変わるライフスタイル、変えれるバイク。

今週もありがとうございました。
お昼は最高に暖かかったですね〜。

まだまだ渦中にあり、
自転車業界全体「乗ってもらう自転車がねえ」
っつーなかなか難しい状況ですね。

かといって買おうと思ってたやつから妥協するわけにもいかんし。
EBSの話ではありませんが、
今年買おう!って決めてた方は
まさに今日この瞬間からがチャンスです。

ここから先は僕の予測ですが
秋くらいまでは全国的に在庫ほぼゼロ、となるでしょう。
で、当然その秋に入荷するものに予約が入るので
その次は来年の4月…なんてことは余裕でありえます。。

僕たちは自分でフレーム製作をするので
フレームのお話は別として、
例えばBROOKS。

一番ポピュラーかつレジェンドなB17STD。
あの、「あれ」です。
あの革サドル、次は10月です。

確か、2020年の8月くらいの時点で
2021年3月の予約受け付けてたんで約半年に一回、って感じか。

すこし特殊なユニークシリーズならともかく、
これまでB17STDの在庫が無くなる、なんてことは無かったんですね。
これからこうして基本予約販売になったりする可能性もあったりして…
と思い、EBSにBROOKSという
最高のマリアージュに警鐘発生となれば戦慄でしかねえ。

もちろん、それなりの数をオーダーしているので
大丈夫とは思うんだけど、ある種、自由に組み替えができる、
イチから組む僕たちですらこうして心配になる、というのは
かなりの出来事なんだな、と感じます。

EBSとしてではない発言になっちゃいますが
ある程度これが欲しい!が決まってたら
近くの取扱店で予約しに行った方が良いです。


まあ、事実は事実だけど、
そんな入ってこねえ、とか無くなるかも。。。
なんていってても仕方ねえ!!

こんな状況でもEBSならやれるぜ、ってところを
本気でやっていきたいと思います。

このコロナ渦、自転車手に入らねえよ!!
でも欲しいぜ!
で、どうせ買うならちょいと良いやつを。。
って思っていただけるみなさまに。

10万円台、
EBS京都的にまずはEBSに乗っていただければ…!!
として企画した組み方。

LEAF 451、LEAF LONG、Horizontal 451の
ミニベロシリーズや
Kamogawa、STUFF、VOKKAの700/650のカテゴリーで
実現可能です。

組み方的にはお任せ、というか
スタンダードなパーツセレクトにはなりますが

EBSが推している
国産の上質な自転車用パイプ、
Kaiseiパイプの素晴らしさを気軽に体感。
いままでツーリングなどに使われてきた
過酷な状況でも乗り切れる、そんなスペックを
京都で一本一本手作り、できるだけ低価格で。
多分今でも国産の本物のハンドメイドでは最安じゃないかな。

それを街乗りに落とし込む。
製作状況にもよりますが
自分の好きな色にペイントして、構成的に可能であれば
早ければ1ヶ月半位で納車が可能です。

このバイクはコロナ渦で作った、
という今を生きる人なら
「ああ、、あん時な。。」
って絶対になる、そんなタイミングで
ハンドメイドバイクを手軽にオーダーする、
という選択肢もアリなんじゃないでしょうか。

当然月々にお出しできる数は限定されちゃいますが
京都製作のEBSは、毎月少なくとも10本くらいは続々と作っているので
そんなチョイスも、というお話。



さて、宣伝が終わったところで。笑
今週はHorizontal 451。
でも、今日のお話は別にホリゾンだけのものじゃない。

自転車って、生活に要る人にとっては
もう絶対ないとダメなものだし、
週末だけ楽しむためだけに乗る人もいる。

その全ての人が変わっていく。
それは当たり前のことで、何も不思議じゃない。
でも、その根ざしてた自転車が変わらずにいて、
あれだけフィットしていたバイクがなんだかハマらなくなってきた。
そんなこともあります。

