まあまあ自信があるんですが。

そんなわけで新作や新しいカスタムに
自分の狙い通りなんてありえないのが常なんですが
今回もいい意味でご支持くださり本当に感謝です。

もはやカラーチャートなど目もくれず、
艶ありのRAWか艶なしのRAWかでじっくり迷っていただきました。笑

EBSのバッヂにポリッシュ、RAW。
金属感満載なれどこれ以上ない色味の少なさなのに
なぜか振り返る存在感。
鴨川で「シンプルであることが目立つ」バイクを見かければ
それはKamogawaです。

5台しかないけど
その5台全員が笑顔になれるバイクにできたかと思います。
それを見た5人が、10人が欲しい!
って言ってくれればバイクショップとしては最高です。

カメラに望遠が入ったまま撮影に出てしまって
この写真はめっちゃ遠くから撮ってます。笑

今回のポイントは
ハンドルをプロムナードからポーターに変更したところ。
このハンドルは一切ライズがない並行なハンドルで
どんなバイクも一気にレトロに見せてくれるハンドル。

EBSの別レーベル、
Tobira BicycleのTobiraハンドルをチョイス。
実は少しだけハンドルカットしていて
より軽快な感じになってます。



そしてブレーキレバーは大好きなSS-6。
かなり握り込みやすい。
そこからBROOKSのレザーグリップを。

控えめに見せた真鍮のベルにワイヤーの先端に忍ばせた
真鍮のキャップ、RAWの端端に見られる真鍮ろうのあと。
表現するならばシルバーな全体像にゴールドを散りばめて。

オプションのTeha’amanaのフレームパッド本革製。
BROOKSに合わせたカラーで作って頂いてるので最高の相性。
フレームの傷防止、って意味ならロングタイプをチョイスするべきだけど
「レザー」ってそれだけじゃない。
これ巻くだけで一気に可愛くなる、魔法を巻くんです。

意味などと文を書き始める僕が野暮ですね。

鴨川散策一つの解。VOLUMMYタイヤ。

タイヤの話も散々したから多くは語りませんが
「鴨川を楽しく走れるなら京都全部楽しいんじゃね」
ってところがこのKamogawaの根本なので
平坦多し、走りやすい京都においても
やはりタイヤの幅や材質、凹凸などは大事だった。

で、太めなタイヤは
普段使いに重いしもったいないし…
細いと怖いしなあ。
ってなっていろんなタイヤで走ったんだけど、
まず決まったのは32Cというタイヤ幅。
多分京都に限らずちょうど良い太さだけど、
やはり例に漏れず素晴らしい走り心地だった。

その後色々試して、
鴨川、岡崎公園、宝ヶ池公園、
西京極運動公園、梅小路公園、大原道の里。
そして御所。

そこに向かうまでの道のり全てを考慮し
このギア比率、タイヤなら全部行ける!!
ってなったのがこのVOLUMMY。

いい感じの太さに砂の上でも行ける感じ、
空気の量があるから乗り心地良し、日本製。
そんでもってフォントが可愛かったから。

京都には四方に大きい公園があって、
どこに住んでてもめっちゃちゃんとした公園がある。
ならそこで暮らす人のことを考えてみよう、って思って
散々乗りましたが結果本当によかったです。

サドルも本革で。

BROOKSのサドルはまさに説明不要の良さ。
かっこいいし可愛いし、高級感あるし長持ちだし言うことない。

ただ。。。
すでに気付いておられる方もいらっしゃるでしょうが
完全に供給不足に陥ってきました。

現在あるストックがなくなれば
次の入荷は早くて2021年の3月あたり。
ないものは完全未定という状態なので
インストールご検討中の方はすぐに手に入れるべき。

じつは他のパーツも忍び寄るsold outがあったりしますが
来年はかなりシビアなパーツ選定がもとめられそうです。。。

今回のハブはDCからはGran Compe。
鬼コスパで知られるハブですが
今回もしっかり分解、再組み。
このKamogawaはハンドメイドバイクを手軽に感じていただくため
出来る限りリーズナブルに努めましたがパーツに妥協するとは言ってない。

GCのハブは精度もそれなりに良く
購入後すぐに滑らかに回りますが
その上を目指すべく、
私MASNがシングルスピードに乗り続けた結果完成した
上質なケミカルをしっかり浸透。
今回はシールドベアリングなので粘度も少し変え、
めっちゃ回るスケートボードのウィールの様なホイールに仕上げました。

このケミカルは政治的に公開できないですが
いつか店頭に置ける様邁進します。

少しだけ軽めのギアで。

Kamogawaは700Cというタイヤサイズ。
いわゆるロードバイクサイズで
直進の安定性や巡航速度の安定感が魅力ですが
それを漕ぐ力は人それぞれ。

同じサイズでも
競輪選手のような激烈なパワーを要するギアもあれば
軽々、スイスイ漕げるけど最高速はそこまででるわけじゃない。
ってギア比もある。

今回は僕が決めた標準より少しだけ軽め。
今までクロスバイクとか乗ってきたけど、
変速機ついてたけど全然つかってなかったな。。
でも坂ではちょっときつかったかな…
って方には感動出来る軽さに仕上がってます。



ハンドメイドのEBSのフレームの軽さに
シングルスピードの余計なものがついてない軽さ。
そこに京都の街を散々走って、オーナー様の試乗風景を見て
走るエリアを聞いて、実際どうだったか聞いて
「これや!!」ってとこドンピシャで狙ってます。
軽く走れるのにグイグイ走る感じ。
出るに決まってるでしょ?

クランクはSUGINOにキャップもSUGINO。
オールシルバーで高級感ある仕上がりだし、
クランクは一生ものです。

違うものが欲しくなる日が
いつか来るかもしれないけれど、
シングルスピードの有用性は永遠です。

最高級のマウンテンバイク、何よりも軽いロードレーサー。
目の前に置ける環境があったとしても
街に出る時、
ふと何故か乗っちゃう自転車、それがシングルスピードです。

あれがすごいとかこれが最新とか、そんなことはないんですが
京都という街中を走る上で、
嬉しいリズムのある公園の中の自然や最高の環境である
鴨川を敢えて通りたくなる、楽しい自転車作りができたと思います。

EBSのラインナップの中には入らない、
特別製作モデルとなるので基本的にEBS京都でしか手に入りませんが
2021年製作分も是非オーダーよろしくお願いします。

秋晴れの鴨川は
水遊びもまだOK、水の音に囲まれながら読書OK。
颯爽と駆け抜けるサイクリングもOK。
ただ向こう岸に渡るだけもOK。

この写真だけでも鴨川が
最高にユルい時間が流れているのがわかると思います。

僕は偶然こんな最高の環境が徒歩1分のところに移転して
自転車を作ることができていますが
鴨川に自転車で行って何かする、
ってのは皆様にお伝えしたいことのひとつです。

願わくば、それが京都の自転車で、EBSであったら。


全然関係ないけど、
親子で狩りをするときは
子にチャンスが多いハネ際に立たせ、
しかもちゃんと狩れるまで見守ってるんですね。

親すげえなって。ただそれだけ。笑

お前こんなことしてるからブログ間に合わないんじゃね?
とか言われちゃいそうだけど
この鴨川の時間はかなり色々僕にインスピレーション生んでて
街乗り自転車から拡がる地図がどんどん広がってます。

ようは楽しく自転車乗れれば最高といったところです。笑

そしてEBS京都の前に三条会商店街にもある
KAMEE COFFEEができた。

いままで
「このへんにカフェないん?」
とかマグレで店内満員になったときに
お待ちいただけるスペースをご紹介する場所が
少しだけ距離あったんですがこれにて全て解決。笑
KAMEEさんありがとうございます。笑

一度お話し合いが始まると
まずは2時間くらいは話し込んで決めていくので
どうしてもその間にご来店された
お客様はお待ちいただくことになります。

この場所にカフェがあれば
終わったのも見れるし最高。
一番あったらいいな、って思ってたのは僕だった様です。笑

オープンしたらまずはコーヒー買いにいきますね。

僕も二条エリアを生活圏としていますが
最近の二条、東西問わずかなり盛り上がっててかなり楽しい。

近くのバイクショップ様とコラボもさせていただいたり、
垣根もなにもあったもんじゃない、
京都が盛り上がる最高のタイミングに
僕がいさせていただけることに感謝。

今週もよろしくお願いします!!
今回のオーナー様のパートナー様も
EBSご検討中ということで、重ねてお待ちしておりますね。笑

ではでは。。。

MASN

第二期Kamogawa。予約受付中。よろしくお願いします!!

