可愛くて実用的。こどものせミニベロのLeafLong。

雨なのかなあとおもいきや爆晴れ!
気温はそこまで高くないけど、
実は一番のサイクリング日和だったり。

乗ってる人、乗ってた人、
乗りたい人、乗らないと..って人。

いろんな思いあれど、
一年でこんなに乗ろうと思える時期も
あんまりないんじゃないでしょうか。




今日はサイクリング、
それがメインのバイクではないんだけど
限りなくスポーツな体験をこどものせミニベロとして。

チャイルドシートは自由に取り付け/外し可能。

一人で乗ればEBSのスポーツミニベロとしての
性能を存分に味わうことができ、
バスケットやリアラックで荷物を持たせることも可能。

二人で乗れば一緒に探検。
今まで見ていた景色を一緒に見に行きましょう。

もちろん三人で乗っても。




現在の検討の基準となる電動アシスト自転車の30kg台の
半分くらいに挑戦する16kg台。

バッテリーレスでそもそも軽いこともあるけど、
やっぱり体感体験してほしいのは
クロモリそのものの良さ。

軽くてよくしなり、強い。
なんだかいいとこ取りのように聞こえてしまうけれど、
長く使っていく上で、やはり外せないクロモリの特徴です。

今まで培ったスポーツ、
ミニベロなどのノウハウを総動員し、
そのうえでまたがりやすく、低重心で、
みなさまに安心して乗っていただけ、
なおかつカワイイことが最大条件。

もちろん10年20年を見越した作りなので
また一人で乗る時も快速なバイクとして
ずっと付き合っていただけます。

前のチャイルドシートが取り外せなくて、
結局カゴとして使ってる。。
なんてことはありません。

今季の事前オーダーは終了していますが、
あと3台くらいどうにかなりそうです。

もし、ご検討中のお客様いらっしゃいましたら
できるだけ迅速に納車まで頑張るのでぜひどうぞ。

で、今日の紹介は。。


Engineerd Bike Service
Leaf Long


これ、写真じゃ全く伝わらないんですが
かなり暗めのブラウンです。
ダークブラウン、という言葉があるとすれば
ダーク、ダーク、ダークブラウンくらい。




Leaf Longのスタンダードセットプランを使用して
リーズナブルにコンプリートをゲット。
その上で、将来的にやりたいパーツオールブラックを
予算内で可能な範囲のみブラックでご用意させて頂きました。



FラックとラタンバスケットはEBSオリジナル。
今回はラックにも板張りで、ラタンバスケットを取り外した状態でも
荷物をサクっと載せていけるように。



ハンドルはNITTO×EBSの記念すべき
第一回目のコラボハンドル、
EBS-10Promenadeを。
残念ながらこのハンドルでラストワン。

次回製作はまだ未定ながら、
アップになりすぎない、ローライズなハンドルで
街乗りなんだけど、ただ楽です!
みたいな見た目にならないハンドルです。

その他、シフターなども全て綺麗におさまるよう
設計していただいたハンドル。
良くないわけがないよね。




チャイルドシートは
現行の数あるチャイルドシートの中では
おそらく最軽量のスーリー/イエップ。

ちなみにYepp miniよりもすでに1キロ軽いです。

もともとEBSではYepp推しで、
Yeppがドンピシャで
ハマるように設計していたんですが
その位置関係などはそのままにより軽量に、
より強くなって再登場。

もともとYeppが持っていた
発泡成形のモールディングボディを前面に。
世界中のキッズから評価を得ている(らしい)
最高の乗り心地と衝撃吸収に加え、健在のハンドル。

そのうしろを包み込むThuleのハードシェル。
シート自体の剛性が上がることによって
シンプルに丈夫に。

7色展開でけっこうどんなバイクにも
ハマる感じの落ち着いたカラーが
いい感じ。






ラタンバスケットを外すとこんな感じ。
フレームカラーのスーパーダークブラウンとも相まって
ブラウン系パーツとの相性抜群。



そして僕がリーフロングで
こどものせミニベロを製作するときに
一番気をつけているのが
「家族共有」、というところ。

主に、というかほぼ100%、
ママの為のバイクとして組むこのバイクなんですが
残念ながら僕は男です。
こんなイイバイクに、お母さんOK、チビOKで
お父さんは乗らないなんてもったいない。

ですが、世に出ているバイクは
ほとんどが女性向けのクリアランスです。

男性が乗るとやたらガニ股になっちゃう。
(これは女性でもあるあるみたいですね)

リーフロングではそんなことは全くなく、
フロントチャイルドシートを取り付けたときの
ペダルが一番上に来たときでもシートに膝が当たらない
クリアランスを計算、設計。
もちろんパーツ次第のところもあるので
そのあたりはもちろんご提案させて頂きます。

当然ママ100%使用で組むこともOK。



こんな感じ。
かなり快適に漕ぐことができます。

リアはまだ取り付けてないので
お子さん3歳くらいになったら
またご相談くださいね。

イエップやスーリーはもちろん、
ヨーロッパのチャイルドシートは
だいたい取り付け可能です。

後ろのせと自分のかかとが当たる
ヒールクリアランス問題も
もちろん余裕でクリアー。

ちなみに前のせは
約9ヶ月から3歳くらい、
体重で言えば15kgくらい。
後ろのせは
そこから6歳くらい、
約22kgくらいまで対応しています。






リアはスタンダードな8スピード仕様。
低速、高速共にバランスも良いし、
坂道にもだいたい対応しています。
あとはチェーン自体も10速などに比べ厚みもあるので
長持ちする、って点も魅力ですね。

こどものせミニベロ専用のスタンドも一緒に。
EBSで製作しているものですが、
他のブランドに合わせて作ったものもあります。

このスタンドは
販売してからというもの、今まで
一度も在庫を補充できたことのない、
常に全開で製作、
予約完売というモンスタースタンド。笑

現在も在庫なしですが、
常にLeaflong優先で製作しておりますので
こどものせミニベロカスタムの場合は
セットになって納車されますので
ご安心を。



ここからちょくちょくパパのカスタムが入ったりして、
どんどん家族の一員としていただけることを願っています。

ブラックパーツって一見ハードに見えるけど
こういうブラウンと合わさると一気にカワイイ感じにも
カッコいい感じにも変化していく感じが良いですね。

全然イメージできてないけどこんな感じ!
とか、この写真みたいな。。
とか、なんでもいいのでご相談来ていただければ最高です。

もちろん試乗もOKで、
可能であればお子様を前のせすることも可能です。

いい感じの陽気に刻々変化していますし、
最高に公園映えするこどものせ、作ってみませんか?

こどものせミニベロ、現在納車続きなので
他の車種とのバランスをとりながら
細かく紹介していくかもです。

お気軽にお問い合わせ、お待ちしております。
ではでは。。


Engineered Bike Service  (E.B.S)
Leaf Long


明るめのブルーでポップに。
リーフロングのスタンダードコンプリートは
だいたいこんな感じで組むことが多いです。

Size: ワンサイズ/450

適応身長: 150cm〜

フレーム素材: KAISEI 国産フルクロモリ

フレームの詳細はこちら。


instagram #EBSbikes

最後まで見てくださった皆様に今一度BIG UP。
みんなで乗ろう イービーエス(YES!!) 

MASN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です