例えばガンガンロードやピスト乗ってた。
まじでそれなしじゃ考えられないし、今の自分はありませんね〜。
って人に話すくせに実は腰が痛くなってきてて乗れなかったり。

あれだけ好きだった自転車からなんだか離れてしまっていたり。

毎日通勤で使ってた。
はじめは手ごろな値段の折り畳みだったけど
(折り畳んだことはないけど…)
もっと速く、早く職場に着けばもっといろいろできるんじゃ?
認識すると町中スポーツバイクに見えてきたぞ!
…クロスバイクが良いのか。ちょっと考えてみるかあ。

買い物に良くいくからカゴつけて、スタンドつけて。
あれ?最近行ってないな。
良く考えたらそんな生活から1年以上経ってたわ。
体も重くなってきたし、ハンドル交換しようかな?
この自転車って、もっと軽くなるのかな?

とか。

これは年齢や、出会い。職場での立場、
新しいツレができたり、飲みに行った店でふと小耳に挟んだり。

誰でも起こりうる。

そんな日々の変化にプラス、もしくはマイナスすることによって
いつまでもバイクが自分に寄り添ってくれる。

その時に買い替えたり、乗り換えたり。
ちょっと形が違うだけで同じ自転車なのに。

EBSのバイクたちは、
そうした当たり前に変わっていく日常の中、
できることが限られていない、
そんなニュートラルな自転車。

そんな変化してゆく自転車のお話。

本日のご紹介は…

Engineerd Bike Service
Horizontal 451

いやー、良いですね〜。
がっちりミニベロロード。
そこにリアキャリアとパニアバッグをプラス。

EBSのホリゾンのミニベロロードセットが原型で、
ラメ多めのメタリックシルバー。
限定カラーのバイオレットなKINGのヘッドに
IDATEN、アルテグラ。

オーナー様ははじめコンパクトなロードをお求めで、
けっこうガッツリめに走り込んでいただいてます。

で、ふらっと御来店いただいた時に
「このバイクにパニアバッグってつけれますか?」
と。
もちろんですとも。

で、この時びっくりしていたのは
「この相談最近めっちゃあるぞ?!」
ってこと。

なぜか、急にシンクロしてきた
「ミニベロにバッグつけたい」というご要望。
これは一度ご紹介しておいても良いかな、と
普段あんまりしないパーツのご紹介を、というのが
今週のやつです。

京都ではおなじみのキャリアの横にかける
パニアバッグの存在。
なんで馴染みあるのかな?
って思ってたら、
大学が多くて、留学生が多くて、
そこからママチャリのないヨーロッパでは
当たり前だったイチから自分用に自転車を組む。
という文化やバッグを使って便利に積載性を上げる、
ということが浸透していったようなんですね。

ありがとう先人の留学してくれた人たち。
おかげで京都で自転車を作れています。

で、今回取り付けたのは
海外製がほとんどで、しかもずっと売り切れだった
日常のお買い物用のパニアバッグ、
「グロッサリーパニアバッグ」が国産で出た!
当然より日本にフィットさせた形で。

作ってくれたのは東京はBLUE LUG。
僕たちはフレーム製作で、なんか自分たちにハマるやつつくったりするけど、
BLUE LUGのスタッフはバッグ製作がめちゃ強くて
ほんといろいろある。すげー。

で、便利すぎていつも売り切れまくってた
グロッサリーバッグを今回割と安定的に供給してもらえるようになったので
ご紹介です。

ちなみに取り付ける前はこんな感じね。

リアキャリアはNITTO。

色々とお話して、
あれやこれや悩みましたが
今回はSim Works×NITTOのキャリアをチョイス。
ミニベロは専用キャリアが出ているので
専用じゃないとダメなかんじがするけど、
実はあんまりそんなことありません。

もちろん取り付け可能かどうかは
判断しなきゃいけないけど、このへんはミニベロを多く扱う僕たちが
わりと得意としているところです。

今回はキャリアが浮かないようにしたかったので
敢えてのブラックで馴染ませて、
バッグ類を取り付ける時に重要な
ヒールクリアランスを確保できる限界まで詰めて取り付け。