いやー、あっつい。笑

天気予報は晴れの橙を超えて
燃える赤の太陽マーク。
気温って39度まで赤色で、
40度超えると黒文字になるんだね。
いよいよやばい色。笑

大阪店のSNSで触れましたが
みなさんバイクにボトルケージついてますか?
もう必需になったね。
最低一本は欲しい。

幸いここ日本は山の中とかでも
自販機あったりする最高環境なんで
冷たい飲み物には事欠かない
(欲しい時に限ってないんだけどね)
けど、やっぱ保冷のできるボトルと
それをすぐに取り出せる環境は揃えたいですね。

今日は久しぶりに
MASNの自転車企画
「鴨川を最高に気持ちよく走れる自転車」シリーズから
Kamogawaのご紹介。

「ハンドメイドの自転車をもっとみなさまにお伝えするには」
みたいなところから
最終的に
「鴨川最高=京都最高」だろ!!
という(はしょりすぎ)コンセプトにて爆誕した

その名も「Kamogawa」
おかげさまでファーストロットが全て予約で完売、
次期製作に向けてより良いモノつくりに邁進する運びとなりました。

正直値段はギリギリのギリで、
京都EBSのフラッグシップショップとして(大型店舗ではないけど…)
直営ならではの限界価格が生み出せたまさに限界値。笑

でも、パーツに妥協はしていないし、
なんだったらチューンして出してた納得仕様だったわけですが
多分、セカンドロットも同じ価格でいくと思います。
フレームの仕様が変わったり、
パーツが安定して供給されれば、ですが。。

なので138,000yen+tax。
これを守るべく、EBSブランドとして最安ながらも
真剣な選定、設計と溶接、塗装、組付で
胸を張ってお出ししますので
次回作、ぜひご予約くださいませ。

移動は風きって、少しでも気持ちよくいきましょう!!

今週のご紹介は…

Engineerd Bike Service
Kamogawa

サイズはMサイズ。
もし、秋までこのMサイズ残ってたら
僕が買って載せ変えようと思ってたやつ。笑

Sサイズはいろんな女の子に
聞いたり乗ってもらったりしてサイズ感決めましたが
Mサイズは僕もテストしたのでまじでサイズぴったり(170センチ)で、
本当に欲しかったけど、少数製作です!って言ってるEBSのフレームを
身内が先に買いだすなんてことはあってはならないわけで。笑

僕は良さを知ってるからお伝えする側にいるわけだけど、
めっちゃ良いバイクなのでぜひ。

サイズ感。

3サイズ展開。

Sサイズ/470 148cmくらいから
Mサイズ/520 163cmくらいから
Lサイズ/550 175cmくらいから
という感じです。

カラーチョイスOK。

スタンダードカラーでは
マット系のブルーグレーとグレージュを用意していたんだけど、
今回は全員がカスタムカラーだった。
やっぱりEBSと言えば、なRAWカラーが最人気で、
このバイクもNon Paker Clear RAWです。

クロモリパイプはもちろん一本一本表情が違い、
仕上がりの空気感が違うのが良い。
マット仕上げはマット仕上げで最高の表情をだすし、
クリア仕上げもまた最高。
最高は一つじゃない、って教えてくれる名カラー。
(透明なんだけどね)

じゃあRAWを標準にしろよ!!
ってなるけど、RAWはもう一段階磨きをかけたりと
人の手の手間がかかっているためご勘弁を。笑

EBSヘッドバッヂ仕様。

ここは僕がやりたかったポイントでしかないんですが
EBSのヘッドバッヂは二種類あって、
プレートとビス留めバッヂ仕様があります。

プレートは僕自身で
墨入れしてるのもあって愛着はあるんですが
バッヂ仕様は本来カスタムで追加工料金がかかるので
ならはじめからカスタム仕様にしてしまえ!
ってことでなんとかねじこみました。笑

限りなくシンプルに構成した
シングル・スピード・バイク。
自転車として足されて引かれて完成した形は
原初の形だった、という先人の
爆裂なセンスを踏襲した王道な形を採用。

これからも仕様変更や
その時のアイデアが盛り込まれた形にはなるけど、
「シンプルで」「便利」な自転車は
Kamogawaというスタイルは絶対に崩さない。
最小限、最低限だからこその美しさを持ってますよね。

ハンドルまわり。

ハンドルまわりは使いやすいプロムナードがスタンダード。
ここに関してはある程度自由で
ブレーキレバーなど流用が可能な形であれば
アップチャージなしでハンドル変更が可能
です。


例えばまっすぐのハンドルが良い!とか、ね。
ブレーキレバーやグリップは使えませんが
もちろんブルホーンやドロップハンドルも可能です。

拡張性。

EBSのKamogawaには
「あれやりたい」が基本的に全てできるようになってます。

キックスタンドOK、カゴOK、荷台OK、泥除けOK。
でも、なんでもできるけど何にもしない。
って選択肢もシンプルでいいじゃん。

フロントラックはシンプルに収まるように
フォーク真ん中で受けれるように設定。

その上にバスケットも載せられるし、
フォーク真ん中につけられないタイプのものは
下部にて受けられるようになってます。

そのタイプのラックをシンプルに取り付けたい!
って場合は専用の足をEBSにて製作するのでそのへんもお任せを。


カゴを取り付けて、
重たいものを載せてもハンドルがフラつかないようにする
スプリングも取り付けOK
になってます。

スタンドはシングルレッグ、ダブルレッグ双方OK。
ここは自由です。
安定感もあって、取り付けが悪目立ちしないセンターマウント。

リアキャリアももちろん。
パニアバッグを取り付けてお買い物仕様だって可能だし、
リアにバスケットを取り付けても。

リアエンドは泥除けとキャリア穴を兼用で。
できるだけシンプルに、シャープな印象となるように。
まるみのない感じも良い感じでしょ?

フレームはもちろん国産のブランドフルクロモリ。

EBSのギャランティはじめ

高級クロモリパイプの証、Kaiseiマークもはいってます。
いくらお得に良い自転車に乗ることができても
長持ちしなければ意味がない。
しなやかな走りとちゃんと長寿命。
本物です。

ガード付きクランク。

スタンダードバージョンではこのクランクを主に採用してます。
質感も良い感じだし、のちのちギア比変えたりも容易なサイズ。
このギア比が重いな、軽いな、って感じるときはちゃんと設定します。

自分に、街に合わせてこそのシングルギア。
ちょっとずつセッティング出してもOKだし、
引っ越した、乗り方が変わったなどの変化にも対応します。

ペダルはMKSのCT-Liteを選んでもらいました。
ペダルは乗ってる限り足が乗る部分なんでこだわっても良いです。

でも、ロードバイクとかマウンテンバイクとかじゃないから
性能だけを見なくてもよくって、形が好き、とかでOK。
もちろん僕からスペックの説明はしますが
EBSのペダルはほとんどがこのMKSの国産ペダルなので
まず間違いないです。

ワイヤーは基本は黒のワイヤーなんですが
RAWカラーにしていただいた方はワイヤーも
クリアで目立ちにくいタイプにチェンジされる方が多いですね。

ちなみに安定の日泉ワイヤー。
間違い無さすぎて説明不要。

溶接痕はロマンだね。笑
EBS京都では女の子にRAWは圧倒的に人気で、
やっぱ極限のシンプルが良い、ってのと
RAWは服装を選ばないってのが大きい。

バイク的にも何色でドレスアップしても合うし、
ラフでも、なんだったらスーツスタイルもハマるんで
日常のおしゃれを邪魔しない。むしろ倍増!!

最高カワイイVOLUMMYタイヤ。

Kamogawaは当然
鴨川をテストして産まれた自転車
なんですが

鴨川は
整地された道路からちょいとした坂道、砂利、
砂地、石畳、工事中、水気ありの土、芝、落ち葉

ありとあらゆる路面コンディションが混在する道で、
決してノンストレスで走れる道ではないんですね。

でも信号がなく、車もいない。
その上最高に便利で、気持ちいい。
みんな仕方なく我慢してるけど、
これ改善できたら
京都の全ての道カバーできるんじゃね?
ってことでKamogawaができました。


砂利のことだけ考えてサスペンション、
太めのノブタイヤでいっても
楽しく走れるけれど、それはそこだけのお話。

おしゃれをして街に出て、
生活の中にある鴨川という場所を気軽に通り、
かつ舗装された道路に出ても気持ちよく走れる。

そんなんねーわ!
ってなりそうだったけど、
このタイヤが結構なポイントを稼いで解決した。

結果的に住んでるところや仕様頻度で
甲乙つけがたくて3、4つタイヤチョイスしてます。

32Cっていうほんのちょっとだけ太めの安心サイズに
上質な素材のタイヤ。

空気圧は張り過ぎずに気持ちよく走る。
フォントも可愛くって大好きなタイヤです。

ここから必要や好みに応じて
自分オリジナルな仕様に楽しんでくれる女子を増やして
#鴨川女子 だらけにしてやろう。
ってのが野望なんでみんなKamogawaで鴨川走ろうぜ!!

革サドルを入れてもヨシ。
ハンドルを変えてスポーティにしてもヨシ。
ド派手なフレームカラーでパーティーバイクにしてもヨシ。

なんにもない、
ある種自転車としての最低限だけにこだわったからこそ
後々の自由度や、オーナー様自身のスタイル滲み出るので
あんなアイデア、こんなアイデアお寄せください。


いやー、お盆でしたね。
たくさんのご来店、ありがとうございました。

当店は本当にお客様に恵まれており、
お時間ズラしていただいたり、ご来店時間気遣って頂いたりと
本当に感謝しております。

昨日の夕方の連携は感動的でした。
24時間テレビ2分で観て泣いた気分。
僕もこんな感じの世の中、
できることは全部やろうと思ってるんで
EBSオーナー様とお店つくりできればと思います。

オーナー様やそのお連れ様には
ぜひイベントなどのお誘いもしたいのですが
残念ながらまだまだ先ですね。

EBSの工房ライドツアー、やるやる言ってていつになるんだか。笑

土曜は早朝大原ライド、
明日は羽束師ライドと天気が良いので
乗れてはいるんですが、告知をして集合、はまだ先ですね〜。

今週は変則的でしたが
いつもは日曜大原で野菜買ってることが多いんで
見かけたらよろしくです。

来週からは通常営業にもどり
月と金が12:00-18:00
土と日が11:00-20:00です。

土曜日曜は基本僕がやっており、
あんまり時間を区切らず営業しているので
夜でもお問い合わせ、ご来店お気軽にどうぞ。

ではでは。。。

MASN

そうだ、大原、行こう。自転車でね。

お天気のよかった今週末、ご来店、ご成約と
本当にありがとうございました。

ここ最近は
こどものせミニベロのLEAF LONGが爆発的人気です。
いままでLEAF LONGは追加製作は基本ナシ、
春にゲットするしかないスケジュールだったんですが、
今年は緊急製作。二倍くらいの勢いです。

イイよね、LEAF LONG。
こどものせとしてはもちろんなんだけど、
一人で乗ってる時はちょっとスポーツなミニベロとして乗れるんで
めっちゃ気持ちいいし、チャイルドシート外れた時のことも
考えるとシンプルにこれが良い感じです。

ちなみにインスタで先行告知していた
LEAF451/LEAF LONG用MLTN/D-Basketですが
こちらは本日で完売となりました。

次期製作は未定ですが
めっちゃ可愛いから必ず作るので
ぜひLEAFシリーズと併せてご予約をどうぞ。


で、今日は車種紹介ないのかよ?
って言われるとあるんですが、ちょいと時間がないので
今日はロケの様子を。笑

来週はFLOAT 451Sのお話なので
シングルスピードミニベロ探してた人はお楽しみに。

自粛も少しずつ緩やかになり、
いろいろな所に出かけたい。
僕は真っ先に京都のマジウマお野菜を買いに行きました。

場所は大原、朝市。

大原はお店からサクッと行って1時間くらい。
リズム感のあるアップダウンがあり、
峠でもなく、交通量もそんなにない(朝はね)
往復で30キロくらいの運動にはうってつけのサイクリングコース。

で、毎週日曜の朝は
朝市やってんだ。
僕がご飯を作ってお金を頂いていたころから
長く通う、良いお野菜がある市場です。

そんな朝市に
今回は僕がゲキ推ししているシングルスピード。
鴨川をメインターゲットとしたバイク、Kamogawaで
ゆっくりゆったり行ってきましたよ。

ってことで今日のご紹介は…

Engineered Bike Service
Kamogawa(700C)

ちなみにお店の試乗車のSサイズ(470)で行ったので
シートポスト長めです。笑

でもね、よかった。
改めてKamogawaの良さ出た。
Kaisei 022クロモリのしなやかな走りに
特性としてまだ乗り心地を載せたフレーム、
その上にエアで乗り心地をUPさせる32Cのスリック。

正直めっちゃ良いです。
ぜひ京都住まいのみなさまに乗っていただきたい。
シングルながら、ちょっとした坂道なんて全然いけます。

このKamogawaがローンチされてから
「鴨川を気持ちよく走れる自転車は京都全部気持ちいい」説立証のために
各地かなりブラブラしてましたが
普段使いの街乗り自転車に本物のクロモリと
ハンドメイド、ビルダーの手が入ったフレームを落とし込む。

結果長く使えるし、
ニュートラルで攻撃的でない特性は飽きが来ません。
むしろ漕いでいたくなる感じです。

そんなKamogawaと共に朝は6時。
仕事前に行って来ます。

移転してぜんぜん行くことなくなっちゃったまるき製パン。
朝6時からすでに人がいる超人気店。
朝ごはんをゲットして向かいます。

暑くなく、気持ち良さしかない朝の鴨川。
もちろんKamogawaなんて自転車乗ったら
鴨川走るよね。
これはKamogawaオーナー全員が楽しめるものです。笑

気持ちえー

Kamogawaに乗るのに
ガチなサイクルウェアや装備なんてものはなし。
普段着で、スーツで。
日常に溶け込む作りになっており
どこにも非日常はありません。
でも、この自転車に乗ったことで
京都を探索、再発見できればそれは非日常だと思う。

とりあえず、何も考えずにブラブラしてみてください。
なぜか通ってしまう道の中に鴨川が追加されます。

岩倉のほうから
八瀬の方へ。基本的に一本道で迷うこともナシ。

うん、最高に気持ち良いよね。
大原までの道のりはほんとちょうどよくて最高。
坂道はありますが、長くないのでサクっといけますし、
物足りない方はその奥いけばしっかり峠もあります。

九頭龍大社から

にゃんにゃんじが見えたら次を左に曲がります。

ゆるやかな登りを楽しみながら
大原の里を目指します。

まずは1個目の市場へ。
別にこんな朝から来る必要は全くないんだけど、
せっかくなら早起き。

めちゃくちゃ安くハーブが出てます。
ディルとかめちゃくちゃ安くて
バッチバチ元気なのあって最高。
大事なところで指が見切れる僕を許せ。

雲おおめながらもいい感じの天気。
もうひとつの市場、道の駅のところがメインだけど、
ここは9時からなんでそれに間に合いさえすれば何時に行ってもいいと思う。
ただ、この時点で駐車場は満車。

自転車ならスイスイ。

そんなこんなで大原到着。
コーヒー飲んでゆっくりしてたんですが
EBSオーナーの方に素の僕みられてて恥ずかし。笑
ちなみにロードバイクやクロスバイクなど、かなりおおく駐輪されてました。

この時は豆が旬だったから大量に仕入れ、
お家でみずみずしい豆いっぱい食いました。
あとはやっぱお餅、干し芋、平飼いの有精卵。

バックパックにネギ挿して山を下るのは僕しかいなかったけど、
これがスタンダードです。笑

で、当然帰りに寄ってほしいたまごかけごはんのお店「はんじ」。
おばあちゃんがひとりでやってるから時間がゆっくり流れてて最高。
コロナでもう閉めようかなとかいってたけど、マジで続けてほしい。
行くから。

ちなみに先ほどの平飼い有精卵に、大原で採れたものばかりで
朝ごはんセットが構成されている、僕の日曜日の最強朝ごはん。
ちなみにおばあちゃんは昔は
ブルーバードをガッツガツ乗り回していた
けっこうやんちゃなかわいいおばあちゃん。好き。

そして帰る。
お店オープンまであと30分。

ちょっと帰り道雲行きあやしかったけどセーフ。
時間に余裕があれば帰りにふたつ漬物屋さんがあるのでぜひ。
ほかにも軍鶏鍋のおみせもあるし、鯖寿司も安いです。

帰り道、ってわけじゃないけど
宝ヶ池もぐるっと回ってみてもいいと思う。
(こっからは別日です。)