まるで純正のような仕上がりに。
ちなみにHorizontal 451にはEBSの専用キャリアの設定もあります。
限定的に何個かたまに作ってたりするので
もしご興味があればぜひ。

NITTOのキャリアはやはり機能的で
いろんな車種に使えるようユニバーサルな設計としながらも
それを感じさせない感じが最高ですね。

パニアをかける部分と天板は分かれており、
バッグを取り付けた状態からでも天板使用可。



バスケットを取り付けても良し、
バンドを常に入れておいて
サンダルとか、さっくり上着ぐるっと巻いて
ツーリングしてもよさそう。

このキャリアはあくまで
バッグサポーターとして販売されているので
思いっきり重い物は不可ですが
個人的には丈夫な作りだと思ってます。

BLUE LUG grocery pannier。

今までもJANDOとか、いろんなところからグロッサリーは出ていたけど、
さすがというか。

で、実際色々触ってみましたが
かなり良いですね〜。

グロッサリーバッグ自体の
「適当にいろいろ放り込める」部分はもちろん
肩掛けでショルダーバッグになったり、このままエコバッグ的にもつかえたり、
中のカバーを引っ張ると縦に伸びて容量アップしたり
中身が見えて通気性の良いメッシュだったり
ドローコードの調整で中身が出ないようにできたりと

「当たり前」を一つずつ昇華してる感じが最高。

容量的にも申し分なくって
この時期なら確実にかさばるダウンジャケットなどは
まるめてガバッと入るレベルです。

僕が持ってる自転車用の一番分厚いウインドブレーカーも余裕で。
これ、いつもバックパックに入れてて
バックパックも自転車用なので
それなりの容量があるけど、自炊ガチ勢の僕は帰りに買い物するときとか
さすがに入りきらないときがあったんですね。

ちょうどいい。
こんなんいけたらグロッサリーバッグ欲しなるやん!!
ちなみにこのバッグは展示用なので
誰でも合わせていただけます。

グッと締めるとこんな感じ。
ちょっとした雨もいけるだろうな、って感じ。
ちなみにこの部分が伸びて縦に倍くらいになるので
大きい荷物もOK。

ショルダーはここから。

自転車にはどうやってひっかけてるの?
というのがこちら。

上の黒いフックでキャリアにひっかけて…

この下のシルバーのフックを

ゴムバンドのテンションで引っ張るようにひっかける。
まず落ちないし、かといって強すぎてしんどいみたいな強さでもない。
これ、海外のやつだとたまにあるんですよね。
このゴム引っ張り切れるやつどんな腕してんねん!みたいな。笑

ちなみにEBS京都には現在
このコヨーテ、タンカラーですね、と

このオリーブカラーがあります。

他にもカラー展開はありますが
EBS的に絶対ハマるカラーはまずここかな、
ってことでチョイスしました。

両方かけてたまに来るスーパー買い物DAYに備えても良いし

使わないときは畳んでおけるのでスリムです。

もちろん使わない時は外してシンプルに。
ちなみにキャリア自体は工具があればすぐに取り外しOK。

でも、この感じめっちゃ綺麗にハマってるので
リアキャリア良いじゃん!!
って思っていただいた方も多いのでは。

ミニベロじゃなくてもEBSのバイクは基本キャリア取り付けOKですし、
フロントに取り付けも可能です。

ネイキッドはもちろん、
バスケットは取り付けてるけど
もうちょい載せたいなーみたいなご要望には
かなり良い感じじゃないかな、と改めて。

今回はお買い物などの
日常に特化したグロッサリーバッグというパニアでしたが
しっかりフラップのついたものや完全防水のもの、
もっと大型のものなど
本来の旅目的などに使えるパニアももちろん同じ取り付け方法で可能なので
必要に応じて付け替えたりしてよりバイクライフを豊かにできれば最高ですね。

これからもっと状況が良くなれば
ミニベロの輪行ツーリングなどももっとやりやすくなると思うので
適当に入りそうなもの詰め込んで出かける準備をしておきましょう!!