ボート乗ってみたり

無添加のバナナジュース飲んでみたり。
普通に楽しんでるな、僕。笑

別にどんな自転車でもできるけど、
自転車って長い付き合いになるので
せっかくなら良いの乗ってみてください。

特にKamogawaはある意味普通で、(褒め言葉)
スーパーワイドギア!とかカーボン!とか
そんなの全くありません。
だからこそ試乗してほしい自転車です。

カスタムもできるし、EBSの中では
一番リーズナブルに乗り出すことができます。
詳しくは過去記事みてほしいけど、まじで良いです。

Kamogawa/前編

Kamogawa/後編

Kamogawaはもちろん試乗車アリ。

今日ご紹介している470のSサイズ、
もうすぐMサイズも試乗車出ます。
フレームストックも2サイズあり、
割とすぐに納車までご案内できるかと思います。

価格は138,000円から。
STDのコンプリートでまずは乗ってもらっても良いし、
バスケットや便利な装備載せてもらっても良いです。

もちろんバチっとカスタム、
長く乗る気満々のチューンやカスタムもOK。

何も知らずに乗り出しても、ゆくゆく付いて来た知識や、
あれやりたい、を全て叶える自転車なのでご安心を。

決して初心者向けなどではなく、ちゃんと自転車に乗ってみたい人、
大人のちょいと洒落た自転車に乗りたい人向けで、
年を追うごとに満足度増すと思います。
ぜひ。

鴨川×自転車。京都最強街乗りバイク爆誕。

前編はこちら。

いかん、これは長くなるぞ..
ということでいつも大したことないのに
急遽前後編の構成にしたがる僕です。

ディスクブレーキのローターを覗き込んで
回転するノブ細かめのタイヤが顔面にヒットして
目元悪役のキズみたいになってる僕です。

さて、マジでどうでもいい前置きは捨て置き、

ついに僕がどうしても
EBSで伝えたかった空気感 第一号が完成しました。

僕はスポーツバイクでは
シングルスピードバイクが一番好き
で、
京都の街乗りではこれが一番快適だな、と
確信していて暮らしてきたのですが
EBSの700Cでシングルはハイエンドしかない。
(それは当然めっちゃイイんだけど)

プラス、サイズも大きめで
男性寄りだなあと感じていたんですね。

なので、
もっと気軽にオーダーバイクを楽しんでもらいたい。
京都の街を走り回ってきた僕が提案する「楽で楽しい
みたいな部分を
このフレームで体感していただければ、と思っています。

あれやこれやただ語っているだけの前編は
こちらをどうぞ。笑

「鴨川を1番楽しく走れる自転車発売に向けて」

改めて紹介するのは…

Engineered Bike Service
Kamogawa(700C)

改めて良いですね。
今日はしっかり紹介していきます。笑

サイズ感。

3サイズ展開。


Sサイズ/470 148cmくらいから
Mサイズ/520 163cmくらいから
Lサイズ/550 175cmくらいから

という感じです。

まずはS/Mサイズを先行発売。
これは、カスタム、ドレスアップできるバイクに
まずは女性に乗っていただきたい、という想いです。

んで、女の子が乗るとこんな感じ。
155cmの女の子で、Sサイズの470に乗っています。


わかりやすさ。

EBSでは全てフレームセット、
骨組みのみの販売からスタートするので
完全にオリジナルで組むことが可能です。

でも、それってどういうこと?
細かいパーツとかわからないよ!
でも、EBSの言ってる、長持ちする自転車を
長く使っていきたい、
ってところはめちゃくちゃ共感してます!!
ってご意見めちゃくちゃいただくんですね。

もちろんいつでもご説明するんですが、
よりわかりやすくするために、
この値段から乗れる状態になります!!
っていうのを作りました。

値段。

138,000yen+taxです。
もちろんこのまま乗ってもすぐに鴨川を
楽しめるようにしています。

この金額は本当に破格で、
まずはEBSで、Kamogawaで
鴨川を走る楽しさを体験してほしい。
ここから限界価格に設定しています。

車体のカラーもカスタム。

今回の標準カラーは2色で、
両方マットカラーです。
どんな服にも合いそうな
ブルーグレーとアイボリーグレージュ。

これに関してもまだカラーサンプル
あがってきてないので
上がり次第アップしますね。

段取りスゲーわりい感じだけど、
これは僕がややこしいお願いをしているからです。笑
もちろん、なによりも先に公開したい!
ってこともあるんだけどね。

そしてもちろん好きな色にペイントOK。
僕のおすすめも用意しているので
好きな色に好きな塗り方(艶ありやくすみとか)
せっかくなんで好きに塗りましょう!!

カスタムの展開。

まだ試乗車しか店頭に置けていないので
写真で紹介できないのがものすごく辛いんですが
最終的に常に3台くらい置く予定です。
おそらくノーマル仕様、
バスケットカスタム、ガッツリカスタムの3台に。

こんな感じが良い!とか、ここはこっちの方がイイな。
なんて選び方もできるようにしますし、
オーダーしていただければ
写真もどんどん増えていくので
鴨川オシャレバイク計画に賛同してくださるお客様は
是非一緒に作り上げていきましょう!
もちろん記念すべき
ファーストモデルから作っていただける方には
僕がささやかながらサービスさせていただきます。

おすすめカスタム。

やっぱりこの試乗車の仕様ですね。
このゆったりな空気感がおすすめしたい鴨川スタイル。

ライドしやすいハンドルで景色を楽しんで
革パーツで大人っぽい感じに。
バスケットを取り付けてお買い物や、
鴨川まで運びたいものに。
ダブルレッグのスタンドで安定感。
カワイイ真鍮ベルでアクセント。
飲み物は自由なボトルでコーヒーや
ティーを最適な温度で持ち運び。
イイ感じの太さで走りやすくてカワイイタイヤ

他にもスカートでも乗りたい!
って時のためのチェーンガード
雨の日..も安心なドロヨケなど、
取り付けたいものはなんでもOKな作りにしてあります。

チェーンガードはサンプルがお店にあるので
フィッティングOKです。


ハンドルの変更は自由です。

今回は写真のゆったりと乗りやすい
プロムナードハンドルってやつを
標準仕様にしたんですが
まっすぐのハンドルや、
ちょっとスポーツにブルホーンやドロップハンドル、
もっとゆったりのハンドルなど、
本当に自由なので色々合わせてみましょう!!

タイヤはちょっと太めの32C。

ここはこだわりのポイント。
鴨川を楽しく走るにはこのくらいの太さが最高。
なのでこのサイズがぴったり入るように作りました。

もちろんもっと太いタイヤでも走れるけど、
それじゃ道路に出た時に重いので、
当然「おうちから鴨川も気持ちよく走れる自転車」
仕上げてあります。


ではそんなことを踏まえて試乗車紹介していきますね。

ディティールアップ。

前から。

試乗車のカラーは今の所RAWカラー。
何にでも合わせれる良いカラーなので今回おすすめのカラーは
RAWに少し色味を混ぜたカラーRAWというものを推しています。

なんのことかわかんないよね。
このカラーサンプルの表現に時間がかかってるんですが、
まずまわりとカブらない、めちゃ可愛いカラーになるんでお任せを。

フロントラックはKamogawaに直接取り付けられる穴がついてるので
シンプルにスッキリおさまって、
スポーツバイクにカゴって有りなの?」という問いに
自信を持って「有りです。」とお答えできる収まり具合。

ライトも悪目立ちしない位置に取り付け可能だし、
漕いだら点灯するダイナモライトも取り付けOKだよ。


ハンドルは前述の通り
ゆったりハンドルに本革グリップ。

高級なハンドル、とかじゃないんだけど
確実に名作といえるハンドルですね。
質感も硬さもぴったりで
乗りやすくて快適です。

ヘッドバッヂ仕様。

ここはこだわりました。
本来、レーザーエッチングされたプレートが標準仕様で、
このボルト留めバッヂ仕様はカスタムとなるんですが
ここはビルダーチームに無理言ってバッヂ仕様をスタンダードに。
性能と全く関係がないめっちゃ細かいポイントなんですが、
ここに響いてくれる未来のオーナー様は必ずいらっしゃるはず。


ハンドルスプリング台座標準装備。

これもめちゃくちゃ細かいポイントなんですが
自転車って、カゴつけたりとかして前が重くなると
駐輪時にハンドルぐいー、バターン。みたいな。
ありますよね。あるんです

ここは別に台座がなくても取り付け可能なんですが、
そのパーツがゴツゴツしててかっこよくない。
なのでシンプルに仕上がるようにしてあります。


丸みが可愛いシングルアイレット。

ここは別に撮らなくてよいと言われてしまいそうですが、
あえての後付け。
まじで細かすぎるんだけど、丸みのあるデザインが可愛い。
この穴があるかないかで取り付けられるものはめちゃくちゃ変わる。
だけど、いっぱいにしないでひとつだけ。
シンプルを守る。

オール手組みホイール。

今回のKamogawaに関しては、
基本的にシルバーで、クラシカルで、
どこか華奢な感じを出したかった。

だから、シルバーのホイールを探してたんですが、
国内には完成されたシルバーのホイールがない!
じゃあ、もう全部自分で編むわ。
ってことでオーナー様一人一人に合わせてホイールは手組みです。



なので、発電機能があって
ライト点灯が無限大なダイナモも工賃なしで組み込めるし、
メンテナンスフリーな軸で組みたい時も工賃なしです。

標準仕様では僕が国内で手に入れることができる
しっかりしてる、でも高くないハブを用意。
ここに独自に分解、グリスアップして
めちゃくちゃ滑らかな回転のバイクを
セッティングしておきますので
これはお得です。笑
いや、ほんとに。

真鍮ベルは首元のアクセント。

正直、スマイリーとか、ちょっと派手なベルとか使って
ポップにしたくもあったけど、
みんなが乗る試乗車なので、
オトナ女子の京都鴨川散策にバッチリはまる
落ち着いた、でもゴールドがイイ感じのベルにしてます。
ちなみに音も良い。

ライトもシンプルに。

自転車のライトって、結構近未来的なデザインが多くて
かっこいいんだけど今の気分じゃない。
ってものが多い。

でも、Kamogawaにはレトロで、かつ便利なライトが
イイ位置におさまるようにセットしています。
自分の乗るKamogawaの参考にしてみてね。

超王道。バスケットの女王WALD。

アメリカのバスケットなんだけど、
いままで何人の人の荷物を載せてきたんだろう、
ってくらい老舗で間違いない。

いろいろ悩んだけど、ここはやっぱり歴史に裏打ちされた
バスケットをインストール。
線の細いシンプルなワイヤーがレトロで◎。

革サドルとの相性最高。

もちろんBROOKSとの相性を考え、
思いっきり似合うように仕上げてます。
ワンポイントで革のフレームパッドを巻くのも可愛いでしょ??

可愛いタイヤは可愛い自転車の理由の80%。

今回は、オーナー様の住んでるところと鴨川に合う
5種類のタイヤ
を用意していて、そのうち一番おすすめな
VOLUMMYのタイヤ。
もうフォントが可愛い。

タイヤとしてはシンプルなんだけど、
このタイヤで鴨川走った時に確信。
ああ、「コレ」か「アレ」だな、と。笑

空気の量、乗り心地、実際の走破性、道路での快適さ
100点です。
ちなみに100点はひとつじゃなくて、
あと2種あります。
採点基準おかしいやろ!となりますが
鴨川走破性部門と道路快適部門がどれもかなり高い水準で
めちゃくちゃ迷ったんで、
これは特別加点として全員予選通過しております。笑

ファーストロットはタイヤ無料アップグレード。

で、上記のタイヤかもしくはもう一つのほう、
オーナー様の使い方に合わせて先着5名。
どちらかプレゼントします。

このタイヤはめっちゃ良いタイヤで、でも
どうしても標準価格に含められなかったんですが、

このバイクに乗っていただける
女の子に最大限の感謝
今手に入る最高に可愛いタイヤに込めて。

もし、でこぼこした悪路がおおいよ〜
って方はそっちに合わせたタイヤももちろんあります。

スタンド取り付けOK。

もちろん街乗り最高のバイクだし、
鴨川は立てかけるところとかないので
スタンドが取り付けOKになってます。
使い方に応じてシングル/ダブルレッグと選べます。
カゴつけるならダブル、
つけないならシングル、って感じかな。
もちろん好みでOK!!

道に咲くお花を眺めるだけでも癒されますよ。
おさんぽ気分で気軽に乗れる自転車です。


長々とご紹介しましたが、
まずは乗って、ああ、これ、イイな。
っていうの味わっていただけたら。

僕が好きなシングルで、スポーツで、
って部分に乗りやすさを追求し、便利な機能も持たせ、
もし、自分が乗るなら。
友達や彼女、お嫁さんに自信を持って
これ乗っときゃ京都で間違いねえ。

って言えるバイクになりました。

あまり数は多くないですが、
今すでに、
今からEBSに乗っていかれるオーナー様全員が
EBSに乗っててよかったな、良いブランドだな。

って思ってもらえるように
良い自転車バンバンつくっていくんで
改めてよろしくお願いします。

鴨川を1番楽しく走れる自転車
まじでいいですよ。。

G.Wの営業予定。

火曜日以外毎日やろうと思ってます。
ただ、入店が重なることは避けたいので
事前にご連絡いただけると幸いです。

あと、アルコールや安定化二酸化塩素、
その他消毒機材は完全に取り揃えて
お客様はもちろん、
自分も守るために意識は高く持っております。

なので、マスクの着用、
試乗ならグローブ(軍手とかでいいです)
をお持ちください。


このCovid-19の空気感とうまくやりながら
自転車を楽しむのであればグローブは超有用で、
僕も3双を洗濯、除菌しながら回して使っています。

自分しか触れない自転車で、しっかり自分を守りながら。
楽しむ心を忘れずに、今日も生きましょう!!

来週もよろしくお願いします。

ではでは。。。

前編はこちら。

ご紹介したバイクのまとめ

Engineered Bike Service
Kamogawa/700C

SIZE: S (470) M (520) L (550) 
適応身長:148cmくらいから〜

KASEI022 ダブルバテッド フルクロモリ

instagram #EBSbikes

MASN

工賃2万円引きやります。あとは僕の願望。

うおおおお
大声で歌いてえ!!
狭いけどめちゃくちゃウマい居酒屋でブッ喰らいてえ!!!
みんなでサイクリングしたい!何かを振る舞いたい!!!!

やりたいことが多すぎて
平時のありがたみを知る日々。
どうも、ポジティブが過ぎる
モチベーショナルスピーカーのMASNです。

いやー、やっぱね、
さすがに全員切り替わってきたよね。
世界中の趣味第一位「除菌」になるよね。
今年の漢字「菌」になるよね。

僕はすでに終息に向けて動いています。
もちろん自粛を前提に、今できることを。

今日インスタにもあげたんだけど
今まさに自転車。サイクリングだと思う。

経済は確実に停滞、後退するし、
もう一度立ち上がって全員がガッチリ稼げる世の中を、
日本を作らないといけないけど、
経済的な成長だけが人間の営みではないよね。

今まで当たり前にあると
思っていた仕事がなくなってしまったり、
人対人がダメならAIで。。とかなっちゃうかもだけど、
真昼間に鴨川でお父さんとお母さん、子どもが走り回っている。

のどかだな〜


これってこの状況にならないとあんまりなかった。
いや、緊迫した状況なんだけどね。

一回リセット。
何が大切で、自分にできることってなんなんだよ。
ってなると、やっぱり自転車の楽しさを伝えることのみ。
僕はこれが今んところ一番得意です。

イギリスとかイタリアは
ロックダウンが緩和されてきて、
同時発生的にボランティアが増えたみたい。

おばあちゃん、おじいちゃんの代わりに
お買い物に行ってあげたり、
まじで誰でもできる、小さなことをみんなで。
僕もやろう。
僕の住んでるところ、僕の次に若い人が
70歳という超超高齢化地域だから。

その他の活動には
もちろんお金が介在するけど
根本は
人と人のスキルの交換。物々交換なんだ。

僕は自転車にまつわるスキルを伸ばすことに
1日のほとんどを費やしていて、このスキルを
もっと人に分け与えることが今できることだと思った。

だから、まずは宣言が収束するまで。
自転車を組むためにかかる工賃を2万円引きにします。
これ見た人、だけじゃなく全員。
これが僕のできる限界値。

なくなるわけじゃなくて、
コロナ前、コロナ後と世界は過去と別れてしまって
共に生きることになるのは確実だし、
確実に今よりもカラダを強くしなければ。
より清潔に生きなければ。
と、DNAレベルで刻まれる出来事。

年に世界で2.3回あったらやばい
「非常/緊急事態宣言」も
2020年は3ヶ月で23回だぜ?