僕は今回久しぶりにグロッサリーの再評価をしてみて
かなり使えると確信したし、お問い合わせが多い理由も100%理解です。

ジャケット入れたり、晩ご飯の材料いれたり、とまた別に
銭湯グッズいれて普段行かない銭湯行ったりしたいすねー。

メッシュ地のおかげで
そういった濡れたものを入れる可能性などもカバーされていて
とても良いと思いました。

リアキャリアはどんどんなくなってきていて
いろんなものが在庫切れ、次回未定、って感じだけど
ここは好転することを祈りましょう。

NITTOさんとか今めちゃくちゃ忙しいんだろうな。
忙しいの次元を超えて新たな境地にたどり着いていて
むしろ忙しくない、みたいなとこまでいっちゃってるかも。

毎日どピークだと
それが当たり前になって…みたいな。
一人スーパーサイヤ人になったらみんななっていく、みたいな。

僕たちも
EBS-Barシリーズやステム、など
NITTOさんがいないとできないことがたくさんあるので
ここはじっくり待ちます。笑

その他いろんな企画がどんどんEBSでも決まっていて
供給の不安はあれどどんどん毎日楽しくなっていってるので
オーナー様、お客様、これからもよろしくお願いします。



春のポリッシュキャンペーン。

えー、やります。(何を)

メッキじゃなくて、ポリッシュが
使われているパーツって結構あるじゃないですか。
磨かれたシルバー、ね。

最近軽いオーバーホールみたいなことやらせていただいて、
その時に使い込みまくったクランクをお金をいただいて
ちょっと時間かけて磨いたんですよ。
で、やっぱり喜んでいただいたのでこれはやらなければ、と。

なので、3月〜4月ににメンテ、整備して
新たに乗り始めたい!ってオーナー様に
ポリッシュパーツをついでに磨きますよ、って話です。笑

先にやらせてもらった
オーナー様から千円いただいちゃったので
「そのパーツ近辺のメンテ、整備がある場合」
そこやります、ってことにします。
さすがにオールフリーでやると
怒られちゃう。笑

(先生すみません!笑)

1組、っていうのはクランクだったら右と左、みたいな感じね。
オールポリッシュのオーナー様も結構いらっしゃるので
怖くなってきたのでそういう縛りにしました。笑

傷が消えるほど磨くのは形が変わっちゃうのでやりませんが
しっかり曇りやくすみが取れてピカピカにできます!

通常の営業と並行してやりますので
多くは受けれませんが、お預けいただいて
整備させていただくついでといっちゃなんですが
しっかり磨いてお返しします。

正直時間さえあれば誰でもできる作業です。
磨いてるだけなんで。笑
でも、けっこう面倒だし、くすみも味っちゃ味じゃないですか。
だからいいかなーって思う気持ちめちゃくちゃわかるからこそ僕がやります。

「ポリッシュのパーツねーよ!!」
って方はまた今度、なんか考えます。笑

新規のオーダーのキャンペーンは
この前のATBなどでもかなり頑張って値段設定したので
もしハマるかたいらっしゃいましたら是非!!
まあ、あれにもポリッシュはないですが。笑

磨きます、ってのは完全におまけでしかなくって、
この暖かくなってくる季節で、緊急事態も明けてこようとしている中、
何ヶ月か眠らせていた方、そろそろ中身まで開けて整備しなきゃ、って方。

バッチリ決めるとめちゃくちゃ気持ちよく走るし、
持ってきていただいて初めてわかる「うわ、ここやらないと!」
ってこともあると思います。

空気入れるついでとかで良いので
軽く見積もってよ〜!とかで気軽にどうぞ。
メールでのご相談なら基本いつでもOKです。
返信が少し遅い時もありますがご勘弁を。。

もちろん、ついでにカスタム、なんてのも大歓迎です!!

今週はここまで。
そろそろ桜がキテますね。

明日は久々にサイクリングロードでもいこうかな。


ではでは。。。

MASN