少なくとも国内で、
フィットネス人口(今までは2%)
が爆発的に増え、

野外スポーツであるサイクリングが
確実に選択肢の中に入ってくる。

そんな時に、
長寿命」「皆様が扱える」ハンドメイドバイク。
ちゃんとした自転車で楽しく健康になってもらうために
やらなければいけないことは全て行うべきであると、
思った次第であります。

生活のための自転車を多く作り出してきたEBSですが
ガッツリ走ることももちろん可能ですし、
これから「鴨川を走るための自転車」などという
超専門分野限定に見える、
なのにめちゃくちゃマルチに使える、
なんて反則技を用いた新作なども投入してゆくので
ぜひチェックよろしくです。


鴨川チェアリング、めっちゃいいよね。
これはかなり前の画像だけど、
この距離感で喋れる日が早くきてほしいな。

今やりたいことっていうと
サイクリングの目的をグルメに。
いわゆるグルメライド。これだね。

僕は飲食業出身ということもあり
食べるのが大好きで、昔っから
ロングライドに出かけるからには
ご当地の美味しいものを絶対に食う。

これをご褒美としてやってきただけに
(運動したからゼロカロリー理論)
閉まってるお店が多い今は我慢の時だね。

やっぱ、ウマイもん食ってナンボでしょ。
やっぱこれやりたいですね〜
サイクリングした後はなんでもウマイ。
でも、そこにこだわるのが大人のやり方。

産まれて100年、
3才くらいからおそらくかなり長いことできるスポーツ。
乗って終わり、食って終わり?
どこまでこだわれるか。

僕はかなりの頻度で
京都は大原の朝市に野菜と卵を買いに行くんですが
今ってどうなってんだろう。。

料理人時代より、
新鮮で安くて美味しい野菜と言えば大原。
夏場とか大量の伏見唐辛子格安でゲットして
シンプルに仕上げて100円で出してたな。
滋味深いというか、ただ野菜食ってるだけでウマイ。
みたいな感じなんですよ。


この卵かけご飯屋さん、
行くと必ず朝ごはんとして食べるし卵も買って帰るんだけど、
平飼い有精卵でウマイんだ。

おばあちゃんひとりでやってるから、
応援してあげたいし気をつけてほしい。
バウチャー制度みたいな感じの提案できないかな?

こんなん。
うおお食いてええ!!!

改めて見返すと大原には本当にお世話になってる。
めちゃくちゃ安く大量に干し芋を買わせていただいたりとか、
めちゃくちゃ香りの強いディルを発見したり、
バチっと目がさめる美味さの野菜が常に手に入る日曜朝。

ちなみに京都市内中心部から大原までは
自転車で20キロないくらい。

ちなみに僕はピストバイクで行きます。
あんまり坂道もないので
サクサクいけちゃう。

ここと別に、道の駅でもやってるよ。


朝6時から9時までやってて、
豚汁飲んだり、豆買ったり、漬けものもらったりしながら
市場を目指す。

卵かけごはん食って、野菜買って、バッグに詰めて
サクッと帰る。

鴨川までは20分もかからない。
行きも1時間とか。
はじめてだったら2時間かけて行っても良いかも。

変速ギアが付いてたらもっと楽だね。

ウグイスを撮影する人々。
春やなー。

何が釣れるかはわからないけど
すごくゆるい空気感で最高ですね。

鴨チル、ってハッシュタグが少しあるんだけど、
鴨チル、僕も自転車と共に推していきたいですね。

ちなみに鴨川を23Cで走るのはおすすめしません。笑
かなりの車種、タイヤで鴨川を走っていますが
本当にいろんな地形コンディションが鴨川にはある。

この体験や、やっぱこの形だよな〜。
ってなって、鴨川を走るなら、の理想を
今できる最下限の価格で、
かつ僕がチューンアップしたバイクが
「モデル鴨川」計画の根本。

「鴨川が得意、なら京都が得意。」
これが開発の軸です。

まずは女性の方に
おすすめしたい
サイズ展開と
かわいいカラーや
カッコいいカラーサンプルも用意してるので
お楽しみに。

特に初めてスポーツバイクに乗る方にも
選択肢として入れていただけるよう、
手作りで一本一本作り、ホイールひとつからも手組みで
しっかり作り込んだ上で138,000円〜という価格です。

乗り慣れた方や、一周した大人バイクをお求めの方にも
自信をもっておすすめできる素材、
カスタムの拡張性を持たせた作りとなっておりますので、
ここからスタートして、乗り慣れてきても
決してフレームを買い換えたりする必要がない、
最強の京都バイクとして作り込んでいます。

まだまだ画像公開はできないのですが
鴨川を走って宣伝してくださる女性の方も
募集しておりますのであわせてよろしくお願いします。

で、もうひとつ。
京都EBSスタンドの営業日が増えます。
これもインスタで書いたけど、
いろんなことを考えた上で皆様の役に立つことを少しでも行おうと。

ちょっと固定の休みなどはまだ決まってないんですが
少なくともしばらくは週6日くらい開いてると思いますので
お気軽にご相談、ご連絡などくださいませ。

ちなみに
ぼーっとサンドイッチとか食ってると
マジでやられるので注意。笑
箕面の猿、鴨川の鳶。

自転車の情報まったくなくてスミマセン。笑
ふだんおやすみの水曜にきたんで
なんかテンション上がってしまって。笑

SHIMNAO GRXコンプリートの
EBS STUFFなども展示会より帰還しておりますので
またこのあたりから紹介させていただきますね。

また日曜日に。
ではでは。。。

MASN

京都鴨川散策。Newmodelそろそろ。

お、日曜も晴れてきたね。

こんな感じで雨降って、
あったかくなってきて。
繰り返しで春になるんだろうな。

最近は車両テストのために
暇さえあれば鴨川にいる
私MASNですが
鴨川はもう春です。笑




もう咲いてんじゃん。
セールめっちゃすぐ終わるじゃん。。



「セール第一弾」
「セール第二弾」



って思ったけどこれ寒桜ですね。
ソメイヨシノ咲くまででした。
セール車両、
グレーに塗り替えて乗りたいって言ってた兄貴、
来週お待ちしてます。笑


鴨川はほんといい。



今EBS京都、velo stand KYOTOでは
鴨川を起点とした、
京都を走るためのニューモデルを開発してるんだけど、
フレームや仕様はおおよそ決まってきた。

やっぱり自転車としての原点、
僕がスポーツバイクに触れてきた原点を
お客様にストレートに伝えることがしたくて。

プロトタイプ段階も超初期で、
まだ写真などは公開できないんですが、



このフレームは
自転車としての原点、
700Cのシングルスピードバイク

京都散策に、鴨川を走るために
本当にフィットさせたスポーツバイク。

その上で、昨日の僕を毎日超えていく勢いで
このバイクをみなさまに
乗っていただくことだけを考えていました。

なので、スタンダードな仕様でも
出来うる部分には一切の妥協なし。
(いや、全てのEBSに妥協はないんだけども)
まずはみなさんの目に多くかかれるよう、
必要最低限のパーツを
取り付けた上での限界価格でいきます。
でも、よくある謎の粗悪パーツなどは排除して、
手を入れてチューンできる部分は全て僕が手を入れます。

その上でより良いと思う
パーツもおすすめさせていただきますし、
必要な装備があればご提案ください。
僕が街乗りスポーツバイクを製作するにあたり、
これは必要になるな、というものは
全て取り付けOKを想定して設計をお願いしています。

そのうえで、乗り心地最高で軽やか、
培ってきたカッコイイバイクを、
可愛いバイクのイメージをオーナー様に。
京都をオシャレなバイクで満たしにいきます。



ですのでこの記事にたどり着いてくださり、
そして最高の自転車に出会うきっかけを
探しておられた全国のお客様。

はじめてのスポーツバイク体験は
ぜひ僕の組んだ自転車でお願いします。


今回のプロダクトは


女の子にいっぱい
乗って欲しいって思いもあって
460というサイズが
メイン展開でSサイズ、
このサイズはアッセンブル次第で
148センチくらいから乗れるから、
大きい自転車乗れない。。
って思ってた方もぜひ。

そんで
真ん中の520サイズがM、
大きい560サイズがL
の3サイズ展開。

・シングルスピード(変速なし)

・700C、ちょっと太めまで入るタイヤサイズ

・ふだん使いが最高に気持ちいい(鴨川最強)

・はじめての自転車として
選んでいただいても絶対に後悔しない設計。

・乗り慣れてきて、もう一度フレームの良さに
満足していただける、乗り慣れた人も納得の設計

・造形にこだわりすぎて値段が高騰しないように。

このラインは絶対崩さないようにして、


販売13万円台を目指します。


13万円台というのは本当にギリギリのラインで、
いつ苦渋の決断をするかはわからないけれど、
僕が学生のころに頑張って買った
シングルのバイクに価格を寄せて、
少しでも本当に良い自転車との
出会いの間口を広げたかったし

そのうえで妥協なしに
大事な部分はチームで全て行い、
信頼するEBSのビルダーチームに
オールハンドメイドでお願いし、
素材からお渡しまで、
一貫して人の手で行う自転車の限界値になるかと。





で、どこを走るか。

京都はやっぱり鴨川が繋いでる。
もし、天気の良い日にぶらぶら漕いでて、
鴨川におりられるスロープが出現したら、
みんなおりると思うんですよ。

で、ぶらぶら走ってたら
少なくとも四条から
出町柳までは気づけば来てるレベル。
鴨川デルタのとこね。
(現在護岸工事してるのでちょい前の画です)



で、そこから上がって左京を探検してもいいし、
西陣のほうにいってもいいと思う。

そのくらい日々の生活に溶け込んでる。

ただ、ただ。
鴨川はロードバイクなどの
細めのタイヤが映える自転車には
優しくない。

で、舗装、砂地、砂利、石畳、少し湿った土。
全ての要素が鴨川にはある。

そこを気持ちよく走れる自転車が、
京都の街乗り自転車として最強じゃね?
ってなってこの企画の発案に至ったわけです。




まあ、お見せできる
自転車もないのにこんなことを言っても何なので、
しっかり煮詰めて、最高の自転車公開できればと思います。

で、男は僕がテストするのでいいんですが、
ウチのチームには女の子がいません。。
ので、モニターというか、
一発目のオーナーになってくれる女の子募集してます。

べつに乗り心地が、とか解説や知識全く必要なし。
あの自転車カワイイね。
って言われるような自転車絶対作るので、
京都中、楽しく乗ってください。

僕からも端から端まで回らせていただきますが
いい感じの壁や、お店さんの前で撮っていいよ〜、
って方も、ぜひお願いします。

インスタの年間100ポストは
この自転車になるくらいいろいろ撮りに行きます。笑

シングルでどこでも行きますし、
京都中このバイクで網羅したいですし、
何だったら洒落たお店の前とかに置いて、
通勤とかで使ってもらえたら最高です。

マジのガチで限界価格なので
モニターだからお値引き、とかは
僕にはできないんですが、ガチには
僕もガチで応えるタイプなので
多くを語らずお任せください。

EBS京都で出会う自転車を
2020年のベストバイにすることをお約束します。

もちろん
はじめてじゃない方にも、男性にも。
そしてEBSのオーナー様への
2台目としても。
シングルばっかり乗ってきた
僕が作るシングルです。
ハイエンドなデザインラグや、
レースな印象は一切ありませんし
値段を先に公開する、
今までとは違うやりかたですが
フレームは最高のものです。
というかほぼフレーム代です。
各パーツを変更したり、
少しずつアップグレードすることで
確実に長く楽しめる自転車です。

ぜひよろしくお願いします。

で、まあなんか硬くなってしまいましたが
鴨川でのタイヤテストなども
FIXしてきてめちゃくちゃ楽しみです。



ちなみに先斗町がめちゃくちゃ空いてます。笑
夜賑わう通りなので昼はもともとそうでもないんですが
なかなかない、落ち着いた京都もまた良きかな、と。


先斗町の公園。
ここもバッサー桜咲くので
楽しみだなー。
ちゃんと夜の鴨川周辺もテストしています。
この日は28Cと32Cでいきましたが
鴨川は32C最高ですね。
公園も走りやすかったし最高。


舗装路もすいすい。
というより、乗り心地最高や!ええやん!
で、何よりも通ったついでにサクっと撮るだけで
こんな明るいの撮れる携帯電話のカメラやばいよね。



僕が別で乗っている23Cのピストバイクでは
不快感しかない祇園の石畳も全くストレスなし。
祇園もふだんより落ち着き。
気温がめっちゃちょうどよくて、まさにサイクリング日和だった。


そして郵便局に行くついでに西陣もぶらぶら。

メジャーな通りではないけど好き。
鯖寿司屋さんがいっぱいあります。

自転車屋さんのブログなのに全く自転車が出てこないという
謎事態ですが
固まり次第すぐに公開するのでお待ちを。
プレオーダーも受付していきます。
早期予約特典ありで。

シングルスピード欲しかった。
街乗りの自転車探してた。
一生物が欲しい。
街を楽しく移動するという新たな趣味。
最高の通勤自転車として。
シンプルでカワイイ自転車。
京都の自転車探してた。
せっかく買うならいいやつを。

シングルスピードバイクは
これから先も確実に有用で、
飽きることがない(というより何回もここに帰着する)
本当にずっと使える自転車です。

この何もかも値上がりする2020年、
僕が学生の頃、
頑張って買った金額にかなり近い数字なので
ぜひ学生の方にも。社会人になっても使ってください。
ピストバイク仕様ではじめて、
その後フリー化も、逆でもなんでも。

いろいろ乗り継いで来た自転車好きの方にも
最高に気楽で快適な自転車作りますので
少ないパーツ点数で構成されたミニマルな自転車を
こだわって組んでいただいてもよし、
ドロヨケやカゴ、荷台やチェーンガードなど、
現代の実用車としても使えるような
満足のいく組み方ができますので
ぜひチェックお願いします。

そんで、もっとあったかくなったら
ゆるり鴨川ライドやりましょう。
走力とか脚力なんて必要のない、
鴨川スタートでなんか
京都の名所まわって現地解散みたいな
まじでゆるいやつ。笑



お問い合わせもお気軽に。


インスタから送っていただいても◎です。

ではでは。。



今日ご紹介したのは…
(画像もないくせに)

Engineered Bike Service
Single 700/Test kamogawa (名称未定)

EBSのフレームにはハイエンドモデルに
Birdがいるけど、僕からは同じ鳥でも鴨です。

フレームサイズ
S:(460)    148cm〜
M:(520)  165cm〜
L:(560) 175cm〜

標準フレームカラー:未定
(オーダーカラーもちろんOKです)

フレーム素材:国産KAISEIクロモリパイプ/フルセット

サイズ:1インチ/クイル

タイヤサイズ:700×MAX32C

ブレーキ:キャリパー/ラージ

オプションパーツなど
フロントラック/バスケット
ドロヨケ/リアキャリア/チェーンガード
スタンド等全て取り付けOK 随時情報もインスタグラム、
ブログ、店頭でも公開していくので
ぜひオーダーくださいませ。


MASN

いつまでも使える大人ミニベロ。Leaf 451。

今週もイイ天気。
オーダー頂きましたオーナー様のバイクも続々組み上がり
納車ラッシュのEBSスタンド京都であります。

ちょっと寒いかなあ、とか思ったけどそんなことないね。
自転車乗るだけであったか。

当店のEBSのフレームは全てハンドメイド、
ミニベロからロードバイク、
グラベル、ATB、MTB、
実用車に振ったものからロングツーリングまで、
形を問わずスポーツバイクを乗り倒し、
作ってきたビルダーによって一本一本製作されています。

そんなスポーツ派生、思想なフレームを
最近は日々使うデイリーなバイクカスタムが人気。

イイ自転車は欲しい。
でも、「イイ」の価値観が少し違ったりすると
なんか違ってきちゃう。

今欲しいのは街乗りの自転車、
基本的に市街地の使用がメインで、
お買い物や通勤で気持ちよく使える自転車。
ミニベロがカワイイな。でも、小径車ってどうなんだろう?

こうなってくるともう間違いなくEBSです。笑
京都velo stand KYOTOには常時試乗できるミニベロが3-4台ございます。
ギア比の絶妙な違いからエリアに応じた平地、坂道の割合や
ゆったりした服装でも気軽に乗れるまたがりやすさや
コンパクトで快速なバイクも多数展示しておりますので
是非ご来店くださいませ。

今日ご紹介するのは
EBSの中でもタウンユースで、男女問わず乗っていただける設計、
専用のバスケットやキャリアも豊富でゆくゆくはこどものせもOK。
変化してゆくスタイルに柔軟に変化できるミニベロを。

Engineered Bike Service
Leaf 451 STD



大人っぽくって飽きのこないブリティッシュグリーン。
EBSはフレームのみの販売で、ここからSTANDなりに
カラーやデザインを決めて行くわけですが、
「まずは良いフレームをリーズナブルに乗りたい」
って要望も叶える為にスタンダードコンプリートとして
低価格な仕様もご用意しております。

で、そこから細かなポイント、
本革使いたい、とか、ここはこの色が良い。とか。
ご予算に応じてセミオーダーのような形でやっております。

今回はカラーオーダー、本革パーツ、
ペダル、サドルバッグ、ベルをチョイスしてもらって組み上げ。
その他はその時手に入る、リーズナブルながら悪くないパーツたちを
僕の脳内から引っ張り出し構成してゆきます。笑

ただ安いパーツを選ぶだけならそれで良いのですが、
すぐに壊れたり、どう考えても大きさが合ってなかったりするものは
NGなので、そのあたりはしっかりお話しして決めてゆきます。

で、今回はもう一つ、
フェンダーもプラスで取り付けさせて頂きました。
やっぱり毎日使うものだから、急な雨対策にも泥除けは欲しいですよね。
でも、なんだか泥除けは野暮ったいカモ。。
って思ってる方も多くいらっしゃると思いますし、
確かに一理ある。。という場合もあります。

が、そんな全ての疑念や疑問を吹き飛ばす最高フェンダーがこちら。

今回はHonjoさんのハンマータートルフェンダーを。
僕たちと同じく国内生産、人の手と機材が合わさってつくられてゆく
一種の「温かみ」「人間味」みたいなところが好きで
よく使わせて頂くフェンダーです。

このご時世、このレトロに伸びた
フルフェンダーはここくらいしかないんじゃないかと。


今週もフロントビューから。
ゆるやかな曲線に絶妙なアップライズ。
一見ありそうな形なんだけど全然ない、
プロムナードバーを多用するEBSならではのハンドルは
実は記念すべきNITTOさんとの第一弾コラボのハンドル。

改めてイイハンドル。乗りやすいのに
いかにも乗りやすいですよー!って形してないところがイイ。



BROOKSの革グリップに真鍮のベル。
グリーンはブラウンとの相性抜群ですが
こんな感じでブラックもかなり大人感ある。
ゴールドのワンポイントも最高ですね。
べつにベルがあるからといってリンリン鳴らす訳ではないけど、
たまに鳴らしたくなる、余韻長めのイイ音が出ますよ。



HONJOのタートルは、秘伝の方法で打ち込みかたどっているそうです。
ただただ美しい。
バイクの格をアゲてくれるパーツ。

その横に見えるペダルも日本のペダル。
三ヶ島ペタル、MKSですね。
もしかしたらこれ以上はないんじゃないか?
と思わせるくらい高品質なペダルが登場したのが2018年。
おそらくMKSはまだまだいろいろなペダルを出してくれるでしょうが、
現時点で良く回り、クローム仕上げも強烈に丁寧で、
完全メンテナンスフリー。
こんなことを謳うペダルはこのネクストシリーズをおいて他にはないですね。

ちなみに輪行時や保管時に効果を発揮する
取り外しができるEzyシリーズにもネクストは存在するので、
是非輪行をご検討の方はチョイス欄にどうぞ。



サドルも本革でBROOKSを。
B17のSTDという、THE BROOKSといった形の
かなり座りやすい座面にスペシャルな仕上げの
B17SPというサドル。

じゃあ何が違うんだよ、となると、
レールが銅メッキに、サドルの鋲が銅で、手打ちで仕上げ。

ちなみにこの手打ちはBROOKSのなかでも「打ってイイ」と
認められた職人しか打てず、数人しかいないそうです。

もうお気づきのかたもいらっしゃるかとは思いますが、
EBSはクラフトマンシップ大好きです。笑

いつも通り脱線しますが

僕自身、ハンドメイドバイクを推す身として、ではなく、
単純にいちファンとして、生きる上で
大切にしているもののひとつとして
道具を使ってお金をいただいたり、
自身の生活を豊かにしていくうえで
それは誰がどんな思いで作ったのか、
それを買うことによってその人、
そして自分にどのようなものをもたらすのか、
ここですね、大事なの。

僕は絶対に外せない、
これだけは無理をしてでもそれなりのものを使いますよ、
ってものに(さすがに最上級、ってわけにはいきませんが)
ひとつは調理道具。

僕は料理をするので、刃物はまずこだわります。
切れる、ってのは当たり前で、研ぎやすさですね。
硬いだけの鋼材は避けます。
ちなみに自転車を触る前から包丁で
クロムもモリブデンも多用しておりました。笑

細かいところでいえば
揚げ物のかすをすくう網。
骨抜き、おろし金とか。
イイやつ買うと世界変わる。

文房具も。
文字を書くのが好きで、
自分でカスタムしたペンを使います。
これは自分だけのお話しではなく、
昔高額な契約をしたときに
なんかかっこいい羽ペンみたいなのを渡されてカッケー!!
ってなったことがあって、自分も文字を書いてもらうときは
わざわざ使ってもらう、書いてみて「お??」ってなる
ペンのカスタムを心がけています。

高額だからイイ、というわけではなく(もちろん好きです笑)
誰もが触る馴染みのあるペンをすこし削ったり、先を換えたりして
つかいやすく、「書く」、より「描く」に近い感じを表現してます。

自転車も同じで、
こここだわると世界変わる、とか、ここが長持ちするとストレスない。
とかめっちゃいっぱいあって、だから好き。

パーツ点数が多いので全てをこだわることはできないけれど、
日本はもちろん、世界にはこだわって生きてきた大人の、
こだわりのパーツ、たくさん存在します。

生き方からこだわってきたからそれがあるし、
その結果できたものだけを僕たちが使わせてもらえる。
現代ならお金と交換ができるけど、これがもし物々交換だったら
そのパーツに見合ったモノ作りが僕にできるのか?
そう考えるとまだまだ磨きたんないよね。
危険な洞窟でドラゴンと戦って、牙と交換するレベル。
海で毎日砂をさらって、砂浜に一つだけ存在するキラキラの貝のレベル。

花束をつくるように、盛り付けをするように
カッコイイ、カワイイ自転車作りができればこれからも最高。

日本最後のパイプメイカー、KAISEIのパイプを使い、
自転車漬けで生きてきた男がフレームにし、
漢気溢れる、ちょっと強面な塗装職人さんが色をつけ、
僕がお話を聞き、組みます。

是非、牙と貝殻をお持ちください。笑

またいみわからんこと書いてるけど、
文字にならないんですよ。。

自転車は、そんないろんなモノが詰まってて、
しかもそれが動く!
このなんでも自動化してるなか、人力で。
タブン、これから先、色々自動化して、
時間的な余裕が生まれると思うんですよ。
そうなると、逆に肉体大事にしようみたいになると思うの。

そんな中、自転車って楽に乗れるし、痩せたりもすんだぜ!?みたいな。笑
シェアバイクとかも増えてくと思うけど、
自分で選ぶ必要がなくなってきてるからこその自分チョイス。

時を戻そう。



HONJOのフェンダーのリア。
ちなみにこのフェンダーは取り付け穴など一切空いておらず、
加工や延長などは組み手に全てがかかっているのですが、
Leaf451に関してはドンピシャで入ります。
このためにあった、と言いたくなるくらい。笑

今回のブレーキはVブレーキで。
レトロを追求するならカンチもOK。

こんな感じ。
同じLeafだけど、仕様や色味で印象も変わります。

この子もカンチだね。
ちなみにハンドルは今日のLeafと同じハンドルで、
上下逆に取り付けることでこんな感じのちょいスポーティも表現可能。



ボトルケージ台座や
ハンドル下スプリング台座(バスケットを取り付けてもフラつきません)
などの追加工も基本的に好きなところにOKです。


バスケットやラックの特注製作や

重量物を載せたい、などで
従来のバスケット取り付け方式では不安がある、などというときも
対応可能です。

このへんはスポーツバイクだけやってる訳じゃないので
強みアリかと。

Leaf独自の曲がりのあるフレームワークで
またがりやすくて、女性の方にご好評いただくバイクですが、
僕のようにゆったりめのパンツが好みの(知らねえ)男性や、
あんまりガチじゃない、しかしよく走るバイクをお求めの男性にも
ご好評いただいております。

ちなみに京都産のフレーム、京都のショウルームではありますが
いろんな街からご来訪いただき嬉しく思っております。

このLeafも日本海の街で走っていることかと思います。
来ていただく度手一杯で申し訳ないです、
またお待ちしてますね。

1月もなかば。
そろそろ梅、桜のお花見ライドも
視野に入れていかなければなりませんね。

オーダーに関しましては
いつでもお話お伺いできますのでお気軽にご来店ください。

製作状況としても安定しており、
いつも通り、オーダーを頂いてから2ヶ月、
桜の時期には間に合うといった感じでしょうか。

鴨川を何も考えずに走るだけでも
桜と鴨にたくさん巡り会えますので
みなさま是非ハンドメイドのマイバイクで京都散策をどうぞ。

ではでは。。

Engineered Bike Service  (E.B.S)
Leaf 451


スタンダード仕様でだいたいこんな感じです。(M)

Size: M(450)  /L(500)

ストック状況 2020.1/19時点
Mサイズ…3本
Lサイズ…1本

納車までのお時間…約2ヶ月

適応身長: 150cm〜

フレーム素材:
メインパイプ/KAISEI 022 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!)
 MASN